鮨(すし)職人 小野二郎の仕事

DVD
03 /13 2017
プロフェッショナル 仕事の流儀 修行は、一生終わらない 鮨(すし)職人 小野二郎の仕事 [DVD]
プロフェッショナル 仕事の流儀 修行は、一生終わらない 鮨(すし)職人 小野二郎の仕事 [DVD]茂木健一郎

NHKエンタープライズ 2008-08-22
売り上げランキング : 52571


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



少し前にこれを見たので、続いて鑑賞
二郎は鮨の夢を見る [DVD]
二郎は鮨の夢を見る [DVD]
アミューズソフトエンタテインメント 2013-09-25
売り上げランキング : 23625


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


プロジェクトXは分かりやすかった。映画ではその人となりがよくでてたけど、どうして美味いのか、どこがほかの鮨と違うのかが分かった。ノーマの時と違って分かるというのは、日本人同士だからなんだろうなと、ノーマもその国の人達には愛されているのだと思う。こうやって考えると食文化ってとても重たいですね。すごいな。同じ人として伝わってくるものがありました。こんな職人と呼ばれる人達はもうどの分野にも僅かしかいませんね。寂しいなぁ。
スポンサーサイト

ノーマ、世界を変える料理

DVD
03 /13 2017
ノーマ、世界を変える料理 [DVD]
ノーマ、世界を変える料理 [DVD]
KADOKAWA / 角川書店 2016-09-30
売り上げランキング : 10274


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ずーっと観てみたくて、やっと見ました。予告とかみるとすごい人なんだなと思って、どんな料理つくるのかなとか、興味MAXでみたのがいけなかったのか…芸術家のドキュメンタリーでした。美味しいのだろうけど、哲学があるのだろうけど、なんというか、うーん。日本人には分からない感覚なのかなと思う部分が多かった。感情的になってもいいし、えらい人なのだから怒ってもいいと思うのだけど、私はこの人の信念みたいなものはつかめなかった。そんなに賞がほしいのかなってそっちが気になってしまった。三ツ星をとるのは時間の問題というジャーナリストの言葉より、この人のひたむきな場面をもっと見たかった。経営者としてではなく、言葉ではなく芸術の行われている所作の光っているところをみたかった。そんなカットもあったのかもしれないけど、伝わってこなかった。すみません。

メモリーズ 追憶の剣

DVD
03 /13 2017
メモリーズ 追憶の剣 通常版 【DVD】
メモリーズ 追憶の剣  通常版 【DVD】
TCエンタテインメント 2016-06-03
売り上げランキング : 70243


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



英雄が好きなので、同じような映画をみるたびに借りてしまいます。これは、うーん、こんなにどろどろにしなくてもいいんじゃないだろうか…。ある意味とても辛い映画でした。でこの男はどんな社会にしたかったんだろう。ただ将軍になりたかっただけなのか、やっぱり。そこらへんが、なんというか魅力が半減してしまったかな。物語はよくできていて、展開も構成も、衣装も映像もよかった。でも私はどろどろを見たかったんじゃないんだなというのが分かった。

ベル&セバスチャン

DVD
01 /15 2017
ベル&セバスチャン [DVD]
ベル&セバスチャン [DVD]
TCエンタテインメント 2016-03-18
売り上げランキング : 20866


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


以前新宿の映画館でやってて見たかった映画。もふもふです。
名犬ジョリィの原作の映画化。のどかなお話かと思ったらそうではなく、アルプスの村に戦争の影がある時代の話。セバスチャンは孤児で、育てているセザールはアルコール依存症ぎみ、アンジェリーナはパンを焼く娘ですが、恋人がユダヤ人が国境を渡る手伝いをしていることに気付き自分も手助けしたいと考えている。
広大なアルプスの山での物語りですが、子供向きにつくられているのか流れがシンプルでコンパクトに進んでゆきます。ドイツ兵の様子や、街の人とのかかわりなど最小限で効果的な演出をしてるので、リズミカルに物語がすすみます。
子役のセバスチャンがかわいい。青年期前の無垢で真っ直ぐな瞳をもっている。大きな雌のベルをかわいがり甘える姿は母の面影を感じさせて切ないほどです。

クライマックスは峠を越える場面ですが、その前後で大人たちがそれぞれに成長しているところもいい、セザールはセバスチャンに息子同然として育てていると打ち明け、子に対する愛を素直に告げています。またアンジェリーナは戦争に対する思いを次なる行動へ繋げている。ここではドイツ兵や村の恋人を超えた信念の強さがでています。

戦争、自然、人生には様々な軋轢や暴力、形のないまたは形のある力が作用しているけれど、それに対してどのように立ち向かってゆくか、何を感じどう行動するかは自分たちそれぞれにゆだねられているのだと考えさせられた作品でした。

ベルとセバスチャンの仲のよい関係がかわいくて仕方ないのはもとより、セバスチャンが大人の事情が分からないままにも、物語の中心となって動いてゆくのがよかった。彼の内気なところと行動に思いが投影されているのが伝わってくる映画でした。

二郎は鮨の夢を見る

DVD
01 /15 2017
二郎は鮨の夢を見る [DVD]
二郎は鮨の夢を見る [DVD]
アミューズソフトエンタテインメント 2013-09-25
売り上げランキング : 31141


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


正月に鮨を食べたり、去年鮨屋をたたんだ親戚のことを思い出したりしてたら、この映画を観たくなって観てみました。すきやばし二郎の主人のドキュメンタリー、よかった。ここのお鮨食べにいきたくなった。でも心も身体も緊張しそう。
観ていていいなと思ったのは、以前の築地の様子が収録されていることろ。今話題の築地ですが、活気のある姿は年々変わってきていて、以前の築地のイメージの残りがこのフィルムにはある。二郎さんという人を頂点に様々なプロや人が鮨をささえていて、その人脈や仕事のよしあしを決める小さなことが完璧に組み立てられているのを知れば知るほど店主のまじめさ、仕事への執念、思いが伝わってくる。妥協をせずに生きてきた証の全てがこの店に料理に凝縮されているのを感じることができる映画です。

親戚のおじさんを観ていても思ったけど、昔の職人ってこんな感じだったなぁって思い出した。魚屋やってた祖母祖父とか頑固や昔気質といわれていた人達を思い出す。こういった人がいなくなったのが現代なんだなぁとも。毎日同じことをくりかえしていく職人という職業はいまや単純作業としか認識されないものなのだなぁ。毎日繰り返されている作業だからこそ研ぎ澄まされる技術というものがあった時代。今はPCなどに変わってきたものの姿がここにあるなぁと思いました。
お弟子さん大変そう。でもほんとのことをずけずけいうところとか、逆に信頼関係がしっかりしてるからなんだろうなって思った。ほんとの職人さん、口は悪い手も足も出すだけに責任をもって接してくれている関係ってのが伝わってくる。
見たもの、やったことに責任を持つかっこいい人をひさしぶりにみたなぁ。鮨が綺麗でなんか泣けてきた。美しい鮨というのを見たのは初めてだなぁ。過去の話を少ししていて、実家が遠州鉄道沿線なのも驚いた。
高貴なる哲学を持つのに、学歴やお金はいらないって思った映画でした。すぐにまた見たくなる作品。監督がこのお店を好きで作る人達を尊敬しているのが伝わってくるからそう思うのかな。鮨をめぐる環境についても語っているところもよかったです。


プロフェッショナル 仕事の流儀 修行は、一生終わらない 鮨(すし)職人 小野二郎の仕事 [DVD]
プロフェッショナル 仕事の流儀 修行は、一生終わらない 鮨(すし)職人 小野二郎の仕事 [DVD]茂木健一郎

NHKエンタープライズ 2008-08-22
売り上げランキング : 66240


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


これもみたい

追記:この映画で遠州鉄道にのって地元に帰るシーンがあります。終点の西鹿島から少し離れた天竜病院の近くのうなぎやさんにでかけております。…浜松旅行したばかりで、つい気になってしまって追記…(笑)浜松いいところでした。

心霊ドクターと消された記憶

DVD
01 /09 2017
心霊ドクターと消された記憶 [DVD]
心霊ドクターと消された記憶 [DVD]
松竹 2016-10-05
売り上げランキング : 39129


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この主人公の表情が印象的で気になってみたホラーDVD。精神科医の彼のもとに訪れるのはなぜか死人ばかり、そのルーツをたどって行った先は実家だった。そこで去年事故でなくした娘と47人が同じ日にちに死んだ真相を知る。
日常生活から真相を知るためにドクターが実家へ帰ったところから話は急展開します。このドクターの記憶に全てがかかっていて、早く思い出してくれ~って思ってしまう(^^;

ストーリーとしては単純で分かりやすいものなのですが、心情に訴えるものがありました。人は誰も思い出したくない過去を都合のいいように変えて覚えていて、それがとりかえしのつかないものほど根底から忘れ去ろうとしてしまう。本人が向き合うことはもとより、真実を求めることによって、変わってゆくもの、先へと進めるようになることができるのだということを思い出しました。日本的ホターの手法ももりこまれているのかな、観ていて近いものを感じる演出があった。本当の恐怖は自身の中にあるって感じた映画。私は結構違う意味で怖くて好きだなぁ

ライト/オフ

DVD
01 /08 2017
ライト/オフ ブルーレイ&DVDセット(2枚組) [Blu-ray]
ライト/オフ ブルーレイ&DVDセット(2枚組) [Blu-ray]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント 2016-12-21
売り上げランキング : 824


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ホラーがみたくて観賞、動画で閲覧回数が多かったという作品の映画版。ストーリーはありがちな展開なのかな、母子家庭のお母さんが以前の友人を連れたまま家に閉じこもっている、父も姉も逃げてしまった家に弟だけが母を見捨てずに一緒に住んでいる。それを姉とその彼氏と三人で退治しようという話。
場所、人間関係の明暗がはっきりと効果的にあらわれています。弟が逃げずに必死に母を家族をすくおうとする姿はいたましく、美しかった。それに共感した姉が一度は逃げ出すのだけど立ち向かってゆく、それは二人が母を愛していたからで、母もそれに答えようとするのだけど…。闇が誰かが近づいてくる雰囲気が怖かった。夜見られないです(><)大きなこといってますがびびりまくった映画でした。

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き