かわいいこねこをもらってください

絵本・詩
06 /29 2009
かわいいこねこをもらってください (ポプラちいさなおはなし)
かわいいこねこをもらってください (ポプラちいさなおはなし)垂石 眞子

おすすめ平均
stars可愛い表紙に娘が心奪われて・・・
stars懸命にネコの命をまもろうとする姿に感動!
stars絵も内容もとてもよかった本
stars泣きました
starsまだこどもです。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ちいちゃんは学校の帰り道こねこを拾います。かわいくて飼いたくてたまらないけど、こねこはアパートでは飼えません。こねこを飼ってくれる人を探すことになりました。

図書館で以前から気になっていた本を読書、と言っても夫が息子に読み聞かせているのを傍で聞いていました。だって、読んだら飼いたくなってしまいそうだから(笑)。

ちいちゃんのお父さんは三年前に死んでしまいました。そんなふうにこねこも死んでほしくなくて一生懸命生きる道をさがします。ポスターを作ったり、学校のお友達にお願いしたり、普段はおねだりしないちいちゃんが頼んでまわる姿は健気です。
難しい命の問題をやさしく爽やかに描いているお話です。
猫飼いたいなぁ(結局飼いたくなってます)
スポンサーサイト

日常・近況

にっき
06 /26 2009
eda9.jpg
五月に植えた枝豆の種がこんなに大きくなりました。

大きくなったのがとても嬉しかったのか夫がえんどう豆の種を買ってきて姑の庭に植えて
endo61_20090626090550.jpg
こんな感じに

蒔ききれなくなったのは鉢植えにして育てています
endo60.jpg
我が家は園芸一家になってしまったのでしょうか(笑)
収穫の夏が楽しみです。





昨日近所にありながら行ってなかった気になるお店に行ってきました
dango2.jpg
一本90円で醤油とあんこのお団子を売っています。
旧街道の道沿いにあって、道々食べてゆく人がいるのかゴミ箱が置いてあり食べ終えた人の櫛が入っていました。いい感じです。

ame3.jpg
すぐ近くにある飴のお店も行ってみました。
一袋100円で飴を売っています。息子と舐めながら帰ってきました。

北千住駅近くのこの周辺はおしゃれなお店や古い民家をそのまま使った商店などがあって、谷中とはまた違った趣のある町で楽しかったです。
道に迷っておばさんに声をかけて聞いたのも楽しみの一つでした。

パンダのポンポン

絵本・詩
06 /23 2009
パンダのポンポン
パンダのポンポン長崎 訓子

理論社 2004-04
売り上げランキング : 257731

おすすめ平均 star
starおいしいお話

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


青空バーベキュー (パンダのポンポン)
青空バーベキュー (パンダのポンポン)長崎 訓子

理論社 2005-04
売り上げランキング : 108214

おすすめ平均 star
starみんなで、おいしいもの食べようよ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

の一巻目。
パンダのポンポン登場のお話です。

少しづつ息子に読み聞かせながら読みました。
くいしんぼうのポンポンがサンドイッチとオムライスと紅白ケーキを作ります。
どれもおいしそうで、食べることしか興味のないポンポンといっしょに、まぁいいかぁと細かいことを気にせず食べることを楽しめるお話です。

おいしさを想像しながら読み進み、寝る前のひと時を暖かい気持ちですごすことができました。
食べ物のことを考えながら幸せな気持ちになると、美味しく色んな物を食べられる喜びが改めてこみ上げてきます。おいしそうだねと話しながら子どもと寝床ですごす時間は思っているよりもずっと素敵で大切なことなのかもしれません。

神田めぐり

にっき
06 /21 2009
昨日は娘の授業参観がありました。
その後、ぶらぶらと歩きながら神田明神さまにおまいりに行きました。

kannda01.jpg
今まで近くや前を通っていてもお参りしたことがなかったので、新鮮でした。
美しい朱塗りの門が迎えてくれます。

kannda03.jpg
休憩室前の軒先は金色の灯篭が並びます。
息子は獅子舞が舞いながら持ってくるおみくじに釘付けになり、200円で一回やってみることに。結果は小吉でした。

kannda02.jpg
丁度結婚式が行われていて、微笑ましくも美しい風景を見ることができました。
昨日はとても良い天気だったので、よかったです。
結婚式なんて…遥か昔の思い出です。幸せな姿を見るのはいいですねぇ(^^)

1Q84 BOOK 2

1Q84
06 /20 2009
1Q84 BOOK 2
1Q84 BOOK 2村上春樹

新潮社 2009-05-29
売り上げランキング : 4

おすすめ平均 star
starタイトル「1Q84」の種明かし
starちょっと疑問を感じて興ざめした
star面白いけど、ちょっと重たい印象

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


読み終わりました。
続編があるのではないかという書評をいくつか目にしたので、続編があるのか気にしながら読みました。うーんどうだろう、あるといえばありそうで、ないといえばないような気持ちがしています。
「ねじまき鳥ー」を読んだ時2巻で終りだと思った人間なので、私の意見はあまり当てになりません。当時働いていた会社の先輩が3巻でたときに驚いたら「あれは出るでしょう」と言われたので、そうなのかぁと思った思い出があります。ねじまき鳥は三巻で劇的に変わるのでそういった意味で1Q84も変化がもたらされるとするならば続刊を望みます。でもずっと後のことなんだろうなぁ、ねじまき鳥のときはぼんやりしてたから待てたけど、続刊が出るとしたら待てない~早く読みたい。

続きを読む

みんな輝いて!

まじめな本
06 /17 2009
kagayaite2.jpg
「みんな輝いて!」
心臓病児の充実した学校生活のために


6月5日の朝日新聞朝刊で紹介されていた本を読みました。
全国心臓病の子どもを守る会の出版している本で34ページ200円でHPより購入することができます。

心臓病の子どもが学校に通うときに、先生や保護者子供達に知っていてほしいことを分かりやすく丁寧に書かれている本です。

以前にも話しましたが私の弟は心臓病でした。私が子どもの時は心臓病に対する理解があまり広くなされていず、普通の学校で心臓病を持った弟が通うのは大変な苦労がいりました。
この本は病気の子どもが普段の生活の上で起きる症状が書かれ、周辺の人にその理解と気持ちの協力を促す本です。

心臓病を患っていた弟にとって、体育はもとより何気ない階段の上り下りや、移動教室への移動は大変でした。友達である子どもは悪意なくそれをはやしたり、唇が紫色であることをからかったりします。姉の私もそれは大変な苦痛でした。少しでも理解してもらいたかったという思いでがあります。何も言われなくても言わなくても、周りの大人や友達の理解があるのとないのとでは、病気を患っている子どもの気持ちは大きく違います。

どんな時が苦しいのか、困っているのか、また大丈夫なのか、心臓病の子ども達はそれぞれに違います。それを個性として認めてもらえるだけで、本人も周りの人も家族も大きく救われるます。この本はその具体的な方法が書かれています。

もし学校に通う心臓病の子どもがいたら、また近くにいたらこの本を読んでほしいと思いました。理解してもらえること、ここにいていいのだと思ってもらえることが、病気の子どもとその家族をも救うことになります。
なかなか難しいことかもしれませんが、個性として皆が豊かに生きてゆくことを願ってやみません。

 弟の葬式の時に父は弟が休み時間を全て使って階段を這って昇り、音楽室まで移動していたと先生に聞いた時の話をしました。
 彼は多くを語らず、ひたすら耐えた一生を送りました。そんな目に見えにくい努力を理解をしてもらいたくてお勧めします。

ブルーフェステイバル

にっき
06 /16 2009
日曜日の午後は、埼玉県菖蒲町で行われているブルーフェスティバルに行きました。
JA南彩グリーンセンターにある農協食堂で遅めの昼食をとり
udonn13.jpg
かけうどん(大盛)520円(値段はうろ覚えです)

菖蒲町役場と菖蒲城跡あやめ園を歩きました。
役場近くはラベンダーがあやめ園にはあやめが咲いていました。
ayame-2.jpg  ayame-3.jpg

色々な種類のあやめが咲いていたのでまとめてみました。
ayame-1.jpg
あやめというと昔ながらの形を思い出しますが、今はこんなに色んな形があるんですね。

ぶらぶらと田植えの終わった田んぼ道を歩きながら楽しみました。

6086号 撮影会

鉄道
06 /14 2009
夫と息子が荒川車庫で行われた6086号の撮影会に行ってきました。

6000-2.jpg
とても古い都電で車庫の奥に仕舞われていたのが出てくるというので、夫は浮き足立って出かけてゆきました。

6000-1.jpg
7022号と並んで

6000-4.jpg

hyousiki9.jpg
系統案内板も展示されていました。

6000-3.jpg
人出も多かったそうです。夕方まで雨が降らなくてよかったです。

6000-5.jpg
去年の日付が入ってるプレートも発見。

子供の時から親しんでいた都電を見ることができて夫は満足そうに帰ってきました。
もう動かないようなのですが、夫の頭の中で元気に走っているようです。

1Q84 BOOK 1

1Q84
06 /13 2009
1Q84 BOOK 1
1Q84 BOOK 1村上春樹

おすすめ平均
stars春樹版「地獄の黙示録」
starsホッカルさんのIQも84である(;'Д`)ハアハア
starsまたしても結婚詐欺
starsあの「図書館のすぐれちゃん」もイチオシ本!
stars注意して

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


上巻を読み終えました。
今さらっとレビューを読んだのですが、やはりというか賛否色々ありますね。
村上氏の小説は読んだ人の感想を聞くとさっぱり分からなかったという人と、すごい小説だったという人がいるので、読み手によって大きく変わる小説なんだなぁと思っています。そして作家が好きか嫌いかでも評価が分かれると思います。

私は小説を読むとき、物語の中で遊ぶように読むので、論じたりすることができません。読んで楽しかったりいろいろ考えたりするのが好きなので評価することはできません。
20年近く読んできた読者の一人としての個人的な感想です。

続きを読む

四度目の鑑賞

にっき
06 /13 2009
とさいたま市見沼区大谷の公園に蛍を観に行ってきました。

2005年06月25日、2006年06月18日 、2008年6月14日と四度目の鑑賞です。
行き始めた当時は幼稚園生だった息子も小学生になり、国語でほたるの一生を習っています。
それを知った夫が俄然はりきって連れていってくれました。

ゲンジボタルで息子が勉強している種類と同じだったので、いくつか新しいことを知りました。
毎日音読を聞いているので内容の一部を、
成虫は水辺の苔に小さな卵を産み付けます。
一匹のメスが産む卵の数は500個から1000個にものぼります。
卵を産むと親は死んでしまいます。
卵はおよそ一ヵ月後に幼虫になり、川に住むカワニナという貝の肉を食べて育ちます。
やがて川岸にあがり土(つち)まゆという姿になり土の中で成長し、二週間後に成虫になります。
出たばかりの身体が白いのですが、ニ三日たつと黒くなり光って空を飛んでメスをよびよせます。
…と、息子に教えてもらいながら、今年は行ってきました。

hotaru11.jpg
捕まえられるようになって息子が見せてくれた蛍。
ここの蛍は成虫になったのを川辺に放っているのかな?

多くの蛍を見ることができました。
無風で天気のいい夜がいいようで、そこらへんを夫は一生懸命考えて連れて行ってくれてるようです。
気ままに美しく舞う蛍を見るたびに、現代の時間の進み方の早いことに気付かされます。
そして人工の光がいかに眼に刺さるような光であるかを再認識します。
毎年「ニ三日前がピークだったよ」と聞きます(汗)。でも毎年結構見てると思うんだけどなぁ(笑)。
今年は人がいるほうに蛍が来たように思います。なるべく驚かせないように見学しました。

年々見学者が増え、地元の人(職員さん?)が交通整理をしてくださるようになりました。
迷惑にならないよう観続けたいと思います。

おこだでませんように

絵本・詩
06 /09 2009
おこだでませんように
おこだでませんように石井 聖岳

小学館 2008-06
売り上げランキング : 1255

おすすめ平均 star
star幼い子の願い事の深い意味を知リ得るために
star涙があふれてきました。
starぽろり

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


1・2年の課題図書。題名が気になって読書。
何をやっても怒られてしまう僕、悪気はないのに一生懸命やってるのにいつも結果は同じ。弁解することをしない僕は男気がありますが、またそれが怒られる結果になってしまいます。
この時期にある独得な男の子の感情を描いています。大人は知らず知らずのうちにこんなナィーヴな男の子の感情を殺してしまっているのかもしれません。
いつも怒ってる先生やお母さん、決め付けてかかってしまうことの多い大人こそ読んだほうがいい絵本です。私も息子に読み聞かせて、彼の気持ちを聞いてみることにします。
七夕に親子で読んでみることをお勧めしたい一冊。

ぼくの羊をさがして

現代小説
06 /08 2009
ぼくの羊をさがして
ぼくの羊をさがしてValerie Hobbs 片岡 しのぶ

あすなろ書房 2008-04
売り上げランキング : 7654

おすすめ平均 star
star天職を求めるさすらいのボーダーコリー

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


表紙がかわいくて題名も気になって読書。5・6年生の課題図書にもなっています。
羊を追うことが仕事のボーターコリーのジャック、羊牧場の牧羊犬として産まれます。やがて売りに出されてしまい、冒険が始まります。逃げ出したり放浪したりしながら色々な人間動物と出会い、自分の仕事である羊を探し続けます。
拘束されることや死や空腹を経験しながら、自分の居場所を探すジャック。犬であることを忘れて一緒に旅をしているような気持ちになります。
やがて孤児院にたどりつき、気の弱いでも優しい少年にであいます。ジャックは彼を好きになり、彼の傍にいたいと思い始めて…。

自由と仕事を考えながら自分のやりたいことを求めるジャック。どんな時も希望を忘れずに必死に自分の羊を求めて生きる姿が素晴らしいです。

子供も犬とおなじでだめだって言われて育つとダメになるよ、と話すジャック。親としてどきっとしました。否定せず、他の子と比べず、子供を認めてあげなくてはなと改めて反省しました。古着を着て暮らす女性が根気よく少年に勉強を教えるくだりが印象に残った。ほんとうに大切なものは、時間なのだと気付かされました。
最後の生きていくのに大切なことは胸にじんときました。今の子供に読んでもらいたいなぁ。何かをしてもらう事ばかり考えてしまいがちな自分も改めて問いただしたい、やさしくも強いメッセージでした。

カスタマーレビューを読んで、ジャックが孤児院を「よき羊飼いの家」と読み間違っているとしり、面白く思った。酷い名前だなぁと思いながら読んでいたので、ちょっとしたひねりだったんだと分かりました。
原書で読むの面白そうです。

相田みつを美術館

美術館・博物館
06 /06 2009
銀座から国際フォーラムへ移転した相田みつを美術館に行ってきました。

入り口に井戸のようなものがあって、覗き込むと映像が見えるというインスタレーションを見ました。企画展の内容と館内の説明が流れていて、ゆっくり安心して回れる気配りがよかったです。
他にも休憩の椅子が随所にあり、トイレや通路など広くとられていてぶつかったりすることなく自分のペースで観て回ることのできる美術館でした。

足利の出身である相田氏の生い立ちや書の遍歴を追いながら、時代時代の文字や書かれている文について考えながら廻りました。
途中観て楽しめるインスタレーションが数箇所あり、楽しみながら書に親しめるよう配慮されていて面白かったです。
心に残るいくつかの文章をみつけて宝物としました。

B2495.jpg

途中にあった撮影ポイントで色紙を撮影。
根っこについての一文が書かれています。

家の庭に咲いていたという紫陽花が会場内様々な場所に置かれていて、心がやすらぎました。生花を展示室に置いてあるとこんなに落ち着くものなんだなぁと思いました。
様々な細かい配慮がなされていて、館の人も優しくて穏やかな気持ちで観て廻ることができました。

フォーラム内にあるお米ギャラリーで抹茶パフェとカムカムアイスティーを飲んで休憩しました。
B2496.jpg

愛を読むひと

映画
06 /06 2009
19日から公開になる愛を読むひとの試写会に行ってきました。
木曜日の夜の有楽町でのトークショウと朗読付きの試写会でした。

少し前に原作を読んでから行ったので、ストーリーの美しさを楽しんでこれました。映像ならではの面白い場面もあって、これから観にいかれる方は原作を読んでから行かれるといいですよ。

内容にふれるので、追記に…

続きを読む

ヨハネスブルクへの旅

まじめな本
06 /06 2009
ヨハネスブルクへの旅
ヨハネスブルクへの旅橋本 礼奈 Beverley Naidoo もりうち すみこ

さえら書房 2008-04
売り上げランキング : 63969

おすすめ平均 star
star小学生の課題図書ですが…

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


5・6年生の課題図書。夏休み前に惹かれた本を読んでみました。
夏休みになるとぐっとこのページのアクセスが増えます(笑)
他人の感想を読むのはいいのですが、あくまでも参考に留めておいてください。
どんなにつたなくても恥ずかしくても自分で読んで感じたことを素直に書くのが感想文です。そして何をどんなふうに思っても、心からそう感じたのであればそれは恥ずかしい事ではありません。
それでも恥ずかしかったら恥ずかしくない文章が書けるまで繰り返し読んでみてください。
この本は美しい感想やきれい事を書いてほしくて書かれていません。あなたが選んで読むと決めたならば、責任持って読んで書いてください。

おばさんの説教はここで終りです。





アパルトヘイト下の南アフリカ、13歳の少女ナレディは生まれたばかりの妹が病気になり弱ってゆくのを心配して300キロ離れた街に住む母親のところへ助けを求めにゆきます。
弟ティロと少しばかりの水と食料をもって、ひたすら歩き続ける姉弟。二人が眼にした社会の様子を通して、アフリカで起きた問題を知る話。

黒人差別の話と、そこで暮らす様々な黒人との交流を描いた話です。ナレディはとてもしっかりした女の子で、弟や妹のことを考え、必死で考え行動します。
今まで見聞きしたことを参考にしながら、危険なめにあわないよう気をくばりながらなんとかお母さんに逢い連れ戻そうとがんばる姿がいじらしいです。

妹の命を救う為母を連れ戻し、病院に行きますが、そこにもまた様々な問題があり、直ぐに診療してもらえません。
色々な人を見、触れ合いながらナレディは自分の置かれている立場に疑問を持ち始めます。
差別、教育、貧困、健康、全てにおいてどうしてここまで搾取されなくてはならないのかという、単純で素朴ででもだからこそ根の深い疑問、豊かな感性でそのことをじっと考え始める主人公を思うとき、私達は何を感じればいいのでしょう。

大変だな、いけないことだな、だけではなく、どうしてこうなったのかを、改めて絶えず色々な人と話し合えるきっかけにしたいと思った一冊でした。

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。