赤い風船・白い馬

映画
11 /30 2008
ずっと観にいきたいと思っていた映画を観てきました。
「赤い風船・白い馬」です。白い馬は1953年、赤い風船は1956年に製作されたもの。

白い馬は白黒で、少年フォルコが野生の白馬と出会い友達になる話。馬の表情や仕草、動きが豊かに撮影されていて、殆どセリフのない映画なのにとても沢山のものを感じる映画です。馬が大好きなので、色んな表情や動作をする白馬の美しさとかっこよさに時間を忘れました。私達は馬といっても乗馬用の人に慣らされている馬ばかりを見ていますが、本当はこんなに生命力に溢れた美しい生き物だってことを改めて感じました。最後の場面や、馬と少年との交流がよかった。馬と少年がうさぎを追いかけるシーンがかわいらしくて楽しかったです。先日動物園で乗馬コーナーでずーっと馬を見てたんですが、馬を操るのは本当に難しいようで、それをこの映画ではさりげなくこなしているところがすごいと思いました。きっと大変だったんだと思います。でも少年と馬が楽しそうにしているのを言葉ではなく映像で見せているところがすごいと思いました。本物を映している迫力が伝わってきました。

赤い風船は三年後に作られたカラーの映画、白い馬で亀と遊ぶかわいい男の子が主人公です。どちらも監督の息子さんだそうです。佇まいの美しい昔の子供を感じる男の子です。
パスカルは学校に行く途中で赤い風船を拾います。大きな赤い風船をパスカルはすっかり好きになります。赤い風船も少年を好きになって…。
大きな赤い風船が印象的な映画。何をしても何があっても少年が大好きな風船の仕草が可愛いです。この映画観てて息子を思い出しました。こんな感じなんです(笑)。風船の為なら遅刻もするし、ふらふら道草もしてしまう。余計なことばかりしてるのに、少年にとってかけがえのない体験になっているのが伝わってくる。雨が降ると道行く人の傘に風船を入れてみたりする、あの不思議な積極性(笑)。何をするにも連れてあるいたり、話しかけたりするのを見て、子供の最も子供らしい面を映画の中で久しぶりに見た気がしました。

この二つの映画は素朴なのに、とても大切なものが映されているように感じました。振り返って懐かしむというものではなく、この大切なものは今もあって、それを一つでも多く見つけて大切にしたいなと思わせてくれた映画でした。語りが少ない分、心にいつまでも残る映像でした。

赤い風船のパン屋の前の風景は「魔女の宅急便」のパン屋の前に似ていると思ったのは私だけかな(^^;。魔女のーも見たくなってきました。
スポンサーサイト

東武動物公園

美術館・博物館
11 /29 2008
この間の日曜日23日に東武動物公園に行ってきました。

ひよこ
いつも大好きで20分はだっこしてしまうのがひよこ(^^;
ほんとは両手で持っていないといけないのですが、ずーっと抱っこしてたら寝てしまったので、そっと撮影したのがこの動画です。ニワトリやら来園者の声でうるさいくらい賑やかなのに寝てます。かわいいです。小さい頃、屋台のひよこを欲しがった私です(^^;今でも連れて帰りたいです。


がちょうの合唱
こちらはお弁当を食べている脇でずーっとにぎやかだったガチョウの柵の様子。
ほんとうに賑やかでした。疲れないのかしら(笑)。


鯉牧場

鯉牧場で鯉にエサをあげ


二頭のホワイトタイガー

二頭のホワイトタイガーを見て帰りました。楽しい一日でした(^^)
今日もガチョウさんはおしゃべりしているかな♪

女子のりもの系就職図鑑

鉄道
11 /29 2008
女子のりもの系就職図鑑
女子のりもの系就職図鑑東京乗り物研究会

光人社 2008-11
売り上げランキング : 73079


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


最近車掌さんや駅員さんに女の人が増えましたね。山の手線などは珍しくなくなりました。優しい感じでにこやかに安全を確認する姿などは見ていても癒される感じがしていいです。大変な職場だろうなとは想像するのですが、こんなたくましくたおやかな女性乗務員や駅員さんが増えるといいです。というわけで、この本をご紹介。

鉄道、海の乗り物、空の乗り物、陸の乗り物で活躍する女性乗務員(運転員)さんの制服と活躍が紹介されています。私鉄や自衛隊の女性の仕事ぶりも乗っていて、楽しい一冊です。

この間のニュースで知ったのですが、最近乗務員への利用者による暴力が増えているようです。新幹線に乗る女性乗務員は携帯用の撃退グッツを持って仕事をしているそう。鉄道を利用する側の私達のマナーも考えなくてはならないなと思いました。


あとがきに秋山岳志さんの文章があります。
英国「乗物遺産」探訪――SLとナローボートで巡る、古きよきイギリス
英国「乗物遺産」探訪――SLとナローボートで巡る、古きよきイギリス秋山 岳志

千早書房 2008-09-22
売り上げランキング : 282059


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

を出版されている方で応援しています(^^)

みつごの魂…

にっき
11 /29 2008
携帯ストラップが壊れてきたのでげんき玉kitchenのひなきよさんに以前作っていただいたとんぼ玉をつけたストラップを作ってみました。

B1515.jpg
こんな感じに…(下に敷いてあるのは「魔法かもしれない」の案内カード)

一緒に浅草橋に買出しに行った時に綺麗に光るガラス素材を見つけ「ちょっとこれ試してみてよ」と、まだこの素材を試したことのないひなきよさんに無理矢理押し付け作ってもらいました(^^;
素敵に仕上がっていて、先見の目はまんざらではなかったなと(笑)自分で自分を誉めています。

昔から私は不器用でいつも彼女に手伝ってもらった(もしくは作ってもらっていた)ように思います。子供の頃流行ったビーズなど、一生懸命作っている彼女の隣で遊んでいたような記憶が…おまけに出来上がったものを「これかわいいね~いいな~」とせがみ貰ってました。…全然変わっていません(^^;

浅草橋のお店でも「これ、いいじゃんちょっと試してみなよ」とか「あれとあれを組みあわせて、こんなの作ってみたらいいんじゃないの」とかセンスもないのに言いたい事を言ってましたよ。作るの大変なのに…分かってないけど、大変なことは分かります。ありがとう(><)ひなきよさんのように私も周りの人の意見を聞けるようにがんばります(^^;。

ストラップの紐がうまく結べず、ちょっと紐が長めです『ひなきよさんに頼めば上手にできたかも…』と思ってる自分が既に全然変わっていないということに気付いたこのごろです(^^;。

魔法かもしれない

科学
11 /27 2008
少し前のことになるんですが11月9日に日本科学未来館に行ってきました。

B1466.jpg
9月から始まっている八谷さんのインスタレーション(メディアアート)を観たくて行ってきました。
1996年からの作品を観ることができます。特に面白かったのは「見ることは信じること」(1996)と「人魚の窓」(2007)でした。
人魚の窓には影響を受けた作品として

海獣の子供 1 (1) (IKKI COMICS)
海獣の子供 1 (1) (IKKI COMICS)五十嵐 大介

小学館 2007-07-30
売り上げランキング :

おすすめ平均 star
starどんな結末になるのかが、楽しみ
star子供の頃はきっといつも冒険を望んでいた。そんな子供を思うと優しくなれる。
star海で産まれた子供達

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


海獣の子供 2 (2) (IKKI COMICS)
海獣の子供 2 (2) (IKKI COMICS)五十嵐 大介

おすすめ平均
starsああ、この続きが気にかかる!
stars人類の未来
stars海とか宇宙とか・・・・・・。大いなる自然の呼び声を感じる漫画
starsまだ,1割も分かっていない,世界。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


海獣の子供 3 (3) (IKKI COMIX)
海獣の子供 3 (3) (IKKI COMIX)五十嵐 大介

おすすめ平均
stars21世紀の『海のトリトン』
stars
stars恐ろしい世界へ!
stars海の呼び声が聞こえる・・・。雰囲気豊かな絵の数々に魅せられます
stars彼らは何処へ向かうのか?辿り着いた先には何があるのか?

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


が紹介されていました。まだ続きがあるんですね。早く続きがよみたいです(^^)

それから館内にあった季刊誌に紹介されていたこのコラムが面白くて

世界の言語入門 (講談社現代新書 1959)
世界の言語入門 (講談社現代新書 1959)黒田 龍之助

おすすめ平均
starsちょっと気軽すぎるくらいに気軽な言語エッセイ
stars文字の例があるともっと面白かったかも
stars著者の言語知識にびっくり
stars言語っておもしろそうだな、ということが分かれば十分
stars語学大好き人間の真髄

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この本を読んでいます。言葉の曖昧さを感じていたので、世界の言葉について考えているこの本はとても面白かったです。

館内のデバイスアートギャラリーにて「魔法かもしれない」は1月9日まで行われています。

教室はまちがうところだ

絵本・詩
11 /24 2008
教室はまちがうところだ
教室はまちがうところだ蒔田 晋治

子どもの未来社 2004-04
売り上げランキング : 2252

おすすめ平均 star
starまちがっても大丈夫
star学校でも読んでいたらしい・・・。
starわら半紙が素敵な本に!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


息子は学校で積極的に意見を言っているようです。間違って恥ずかしい思いをしている時もあるようで、まちがってもいいんだよ、という意味をこめて読書。教室は間違うところだといいながら、個性をみとめあうこと、間違うことは間違わなくなること、間違うことは成長の為の一歩であることを教えてくれます。こういった事は家で親がじっくり諭すのもいいのですが、寝る前に絵本を読むと子供はすんなり物語に入ってゆくようで、お説教じみなくていいです。子供の数を数えたり、それぞれの個性を想像しながら読みました。
間違ったことをからかわれても、それを笑い飛ばせる器の大きさと人間性を持ってもらいたいな、と思う時にお勧めの絵本(^^)

できる子にする「賢母の力」

まじめな本
11 /23 2008
できる子にする「賢母の力」
できる子にする「賢母の力」木下 晴弘

PHP研究所 2008-03-25
売り上げランキング : 10743

おすすめ平均 star
star読んで損はない、いやビジネスマンも学生も誰もが読むべき作品。
star子育てをあきらめないで!!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


学習教材HPのお母さん向きお勧め本の中にあった本。副題が「偏差値15ポイントUP!」と書かれてあるので、これを私が読んで子供の偏差値が上がればどんなにいいかと(笑)藁にもすがる気持ちで読みました。
と、いってもうちの子供二人は今受験やテストに関わっていない環境(学年)なので、リラックスして読みました。この時期中学受験のお母さんは大変ですね。このブログでも以前読んだ受験本の検索結果からいらしている人もいるようなので、受験体験談をできれば近いうちに書いてみたいと思っています。

この本は親である自分が変わり、環境を買えることで子供のやる気が伸びて、数ヶ月で偏差値大幅アップも夢ではないということが書かれています。まず母親である自分の考え方を変えてみようという内容です。子供が言うことを聞かないのは、自分が子供の言うことを聞いていないのでは?という問いかけにはっとしました。つい「あとで」とか「ちょっと忙しいの」とか言ってしまいますが、子供はそっくり真似ています。全てを聞いている時間がないというのが正直な気持ちなのですが、それでも聞く気持ちをいつもきちんと持っていなくてはいけないなと実感しました。難しいのですが、自分が生きていていいんだと実感できる時は親がその子をしっかりと見つめているときなのだから、やらなくてはならないことだなぁと再確認しました。
本文にも書かれていますが、子供の笑顔をじっと見ること(見てあげること)は両者にとってとても大切な事だなと思いました。

続きを読む

ゆきのまちかどに

絵本・詩
11 /17 2008
ゆきのまちかどに (ポプラせかいの絵本 (20))
ゆきのまちかどに (ポプラせかいの絵本 (20))ケイト・ディカミロ

ポプラ社 2008-10
売り上げランキング : 256979


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


クリスマスに向けた心が暖かくなる絵本。
読み終わって気がついたんですがこの作者と挿絵は以前読んだ

愛をみつけたうさぎ―エドワード・テュレインの奇跡の旅
愛をみつけたうさぎ―エドワード・テュレインの奇跡の旅Kate DiCamillo Bagram Ibatoulline 子安 亜弥

ポプラ社 2006-10
売り上げランキング : 261640

おすすめ平均 star
star感動の奇跡をあなたに・・・
star愛を知る
starいつかきっとだれかがやってくる

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この二人の絵本でした。これは2007年6月に読みました。
そのときの記事

クリスマスをひかえた主人公のフランシスの心の動きが文章、絵ともに細やかに描かれています。通りの向うに見えているサルを連れたおじさんとの眼差しの会話が印象に残ります。冬の寒さと心の暖かさの対比が美しい絵本でした。慌しい年末にほっとしたいときにお勧めです。




暫くの間お休みします。
元気ですのでご心配なさいませんよう(^^)♪

果物バトン

にっき
11 /16 2008
二尋さんに果物バトンをいただいたので答えてみます。
果物ってあまり気にしてないので、どうなるか…自分が一番不安なんですけど、何が果物かから始まるとぐるぐるしてくるので、一般的に果物として言われいるもの全体のバトンということで(既にぐるぐる)ぐるぐるなので以下に(笑)

続きを読む

闇の子供たち

現代小説
11 /15 2008
闇の子供たち (幻冬舎文庫)
闇の子供たち (幻冬舎文庫)梁 石日

おすすめ平均
starsそぅゆぅこともアリかな…と思いました。
starsこの作品はフィクションです
stars正義感の押し売り
starsこれだけ残酷なことが書けるのなら・・・
stars無力感に押しつぶされそうになる。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


先月、「読みたい本があるんだけど、図書館で順番待ちで読むことができない」と娘が言ったので買ったのがこの本。映画が公開されていて題名と漠然とした内容を知っていたのですが、あえて自分から遠ざけていたテーマで(無視をしていたわけではなく、知りながら遠ざけていました。しかしそれも言い訳なのかもしれません)だったので、読むまでに心の準備がかなり必要だったんですが、読んでみました。

続きを読む

花よりも花の如く 6

マンガ
11 /14 2008
こんにちは、お久しぶりです。元気です。すっかりさぼってしまいました。自分でもこんなにサボれるとは思わず(笑)。これだけ長い間無口になることも出来る自分に驚きました(^^;。また、ちょこちょこ書いてゆきたいと思います。

花よりも花の如く 6 (6) (花とゆめCOMICS)
花よりも花の如く 6 (6) (花とゆめCOMICS)成田 美名子

白泉社 2008-11-05
売り上げランキング :

おすすめ平均 star
star再び日本
star三間四方の世界から、外へ
star迷い、新しい世界の入り口

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


成田さんの新刊を読みました。よかったです。今回また新しい展開がありました。一緒に暮らしていた西門が小さなすれ違いで家を出そうになるエピソードが好きです。ここのくだりを読んでいて

Natural (6) (花とゆめCOMICS)
Natural (6) (花とゆめCOMICS)成田 美名子

白泉社 1998-11
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

西門のアパートに理子が訪ねる場面を思い出しました。このとき西門が理子に対して”こんなに彷徨っている人だとはおもわなかった”と感じるシーンがあります。この彷徨っている感じ、孤独感が今回のエピソードと繋がっている印象があります。
このコミックを読み始めて強く感じるようになったんですが、人や物の内面を感じている時、それは自分が以前に体験した感情や思った事であることが多いです。理子に対し”彷徨っている”ように感じているということは西門自身が彷徨っている(または彷徨っていた)ことを現しているんだろうなと考えていたので、個人的にここらへんが繋がった感想を持ちました。

ああ、能が見たいです(笑)。能を見ているときは、舞いを見ながら別な視点で物を視ている感じがあります。運転も目の前の道路の状況よりも十数メートル先を見て運転するのと同じように、目の焦点をあわせるようなあわせないような感じでぼんやり見ていると、内も外も色んなことに気がついてきて、頭がシャッフルというか醒めるような感じになり、楽しいのです。そんな感じで能を見ながら感じたことが自分に跳ね返ってきたりして、勝手に驚いたりしています。…何を言ってるのか自分でも分からないんですけど、なんとなく感じで分かってください

真昼の月

マンガ
11 /05 2008
海街diary 2 (2) (フラワーコミックス)
海街diary 2 (2) (フラワーコミックス)吉田 秋生

小学館 2008-10-10
売り上げランキング :

おすすめ平均 star
star復調か
starラヴァーズ・キス?
star気づきから生まれれる女性のしなやかさ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


最近ばたばたしてて、ちゃんと感想がかけません。っていうのを書くのがいやなんだけど、慌しいながらもコミックを読書。二巻目ですね。今回題名が気になったんですが、これはお芝居の題名かな、映画かな小説かな聞き覚えのある題名です。一巻目もはどうだったかな、今度確認しよう。懐かしくなって一巻とラヴァーズ・キスも引っ張り出してみました。テーブルにおいておくと江ノ電が乗ってるので息子がどこかへ持っていってしまいます。元に戻してもすぐ持っていかれてしまう…(苦笑)。
読むと江ノ電に乗りたくなります。鎌倉行きたくなりました。

今回も心に響く場面がたくさんありました。すずちゃんの観察眼がするどいです。彼女がちゃんと生きてる。それは過酷な人生だったからで、まだ子供であることを自身に許していない強さ、美しさを感じます。先日ふとした時に自分の自我の強さに気付き、夫に確認したら苦笑されました(汗)。「いつからこんなに自分になったんだろう、小さいときからこんなだったよ」と言ったら「それは君がそうならざる得ない出来事が、小さいときからあったんだ」と返されました。
すずちゃんのように強くて美しくはないですが、人間には年齢にかんけいなく、そういった必然があるのだなと思っていたので、彼女の強さにじんときました。あ、あと自然がいっぱいでてくるところや、幸と先輩の会話がよかった。こういったのが分かるってことは歳をとったってことかな。若いときにはみえなかったものが見えてくるコミックです。


海街diary 1 蝉時雨のやむ頃
海街diary 1 蝉時雨のやむ頃吉田 秋生

小学館 2007-04-26
売り上げランキング :

おすすめ平均 star
star私を許してくれた作品
star鎌倉って特別だよな。
star父親の葬式「困ったなー全然悲しくない」、経験のある方にお勧め

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ラヴァーズ・キス (小学館文庫)
ラヴァーズ・キス (小学館文庫)吉田 秋生

おすすめ平均
starsいろいろな形の愛を描く
starsトリッキーかつじわりと
stars登場人物それぞれの「それでも好きやねん」
stars最も好きな漫画作品(かも)
stars恋人たちそれぞれのキス

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

忘れ川をこえた子どもたち

ファンタジー本
11 /02 2008
忘れ川をこえた子どもたち (1979年)
忘れ川をこえた子どもたち (1979年)大久保 貞子

富山房 1979-12
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


先日池袋リブロでこの本をみかけ、絵と装丁が気になって読書。文章を奥さんが版画(絵)を旦那さんが描いた物語。1974年に国際アンデルセン賞をうけた現代女流作家、マリア・グリーペの作品です。版画は夫のハラルド・グリーペのもの。暖かい版画と澄み渡った感性の文章が素敵でした。

夢の中のリアル

にっき
11 /01 2008
○十年ぶりに、母校の高校の文化祭に行ってきました。
坂の上にあって、昔と同じようにひいひい言いながら坂を上って行きましたよ。
時代は変わって制服も生徒数も校内のようすもすっかり変化してたけど、行ってみると色んな思い出が蘇って悶絶しました。
下の子を連れて校内を歩いたんですが、悪夢にしか思えませんでした(笑)。あの頃の自分はとてもリアルに生きていたように思っていたのに、今から見ると夢のようです。いや、今のほうが夢なのかもしれません。部活動をやっていた友人達と再びそろって来られた事が嬉しかったです。元気にここまで生きて来れたことに感謝しなくちゃなぁと、変わらずおしゃべりしながら思いました。

tukue.jpg

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。