遺品整理屋は見た!

まじめな本
11 /30 2006
遺品整理屋は見た!遺品整理屋は見た!
吉田 太一


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


新聞で書評を見て読んでみた本。どんな本か記事だけでは分からなかったので、読んでみたくなりました。読み始めてすぐブログっぽいなと思ったら、ブログを本にしたものであると書いてあり納得しました。分からないまま読み始めたのですが、短い文章で分かりやすく仕事の内容が書かれてあり、読みやすく面白かったです。

こういった話は内々で密かに語られる物語なので、表に出すというのはすごいなと思った。文章も今の社会に疑問や問いかけを残し終わっているので、考えさせられるものがありました。
個人的に感じたのは、親しかった人や親戚の人の死とどこまで関われるのかということ。室内に入りたくないという親族。亡くなった人との距離を感じました。遠いとか近いとか一概に言えないものがあって、その微妙な関係が不思議だなと思いました。
スポンサーサイト

トポロジー・ドライブ

美術館・博物館
11 /29 2006
トポロジー・ドライブ 理性、信仰、政治を超える地平」インゴ・ギュンター展へ行ってきました。

去年、行われた横浜トリエンナーレにも出展したメディアアートの革新者の、新しいインスタレーションが大学キャンパスで行われているので行ってきました。

「外交に関する試み」と題された五番目の展示は銃の空箱と銃が床と天井に置かれ、倉庫内を覗き込んだ瞬間、はっとしました。箱に書かれたオスカーなどのありきたりな文字は暗号で、その意味を考えてぞっとしました。

新作の「トポロジー・ドライブ」も面白かったです。広い空間でインスタレーションを観るのは好きです。数年前廃校になる小学校などを使って、インスタレーションをしていた展示がいくつかありましたが、あんなわくわくした感じをもちました。
光る棒が台の上を行ったり来たりしていて、それが微妙に斜めに行き来してるのが気になった。故意に斜めにしているようなので、その違和感が面白かった。画像の意味や全体の雰囲気を考え楽しみました。

夕方から建物の外観を使った展示も行われているようです。観たかったのですが帰ってきました。展示は明日までです。北千住の駅からすぐなので、機会がありましたら是非。

上記のHPで展示のようすが見られます。

初号機の母性

映画
11 /28 2006
劇場版 NEON GENESIS EVANGELION - DEATH (TRUE) 2 : Air / まごころを君に劇場版 NEON GENESIS EVANGELION - DEATH (TRUE) 2 : Air / まごころを君に
GAINAX 庵野秀明 緒方恵美


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


先日新聞でこのアニメのコメントを読んで気になって観ました。初号機の母性についての記事で、そんなふうにこのアニメを捕らえたことがなかったので、目からうろこな気持ちで見直ししました。かなり昔に見たから、その時に感じていたのかもしれないけど忘れてしまいました。今見直してみると色々違った受け取り方ができて面白かった。
以前見ていた時は全然分かってなくて、今も多分分かってないと思う。でも、自分なりに捕らえ始めることができたかなと、今回思いました。
む、難しいですね。私のばあい、ぼんやりと観てぼんやり考える程度なので、どうとかいえませんです。

草の葉

絵本・詩
11 /27 2006
草の葉 (上)草の葉 (上)
ホイットマン 酒本 雅之


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「星々の生まれるところ」に出てきた詩集。これはちょっとぐっときました。アメリカの有名な詩です。この帯にも書かれている根源的詩集。今までアメリカの詩集ってちゃんと読んだことがないので、一生懸命ちゃんと読んでいます。
長い詩が多いのですが、どれをとっても、どこを切ってもすごいです。ざくざく心に突き刺さってくる。気付くとあちこちが痛い(笑)。

この本は文庫で400ページあります。上中下と三巻出ています。読むときにばらばらになってしまって困っています。1200ページの本を持ち歩くのも難しいけど、できれば一冊で持ち歩きたい。段組なく一冊にまとまってほしい。無理か(泣)。詩集は持ち歩いて前を読んだり後ろにもどったりしながら、全体の言葉の感じというか、見えない肌触りを楽しむのが好きなので、ハードカバーで持ち歩いてみたい。

昔、北軽井沢の追分のあたりを歩いていたら、林の中から「薔薇の名前」の本を持って散歩している女の人が出てきてびっくりしたことがあります。そんなかんじで閑散とした避暑地をこんな詩集を手に散歩してみたい。かっこいいと思うんですが…観点ちがいますか(汗)

草の葉 (中)草の葉 (中)
ホイットマン 酒本 雅之


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


草の葉 (下)草の葉 (下)
ホイットマン 酒本 雅之


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ぬれ煎餅

にっき
11 /26 2006
ここ暫く夫が「ぬれ煎餅、ぬれ煎餅」と暇さえあれば呟いています。
銚子電鉄の危機を救うためにぬれ煎餅買おうとぶつぶつ言っています。
新聞でも話題になっているので、色々と気になっていきさつなど彼に訪ねると、延々銚子電鉄の歴史を話してくれました。
聞いているうちに段々同情してきました。
話すと長くなるのですが、銚子電鉄は色々な経路を辿って今廃線の危機にさらされています。煎餅の売り上げがたのみの綱のようです。でも公式HPやリンクされているブログを見ると大変そうで遠くから応援してしまいます。なんとか続けられるといいなぁと思うこのごろです。
夫に力説されて紹介しました。

ぬれ煎餅は暖めた後、マヨネーズをつけて食べると美味しいそうです。
……私も食べたくなってきました。

気分はガリバー旅行記

にっき
11 /25 2006
ねてます


眠気がひどいと突然眠ってしまいます。行き倒れのように寝てしまうと、子供達はこっそり遊び始めます。おやつも子供達だけで食べてます。寝てるのを無理に起すと不機嫌になるのを知っているので、家族は誰も私を起してくれません。ゆっくり午睡ができます(??!)。

昨日も本を読みながら寝てしまったら、息子がプラレールで遊んでいました。…静かに遊んでくれるのはいいんだけど、3・4台の電車が小さな部屋を走るとすごい音になります。目覚めたらレールにとりかこまれていました。
気分はガリバーでした。

とんだタビュラン

絵本・詩
11 /24 2006
とんだタビュランとんだタビュラン
ジャン・ジャック サンペ Jean‐Jacques Semp´e 荻野 アンナ


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


息子がもう少しで補助なしを乗れそうです。自分に甘い彼の尻を叩きつつ、自転車の練習をしています。寝る前にこれを読んで励ましています。
タビュランは自転車に乗れない自転車修理やさん。乗れないことを隠しつつ、自慢の技術でお仕事をしています(笑)。
サンペさんらしい、楽しいお話。他にも「ゾマーさんのこと」など、この人の描く男の人ってちょっとかわってて、おちゃめで、憎めないので好きです。サンペさんがこんな人なのかなって思う(笑)。

サンペさんの「マルセランとルネ」という絵本を紹介しようとしたのですが、アマゾンにない。91年に出版された絵本なのに(訳は谷川俊太郎さん)売れなかったのかなぁ。絵本のなかで一番好きな絵本なのに…興味の沸いた方は図書館に(絶対)あると思うので見てみてください。絶版になったんだなぁ。
友情の話で、直ぐに赤くなってしまうマルセランという小さな男の子と、くしゃみがとまらないルネの素敵なお話です。言葉にできないほど素敵なお話。お薦めです。
この絵本を題材にして、パロディを作りました。うらのHPで(汗)うらうらうるさくてすみません。即興で作ったので、よろしかったらご覧ください。拍手やコメントありがとうございます。ぎゅっと胸に抱きしめております。

音楽会

にっき
11 /23 2006
息子の幼稚園の発表会でした。
息子の学年は音楽発表をしました。舞台に上がる直前、メロディオンを当然のように弾いてることに気付き、慌てて誉めました(笑)。不器用な息子が弾いてるのは結構すごいことなんです。何をしてもとろい親にとろい息子なので(笑)。

頭を激しく振ってのりのりで唄う子や、トライアングルがぐるぐる回転してしまって困りながら演奏している子、踊り出すんじゃないかというくらい身体をくねらせて演奏したり、大声で歌いすぎてむせてる子もいました。
みんな一生懸命で、りっぱで、かわいかったです。

先週は娘の音楽会でした。当日までパートがあわないと言っていたのですが、聴いてみるとばっちりでした。子供って本番に強いです。あがってるんだろうけど、そんなこと感じないくらい、びしっとなる。面白いなぁと思いながら、観覧席で胃が痛くなるほど緊張している母親です(笑)。もう自分が出たほうがいいんじゃないかってくらい緊張します。『途中でトイレに行きたくなったりしないかしら』とか、自分でも笑ってしまうような心配ばかりしてます。

それから、書きたいものや、やりたいことがあってなかなか読書ができません。(家事もしてるんですよ…ええ、きっと)なので音楽を聴いてることが多いです。

Disneyland Haunted MansionHolidayDisneyland Haunted MansionHoliday
ディズニー


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


今聞いてるのはこれ。
まだTDLに行ってないので、行きたい~~。DVDを繰り返し見ているファンなので、行きたい。今年こそ行きたいのだけれど……ああ、行きたいー。
出演者が勢ぞろいしているので、聞いてるだけでも楽しい。そして行きたい…もういいですか(笑)

ホワイトチャペル

にっき
11 /22 2006
ホワイトチャペル


昨日行ったチャペルコンサートの画像をHPに更新しました。
天窓からの光が綺麗なチャペルですね。もう一度結婚したくなりました(大胆な)相手は変更希望で…(!!)お願いしたい。

水槽


これはランチを食べたアクアダイニングの水槽。下でじっとしているのが、ナポレオンフィッシュです。魚に見つめられながら魚を食べるというのは、ちょっと汗がでました。しかし美味しくいただきました。魚を見ているとぼんやりしてきます。魚もぼんやりしてるのかなー。

ホテルでランチ

ソフトの練習
11 /21 2006
テスト4


幼馴染の友人とホテルでランチをしました。ご、ゴージャスです。品川プリンスでチャペルコンサートなるイベントがあり、それに行ってきたのです。
先日、房総のむらで聞いたバイオリニストさんの出るプログラムで、丁度友人と会う日だったので誘ったら快くOKしてくれました。ありがとう!!(^^)
ホテルでランチなんて初めてで二人でどきどきしましたよ。付き合って○十年、生きてるといいことがあるねー驚きだねーと話しながら楽しみました(笑)。画像など詳細は後日UPしますね。

この坂の上にある同じ系列のホテルで私は結婚式をしました。友人が覚えていて、「懐かしいよねー、思い出す?」と話をふってくれました。
お、覚えていますよ。ホテルの一番広い披露宴会場、飛天の間で50人の親族で披露宴したいとか、エントランスホールで式挙げたいとか、御者車のついた色内掛けはドナドナみたいで、売られてゆくようで嫌だと言って、周りの人を驚かせたりとか…しました。
「ドレス着てんのに、走り回って建物の写真ばかりとってたよねー。面白い新郎新婦だったよ」と回想してくれました。…そのとおりです。そのためのホテル選びでした。…全然変わってないなー。

式の朝、着付けを終えてロビーに出たら、偶然私の姿をみた知らない女の子が「きれいね…」とため息まじりに呟いてくれました。その一言でマリッジブルーだった心が一転し、全てのものに感謝することができました。そんな事を思い出した一日でした。

490の質問

村上春樹
11 /20 2006
「ひとつ、村上さんでやってみるか」と世間の人々が村上春樹にとりあえずぶっつける490の質問に果たして村上さんはちゃんと答えられるのか?
4022723300村上 春樹

朝日新聞社 2006-11
売り上げランキング : 62

おすすめ平均star
star『腹が立ったら自分にあたれ・・・』
starここはひとつ村上さんのご意見を…
star490には残らなかった

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


本屋さんで少し立ち読みした。我慢した。偉かった。「カラ兄」読まなくてはと思った。目が痛い。視力との戦いになってきた感じが…色んなことに対して年取ってきたのを実感した日です。

今日は娘と息子と三人でお茶しました。ケーキセットを頼んで息子がケーキ、私がアイスカフェオレでした。娘はアイスティーにレモンとミルクを入れて分離させて飲んでました。以前にもやって注意した気がするんだけど、まぁ私も子供の頃やったことあるけどさ、二度はなかったよ…。

「うん、美味しいよ、これ、美味しいよ」と言いながら幸せそうにケーキを食べる息子。娘も「美味しいよ、お母さんも飲んだら」と言ってた。遠慮しました。三人でお茶するのなんて今のうちなんだろうなぁー。
「よし、好きな本買っていいよ!」と息巻いたら「いいよー我慢するよー」と言われて上記の本が買えなかった。でもそのうちすぐに買ってしまうな…きっと、だめだめな母だー。

拍手ありがとうございます。
こんな所で言ってて何ですが(汗)とてもとてもとても嬉しいです。

禁煙セラピー

まじめな本
11 /19 2006
読むだけで絶対やめられる 禁煙セラピー読むだけで絶対やめられる 禁煙セラピー
アレン カー Allen Carr 阪本 章子


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


連れが禁煙を始めて一ヶ月になります。「一ヶ月たったのだから、お祝いしようよ」と言ったら「祝っているようでは禁煙は完成しないのだ」とハードボイルドな答えが返ってきました。そのわりに苦しそうです。見ているほうが祝ってあげたいほど大変そうです。

喫煙を始めて20年以上の彼が本数を減らすことはしても、吸わなくなることはなかったので、すごいなぁと傍で見ていて感心しています。どうして喫煙をやめようと思ったのか聞いてみると。

・たばこ代がなくなった
・おこずかいがもったいない
・公共の喫煙コーナーに差別的なものを感じている
・今禁煙しないと一生吸ってしまいそうだから

という答えが返ってきました。
東京駅の地下にある大きな喫煙コーナーは確かにすごいなぁと思います。煙の個室の中でタバコ吸ってる。他にも彼は裁判所や色んな施設で喫煙コーナーを見てきたらしいのですが、環境の劣悪さに嘆いていました。でも確かにそれで喫煙をやめようとしている人間が出たのですから、いいことなのかもしれません。

吸いたくなると、この本を読んで我慢しているみたいです。
なんでも禁煙の行為は失恋と似てるんだそうです。二十年越しの恋人と別れると思えば、辛さも少し分かります。「分かれた相手は逢えなくなるから諦められるけど、たばこは50メートル先に300円払えば戻ってきてくれるんだ。こんなに辛い別れがあるだろうか…」とため息をもらしています。
恋愛について語る連れ合いを見たことがなかったので(笑)内心『面白…』と思いながら頷いております。

他に読んでいる本は
リセット禁煙のすすめ―タバコの迷路から脱出し、自由の鐘を鳴らそう!リセット禁煙のすすめ―タバコの迷路から脱出し、自由の鐘を鳴らそう!
磯村 毅


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


喫煙は中毒なのだそうです。中毒のなんたるかを彼から学んでいます。

モーツァルト ピアノ協奏曲26番

音 楽
11 /17 2006
毎日モーツァルトを見ています。
今日はピアノ協奏曲26番「戴冠式」でした。
この一楽章は大好きです。わくわくした天使がそぞろ歩きしているような出だしで、聴いているだけで、幸せな気持ちになります。戴冠式に使われた曲なのかと思っていたら、式の6日後に行われた演奏会で演奏されたという曲のようです。

3時間!どっぷりモーツァルト3時間!どっぷりモーツァルト
オムニバス(クラシック) カペラ・イストロポリターナ モーツァルト


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


モーツァルト:ピアノ協奏曲第22番&26番モーツァルト:ピアノ協奏曲第22番&26番
内田光子 イギリス室内管弦楽団 テイト(ジェフリー)


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


公式HPにはモーツァルトによるブログもあって楽しいです。
一回目から聴いているこの番組。モーツァルトが晩年に入ってきました。どんどん有名な曲が出てくるのは嬉しいけど、終わってしまうのが寂しいです。

星々の生まれるところ

現代小説
11 /16 2006
星々の生まれるところ星々の生まれるところ
マイケル カニンガム Michael Cunningham 南条 竹則


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


抄録 『めぐりあう時間たち』の作家、待望の最新作。この星の明日を、アメリカの不滅の大詩人ホイットマンの詩にのせて美しくも哀しくうたいあげ、我々の未来を描いて戦慄する、壮大な詩的ファンタジー。

二週間いじょうかけて読みました。
The HoursThe Hours
Michael Cunningham


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「めぐりあう時間たち」の作者です。映画を見て好きになり、本を読んでもっと好きになりました。B・ウルフも知りました。彼女の場面が好きで、今でも繰り返し見ます。特に好きなのは駅で夫と喧嘩する場面、すごいすきなんですよーお薦めです。…ってお薦めするのはこの「星々の生まれるところ」ですね(笑)。

続きを読む

おへんじください。

絵本・詩
11 /15 2006
おへんじください。おへんじください。
山脇 恭


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


日曜日の日野原氏のコラムで紹介されていた絵本。
この絵本少し前に借りて読んでいて、コラムの挿絵と同じだってことに気付かなかった(笑)。再度読み直しました。
猫のくろくんがシャムちゃんにお手紙を出し、ねことらくんと一緒にお返事を待つお話。
このてがみにへんじをください、と書くくろくん。紙に文字を書き送る楽しさを思い出させてくれます。気の短いねことらくんが、しびれをきらせたり文句を言ったりするのがいい。手紙をもらう嬉しさ、あげる楽しみのつまった絵本です。

まるごとたべたい。まるごとたべたい。
山脇 恭


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


こっちはねことらくんが主人公。ベーコンの塊を拾ったねことらくんは、交番に届け、自分のものになったら独り占めしようと考えます。
ベーコンおいしそうです(笑)こんなに食べたら大変だよ、ねことらくん!というほど大きな塊です。息子とベーコン食べたいねと言いながら読みました。
ここに出てくる交番が、たてもの園に保存されている交番にそっくりなんですけど、またそんなことが気になってしまいました。丸い緑の屋根のかわいい交番です。

平素な文面でひらがなで書かれているので、文字が読めるようになった年齢の子が喜んで読む絵本です。一生懸命文字を書いているくろくんが気になるらしく、息子は何度も一人で読み返していました。それぞれ裏表紙にねことらくん、くろくんがいて、広げて見る楽しみもあります。

アメリカ、家族のいる風景

映画
11 /14 2006
アメリカ、家族のいる風景アメリカ、家族のいる風景
サム・シェパード ヴィム・ヴェンダース ジェシカ・ラング


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


パリ、テキサス デジタルニューマスター版パリ、テキサス デジタルニューマスター版
ヴィム・ヴェンダース ハリー・ディーン・スタントン


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

のヴィム・ヴェンダース氏とサム・シェパード氏の二人が20年ぶりに組み制作した映画。
パリ・テキサスは何度かみているのですが、なんというか…よく分からなかった。音楽と映像と素晴らしさは分かるのですが、私が女すぎるのか(?)男性の言う良いの意味が分からなくて(多分女性のほうに感情移入しているのだと思う…)。
なのでこの「アメリカ、家族のいる風景」も分からなかったらどうしようと、ちょっとどきどきものだったんですけど、よかったです。こんな感想もないだろうけど(泣)よかった。
息子役のガブリエル・マンのインタビューを見て「パリ・テキサス」の見方がやっとわかりました(笑)。

映画全体の色合いや、登場人物の静けさ、感情の爆発のさせ方、動揺、涙の流れ方がよかった。今までの作品のなかでもいいと感じました。
今気付いたんだけど馬も含めたロードムービーです…すごいな。父に会った動揺から息子が家にあるものをばんばん外に投げてしまって、その中から靴を出して履いたり、服を探して着替えたりするのが面白かった。
インタビューでも語られていますが、主人公の父のハワードの前向きな軽さがよかったです。ぶかっこうで、情けなくて、人生うまくいかないけど、不思議な明るさがある。「俺は君の心のなかにいるのさ」なんてセリフを言って馬に乗って走り去ってしまう。息子達がハワードはいない~と唄いながら車に乗ってどこかへ向かっている。あてどない旅を続けながら、ささやかな接点を求め人生を送る人たちの感じがよかった。

ハワードが昔付き合っていた女性を探しあて、バーで彼女に近付くカットが好きです。「ベルリン天使の歌」の出会いの場面にそっくりで、頭ではなく身体でどきどきした。この時の彼女の顔とハワードの表情が印象的です。

そんなに驚かなくったって……

ソフトの練習
11 /13 2006
練習2


今書いている文章が結婚式の場面なので、ウエディングドレスなどを…。どんなかなぁと思いつつ、家に資料はないかと思い巡らすと…ありますね。十年以上前のが(笑)。引っ張り出したら息子が見にきました。

息子「その人かわいいね」
私「誰だかわかる?」
息子「知らない」
私「じゃ隣にいる男の人は」
息子「お父さん!」
私「じゃその隣にいるのは誰?」
息子「……

…そんなに驚かなくったっていいじゃん(泣)
後ろに大きなリボンのついたドレスでした。

房総のむら

美術館・博物館
11 /13 2006
昨日、天気がよかったので千葉県立房総のむらへ行ってきました。目的はぐるぐる走る息子を土の上でぐるぐる走らせるためです(笑)。
目的どおり、ぐるぐる走ってくれました。ここのよさは商家の町並みや武家屋敷などを保存展示をする以外にも手で触ってもいいというところ。息子は二階に上がったりお店のものをいじったりして馴染んでいました。知らないお客さんのおじさんに「君はここの二階に住んでいるのか?」と言われるほど馴染んでる坊主でした(笑)。

だんご屋さんでは見えないだんごを売り、竹籠やさんでは竹籠に入って楽しんでいたようです。最後には「ここぼくんち!」と農家の二階で勝手にくつろいでいました。生まれる時代を間違ってしまったようです(泣)。
竹馬にのろうとしてこけたり、気ままに小枝で文字を書いて遊ぶ姿をみていると、TVはいらないんだなぁとしみじみ思いました。
むらの人も親切で嬉しかったです。

私はむらの隣にある旧学習院初等科正堂でおこなわれた、歌とピアノ三重奏「祈りの風景」コンサートに行ってきました。入り口で行われることを知って400円の当日券を買って入りました。
千葉フィルハーモニーの方の演奏で「アヴェ・マリア」や「星に願いを」を聞きました。この正堂の舞台は後ろが窓になっていて、むらの秋の紅葉を眺めながら、時々枯れ葉が舞い落ちたり、風に木々がなびくのを見ながら演奏を聞きました。一時間半楽しかったです。
建物と中の様子が分かるチラシ

むらの入場料は大人300円(中学生・子供は無料)で一日ぼんやりできます。中では色々な体験もでき、娘は以前ここで炭火でお米を炊きました(有料)。気軽に昔の暮らしが楽しめます。

ちいさな恋心

にっき
11 /11 2006
幼稚園に通う息子はキス魔です(笑)
先生、お友達、おじさん、おばさん、誰でもかまわず気に入った人はほぼキスします。サッカーの先生(男)の手の甲にキスしたり、お友達のお母さんにもキスしてます。親は既に止めることができません(泣)。

おととい息子のお友達(女の子)に声をかけられました。「○○ちゃんにキスしてるよ」といわれて、いつものことなので「そうかー困ったね」と話しました。
きのうは下駄箱でわざわざ息子を呼び止め、「私にキスしないでね!」と何度も念押しする彼女。息子はもちろん嫌がる彼女にキスしてました(何度も)。
今日、彼女はいち早く息子をみつけ、これ見よがしに前を通ってアプローチしてました。……息子が好きなんですね。かわいい。とってもかわいい(笑)。

そんな彼女の気持ちも知らずに息子は違う友達とふざけっこしてた…どんかん。
帰りに「彼女のことどう思ってるの?」と聞いたら(下世話な母です)「んーかわいい名前だよね。俺好きだよ」と言ってました。このプレイボーイの資質はどこからきたのだ????

グレート・ギャツビー

村上春樹
11 /10 2006
グレート・ギャツビーグレート・ギャツビー
スコット・フィッツジェラルド


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


まだ読んでないんですけど、まだ読んでないんですけど!!(しつこい)買いました。読んでいる本、読みたい本手元に山となってるんですけど、買ってしまうと読んでしまいそうなんですけど!!買いました。もういいですか(笑)
あとがきが…あとがきで……買いました。
以前の文庫も持っているのですが、確か途中でやめてしまった。入っていきにくい思い出があったので再チャレンジします。

インフルエンザの予防注射打ってきました。日中、御茶ノ水の病院に夫婦で行ったので「帰りに二人でお茶でもしようか」と言ったら「その1000円があれば僕は坂を走り降りるね」と振られてしまいました。本がないと生きていけない夫婦です。夫は帰ったのに、ごめんね、買ってしまったよ(また)。

ところですっごく気になったのが
グレート・ギャツビーグレート・ギャツビー
スコット・フィッツジェラルド


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

これ豪華本なのですが、中身は同じなのでしょうか。小冊子がついていて、春樹氏による解説があるようなので、こっちも欲しかったのです。
クリスマスに欲しいなぁーと、時々閲覧にくる夫に向かって呟いてみる…(笑)。

ファーザー・クリスマス

絵本・詩
11 /09 2006
ファーザー・クリスマス―サンタ・クロースからの手紙ファーザー・クリスマス―サンタ・クロースからの手紙
J.R.R. トールキン ベイリー トールキン John Ronald Reuel Tolkien


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


トールキンが四人の子供達に15年にわたって書き送った”サンタ”からの手紙をまとめた絵本。
サンタさんは北極に助手の白熊と住んでいます。毎年この白熊が事件を起してクリスマスは大忙しになってしまいます。手紙はその様子を(サンタは寒さに震えながら書くので)震える字で書き送ってくれます。綺麗な絵もついていて、トールキンの子供に対する愛情が伝わってきます。
白熊が北極文字を書いたり、忙しくなったサンタが雇ったエルフがエルフ語を書いたり、ルーン文字など色々な文字が混じってゆくところが面白かった。プレゼントのなかに


ホビットの冒険〈上〉ホビットの冒険〈上〉
J.R.R. トールキン J.R.R. Tolkien 瀬田 貞二


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

の名前が出てきたりする(笑)。


仔犬のローヴァーの冒険仔犬のローヴァーの冒険
J.R.R. トールキン ウェイン・G. ハモンド クリスティーナ スカル


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

は砂浜で犬のおもちゃを無くした息子を慰めるために書いた物語だといいます。同じような子供に対する愛情や好奇心が感じられます。ミルンといいイギリスの男性は物語を作るのがうまそうです(笑)。

段々サンタの文章に戦争の影が落ちるようになります。それでも白熊と楽しく過ごす様子には、切なさを感じました。南極にいるはずのペンギンが北極に来たときの絵が大好きです。

白熊が毎年へまをやらかすんだけど、それを怒りながらも助手として頼りにするサンタさん。トールキンの心の深さ広さを感じます。大きくなってくつしたを吊るさなくなった一人の息子に”さびしいな”と書くサンタ。親として胸がきゅっとなります。

15年もの手紙が一つの話になっている楽しい本。今年のクリスマスにお薦めです。
クリスマスに指輪物語「王の帰還」が放送予定で今から楽しみです。

お伽もよう綾にしき

マンガ
11 /08 2006
お伽もよう綾にしき 2 (2)お伽もよう綾にしき 2 (2)
ひかわ きょうこ


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


本屋には極力行かないようにしているのですが(行くと買ってしまうので)昨日行ってしまい買ってしまった本。他にも欲しい本があったのに、本屋になかった。他の本屋に行こうかな(←あっ!既に危険!!)

新たな事柄が分かり、徐々に物語の背景が分かってきます。おじゃるさまの仕草とか、ととさまの視線がいいです。ひかわさんならではの優しさ楽しさがあります。
「荒野の天使ども」から好きです。次の巻が楽しみです。時空を越えた話になるのかな、わくわく♪

THE 有頂天ホテル

映画
11 /07 2006
THE 有頂天ホテル スペシャル・エディションTHE 有頂天ホテル スペシャル・エディション
三谷幸喜 役所広司 松たか子


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


一週間レンタルになったので早速鑑賞しました。三谷ワールドを堪能しました。面白かったです。役所さん素敵です。他もそれぞれのキャラクターがそれぞれの味を出していてそれも計算した上での脚本監督してるのがいい。あえて言えばあまりに計算されすぎてたと感じるくらいです(笑)。

色んな場面が好きだけど、佐藤浩市がちょっと情けない議員なところとか好きです。あと役所さんの元奥さんと、戸田恵子さんが最後に会話するのがいい。男って…みたいなことを語りあう、同じ男を好きになった同士の雰囲気があってよかったです。

階段の位置とかホテルの平面とかが職業柄気になった(笑)。議員の脱出経路を考える時に開く図面が断面図に見えて仕方なかったとか…そんなことばかり気にする変わり者です。唐沢さんがずっと悪役だったのもよかった。変わり者です。

つくばエクスプレス 1周年

にっき
11 /06 2006
つくばエキスプレス一周年


先日息子と夫が行ってきたエクスプレス1周年記念 車庫見学の時の画像。
もう一年かぁと思います。この列車で郊外まで行ったことのない夫は、初めて乗った感想「快適だったよ。通勤列車にしたい」と言ってました。乗り心地が気に入ったようです。「一両目に続々お友達が乗ってきたよ」とのこと…楽しい様子が想像できます(笑)。

S-56 つくばエクスプレスS-56 つくばエクスプレス


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


1割ぐらいの子がこれを手に持っていたそう…うちにもあります。列車はいつまでも永遠の憧れなんですね。家に帰って夫は時刻表を眺め、息子は早速これで遊んでいました。これくらいの集中力で仕事&勉強してほしいものです(泣)。

光採時空

美術館・博物館
11 /04 2006
5日まで行われている、東京国立博物館の夜のライトアップに行ってきました。

夜の表慶館


照明デザイナーの石井幹子監修による、ライトデザインを楽しんできました。HPに更新したので興味のある方はご覧ください。

表慶館は改修・修復作業が終わった後の公開で、久しぶりの内部見学にわくわくしました。夜という雰囲気もあって、とても素敵でした。

夜に本館の常設展を観るのも新鮮で素敵でした。夜の静けさを感じながら観る美術はまた違った趣がありましたよ。月が満ち始めるこの時期、月を愛でながら美術館を眺めるのも素敵です。夜なのでちょっと寒いです。行かれる方は一枚多めに上着を持って行くといいですよ。

遠い遠い

ソフトの練習
11 /03 2006
練習 2


昨夜ジンガロの番組をみたら、無性に馬を描きたくなって描いてみました。笑いが止まらないほど下手です(泣)。昔、建築パースの先生が「空や雲が描けるようになったら、一人前だ」と言っていました。遠すぎです。
馬大好きです。去年観たルンタのダイジェストが放送されて嬉しかったです。ああ、また観たい。
レイヤ優先順位とか加工のしかたが分からない…遠い、全てが……。

箱の中 檻の外

BL
11 /02 2006
箱の中箱の中
木原 音瀬 草間 さかえ


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


後輩に進められて読んだBL。この世界の芥川賞作家と言われているんですよ!と力説され、それなら読まなくては…と読んでみました。
今までコーナーをよく見たことなかったんだけど、沢山出ているんですね。どきどきしながら本を探しましたよ。
面白かったです。本好きな後輩が薦めるの分かる気がする。ドライな書き方や、話の進めかたがいいです。その場面や時点での主人公や登場人物の感情が印象的でした。

「檻の外」の感想は以下に…

続きを読む

カフカとカポーティとB・ウルフ

村上春樹
11 /01 2006
村上春樹氏がフランツ・カフカ賞を受賞しましたね。
嬉しくて我が家の春樹コーナーから一冊を抜き取って読書。

村上ラヂオ村上ラヂオ
村上 春樹 大橋 歩


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


以前、ananに連載されていたコラム50編が入っています。時々ふらりと読みかえしては楽しんでいます。
今回読んでみて新たな発見がありました。カポ-ティやB・ウルフの名前もあって、最近やっとどんな作家かわかってきた私にとって身近に感じられました。それから、この本の中でノーベル平和賞について書いてあるくだりもあって面白かった。柿ピー食べるときにはいつもこのコラムを思い出します。

カフカについては最近読んだ
小説の誕生小説の誕生
保坂 和志


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

にもでてきていたので、頭の中で繋がって面白かった。ドフトエフスキーと並び小説を語るときには出てくる小説家なので、強烈な印象というわけではないのですが、面白いなぁと思いました。
この「小説の誕生」には他にウルフの名前と小島信夫の「馬」がでてきます。「馬」は
若い読者のための短編小説案内若い読者のための短編小説案内
村上 春樹


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

にもでてきているので、おおー!!と思った。だからなんだと言われると、困ってしまうのですが、脳内で繋げては遊んでいます。

連日新聞で報道されて嬉しいです。改めてカフカ賞おめでとうございます。読者が僕の賞だとコメントされている春樹さん。読んでますよ~読んでます~(アホな読者だな)。

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。