幸田文  台所帖 しつけ帖 崩れ

ほのぼの本
08 /27 2016
幸田文 台所帖
幸田文 台所帖幸田 文 青木 玉

平凡社 2009-03-05
売り上げランキング : 99020


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


幸田文の二冊の本を買ったままずっと読んでなくて、時間のあるときにえいやっと読みました。読めました。やっとです。多分5・6年ぐらいかかった。読めてよかった。父・露伴の娘への愛が伝わってきます。歳をとってからのコラムの集まりなのですが、食べることをおろそかにしない心使い。小学生の時に家での献立を書く宿題がでて、食べたものを書き出した文に、センスがないと書き直しさせる父、そんなことひとつひとつを丁寧に教えているところに、父の愛を感じます。こうやって書くのだから文にもその愛が伝わっていたのだろうなって思いながら読んだ。でも晩酌の出し方から、包丁の切り口まで口を出す露伴は細かすぎるというか、こだわりすぎるというか、作家としての職業的こだわりを感じます。大変だったといいながら、父の独特な感性と愛情を全身で受け止めたのだなぁと感じた一冊


幸田文しつけ帖
幸田文しつけ帖幸田 文 青木 玉

平凡社 2009-02-05
売り上げランキング : 38896


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


しつけ帖という名前がちょっと今まで敬遠してたんですが、台所帖が面白かったんで読書。これも露伴からの娘の頃の教えが多く載っています。雑巾がけからはたきの使い方。箒の使い方から、上手な心使いへの心得まで。なんともうるさい父親だなぁと読みながらも、ああ、昔の人はこうやって日常的に礼儀を心と身体にしみこませて、毎日をすごしていたんだなと、亡くなった祖母を思い出しました。台所の切り盛りがうまい文が近所の手伝いに借り出されたとき、配膳を上手にこなしたことをみんなの前で褒められて、それに嫉妬した他の女性に「あなたはお花やお稽古ごとは何もできないのよね」というような嫌味を言われ、くやしくてたまらない気持ちで帰ってきた文に、父露伴は「そのとおりだろう。くやしいとおもわずに、そうです、私にはわからないのでどうか教えてくださいと頭のひとつも下げればよかったのだ。本当のころなのだから、腹をたてずなにか一つでも教わってきたほうが得だろう」と言い返す父の言葉が大きい。
お前は桂馬筋に考えが動くからいけない、とか、印象的な言葉を多く文に残しています。14歳で母をなくし、不憫だと思った露伴は母がいないからと母親代わりもつとめた。後妻ともうまくいかなかった文を心から愛し手を書けたのだなぁと、それが偏っていたとしても、後々強く影響を与えたとしても、親として心から惜しみなく愛したことが彼女の文章からあふれでています。文さんはほんとにお父さんが好きだったのだなぁと思った一冊です。

あとがきに娘さんが、崩れへの愛情について語っていて、ああそういえば昔買った!と引っ張り出してみたのがこれ

崩れ (講談社文庫)
崩れ (講談社文庫)幸田 文

講談社 1994-10-05
売り上げランキング : 105746


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


これ2009年8月にカルデラ砂防博物館に行ったときに買っていて、読みかけたのだけどどうもうまく読めなかったのをやっと読めました。
二冊を読んだ後だったので、文さんの感情の流れやどんな人か分かった上で読んだのでよく頭に入ってきた。そして崩れがそんなに面白いのか(笑)興奮してしまいました。夫の勧めでカルデラ砂防博物館にも行ったのだけど、いや確かにすごいけど、ねぇ。当時は子育て真っ最中だったし、そこまで視野を広げてみることはできませんでした。
でも崩れの面白さはちょっとだけど分かった、ような気がします。

IMG_8955.jpg
葉山に行ったとき長者ヶ崎に寄ってみたけど…崩れは崩れでした

圧倒的なところに彼女は惹かれたのだろうなということは分かりました。足腰が弱まった七十過ぎの身体をひっぱりひっぱりそれでも見たい気持ちで行く、ただの興味だけではできません。きっと切なる感情が求める心があったのだろうなと思います。あとがきでは父への思いもあったのではとありますがそうかもしれないと思いました。
この本、なんだか
第一阿房列車 (新潮文庫)
第一阿房列車 (新潮文庫)内田 百けん

新潮社 2003-04-24
売り上げランキング : 110387


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

思い出します。私も年取ったらなんか追及したいなぁ

読みたいと思っていた本の中に幸田文の本が三冊もあり(2008年におとうとを読んでから気になっていたみたいです)この歳になり読んでしっくりきています。彼女の個性と自分はあわないようなのだけれど、その気丈な性格とアイデンティティの形が印象にのこります。他に樹木についての文章もあるので読んでみたい。また違った形で植物についての考えが浮かんできそうです。
スポンサーサイト

考えの整頓

ほのぼの本
08 /01 2013
考えの整頓
考えの整頓佐藤雅彦

暮しの手帖社 2011-11-01
売り上げランキング : 44470


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


近頃やっと本が読めるようになってきまして、帰りの電車の20分と(疲れていなければ)寝る前の時間を使って少しずつ読書です。暮らしの手帳に連載されたピラゴラスイッチなどで有名な佐藤さんのコラム。小さな事なのにどこか楽しく、思わずにっこりしてしまう話ばかりの本でした。

身の回りの些細なことをきっかけに自己に向き合うところが面白かった。それは疑問に対してとても正直で真っ直ぐなものがおおく、その姿勢に感動したほどです。昔の教え子が子供をつれて話しかけられたとき、その人の名前をどうしても思い出せなくて、それをずっと考える佐藤さん、やがてそれは自分の中の深い感情の根っこにいきあたる。決して気持のいい感情ではないのに、それを静かに深く考え、反省しより豊かに生きようとするその人生の向き合い方が素晴しいと思いました。そんなたいしたことないように見えますが、自分の中の負の感情、無くしてしまおうとしていた嫌な部分を掘り起こし丁寧に掌に乗せて考え、自分の過ちとふがいなさ、懐の浅さを認め、次に会った時はもっと、喜べるように受け止めるその考えの道筋に感動しました。これ、結構できそうでできないことです。自分は不完全であること、心から成長したいと思っていないとできないことです。歳をとればなおさらです。すごい人だなぁって思いました。
他にも朝の小さな気持のぶれに立ち止まり考える。そんな佐藤さんが周りの人を大切にしていないわけがなく、終わりの震災の時の話は、始終身重のスタッフを心配している様子にらしさを感じました。

耳って大事。シラク・ド・ウチョテさんに会いたい。それから船酔いしない方法は面白かった。この回に書かれてるデザインと美術の違いがはっとしました。デザインとは「よりよく生きる方法」であり、アートとは「なぜ生きるか」ということ自体から考えることなのだそう。面白い本でした。

そして、人生はつづく

ほのぼの本
03 /16 2013
そして、人生はつづく
そして、人生はつづく川本 三郎

平凡社 2013-01-11
売り上げランキング : 52272


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


新聞の書評で読んで面白そうだったので読んでみました。東京人などでかかれたコラムをまとめたもの。奥さんを亡くして、家に一人でいるのも…というので鉄道で旅したり映画みたり町を歩いたりしてる。それがとても静かで穏やかで、でも一つ一つ丁寧に感じ生きてることが伝わってくる文章。文字を追っていて楽しい読書でした。

作者さんの行っている場所や読んでいる本、映画が重なっていて読みながら『そうそう』とか『私も行ったー』とか思えて面白かった。飛鳥山とか尾久の原公園とか(尾久の公園は今入ることができなくなってしまいました)演劇ではNODAMAPの劇が紹介されていたし、『ルリユールおじさん』や『クレアモントホテル』は原作も読んだので、違った角度からの感想が読めて面白かった。

マイバックページは予告を映画館で観て見たいなと思っていたので今度観てみようと思った。

震災の後からは鉄道の旅も東へとうつってゆきます。妻の事を静かに思っている文章を読んでいると、私が死んだら夫もこんなふうに思ってくれるといいなぁとおこがましくも思ったりする、結婚記念日直前の鬼嫁な妻です(^^;。

そういえば杉並区の図書館はその後どうなったのかなぁ。まえがきに”あまり大きな声でものをいいたくない”と語る作者が繰り返し語っていたのでかなり気になりました。

ディズニー そうじの神様が教えてくれたこと

ほのぼの本
10 /20 2012
ディズニー そうじの神様が教えてくれたこと
ディズニー そうじの神様が教えてくれたこと鎌田 洋

ソフトバンククリエイティブ 2011-10-20
売り上げランキング : 1265


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


題名にひかれ読書。夜の清掃部隊ナイトカストーディアルの仕事を物語り形式で紹介している本。最初にそうじの神様と呼ばれたアメリカのディズニーから来たチャック・ボヤージンという人のエピソードからはじまります。
「子供が床にポップコーンを落としても躊躇無く食べられるくらい床を綺麗にしてほしいんだ」という考えを実践でどう貫きとおしたかが、まだ若い夜間のスーパーバイザー(責任者)金田さんの視点から主に語られています。

それは魔法の始まりで、ディズニーの思想が細部にまでゆきわたっていることを感じることができます。
読んでいるとディズニーランドに行きたくなる(^^)開園当時を知っている世代としては、電子レンジを購入してくれ、親御さんの理解を求めるために入園チケットをくれる気遣いといい昔じゃ考えられない発想を体験することができます。
文章は読みやすく文字も大きいのでちょっとした空き時間に読むことができ、またディズニーと同じように楽しいほっとした気持にさせてくれます。

生協の白石さん

ほのぼの本
07 /21 2012
生協の白石さん
生協の白石さん白石 昌則 東京農工大学の学生の皆さん

講談社 2005-11-03
売り上げランキング : 1319


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


数日前の朝刊に「いじめられている君へ」というコラムに白石さんがコメントを寄せていて、その文章を読んで本を読みたくなったので読書。
コラムには簡単な言葉だけどきちんと全力でいじめられている者に対する寄り添う心が書かれていると感じました。誰かや何かを攻撃して安らぎを得るのではない文章で、目に見えないまだ知らない人を肯定する言葉が綴られていました。こんなふうに生協での質問にも答えていたのかなぁと思い本を読んでみたくなった。
大学の生協での短い生徒とのやりとりが面白い。センスはもちろんいいのだけど、気の抜き方や距離のとり方が良いのだと思う。なんとなくはぐらかされたり、思わず笑ってしまう回答に馬鹿にされた気持にならないのは、根底にある生きる人(物)への尊敬と感謝の気持があるからなんだなと、朝刊のコラムで感じた印象を新たにしました。この本読んで、いやなことや悩みができた時、もし白石さんならこう答えるかなと、見方を変え上向く気持のきっかけができたら生協の白石さんは喜んでくれるかな。

フェルメールの食卓 暮らしとレシピ

ほのぼの本
07 /16 2012
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース)
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース)林 綾野

講談社 2011-07-16
売り上げランキング : 33484


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「真珠の耳飾の少女」を観たときに、東京都美術館で売られていた本。この時代の暮らしと食べ物、生活の様子を細かく分かりやすく絵入りでフェルメールの絵画と共に紹介されていて、すきなページをぱらぱら見ながら楽しく読書しました。
彼の暮らしや生活の拠点が地図で示されてもいるので、実際に訪れてみたくなりました。オランダの光とそこに暮らす人々の性格、大変だけど楽しい営みの一部が想像できました。
この表紙に描かれている「牛乳を注ぐ女」は当時庶民の間で作られていたパンプティングを作るところを描いているそうです。そういわれると器やテーブルの上にあるパンがそれを物語っています。後ろには足ストーブも、フェルメールは生活のひとつひとつを細やかに観察しそれを描いていたんだなと改めて思いました。
何度見ても時を経て眺めてもこのフェルメールの透明な静謐な空気感の印象は変わりません。どうしてなんだろうとずっと思ってきたのだけど、食事風景を描いていないところや、部分部分のちょっとしたこだわりが、絶妙な距離感を生んでいるのでしょう。どんな人だったんだろうなぁ。絵を描くことは物事を正確に読み取り受け入れること、そして内に秘めた確固たる哲学があることだと考えているのですが、この画家がどんな人だったのかますます気になってきました。
オランダのタイルや、当時の油絵の具の作り方まで載っています。食だけに留まらない楽しいレシピ本でした。

オランダの光について考える時に

オランダの光 [DVD]
オランダの光 [DVD]マールテン・デ・クローン

TCエンタテインメント 2005-07-08
売り上げランキング : 85513


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

これを思い出す。そして観たくなります(^^)

ベニシアの手づくり暮らし 猫のしっぽ カエルの手 ―春夏編―

ほのぼの本
03 /19 2012
DVD‐BOOK ベニシアの手づくり暮らし 猫のしっぽ カエルの手 ―春夏編―
DVD‐BOOK ベニシアの手づくり暮らし 猫のしっぽ カエルの手 ―春夏編―ベニシア・スタンリー・スミス

世界文化社 2010-04-02
売り上げランキング : 4633


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この間NH○に出演されていて、どんな人かもっと知りたくなって読んでみようと手に取った本。本ですがDVDです。春と夏の二枚組、一枚一時間以上ありますが見始めるとくつろいだ気分になり、あっというまに過ぎてしまいます。
大原にある古い民家を改装してくらしているベニシアさんの生活を映してるDVD。題名のカエルは庭の草花の手入れをカエルの手が一緒にやってくれているという意味。自然のままに生活を楽しむ生き方を選んだベニシアさん。自然を痛めないことは人を傷めないこととして、緑の中で生きる姿は理想です。お金がとか時間がとかいうのは自分に対する言い訳であることを改めて何度も気付かせてくれる一冊。秋冬も面白そうです。

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。