翳りの星

BL
08 /16 2015
翳りの星
翳りの星阿賀 直己 ぱち

ルナマリア 2015-06-18
売り上げランキング : 383986


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


表紙にひかれて読書。久しぶりのBLです。かけるという中学生の男の子が主人公で、体の弱いなつめという男の子が親友。世界はとんとんと進んでそれにつれて二人は成長してゆくという話。この作家さんの小説は始めてなので、こんな感じなのかぁって思いながら読んだ。単語や世界感を初体験したかんじ。身体に起きる変化とか心の動き方、甘い感じはよかったです。独特なのでそれが好きな読者さんがいるんだろうなって思った。なつめがいなくなってからのかけるの表現があとひとつがつんとほしかった。死に対して薄い感じがした。頭じゃなくて身体でわかる喪失感とかほしかったなぁ。(空気感ってことです)人物の表現やディティールにある小物の描写は面白かった。東京っぽいのが伝わってきました。新宿とかお台場とか。

PS:この小説はかけるの心情を表していると考えると、物語の構成が納得できる。かけるを中心にして物語を考えると、なつめが急に亡くなってしまったことや他の人たちとの関わり展開に説明がつくなと思った。すべてが、かけるの内的世界観だと考えると腑に落ちた・
スポンサーサイト

坂の上の魔法使い

BL
09 /27 2014
坂の上の魔法使い (ミリオンコミックス 84 Hertz Series 72)
坂の上の魔法使い (ミリオンコミックス 84 Hertz Series 72)明治 カナ子

大洋図書 2009-12-26
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


無二の王―坂の上の魔法使い2 (ミリオンコミックス Hertz Series 114)
無二の王―坂の上の魔法使い2 (ミリオンコミックス  Hertz Series 114)明治 カナ子

大洋図書 2011-12-01
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


黄金の川岸―坂の上の魔法使い3 (H&C Comics ihr HertZシリーズ 132)
黄金の川岸―坂の上の魔法使い3 (H&C Comics  ihr HertZシリーズ 132)明治 カナ子

大洋図書 2013-03-01
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


以前から気になっていたコミックをやっと手に入れたので読書。よかった。久しぶりにはまってます。
どこがどうよかった、と書き出すのは簡単なのですが、この作品のよさは多分この絵とリズムと展開が絶妙に一致している点にあると思う。王と魔法使いの関係が実に詳細に考えられていて、それが読み返すほどに分かってくる。龍や魚との関係は作者の世界観がよく現れているし、魔法使いの世界というのがしっかりとあるので安心して展開についてゆける。魔術でできることとできないこと、まやかしと真実との境が明確に定義されているので、三巻で物語が終わると同時に頭の中で世界ができあった。エピソード一つとっても過不足無くまとまっているのでよく練られているなぁと感動しました。
これ多分若い時に読んだら分からなかった。相手を何が何でも手に入れたいと思うのをすぎた時に分かることが描かれているとおもう。
リーの産まれた時とか、城に連れてこられたときの話しとか考えちゃう考えちゃう(笑)娘にお母さんのむちゃくちゃツボだね、って言われた。だから読みたかったんだよっ!!

シュミじゃないんだ

BL
02 /26 2007
シュミじゃないんだ
シュミじゃないんだ三浦 しをん

新書館 2006-10
売り上げランキング : 10006

おすすめ平均 star
star面白エッセイ+腐女子バイブル
star腐女王による一般女子へのボーイズラブガイド
starBL素人にも十分おもしろい!?

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


去年の暮れ本屋さんでみかけて、絵がかわいくて図書館で予約したのがやっと届きました。三浦さんの本は図書館でも人気です。BL好きな人でファンの人が多いのではないでしょうか。
BL(ボーイズラブ)のマンガ・小説の紹介本。シュミじゃないんだというは、履歴書の趣味欄に読書と書くほど読書を軽くみていないという意味。深く頷けます。「辛くなければ趣味ではない」という格言をつぶやいているのは連れ合いですが、読書中毒というか地獄(?!)ですね。はい。よく本読みますね、と言ってくださるんですが、本人嫌になってます。文字であれば何でも読んでしまうだけです、囚われています。

そんな私もBL読まないわけではないんですが(汗)あまり深入りしない(笑)。若い頃はよく読んでいたように思う。なので、この本に出てくる本は一冊も読んでいないという、不幸にして素人の視点からの感想です。

続きを読む

箱の中 檻の外

BL
11 /02 2006
箱の中箱の中
木原 音瀬 草間 さかえ


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


後輩に進められて読んだBL。この世界の芥川賞作家と言われているんですよ!と力説され、それなら読まなくては…と読んでみました。
今までコーナーをよく見たことなかったんだけど、沢山出ているんですね。どきどきしながら本を探しましたよ。
面白かったです。本好きな後輩が薦めるの分かる気がする。ドライな書き方や、話の進めかたがいいです。その場面や時点での主人公や登場人物の感情が印象的でした。

「檻の外」の感想は以下に…

続きを読む

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。