リバティーン

映画
04 /28 2006
観てきました。公開前からずっと気になっていて、楽しみにしていました。
彼は「ネバーランド」で好きになりました。この人はこういった生きていた人物の役をすると違った輝き方をするように感じます。ネバーランドでやったバリというピーターパンの作者の役は元になった原作本を読むと少し違った印象なのですが、それでもジョニー・ディップのバリは素敵で有無を言わせない説得力があります。

そして「リバティーン」(笑)。すごかったです。ジョニー・ディップ、かっこよかった。ひたすら美しい。綺麗というのも当てはまるんだけど、画面はイギリス特有の薄ぼんやりしたぼけた感じで、芝居小屋の裏手とか酒場とか美しい場面は殆ど出てきません。王のいる間にだって連れ歩く犬がそそうをしているのに、なぜかなぜか美しいのです。なんでだろう、なんでこんなに目が離せないんだろうと思いながら全編を見ていました。
愛人役のサマンサが徐々に輝いてゆくところとか、マルコピッチの表情の変化とか、表情の撮り方がよかったです。セリフを話すごとにピントをぼかすとか、会話している二人の表情をカメラが巧に表現していました。

気に入った場面や言葉は沢山ありましたが、印象に残ったのは愛人に何故私に目をかけるのかと聞かれたときのやりとりです。芝居にしか生きられない、その中で君の才能を見たんだみたいなことを言うんですが、この時既にジョンは彼女を愛し始めているのですが、同時に芝居に対する愛も告白しています。なんというか、これはちょっと解る。映画を見たり美術館に行くのはそれが必要だからです、自分のためにやるんですね。やらずにいられない自分がいるのです。最近この”見える”ということが気になっています。見えたということはに色々な原因があって、その一つに才能とか感性とかあるんじゃないかって思ってます。ジョンはまさしく才能があったんですね。

最後の演説の場面もよかったです。セリフを全部書き写したかったくらい(笑)。演説を終えた後、王のアップがあるのですが、この時の表情の変化がいいです。マルコビッチの目が変わってゆく。音がないんだけど音が聞こえてくる感じです。

最後のほうでジョンが言う言葉が印象的です。舞台は次から次へとどんな時も場面が連なりそれを待っている観客がいるけど人生はそんなに明るい場面が連続しているわけじゃないと、末期の状況で苦しみながら叫ぶように訴えるシーンが好きです。元気な自分を演じる役者と死に向かう本当の自分、その対比がいいです。

こうやって感想を書いていると人と人との関わり会話の映画のように思えます。最後に問うジョンの表情がいいです。愛を他とは比べることのできない、切り出された無垢な純粋な愛を感じました。
スポンサーサイト

重文

にっき
04 /27 2006
風邪をひいたようです。と、いいつつこれをかいているのは朝5時。寝てればいいのに…自分。でも遊ぶ、遊んでなんぼの人生です(笑)。

ここ数日話題になっている建築業界の重文の話。広島の二つの建築が選ばれて嬉しいです。広島旅行に行ったとき見にいきました。丹下さんの記念館と村野さんの教会。教会は中に入れなかったけど、とても素敵でした。この時期の建築は保護されずにどんどん壊されてゆくので、保存してもらえる環境になって嬉しいです。

村野さんの設計による横浜プリンスはホテル業を止め改修になることが決まっているようです。ここの吹き抜けが大好きで何度も足を運びました。吹き抜けで結婚式をするプランもあって、本気でやりたいと思いました(その時には既に結婚してたので夫を恨んだ(笑))。村野さんの吹き抜けの美しさは新高輪プリンスの飛天の間のような素晴らしい空間ばかりなので、大好きです。タイル職人の技術の高さに唸ります。ああ、こう書いている傍から見にいきたくなった(笑)。
広島の教会は禁欲的なそれでいて芳醇なる感覚に包まれる空間です。大通りからちょっと入った静かなところにあるのもいいです。ああ見にいきたくなってきました(笑)。

いつか、僕らの途中で

現代小説
04 /25 2006
いつか、僕らの途中でいつか、僕らの途中で
柴崎 友香 田雜 芳一


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


本屋でみてふらふらっと借りて読んだ本。作家とイラストレーターの書簡、鉛筆描きの美しいイラストとさらさらと流れるような文章で、綺麗な気持ちになる本でした。山梨と京都が舞台なのですが、その場にいるような、行ってみたくなるような空気感があります。相手の手紙文のなかに読んでいるほうの気持ちが流れてきたり、小さな小説があったりと、一つの世界をゆったり周りながら楽しめるような感じです。
紅茶を飲みながら、ゆっくり読むのに最適な本です。

サイボーグの衝撃

にっき
04 /25 2006
昨夜TVでやっていた立花隆さんの番組面白かったです。
日本未来科学館の展示も少し紹介されていましたね。企画展で見たものが映像で紹介されていてとても楽しかった。娘と「これ見たねー」と話ながら見ました。

一番印象に残ったのは、立花さんんが押井さんに電極で感覚を機械と接続したときの印象を語っているところでした。言葉にできない感覚があったと告白しているところがすごいなぁと思った。言葉はこんなにも何も言うことができないのかと唖然としたと作家である立花さんが言っているところが面白い。
違うかもしれないけど私は最近光をみてそう思ったことがあります。ジェームズタレルの光には様々なものが詰まっていて、それを見たときどう表現していいか分からず悔しい思いをしたことがあります。それと同時に言葉はこんなに不自由で束縛するものなのかと、愕然とした思い出があります。
今の科学では脳の中で言葉をつかさどる部分がどこか解明されています。逆にいうとその部分しか使われていないのです、番組では言語を超えたコミニュケーションが将来可能だと話していましたが、それは楽しみでもあり怖くもあります。もう少し言葉に縛られているほうがいいのかも(笑)。

今夫が忙しくて仕事を手伝っているんだけど、CADも脳と接続することで瞬時に図面が書けたりするといいなーと思いました。打ち合わせしながら図面が書けたらこんなにいいことありません(笑)。イメージした空間がすぐに平面、立面、展開の図面になったらいいのに…と深夜夫婦で話してため息をつきました(笑)。

村上春樹の隣には三島由紀夫いつもいる。

読み直したい本
04 /25 2006
村上春樹の隣には三島由紀夫がいつもいる。村上春樹の隣には三島由紀夫がいつもいる。
佐藤 幹夫


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


題名にひかれてふらっとかりた本。村上さんも言っていますが、自分の小説に関する解説本は読まないようにしているといっているので、私もあまり読まないようにしているのですが、それでも気になってしまうわけで(笑)。ついこう、手にとってしまいます。そしてペラペラと読んでしまいます(苦笑)

最近コラムなどを読んでいて感じたことが書いてあったので、ぐっときました。しかし、解説本というのは自分の考えをしっかりもってから読まないと結局自分の中にすとんと落ちてこないので、読みながら今の自分の中での村上春樹をもっと強固にしないと(笑)だめだなぁと感じて中断。
もっとしっかりした考えを持ってから再読したいと思います。…と言っている間にいつまでも読めないような気も…だめじゃん。

ヘンプ

にっき
04 /24 2006
ヘンプで作るかんたんアクセサリーヘンプで作るかんたんアクセサリー
雄鶏社


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


天然素材ヘンプで作るシンプルアクセサリー天然素材ヘンプで作るシンプルアクセサリー
雄鶏社


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


とんぼ玉を作っている友人がいて、先日彼女から玉をいくつか頂いたので何か作ってみようと思い、手芸屋さんに行ったら手芸屋さんって材料があるわけであって、アイディアがあるわけじゃないってこと思い出しました(笑)。

手芸になれている人や好きなひとは材料を見ただけで完成図が浮かぶのだろうけど、私はぶきっちょな上に綺麗な材料とか見るとどうしても不釣合いなのになんとかくっつけようとしたりする、初心者に陥りがちな間違いをばしばし踏みまくる人なのです(笑)。
漠然とイメージしては行ったのですが、漠然、これがよくない(笑)。実際紐や金具をあわせるとなると、玉の大きさや全体のバランス、雰囲気がイメージできていないと、材料が選べないわけです。流行も考えると一人パニックに(笑)。

最終的にいきついた先がヘンプでした。って、友人がいくつか作ってもらっているので、それを見ると自分が考えたよりも、ずっとこっちがいい。
私が店先でちょっと考えたよりかずっといいのは当たり前です(笑)。

とんぼ玉は見ているだけでも楽しいです。それをどうやって身につけるか考えると、その玉の魅力を最大限にいかせる方法というのはなかなか納得できなくて、玉を前に延々考えこんでしまいます(笑)。

とりあえずガラスビーズを数種類買い、麻の糸に通しては配列を考えて遊んでいます。糸の色、並べ方でも印象が変わってしまうので、面白いです。…アクセサリーを完成させる日は遠い……。

上記にある本を図書館で借りて眺めているだけで楽しい…遠い、完成は遠いです(泣)。

ハリー・ポッターと炎のゴブレット

映画
04 /23 2006
ハリー・ポッターと炎のゴブレット 特別版ハリー・ポッターと炎のゴブレット 特別版
ダニエル・ラドクリフ J.K.ローリング マイク・ニューウェル


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


見てます!見てますよ(笑)20日の午後に取りに行ってそれから我輩三昧です。カルカロフとの未公開カットを見ることができて、もう…もう…もう~!一人で演技を真似しては「くぅうう~」と倒れる日々を送っております。本編を見ていると一緒に映画館で観たはずの娘が「あ、こんな話だったっけ?お母さんがスネイプのカットばかり見るからスネイプの映画かと思ってた」と言い出しました。母さんの思惑通りに育っているね!でもそれは教育上よくないってことかな!!(汗)

真実薬を掴む指とか、たたっと走ってきて杖を振るポーズとかいちいち決まっているところが素敵です(←色眼鏡)。立ってるとことか、こてこてなんですけど、そこにはまるといいのです。はい、いつまでも言ってます(笑)。
メイキングでハリーがダンスの練習をしているカットの後ろでぼーっと立っているリックマンが素敵です。

こんな感じて毎日すごしております。今日は控えめに書いてみました(!!?)

獣王星

マンガ
04 /21 2006
獣王星 (第1巻)獣王星 (第1巻)
樹 なつみ


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


今TVでやっているアニメを見ています。昨日は二回目でした。樹さんのマンガは

マルチェロ物語(ストーリア) (第1巻)マルチェロ物語(ストーリア) (第1巻)
樹 なつみ


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


のころから好きでした。この作家さんの描く男の子って動きがかっこいいので、アニメになってどきどきしています(笑)。カラーなところも素敵です。
オープニング曲も気に入っています。堂本さんのオリジナルなんですね、かっこよくて好きです。

寝言

にっき
04 /19 2006
ここ連日息子が寝言を言います。
大抵幼稚園のことを思い出しているのか、喧嘩している内容だったり、文句を言っていたりします。毎日幼稚園で何やってるんだか(笑)。
昨夜はとうとう「がたんごとんがたんごとん…」と列車の真似が始まりました。寝ている間も電車なんですよ…もう何も言えない(泣)。これから先が不安でたまらない母さんです(笑)。

昨日買ってきた水と桜のゼリーは子供達を寝かしつけた後に一人で食べました。美味しかったです。幸せでした~。深夜にデザート食べるのはよくないんだけど、他に食べられる時間が無い。こうやって太ってゆくんだなぁーああー。

水と桜のゼリー

にっき
04 /18 2006
桜ゼリー1

ナチュラルスイーツさんの水と桜のゼリー、やっと買いました。
興奮して画像をとるだけでまだ食べていません。
ゆっくりあじわいたいと思います(^^)
東京は桜終わってしまいましたね。寂しいですね。

一人でおるすばん

にっき
04 /17 2006
昨日はここに書き込んだ後6時間書きつづけました。
どれだけ書けたかというより、これだけ長い間書いてた自分を誉めたい。なにゆえ一銭にもならない文章をそこまで書くのか(笑)…しかも苦しみながら。あほです。なんとか一山超えました。あとは何回か見直しをしながら最後まで逃げきる(?!)だけです。逃げもなにもないか…(笑)。
なるべく集中して書いていたのですが、我が家の外が異様に静かで落ち着きがなかったです。子供の声やおやじの叫び声などしょちゅうしている下町なので”しーーーん”というト書きが入りそうなほどの静けさで、どきどきしました。
そして二時間ぐらいしたらこんどはFuu……という風のような女性のため息のような声が15秒おきぐらいに聞こえてきて、始め気にならなかったんだけど、気になりだすと怖くなって一人おどおど。いつもは子供や夫と一緒だから「何だろうね」と話すだけで落ち着くのに、一人なので「何?なんなの???」とそわそわしてしまいました。もう少しで夫に電話かけそうになってた(笑)。近頃一人になったことなかったので、一人でいる心細さを久しぶりに体験しました。
家族といると賑やかでうるさくて仕方ないと思うのに、一人になるとそれはそれで寂しいというより心もとない感じになります。に、人間なんだな(笑)。

このあやしい音は夜にも聞こえてきて、多分風のぐあいで何かが唸っていると思うのですが、近所にちょっと変な人がいるので内心どきどきな一人でおするばんでした(笑)。

曇りの日曜日

にっき
04 /16 2006
昨日のCGIは無事復旧しました。今までこんなことなかったので驚いたけど、考えてみれば加入して5年以上も何もなかったんだからすごいなぁ、と夫が言ってました。そう言われるとそうかもね。
ここ連日特に何がというわけではないのですが色々忙しくて思うように文章が書けませんでした。何より辛いのは深夜寝る時間を割いて書いているのに子供が起きてくることです。何もできないのにどんどん体力がなくなってへとへとになってたんですけど、今日は夫が連れてどこかへ行きました。これで夕方まで存分に書ける…と思うと書けなくなる(笑)。我侭な生き物です。
そんなこと言わずに書きます。
クライマックスです。きっと…。

わらしべ長者?

にっき
04 /15 2006
HPのCGIサーバーがなぜか落ちてしまいまして、アクセス不能となっております。今朝の7時に障害発生し未だに(今は夕方)復旧作業中となってるんだけど早く復旧させてほしい。バックアップや拍手、メルフォなどなど色々頼っているので、接続できないのはとても辛いのです。

家でむ~っとしてても仕方ないので、息子と近所の区営遊園地に行って遊んできました。帰りにパン屋さんで人気のラスクを買おうと寄ったらば売り切れ…いったい私はどうしたら…と涙ながらにふらっと向かいにある古本屋に入りました。そこでひかわきょうこさんの昔のマンガを探したのですが、これもなし。人生どん底です(←大げさ)。

息子は勝手に子供の本を漁り「ブルートレーン特集号」なる写真絵本を持ってきて買えという。もう何がなんだか分からない私は、泣きながら200円の絵本を買いました。すると店のおばさんが「あと20分ぐらいで終わるんだけどよかったら福引して行きなさい」と二枚の福引券を貰いました。

もう流されるまま福引会場へゆくと、息子の身長の二倍くらいの大きさのガラガラ(回してくじをひくやつですね)がありやっとのことでくじを引く息子。
一回目はずれ(テッシュ)二回目はずれから二番目(おかしのつかみどり)
交換所へ行くとティシュは売りれで、おかしは片付けが始まっていました。
ぼーぜんとはずれくじを渡すと「なんかやるから待ってなさい」とおじさんがもっと上の等だった野菜詰めあわせを二つくれました。キャベツとかにんじんとか入ってて、すっごい嬉しくなってにこにこしてたら、おじさんに「俺は綺麗な女の人には弱いんだよ」とおやじギャグまで付けてくれました。
つかみどりは終わってしまったからと、明らかに息子が掴みきれないお菓子ももらえました。200円の古本で沢山の野菜とお菓子を貰って、なんだかわらしべ長者みたいな気持ちになって帰ってきました。ああ、いい町だーなんて思ったことなかったけど今思ったよー。

保護者会

にっき
04 /14 2006
今日は娘の保護者会でした~。
高学年になったのでやってくる保護者もまぁまぁ落ち着いているといいますか、いつものメンバーみたいな感じでした。
で役員決め、これが大変だった(泣)噂には聞いていましたが、誰がなるかで大変な騒ぎに。高学年になると保護者会に来る親はもうこの時期には何かしら役員をしているんですね。つまりやっていない保護者が来ていないわけです。なので人数いても誰もなる人がいない→結果いつまでも役員が決まらない(泣)。

うちのクラスは特に役員経験者が多く「誰がなってないの?」みたいな、やっていない人探しになってしまいました。それでも来るって人は役員を引き受けるつもりの人がいます。なんやかんやと揉めながら、やっとこさ決めました。問題は来年です。繰り上がりなのでどうなることやら…今から怖いです。
「今年ではやってもいいけど来年は絶対やんないからね!」とか「じゃあんたやりなさいよ」という言葉が飛び交います。お母さん同士ぴりぴりしてる…こ、怖かったです。

花よりも花の如く

マンガ
04 /13 2006
花よりも花の如く 4 (4)花よりも花の如く 4 (4)
成田 美名子


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


久しぶりに買ったマンガ、成田さんの新刊です。
去年暫く休載していたので心配でしたが、続きを読むことができて嬉しいです。読んでいて能が見たくなってきました。今回の巻はニューヨークに出張する話ですが、能の作品と物語が密接にかみ合っているので、能の作品を知らないと解らないニュアンスがあり、最近久しぶりに能が見たかったんですけど、ますます見たくなりました。
何度か見ていますが、能には独特の時間の流れ方があり、これにはまると病み付きになります。映画のように友だちと行って「楽しかったね」と話す種類のものではないので、難しい娯楽ですね。
マンガの中でも言ってますが、能はどんな捉え方をしてもいいと思うのですが、やはり演じ手の芸人さんは共感を望んでいるわけで、それは日本人同士なら伝わりやすいものでも外国に行くと全く違うものや反対のものになる可能性があるということに改めて考えさせられました。
展開的にはうますぎるかなーと思う部分もありますが、最後にちょっと泣きました(笑)。作者の私生活と想いを考えると素晴らしい場面と思えます。

能を見ているといつも感じるのですが、演じているシテやツレに無を感じます。感情を排し踊りに徹していることによって、その人の個性や自分が今なにを考えているかが跳ね返ってくるように感じることが度々あるのです。同じ局を舞っていても演じる人によって、深みや美しさが全く違います。この場合深いことが全ていいことではなく、華やかなことが全て素晴らしいということではなくて、どういうわけか若い人より取った人のほうが美しいと感じることが多いです。なんて説明すればいいのかな、うわっと思うときは気を感じているときです。激しいものではなく流れるような気を感じるときに、座っているだけなのにどきどきしてくるときがあります。

マンガも面白いですが、能はそれとは違った面白さがあります。だからマンガも面白いのですが(笑)。ああ、能見にいきたいなぁー。

新学年の子供達

にっき
04 /12 2006
新学年、新学期ですね~。今日は役員の引継ぎなどをしてきました。あとは来月の総会に向けて数日出ればいいだけです。数日しか(!)でなくていいのです。よかった~やっと終わりです。

新学期に入って二日目の今日は去年と同じ光景が幼稚園のエントランスで行われていました。「まま~」「お母さん~」と泣く子続出(笑)。バス登園の子供はバスの中で泣きつづけ、園に来ても泣いています。徒歩通園のお母さんをみては思い出し、また思い出さなくても泣いている子をみて辛くなりもらい泣きする子もいます。もう玄関は泣き声でわんわんとハウリングだらけに(笑)
。まだ教室に入る子は徐々に感情が治まってゆくのですが、教室や園に入ろうとしない子はなかなか泣き止まない頑固者です。
去年うちもそんな頑固者の一人でした(笑)。もう大人が引っ張っても何を言っても入らない、先生が悪魔のように感じられてしまうようです。お母さんと引き離す悪代官のようです(笑)。先生は何も悪くないのに、大変です。
そんな中、息子は泣いている子を不思議そうに見ながら、お友達と手を繋いで園に入ってゆきました。一年で大きくなるもんだなぁとちょっと感動しましたよ。しかし廊下でお友だちとふらふら年少さんを見て回っているのには笑えた。子供同士で何かを話している様子でした。そんなふうに大きくなってゆくのでしょうかね。
いや、まだ安心するのは早いなー(笑)

ショー音楽

音 楽
04 /11 2006
東京ディズニーランド ディズニーハロウィーン2004(CCCD)東京ディズニーランド ディズニーハロウィーン2004(CCCD)
ディズニー


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


最近のドライブミュージックはディズニーのショー音楽です。物語性もあって想像しやすく、子供が喜ぶしテンポがいいので家族でドライブにはもってこいです。
気持ちを盛り上げたいときに聞くといいです。今も聞いているのですが、息子が踊りだしました(笑)。ハロウィーンイベントには行ったことないんだけど楽しめます。他にアニバーサリーやオンパレードなど聞いていると、わくわくしてきます。
いつも聞くときはショーの時なので、音楽の面白さに気付きにくいのですが、曲だけ聞いていても、場面を想像させるんですからすごいですよね。
キャンディーチームとパンプキンチーム…加わりたくなりました(笑)。
ドライブ中にミッキーの真似が流行ます(笑)。

タルコフスキー観たい

映画
04 /10 2006
ノスタルジアノスタルジア
オレーグ・ヤンコフスキー エルランド・ヨセフソン ドミツィアナ・ジョルダーノ


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ここ暫くタルコフスキーの映画が観たくてたまりません。
レンタルもあるんだけど、やはりこの人の映画は映画館でみないと分からないので、映画館で観たいです。ここ数年やってないんですよね。若い頃は半年に一度くらい都内のどこかしらの映画館でやってたんだけど、そんな映画館もなくなってしまいました。
黒澤の白黒映画とかやってたよなぁ、今は少ないんだろうなぁ(泣)。
雨の降っている感じとか、画面の美しさとか、ああ、観たいです。

サクリファイスサクリファイス
ヨハン・セバスティアン・バッハ アンドレイ・タルコフスキー アンナ・レーナ・ヴィボム


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


これも観たい。

アンドレイ・ルブリョフアンドレイ・ルブリョフ
アナトリー・ソロニーツィン アンドレイ・タルコフスキー


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この映画も…(きりありません)煙が演出に使われていて、主人公の顔がアップになっているところに焚き火の煙がふあっと覆い隠すと表情が変わるシーンがあります。その場面の変わり方が好きです。

他にも映画館で観たい映画はたくさんあります。
と、いうより色とか動きとかがTVでは感じきれないということです。
ああ、どこかでやってくれないかなぁ、体力があるうちに再上映を願います。(幾つなんだか…)

映画館で観たい映画

テオ・アンゲロプロス全集 I~IV DVD-BOX IVテオ・アンゲロプロス全集 I~IV DVD-BOX IV
テオ・アンゲロプロス ブルーノ・ガンツ トゥーラ・スタトプロウ


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

脳! -内なる不思議の世界へ

美術館・博物館
04 /09 2006
久しぶりにお台場にある日本未来科学館へ行って見たかった、特別企画展『脳! -内なる不思議の世界へ』を見てきました。
年の初めに脳についての企画展示を見て興味をもっていたので、楽しみにしていました。沢山の標本や脳科学の最前線が分かり面白かったです。
シナプスの役割など何度図をみても分からなかったんだけど、今回映像で働き方などを見てやっと分かった。イメージできました。
簡単な錯覚を体験する展示や、任天堂DSなども置かれ子供からお年よりまで楽しめる展示になっていました。

前回の展示で一次現視覚野と高次現視覚野について考えていたので、その続きを考えた。まぁ主婦の妄想の範囲内を出ないんですけど(笑)。
会場内には子供もたくさんいました。うちは息子と夫は常設展(リニアモーターカー)に行ってしまって、娘と見ました。これ子供を育てている人が見るとすっごい面白いと思う。だってニューロンの発達の仕方とか息子がまんま実践してるんだもの(笑)。3歳ぐらいまでの子供にはミラーニューロンというのが出来るそうです。文字通り真似することで学習するニューロンで、科学的に言われなくてもミラーニューロンがどんなものか分かりました(笑)。もうリアルに理解できます(笑)。

生物は脳の発達と共に身体を把握し世界を受け止めます。そして世界に働きかける。それが地球に生きている脳をもつ生き物の生き方なのだと、展示を見てひしひしと感じました。

一匹一頭一反

にっき
04 /08 2006
午後教育TVを見てたら、高校講座の歴史で、昔の中国は絹一反が馬一頭と等価値で、交換されていたと紹介していました。昔反物は一匹と言われていて、馬も一匹と数えていたそうです。

書物は始め羊皮紙から始まり、木札そして紙へと変化したそうです、版画のような印刷が発展するとどんどん書は人々に読まれて、広まっていったそうです。そう聞いて今電子上でこうやって文章を書いているのはなんとも不思議な気持ちになりました。
昔は手書きで何日もかけて伝えたものが、今では秒単位で文字が送られ言葉が伝わってゆきます。
デジタルによって良くなった面もあれば悪くなった面もあると感じているので、面白く感じました。
羊皮紙の肌触りは体験できなかったけど、紙に書く楽しさもあります。
文章を書いていて勢いがつくとノートに書いたほうがしっくりくる場合もあります。紙とデジタルどちらも残ってほしいと、フィルムの衰退をみるとそう思わずにはいられません。

新学期

にっき
04 /07 2006
昨日今日と子供達の新学期が始まります。
やっと春休みが終わった(笑)。ほっとしているお母さん多いのではないでしょうか(笑)。いなければいないで寂しいけど、いたら大変なものが家族ですね。息子はまだクラスが変わったということが分かっていないようです。人生初経験だもんなー。帰ってきたときが楽しみです。
娘は担任の先生が変わらずに新学期を迎えます。もしかすると6年間の半分が同じ先生になるかもしれません…。それもちょっとびっくりです。
今からあいた時間でどこへ行こうか色々考える主婦です。と、言ってもそんなに時間ないんですけどね(笑)。

頭文字Dベスト・ソング

音 楽
04 /06 2006
頭文字D BEST SONG COLLECTION 1998-2004頭文字D BEST SONG COLLECTION 1998-2004
アニメ主題歌 move Galla


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


文字が思うように読めないので、のりのいいCDをレンタルしました。イニDの曲は何枚か持っているのですが、つい借りてしまう。ウォーキングするとき聞くと早く歩けます(笑)。
今までのオープニングやエンディング曲が入っていて、流して聞いているだけで楽しいです。ドライブするときに聞くとよさそう。うちはまだカセットだからなー(笑)。
どっか行きたくなります。もしくはアニメ見たくなる(笑)。

読めない哀しみ書けない苦しみ

にっき
04 /05 2006
文章を書いているので、長編小説が読めません。哀しい。読もうと思えば読めるんだけど、書いている世界にのめりこまなくてはならない時期に入ってしまって、早く終わらせてばいいのに、これもまたぐずぐずとしてます(笑)。
書きたいんだけど、書きたくないみたいな、書けないみたいな…一年も想いが入ってしまうと、つい手も止まってしまいます。
と、いいつつ書くんだけど、まあ行きつ戻りつなこのごろです。なので読書ができません。映画も見たいんだけど、頭がそれっどころじゃないって言ってる(笑)。テスト前の追い込みみたいな、やらなくちゃならないんだけど逃げたいみたいな、でも集中できないみたいな…みたいな症状です(笑)。
書き終わると暫く放心状態になることが分かってるので、それが寂しいみたいです。我侭言ってないで書きます。
ぐだぐだと愚痴をこぼしつつ今日二回目の書き込み終わりです。

スーベニア

音 楽
04 /05 2006
スーベニアスーベニア
スピッツ 草野正宗 亀田誠治


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


最近好きなサイトさんのイメージ絵を見て好きになったスピッツ。ぼんやり聞いているとどきっとするフレーズが流れてきて、歌詞カードを見ること数回。曲に乗った言葉の不思議な感じが好きです。誰のせいでもねぇとか、感情もって行くんだとか、強い響きではないのだけど、びくっとする言葉が好きです。
さらさらとでも確かな感情のゆらぎを感じます。

やっと購入

にっき
04 /04 2006
娘が以前から欲しがっていたゲームをおじいちゃんが買ってくれました。
おいでよ どうぶつの森おいでよ どうぶつの森


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

とDSを買いました。
…初DS、我ながらすごいと思う(笑)。
小学生の家庭でDSがないってちょっと個人的に自慢だったんだけど(おいおい)当の娘はすごく恥ずかしかったらしく、いつもむすっとしている娘が今もニコニコしています(笑)。

ゲームはよくないって、散々やったから思うんだよなー。それでも今だにやりたいゲームが親でもあるんだもん。子供だってやりたいよね(笑)。悪い母です。そんなに何が面白いのかなぁなんて思いながらFF買いたくなってる(笑)。ゲーム一家にならないように気をつけなくては…。
娘は昼ご飯どころではなく、急いで帰ってきてゲームをやっています。これでお友だちとも遊べるとか言ってます。不憫な子でした。久しぶりに娘の笑顔を見た気がします。
後はやりすぎに注意かなー、ネットやりすぎの私がっ注意できるのだろうか(泣)。

お買い物

にっき
04 /03 2006
新学期の準備で息子に靴を買わなくてはならなくなり、折角だからと前から行きたかった新しく出来たショッピングモールへ行ってきました。
亀有にできたアリオというお店です。ここの二階に好きなデザイン家具雑貨屋があり、そこに行くのも目的の一つでした(笑)。
今まで見てきたモールとはまた違った大きな建物でした。東京でこんなに大きなモールが出来たことに驚いて帰ってきました。
お店も素晴らしく後はお財布と相談でした(笑)。
息子を連れて行ったため思うように見られなかったので、今度こっそり一人で来たいです。お金もこっそり持ち出したい(笑)。
息子の靴は結局駅前のヨーカ堂で買いました。ヨーカ堂がモールにもあるので同じなんですけどね(笑)。女の子向けの靴を欲しがって困った(笑)。面倒なので買おうかなと思ったんだけど、それによって息子の趣向が変わるのが怖いので、必死に男の子向きの靴を誉めて買ってきました。娘にも服をと思ったんだけど、娘も好き嫌いが激しいので連れてこないと買えない。子供ってこんなふうにどんどん親にとって不都合に、大きくなるもんなんだなぁと思いました。
私が何か買おうとするとすぐ退屈するのも面白い。自分が子供の頃同じようにつまらなかった事を思い出します。なんか、お母さんの買い物が矢鱈長くて自分たち子供は思うように遊べなかったように思う。息子達もそう思ってるんだろうなぁ、だらだら買い物してないつもりなのになー(笑)。

春なのに…

にっき
04 /01 2006
春なのに、いや春だからなのか眠いです。歳なんですかね、昼寝しても眠い。大体春休みなのがいけない。子供がうるさい。がぁーどっかいけー(それも困る)。娘は休みに入ると歯科検診に行かせるのですが、ころっと予約時間を忘れてくれます。「あ、時間!」っておい!。息子は寝ている隣で5分置きに「かあさん起きて!」って怒鳴りながら走り回る。で、彼を昼寝させると夜が大変なので、一緒に寝ようとすると今度は私が「起きろ!」と言う(笑)。家の中がてんやわんや(死語)です。
何かしようと思って眠くてぼーっとしているうちにほんとに眠くなり、うとうとしてから、はっとして起きてまた何をしようとしていたのか分からなくなるという永遠のループにはまってます。ああ、神様助けて、せめて何をしようとしてたのかだけでも思い出したい(笑)。アホだ。やはり歳なんですかね。
桜が咲いているので、あちこち行きたいのですがこれなので(笑)でかけられません。びよんびよん走り回る息子とこの頭ではどこにも行けない、というか行きたくない(笑)。
とりあえず落ち着いてじっとしてよう、眠くならないといいな(泣)。

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き