完訳ファーブル昆虫記 第一巻上

まじめな本
07 /31 2006
完訳 ファーブル昆虫記 第1巻 上完訳 ファーブル昆虫記 第1巻 上
ジャン=アンリ・ファーブル 奥本 大三郎

集英社 2005-11-25
売り上げランキング : 5339

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


先日新聞で読んだ一文を読んで、まず一巻の上を…と読んだ本。大きく高い本なので図書館にリクエストしたら、図書館員さんに「月夜野さん、完訳頼んだでしょう」と聞かれ頷くと「うちの図書館では入荷しないことになったんだよね」えええー!!「そこをなんとか…」とお願いしたのですが、他区からの貸し出しで読みました。娘も興味をもち借りたのですが、文庫の昔の訳本で文体も堅く読みにくいものでした。大人ならいいと思うけど、折角こんな素晴らしい本が出たんだから、入荷しようよ(泣)。これを入荷しないなんて、酷いようちの図書館!恥ずかしいくらい酷いことだよ、うううう。

続きを読む

スポンサーサイト

加須未来科学館

美術館・博物館
07 /30 2006
埼玉県加須市にある加須未来科学館へ行ってきました。
利根川沿いにある新しい綺麗な科学館です。小さいけど入場無料で、気軽に楽しめるいい所でした。心地よい川風に吹かれながら、周辺を歩いて楽しみました。建物が素晴らしく、天文台もあるので、また夜に行きたいなと思うところでした。
ラベンダー畑や、土地の野菜を売っているお店もあって、主婦としても楽しめました。
帰りはいつも行ってる日帰り温泉の湯ったり苑に入って帰ってきました。女湯には軒下にツバメの巣があって、ちょうどツバメの一家が帰ってくるところでした。露天風呂の上空を低く何回も飛びながら家族なかよく巣に帰ってゆく姿は微笑ましいものがありましたよ。夕暮れに入ると家路を急ぐカラスや鳥が空を横切ってゆくので、それを見るのが毎回の楽しみです。
今日は夏休みとあって、子連れのお母さんやおばあさんに話し掛けられました。昔銭湯はコミニュケーションの場だったという歴史を思い出しつつ、長湯を楽しんで帰ってきました。

脳とクオリア

まじめな本
07 /29 2006
脳とクオリア―なぜ脳に心が生まれるのか脳とクオリア―なぜ脳に心が生まれるのか
茂木 健一郎

日経サイエンス社 1997-04
売り上げランキング : 62865

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


27日に読み終わったのですが(今は29日)ノートを取り直しながら、読みまとめたので、感想が遅れました。うーん、よく分からなかった、ということが分かったさ(笑)。
この人いま注目を浴びていますね。TVによく出てきて、新聞でコラムを読み、”毎日モーツァルト”でコメントをしているので、面白いなぁと思い、代表的な本を読んでみることに。
コラムには電車に揺られながらクオリアのことを考えていたら、ふと理屈でなく体で理解したんだ、というようなことを語っていて、その理解ってどんなものなのかな、と興味が湧いたのが原因。
中央線あたりで思い立ったのかなぁなんて余計な想像をしながら読みました。…既に頭悪い人です(笑)。

続きを読む

夜の公園

現代小説
07 /29 2006
夜の公園夜の公園
川上 弘美

中央公論新社 2006-04-22
売り上げランキング : 10568

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


35歳の幸夫の妻リリと親友春名、悟と暁の兄弟それぞれの視点から語られる恋愛物語。リリの決意から始まり、複雑に関係が入り混じりながらゆっくりとしかし底に流れる感情がラストに現れてくる。

「光ってみえるもの、あれは」が好きなので、変わった川上さんの話を読めるかなぁと思いつつ読みました。面白かったです。飄々としていながら、底にある辛辣な感情、ゆずれないものの感じがあって、川上さんらしい文章を楽しめました。
最後のほうで男の人に暴力の影が出てくる。春名が教師で生徒との距離と感じながらも、生徒を距離を置いて見ているのが印象的でした。私も夜公園を散歩したいなぁ。ウォーキングのおばさんで一杯だからロマンスはないだろうなぁ(笑)。

幸夫の感情の移り変わりがよかった。最後の章でそれぞれの感情が入り混じりながら、しかし距離は保ったままで終わってゆくのがいい。登場人物と適度な空間を感じつつも、ゆるやかな波に乗るように話を追い読んだ印象です。

海からの贈物

まじめな本
07 /29 2006
海からの贈物海からの贈物
アン・モロウ・リンドバーグ

新潮社 1967-07
売り上げランキング : 4198

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


2005年3月に読んだ本の再読。気になって読み直しました。前回、始めの「ほら貝」で5人の子供を育てながら一週間も別荘で一人暮らせる作者が羨ましく、『そんなこと言ったって優雅に一人物思いにふける時間なんてないわ』とむかっとしてしまい(笑)すとんと頭の中に入っていませんでした。いいわけじゃないんだけど、帯もよくなかった『世界中の1000万人の女性が影響を受けた』とか書いてあって『私は影響を受けないぞー』と意味もなく反抗心をもっていたです。反省、子供です。

読みにくいというか、流れるように考えをすらすら書いている文章ではありません。短い話が集まった薄い本なのに、なかなか進まない。しかし今回はじっくり読みました。たこぶねや、つめた貝、日の出貝など知らない名前もあったので、図鑑で調べながら実際それを手にしているような気持ちで読みました。

読みにくいと感じていたのは、文章が具体的ではなく、しかも様々なことを同時に語っているからという印象をもちました。なので、いつ読んでもどんな気持ちで読んでも心に響くものがあります。今回の読書で私がひっかかった部分は前回と全く違っていて、面白いなと思いました。

今回一番気になった部分は「つめた貝」でした。色んな他の小説とリンクしている感じがあって(村上春樹の「スプートニクの恋人」宮沢賢治の「ひかりの素足」)それプラス新しい発見があって面白かった。

「たこぶね」前回も好きだった文章ですが、今回もひっかかった(笑)。これ以前も気になって図鑑で調べたら、表紙に出ている白い貝がたこぶね…、だと思ってました。違うんですよ。本当のたこぶね、という貝殻はもう少し小さくて地味な貝です。表紙の貝はアオイガイという同じ種類なのですが、違う貝です。「つめた貝」や他の貝も表紙にあるような美しい貝ではなく、地味なそれでいてひっそりと美しい光を放つような貝でした。その貝の印象からリンドバーグのイメージが伝わってきます。

たこぶね、いい短文です。女であること、妻であること、母であることを逃げずに、正面から受けとめ現代にどうやって生きていけばいいのか、素直に純粋に考えている。理想と現実を行き来しながら、今を生きることを大切にしたいな、失いかけているものを探したいなと思った時に読むことをお薦め。
もちろん、そんな女性の心理を知りたい男性も。

骨相学

にっき
07 /28 2006
ですのを読んでいて、目が出ている人は記憶力がいいという話を本で読んだのを思い出し、本をひっくりかえしました。

臨床医が語る脳とコトバのはなし臨床医が語る脳とコトバのはなし
岩田 誠

日本評論社 2005-11
売り上げランキング : 30455

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


で、ガルの骨相学という欄があります。ガルはドイツ人で子供の頃から頭がよく優秀だったそうです。しかし、ラテン語だけは1位になれず、いつも3位だったそう。その上位二人が目が出ていたことを大きくなってもずっと覚えていて、脳には場所によって違う働きをするのではないかと思いつき、骨相学をたてたそう。…すごい執念です。前頭葉が大きい人は眼球が押されて目が出たようになるんだそうです。面白いなぁ。先週坊主にしたばかりの息子の頭の骨の形が気になってしかたないです(笑)。

センス・オブ・ワンダー

まじめな本
07 /27 2006
センス・オブ・ワンダーセンス・オブ・ワンダー
レイチェル・L. カーソン Rachel L. Carson 上遠 恵子

新潮社 1996-07
売り上げランキング : 10457

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


以前読んだのだけど、再読。いつ読んだかなぁと履歴を調べたら載っていなかった。薄くて本のうちに入れなかったようです。でも再読したくなるほど内容の濃い素晴らしい本なので紹介。
沈黙の春沈黙の春
レイチェル・カーソン

新潮社 1974-02
売り上げランキング : 2686

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


を読まなくては、と思っていて、なかなか読めずにいるのだけど、文庫になってるんですね。買おうかなぁ。

「センスー」は甥っ子のロジャーと別荘で過ごしている様子を書いている本。森や海など自然の様子を描きながら、人間がいかに自然必要としていうかを涼やかに唄い上げています。
ロジャーは4歳の男の子なんだけど、息子をみてて彼の様子が目に浮かぶように分かります。好奇心が一杯の男の子って、森の中に入るとすごい集中力で散策をするんです。それが全身で森を感じようとしていて、親が何もいわなくてもきちんと距離を測りながら動いてる。大胆に行動しながらも、必死に自然のありようを身体でとらえようとしています。もうそんな姿を見てしまうと、傍で眺めているしかないですね。大怪我してもそれだけ大きな勉強になるのだろうから、言いそうになるんだけど、なるべく言わないように見ていることにしてます。
その学びが人生の何に役に立つのか、正直分かりません。でも確かに心の奥に沈み生きることの規範になるということは想像できます。私たちはこうやって生きてきたのに、今の東京は子供に行動の抑制をし、家でモニターを見せることばかりさせてしまいます。もっと見なくてはならないもの、体感しなくてはならないものが沢山あるというのに…。
息子を見て、ついTVで静かにさせようとしてしまう自分を戒めました。

活字中毒

にっき
07 /26 2006
…です、夫婦で。朝から朝刊を奪い合うようにして読んでます。そしてそのことを話すんですけど、読んでいる記事が違うから話が合わない…でこぼこ夫婦だ(泣)。

ですの、読み終わりました。気になって仕方なかったんで、子供たちが留守の間にネットカフェに行って読みました。多分この夏、最初で最後の私の夏休みです(泣)3時間の夏休み…とほほ。
ですの、面白かったです。遅いですね。12巻まで読みました。最後は驚かなかった、それよりも私…Lが好きみたいです。いなくなってから、投げやりな読み方をしたので、6~12まで読んだ後、エマも読めました。前回3時間で4巻途中までしか読めなかったのに…Lがそれほど好きなようです。
家には5巻まであるのですが、Lがいなくなる巻までしか買わないでおこうかな…と、思うほど彼が好きだす。甘いもの食べながら話すところとか、お友達できて喜ぶところとか、好きです。ライトはずーっと彼の影を引き摺っていると思うのは欲目でしょうか、そう…ですよね。
最終巻読んで色々考えたんだけど、それよかLのことで頭が一杯です。夕食の間ずっと感想を言ってたら、話の筋がまったく分かってない夫が一言。
「電源を点けっぱなしにしていると、発火する(恐れのある)DE○ノート。これがほんとのですのーと」
と、のたまった。夫婦の溝は深いのぉー。

続きを読む

海辺のレッスン

まじめな本
07 /26 2006
海辺のレッスン海辺のレッスン
ジョーン アンダーソン Joan Anderson 入江 真佐子

ソフトバンククリエイティブ 2005-07-01
売り上げランキング : 205132

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


読書熱が高まってます。何でも手にしたものを読んでます。乱読もいいところです。いかんです、おちつけ自分!。
本屋で見かけて気になって手にした本。レイチェル・カーソンのような印象を受けたので読み始めたのですが、それよりも、リンドバーグの「海からの贈り物」を思い出した。後書きに意識されていたとあったので、そうかぁと納得しました。
94歳の女性が生きる指針になることを言っていて、人生の分岐点にきているなと感じた著者が影響を受けている。彼女の言う詩などの引用がいい。
最後の彼女が死に向かうところもよかった。生き方に迷っている(50歳前後の)人におすすめ。

「海からの贈り物」を再読したくなって、夜中に本棚から引っ張り出して読んでしまった。…難しい、まだ私に難しいー(泣)

森と氷河と鯨

ほのぼの本
07 /25 2006
森と氷河と鯨―ワタリガラスの伝説を求めて森と氷河と鯨―ワタリガラスの伝説を求めて
星野 道夫

世界文化社 1996-12
売り上げランキング : 33223

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


昨日BSで放送された番組を見たら再読したくなりました。2003年に写真展が開かれ、それに行けず当時この本を涙をのみながら読んでいました。来月から写真展が銀座で開かれます。懸賞で入場券を当てたので、今回は行けそうなので嬉しいです。
TVでヘラジカが川を渡っているカットがあり、その崇高さに胸が熱くなりました。淡々とただ静かに川を渡る彼等が、言葉をもたなくても、哲学を語らなくても、沢山の物事を知り気高く生きていることが伝わってきました。綺麗とかではなく、ただもう息を呑むような場面に、アラスカで本当の彼等を見たら胸が潰れてしまうほど幸せになるのではと思ったほどです。
先日博物館でみごとな剥製を見たけど、やはり生きている姿は美しいです。野性の中で生きている彼等を心から敬い心を動かしてシャッターを切ったのだろうなと感じる星野さんの写真。早く展覧会に行きたいです。

亡くなった後に出版された本。物語を語るボブの写真と文章は、静かに物語ることの大切さを感じます。こんなふうに空気を語るような文章を書きたいなぁ。

さよならの向こう側

現代小説
07 /24 2006
さよならの向こう側 上さよならの向こう側 上
井上 香織

KKベストセラーズ 2006-07-07
売り上げランキング : 107345

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


さよならの向こう側 下さよならの向こう側 下
井上 香織

KKベストセラーズ 2006-07-07
売り上げランキング : 170992

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


かわいいイラストだなぁと思っていて、偶然手にできたので読んだ本。携帯読書サイトで連載されたものに、大幅加筆した本。携帯で提供された文章のせいか読みやすく、話もどんどん進むのでテンポよく読めます。
高校二年の女の子が夏休みをすごす場面から始まるので、この夏休みに高校生の読みものとしては最適です。高校生に戻りたくなった…なんて(笑)。
軽い文章でさらさら場面が流れるので、気持ちのいい話です。最後は言わないほうがいいかな、最後の展開が驚きました。
ずっと思っていた龍之介くんの心が離れてゆくのを哀しく思っている主人公の里桜に、恋心を寄せる大地が告白すると「お願いだから、今、そんなこと言わないで」という。そんな言葉言ってみたい~(いくつだ、おい!)照れ照れなおばさんです(笑)。

うろこひめ

ファンタジー本
07 /22 2006
うろこひめうろこひめ
嶽本 野ばら

主婦と生活社 2004-12
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


図書館で”太鼓ホン!”というお薦めのコーナーにあり、興味が沸いて借りた本。綺麗ですね。お姫様。かわいいです。見ているだけでも飽きません。
嶽本さんの本って初めてなんですけど、こんな感じの小説なのでしょうか。ブラックで素敵でした。最後のひめのくだりなど好きです。今の若い子はどんなふうに読むんだろうなぁ(既におばさん)。
狼のかわいさ、ジュースのえぐさ、両親の怖さ、お金の魔力、民衆の罪、色んなものの入っているお話です。
おひめさまのドレスを見てるだけで楽しかった、実は(笑)。
娘が面白がって読んでました。後で感想きいてみよう。

午後の最後の芝生

村上春樹
07 /22 2006
「象の消滅」 短篇選集 1980-1991「象の消滅」 短篇選集 1980-1991
村上 春樹

新潮社 2005-03-31
売り上げランキング : 4147

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


小川さんの本を読んで、読み返しました。逆輸入とあったと思うのだけど、最初に出版されたものと文章が違っているのかな、とそんな事が急に気になりつつ、「中国ゆきのスロウ・ボート」を買って読みくらべたくなりました。
で、で、「午後のー」よかったです。小川さんがこんなセリフを書きたいと言っていたのが分かりました。そして小説を書くことについても書かれています。久しぶりに村上小説を読み直したい気分になっています。お、押えているのに(泣)。クロニクルがすっごい読みたい~。

犬のしっぽを撫でながら

ほのぼの本
07 /21 2006
犬のしっぽを撫でながら犬のしっぽを撫でながら
小川 洋子

集英社 2006-04
売り上げランキング : 121821

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


大好きな小川さんのエッセイ本。だけど犬の題名がついていたので、ちょっと読むの遅れました。私は猫派なので犬はちょっと、嫌いじゃないんですけど、大好きでもなくて、下町の犬のマナーがなってないので、本に嫌悪感はなかったのですが、読み始めが遅くなりました。
中ほど緑色のページがアンネフランクについてのエッセイ。
どのエッセイもゆっくり楽しんで読みました。少し前に野性時代7月号で特集されていて、それも読んでいたので、二倍楽しめました。この雑誌では書くことについて、語られています。本の中でも書くことについてのエッセイが多く、作者がどんな思いでどんなふうに書いているのかが分かり、よかったです。書くことをはっきりと文章にできるというのは、それについて自信がないとできないので、プロだなぁと驚き尊敬しました。

実は読みながら何度か泣いてしまった。涙もろくなるというのは歳をとった証拠ですかね(泣)あっ、また泣いてる(笑)。
「野球観戦の日」のピッチャーの女の子の気高さが目に浮かぶようでじんとして、「悲歌のシンフォニー」で遺族の中に潜む物語に胸を打たれ、「長電話」でああ、と思いました。

続きを読む

夏休み

にっき
07 /20 2006
子供たちが夏休みに突入しました。
数日前から「どうなっちゃうんだろう…」とことある毎に呟いていたら、夫が「大丈夫だよ」と励ましてくれました。あなたは仕事だもんね…ふっ、いいわよねっ、ふふふっ(どんどん怒りゲージUP)。

夕方でも早朝でも思い立ったらすぐに外に出てしまう息子をなんとか、押さえつけようと借りてきたビデオ
帰ってきたドラえもん/ザ・ドラえもんズ ムシムシぴょんぴょん大作戦!【劇場版】帰ってきたドラえもん/ザ・ドラえもんズ ムシムシぴょんぴょん大作戦!【劇場版】
藤子・F・不二雄 大山のぶ代

ポニーキャニオン 2000-03-01
売り上げランキング : 1590

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


繰り返し見ているので、既に泣けません(笑)。そして一緒に見てるとなんだか、不公平な気持ちになってきました。
これ子供のとき気付かなかったけど、ドラえもんはどうしてお世話になっているママやパパに道具を出してあげないんだろう。ママだってパパだって色んな”欲しいもの”はある筈で、今で言うならipotとか、新しいサーバーとか未来の物を出してくれたっていいと思う。どらやきはママが買ってくるんだよ?いいじゃんドラちゃん!
そう言ったら夫に「君が子供のまま大きくなってるだけだ」といわれてしまった。…そのとおりです。ママにもドラえもんを!同盟作りたいな(笑)。

もし、今の私にドラえもんがいたら(既に夏休みという事柄から逃げまくってます)出してもらうリストを考えました。
(以下ドラえもんの口調で)
「授業参観セット~!」(授業参観で上手に子供を操れるセット)
「個人面談セット~!」(先生の前でうまくお話できるセット)
「子供の勉強を傍で見てくれる人形、みてくれ人形!」
「子供を連れて安全にお出かけに行ってくれる人形、半日お出かけロボット!」
「じゃんけんに勝つぞグローブ!」(役員決めなどに有効)
「役員のがれ帽子!」(同上)
それから舐めている間親の言うことをきいてくれる飴や、反抗期が一時的に回避できるシップ薬など希望。値段は1500円ぐらいだといいな(急に現実的)

切実さのこもったリストだなぁー。
今早急に欲しいのは、娘が臨海学校にゆくので、それをそろえるキットがほしい。臨海学校にもってゆくキットではなく、そろえることのできるキットです。……面倒なのです(笑)。うがーっ!母は夏がきらいじゃ。

俊寛

絵本・詩
07 /19 2006
俊寛俊寛
松谷 みよ子

ポプラ社 2006-06
売り上げランキング : 160284

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


絵が綺麗で、自分で読む為に借りた絵本。平家物語の俊寛の絵本です。島流しにあい、哀しい最後を遂げる話なのですが、侘しさと哀しみを謳いあげながら綺麗な絵にページをめくるたびにはっとします。若い俊寛が老いて、やがて白骨となるのを、見ながら読み進めているとこちらまで哀しい気持ちになってきます。
入り江の向こうにある船をじっと見つめる俊寛、素敵な一冊です。

だれのあしあと

絵本・詩
07 /19 2006
だれのあしあとだれのあしあと
ふくだ としお

新風舎 2005-11
売り上げランキング : 241841

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


あんまり暑いんで、寝る前には少し涼しくなる絵本を…と思い、読んだ本。雪の中をねずみが足跡を追って草原を歩いてゆきます。どんどん仲間が増えてどんどん足跡を追ってゆくと最後に…。心の温かくなるラストがまっています。
この足跡は何だろうね、と会話しながら息子と楽しみました。

それから病院にある絵本なのですが、もう一冊息子の大好きな絵本
うずらちゃんのかくれんぼうずらちゃんのかくれんぼ
きもと ももこ

福音館書店 1994-02
売り上げランキング : 2351

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

愛子さまもよんでいらしたようです。うずらちゃんとひよこちゃんが交代でかくれんぼをする絵本なのですが、息子が喜んで何度も読めとせがみます。かくれている場所もオチもわかっているのに繰り返し読みたがります。そして同じように笑い、かえるを探したり、蜂を指差したりして遊びます。この時期の子供にとても合っているようで、親はどうしてなのか分からないんだけど、言われるまま繰り返し読み聞かせています。大きくなったら理由を聞いてみようかな、きっと分からないっていうんだろうな(笑)。

小説の読み書き

まじめな本
07 /18 2006
小説の読み書き小説の読み書き
佐藤 正午

岩波書店 2006-06
売り上げランキング : 890

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


今回はちゃんと買いました。面白かったです。読んだ後に句読点打つのもどきどきします。いや…もう、きっと作者もそうだったのではないでしょうか、回を追うごとに徐々に理屈っぽくなっていって、最後の自作の解説になるころには、泣き出しそうな印象さえ受けてしまいました。でもでも、佐藤さんのすごさは変わらないです。こんな私が言うのもなんだけど、すごい人だなぁと思いました。読みながら机をがしっと掴んで、揺らしたくなるくらい、興奮して読みました。

横光利一が好きなのですが、どこがどう好きなのか自分で分からなくて、それに読みにくいのであまり読んでなかった(好きといえないのか…)のですが、第四の私というのにはっとしました。私は酔ったような印象ではなく、なんというか薄ら寒い感じ、白く霞んだ感じの果てに微妙な笑いのようなものが混じっているという印象をずっと持っていたので、その先を考えることができました。

始めのほうで繰り返される”読むことは書くこと””書き直すこと”というのは、がつん!ときました。同じような事を『くりかえす』という短編にリディア・ディヴィスは書いています。
文章は読まれる時点で書かれていて、書いている時に読まれているんです。興味を持たれた方は、一読してみてください。

開高健の感想がよかった。見ることにこだわった文章というのを読んでみたいなと思いました。今見ることについて考えているので、興味を持ちました。

三年間これだけ密に読書をするのは大変だったろうなぁと思いました。お疲れさまです。

ここに載っている小説3割ぐらいしか読んでません…だめだめです。

佐藤さんの本は以前
Side BSide B
佐藤 正午

小学館 2002-11
売り上げランキング : 345346

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

を、読みました。競輪の話で面白かったです。

いろんな気持ちが本当の気持ち

ほのぼの本
07 /17 2006
いろんな気持ちが本当の気持ちいろんな気持ちが本当の気持ち
長嶋 有

筑摩書房 2005-07-26
売り上げランキング : 214945

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


読み始めてすぐ、あ、これ読んだなぁと思って調べたら(2005-08-13)に読み終えてる(笑)。題名が好きなんですね。そして、まだまだ読みたい本が沢山あるのに、こういったふらっと楽しく読めてしまう本に手を出してしまう。つい、本命があるのに慣れた昔の男につい甘えてしまうような心境です(そんなことしたことないけどっ!ほんとにっ!)。

楽しかったぁ、前回の感想ではあまり語ってないけど、どれも楽しい文章です。ときどきカッコ書きでつっこみを入れるところとか好きです。サリンジャーやカリウスマキの話は好きです。一読の価値はありますよ。胸が爽快とまではいかないけど、ハッカ飴を舐めた後のようなじんわりとした気持ち良さがきます。

これ読んで、お父さんの古道具屋の話が気になり、

古道具ニコニコ堂です古道具ニコニコ堂です
長嶋 康郎

河出書房新社 2004-06-16
売り上げランキング : 153478

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


(2005-08-19読了)を読んでいます。また読みたくなってきた…がんばれ?!本命が待ってるぞ?!!。


追記:そうそう、改めて思ったんですが、やはり本は買わないとだめですね。でも年間100冊の本を読み、他に資料とか買ってしまうので、どうしても50Mと離れていない図書館に頼ってしまうのです。一時期はハイソな生活を気取ってたんですけど(どの時期なんだ?)やはり本は買って手元に置いてなんぼですね。しかし、どこに本をしまったのか分からなくなって図書館に借りに行ったりしている不精者の私には図書館のほうがありがたい(笑)既にだめだめ人間です。夜中に忍び込んでとりに行きたくなるほど、本棚を我が家の延長のように利用しているおばはんです。

ロンドン―おいしいものを探す旅

イギリスの本
07 /17 2006
ロンドン―おいしいものを探す旅ロンドン―おいしいものを探す旅
小関 由美

文化出版局 2001-03
売り上げランキング : 77016

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ロンドンにある食べ物の日常。レストランはもとよりデパートやマーケットの惣菜などについてもかかれている。一つのレストランに通いつめ、味が落ちたとか、よくなったとか、店の雰囲気がいいとかコメントできるのははやり住んでいる作者の視点だなぁと、素敵に羨ましく思いました。
イギリスって食べものが美味しくないといわれてるけど、この本を読むとそんなことない、どこもそれなりなんだと思います(笑)。
ハロッズのコロッケ、紅茶が飲みたい。日本にも支店があるけど、イギリスの空気と水で飲み食べるのが一番なんだろうな。ああ、イギリス行きたい(二言目にはこれです)これも資料として読んだ本。イギリスの日常をさりげなく書いているこういった本は、文章書いてる身としてはありがたい資料です。そしてイギリスに…(もういいって)

夏の大茶会

にっき
07 /16 2006
前から行きたかった初台にあるICCへ、リニューアル後初めて行ってきました。新しい作品を見て楽しんできましたよ。

それからOZONEで行われている「夏の大茶会」にも行ってきました。3Fにある「お茶とデザイン」展にも入ってきましたよ。隈研吾と岩井俊雄のT-roomを見てお茶を飲んできました。T-roomは風船のような空間の中を入るものなのですが、色と音と不思議な風船空間に驚きながらも楽しんできました。水の雫を生かしたインスタレーションなど、美しい空間が広がっている展示でした。

すごい面白かったんですけど、新宿…人が多い。
久しぶりに来たらぐったりしてしまいました。同展は18日までです。

下の画像は6Fで行われているリプトンの作ったアリスの空間。
机、椅子、壁が傾斜していて、奥行きのある空間に見えているんですよ。

夏の大茶会1夏の大茶会2

あらしのよるに

映画
07 /15 2006
あらしのよるに スタンダード・エディションあらしのよるに スタンダード・エディション
きむらゆういち 杉井ギサブロー 中村獅童

東宝 2006-06-23
売り上げランキング : 129

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


以前、教育TVで見て絵本を読んだのがきっかけ。今回は個人的な資料として見ました。私最後の回の本

まんげつのよるにまんげつのよるに
木村 裕一 あべ 弘士

講談社 2005-11-02
売り上げランキング : 6569

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


を読んでいなくて、あれ、こんな終わりだったかなと本を読み返してしまいました。幸せな終わりでよかった(笑)。

しろいやみのはてで―あらしのよるに特別編しろいやみのはてで―あらしのよるに特別編
きむら ゆういち

講談社 2004-10
売り上げランキング : 41382

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


もいいです。

ふぶきのあした あらしのよるに (6) ちいさな絵童話 りとるふぶきのあした あらしのよるに (6) ちいさな絵童話 りとる
あべ 弘士

講談社 2002-03
売り上げランキング : 7949

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


の感想を見たら、これが最初は最後だったみたいですね。私はこっちが最後のほうが物語としてはいいかなと思うのですが、映画になると幸せな終わりがいいです。

映画見ながら思ったのですが、こう原作があって先に読んでいると、どっちがいい悪いではなく、映像と文章の時間の流れに差があるなと感じます。映画のカットにある時間の切りとりと、文章の場面展開による切り取りでは違う印象、時空を感じますね。

文章ではでなかったガブのかわいらしさが存分に出ていて、よかった(笑)。ガブかわいいなぁ、もう。どうして狼に生まれてきたんだ!ともがき苦しむところがいいです。どうしてなんだろうね、ガブ。

買いましたよ

マンガ
07 /14 2006
ハチミツとクローバー9巻。
後輩から聞いていたのですが、辛い内容ですね。馨と忍の幼い頃がかわいかったです。もうすぐ終わりなのですね、映画みたいです。
始めのページみてびっくりしたんですけど、事務所ここですね。
中庭からみたこの側面が描かれていてびっくりしました。中はちょっと違うけど、素敵ですよね。二回のテラス奥は寝室です。中央にバス、トイレがあります。住んでみたいです。
今10月まで小客室を新規公開しています。い、行きたいです。息子を連れて…いけない(泣)

庭園美術館

恋愛について、話しました。

ほのぼの本
07 /14 2006
恋愛について、話しました。恋愛について、話しました。
岡本 敏子 よしもと ばなな

イーストプレス 2005-09
売り上げランキング : 49687

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


図書館に本を取りにいくと、ついつい返す本の冊数よりも多く借りてしまいます。どんどん読む本が増えてしまいます(泣)。これもふらっと借りた本。うちの図書館は”読めるだけ”つまり無制限に貸してくれるので、どんどんたまります。

岡本太郎さん、最近若い人に人気なんですね。TVで見るよりも実物は迫力があります。絵画も彫刻も好きです。ずっと暮らしていた敏子さんとばななさんとの対談。
対談というのは話した言葉の連なりなので、どんなニュアンスがあるのか分かりにくくて、感想はいえないのですが、それでも二人が親密に濃密に語り合ったということは伝わってきました。恋愛、したいですね(笑)、恋の部分はいいな、もう。愛の部分がな、したいな…うん(泣)。
自然と子育てのことに話が移って、二人の考えの違いや同じ部分が分かって面白かった。今はもういない敏子さんの雰囲気を残す一冊です。

P51「ああ、そうだ。この中に燃えているものを今まで守ろうとしていた。それを消すこともできないし、渡すこともできないし、なんとかこうやって自分で守ろうとしていた。だから弱くなっちゃうんだ」と思ったんですって。それで「いいんだ。そんなものは消しちまえ。これからは絶対に守らない」と決意したの。

と、岡本太郎の言葉を岡本敏子がいう言葉がいい。弱さと強さ、譲れないものと、そうでないものの事を考えました。

イギリスは不思議だ

イギリスの本
07 /14 2006
イギリスは不思議だイギリスは不思議だ
林 望

平凡社 1997-01
売り上げランキング : 413970

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


先日行った国立博物館で夫が一言「資料が少なくてつまんない」…って、あんた。ここまで来て何を言う!と内心、怒り心頭だったんですけど、この本読んでちょっと納得しました。
この本はイギリスの国立私立を問わずマニアックで面白い博物館、建物などを、紹介しています。室内いっぱいに飾られている不気味で、でもちょっと目が離せない物達、物語が匂ってきそうです。

今の日本の博物館は資料の展示よりも情報の提供や子供にいかに興味を持ってもらえるか、来館者に親しみを持ってもらえるかということに重点を置いている印象があります。
物自体が発する面白さに耳をすませる時間がもてなくなった現代では難しいかもしれません。
夫、鉱物の展示が見たいって言うから行ったのに、なんかぶつぶつ言ってるんですよ。どんどん変な一家になってくよ(泣)

世田谷一家殺人事件

まじめな本
07 /12 2006
世田谷一家殺人事件―侵入者たちの告白世田谷一家殺人事件―侵入者たちの告白
斉藤 寅

草思社 2006-06
売り上げランキング : 81

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


風邪ひきました。よって読書がはかどります(笑)
読みました。新聞で広告を見て興味がわいて読んだ本。こういったジェーナリストの書いた本というのは時々読んでいます。手記とかレポートのような本が好きです。新聞などでは途切れ途切れにしか分からないことを本という形でまとめて読めることがいいと思っています。
で、内容なのですが、これといって衝撃的ではなかったような気が…。後半このジャーナリストの意見というかひしひしと感じている国の様子がリアルに伝わってきます。東京でぼんやり暮らしている私にとっては怖い本でした。

ケッヘル

現代小説
07 /12 2006
ケッヘル〈上〉ケッヘル〈上〉
中山 可穂

文藝春秋 2006-06
売り上げランキング : 22533

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ケッヘル〈下〉ケッヘル〈下〉
中山 可穂

文藝春秋 2006-06
売り上げランキング : 21233

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


大好きな作家さんです。この人とならどうなってもいい!と思ってしまうほど魅力的な主人公が出てきて、毎回どきどきしながら読んでいます。
今回も連載中から待ちきれなくて読んでいました。しかし、上巻が終わるあたり鳥海武が亡くなる回で失速し、その後は読んでいませんでした。下巻から大きく話がうねり変化するというのに…私は愚か者です。

続きを読む

まんが読みたい

マンガ
07 /11 2006
たまには娘に漫画雑誌を買ってあげようと、雑誌を見ていたら段々自分が買いたくなって困っている母です。こんにちは。
今の漫画ってたくさんあって、ジャンルとかもあまりなくて、わからないです。絵柄が同じに見えてきたら、末期ですね。でもさ、どーしてもジェームズに見えちゃう漫画とか、クラヴィスに見えちゃう本とかありませんか?えっ、いいの?違うの?(笑)

前から気になっていた、ですの(あえてひらがなに)をネットカフェで読みました。三時間で4巻まで読了、我ながら遅っ…20冊ぐらい読む予定だったのに(?!!)。面白いですね。大人気なんですよね。私は藤原竜也が映画で主演すると知り興味がでてきました。
好きなんです、藤原くん「バトルロワイアル」原作も読みましたが映画の彼の存在感には驚きを通り越して感動しました。舞台が見たいです。蜷川さんの「金閣寺」みたかった。NODA・MAPでも出演してましたね。観にいけばよかったとTVで見て思いましたよ。どんな演技をしているのか、見てみたいです。
で、ですのですが、面白いですね。今ごろですね、しかも4巻までしか読んでなくて言うな!いう感じですね(泣)。これLの、話す前にある「………」というコマが気になります。この間がすごく気になる。そして私はLが、悪に見えてしょうがないんですけど、この読み方で間違ってないのかな。ある意味すっごい悪い人だよこの人。ここ最近純粋の反対の言葉を考えているのですが、それを思い出す関係性を感じました。
大学に入ってテニスをする場面がありますが、あれは映画にもなっているのかな。すごく好きです。あの場の雰囲気が出てるといいな。言葉ではなく互いのオーラをぶつけあっているような、牽制しあってるような、言葉ではない会話を場面に感じます。実写でも見てみたい。


娘は私のマンガを読むので、ハチクロとか彼方からとか、動物のお医者さんとか、毎日かあさんとかが愛読書で、お友達と話があわないみたいでかわいそうです(泣)。この上にですのって…いいのかな、迷うな母として。
おすすめのマンガとか聞いてみたい、誰に、なんだろうか…。

カンパニエロ

にっき
07 /10 2006
昨夜BS日テレの脳番組(題名わからない)ゲスト押井守さん、観ました?観ましたよ!!!よかったです。渋谷で公開されていた新作9月にDVD出るんですね。楽しみです。9月発売といえば「ブロークバックー」も9月なんですね。待てない、そんな遠く、待てないです。
「ブロークバックー」と言えば日比谷シャンテ・シネですね。でシャンテ・シネといえば「BOW30映画祭」ですね。いきたい~、週末は「ベルリン・天使の詩」ですよ、ああ、ここで○○年前観た時のことを思い出します(おばはんです)。「みつばちのささやき」や「サクリファイス」もぉおーうぉー観たい。今週から夏休み前で子供たちが早く帰ってきてしまったり仕事だったりと、行けないです。行きたいー私をあの頃に帰してー!
どれも色が綺麗でTVでは見えない色や情景なので映画館で観たい。特にタルコフスキーの映画が観たくなっています。シネコンではやらないよなぁ。見たいなぁ。シャンテ・シネ2で週末から上映される映画も見にいきたい。

「ベルリンー」は当時の彼に付き合う前に初めて誘われて観にいった映画です。シャンテも初めてでした。観終わった後、泣きながら日比谷公園を散歩した思い出があります。今考えると初デートで泣いてました。
コロンボが「いるな、感じるよ、こっちはいいよ、こっちにくればいいのに」と傍にいる見えない天使に向かい話す場面が好きです。コーヒー飲みながら寒さに手をこすり合わせながら言うんです。うぉー(上のうぉーに続く)

国立科学博物館

美術館・博物館
07 /09 2006
…毎週科学博物館に行ってます。いや別に科学が好きなわけじゃないですよ(いやそうなんだろうけど)雨だし、ずっと前から行きたかったので、夏休みで混む前にと行ってきました。まだ改装中で本館は入ることができませんが、新館は広く大きくて一日では見たり無いほどでした。前回も見きれなかったけど、今回も見きれなかった(笑)来週からは企画展示も始まるので、もっと見きれない(行くつもりなのか…?)。
娘とガイドを一つ借りて交換しながら見ました。このガイドゆっくりじっくり見たい方は是非お勧めです。300円で各展示の前で専門家の人がまるですぐ傍にいるかのように解説してくれます。
鳥の羽などの構造が好きなので、「鳥の多様性」という題のディスカバリートーク(館の研究員の方の話)を聞いてきました。
先月小笠原へ行き島の鳥の調査をした研究員さんの話を聞くことができました。館内の鳥のついての展示の説明も聞けてよかったです。展示を企画した人の話を聞くのはとても勉強になりました。

繁殖を終えるとメジロはオスもメスも羽が抜け生え変わるそうです。子供を育てるために生まれ変わるような、心機一転な印象をうけました(笑)。
あと白いクロサギがいるという話も聞きましたよ。九州地方では黒いクロサギが沖縄のほうにゆくと白いクロサギになるのだそうです。面白いですね。

他に絶滅した種類の鳥や動物、または危機に瀕している動物を知り、地球全体の生態形、世界のなりたちについて思いを馳せました。
来週は科学館にはいかないと思います(笑)はい。かはく

以前行った時の画像、展示室内が素敵なんです、どっかいってしまっ…。

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。