船の科学館

美術館・博物館
03 /29 2010
bijyu31.jpg

昨日は船の科学館へ行ってきました。
日曜日でも比較的空いているのでまったりすごすにはいいところなのですが、昨日のお台場は結構混んでいました。
なんと目の前の駐車場でD1グランプリが…!!土屋選手のアナウンスで色々なドリフトが展開されておりました。
科学館の窓からかぶりつきで見てしまいました(笑)

bijyu31.jpg
こんな感じで…(^^;

科学未来館の家族パスがあるので、私は途中抜け出してプラネタリウムへ。
3Dのプラネタリウムは満席だったので「夜はやさしい」という世界の夜空が谷川俊太郎さんの詩の朗読とともに楽しめるプログラムを満喫しました。
かこさとしさんの企画展も面白かったです。お化け屋敷を科学するという企画展にも行ってみたかったのですが、春休みもあって人が多かったので断念、また来たいと思います。

船の科学館に閉館までいて日帰り湯によって帰りました。
日帰り湯は大江戸温泉といいたいところですが、埼玉県の戸田にある七福の湯というところにいきました。
なんでも夫が行きたかったんだそうです。100%かけながしの良い温泉でした。またいきたいです♪
スポンサーサイト

酒井駒子原画展

絵本・詩
03 /26 2010
東京日本橋丸善で行われている酒井駒子原画展に行ってきました。
この人の原画を一度観てみたいと思っていたので、でかけてみました。

よるくまクリスマスのまえのよるよるくまクリスマスのまえのよる

白泉社 2000-10
売り上げランキング : 76454
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ロンパーちゃんとふうせん
ロンパーちゃんとふうせん
白泉社 2003-03
売り上げランキング : 175865

おすすめ平均 star
starかわいい
star風船を貰った時のわくわく感を思い出す本
star子どもが大好き!!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


BとIとRとD
BとIとRとD
白泉社 2009-06
売り上げランキング : 15479

おすすめ平均 star
star画と文が高度に積み上げられた、隙のない世界。
star幼さという贅沢な時間をもう一度
starどこか不安なのに、ぬくもりのある子供の感じがリアル

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


の原画があります。
どれも素朴な味のある素敵な絵画です。ダンボール紙に書かれた「BとIとRとD」の風合いがよかったです。
ポストカードを買って帰りました。

車椅子体験

にっき
03 /23 2010
昨日は一日暇でした。朝寝坊してタイミングを外しどこにもでかけませんでした。
午後天気がよかったので、以前から息子が言っていた土手にある車椅子体験のできる公園へ行ってきました。
車椅子ではない人が車椅子に乗ってその不自由さを体験する…というもので、車椅子な息子が体験するのはなんだかちょっと違うような気持ちもしましたが、本人やる気で絶対行くと聞かないので、夫と三人で土手をめざしました。
新しい乗り物を手にいれた気分なのかな(汗)

bijyu31.jpg
色々な幅の道路や、砂利や土の路を体験するコーナー。幅の違いで曲がりにくさを発見する公園。
これは1㎝から15㎝までの歩道との段差を体験するコーナー。
5㎝までで10㎝となるとどんなに苦労しても超えるのは怖い高さでした。

bijyu31.jpg
ちょっとどきどきしながら段差を超えようとしてるところ。見ているほうが怖いです(笑)

bijyu31.jpg
これは85㎝から2mの道幅の先に回転場がついているコーナー。
道を行った先で回って戻ってこられるかというテストです。
息子は小さくて85㎝でも回って戻ってきましたが、大人ですと1.8mはほしいところです。冬で厚着をしていたり荷物を持っていたら回転するのに2m(直径)はほしいな。

色々は勾配のスロープや段差を体験すると、意外な事ができなかったり、またスムーズだったりしました。
新たな発見に驚いた一日でした。
息子はマイ車椅子ですっかり楽しんでいました。
怪我しなければできなかったね(泣)

長谷川等伯展

美術館・博物館
03 /19 2010
昨日お友達に誘われて国立博物館でおこなわれている長谷川等伯展に行ってきました。
一時半に行ってみると70分待ちの札が…。久しぶりに会ったのでおしゃべりしながら待っていたので比較的スムーズに入場することができました。

bijyu31.jpg
平成館との間に見えた浅草のスカイツリータワー。

松林図屏風は以前にも見ていたのですが、等伯が生涯描いた絵を一同に観ることができ新たな発見が多く面白かったです。
水墨画のイメージがついてしまって、そして晩年の卓越した筆さばきばかりが印象にあったのですが、若い頃の信春と名乗っていた時代の掛け軸を観ました。素朴で流れる線や人物のおだやかな表情は若い時代のものとはおもえない落ち着いたまなざしでした。仏涅槃図1568年に描かれたものと1599年に描かれたものの大きさと絵にこめた想いの違いを感じたりしました。

富山で描かれた鬼子母神や釈迦像の絵を見て、去年行った富山石川県の旅を思い出しました。日本海と山に囲まれた地形の中で、独得の信仰が進んだようすを観てきたので、この信春の描いた掛け軸がどんなふうに崇められまた人々に敬われていたのかを想像しました。

生き生きと描いていたり、悩んだり、激しい感情をぶつけたりしながら描き続けた等伯の生涯を思った鑑賞でした。
楓図壁貼付の絵がよかった。構図が筆の勢いに負けてなくて、二次元と三次元の間にある奥行きの深さや色の宇宙を感じた。日本画ってすごいなぁと思った。この世界を習得すると自由になれるんだって思ってしまった。
絵は静かなのに生きる激しさが伝わってくる展覧会でした。

ハート・ロッカー

映画
03 /17 2010
アバター観たらハート・ロッカーも観たくなって、観てきました。アカデミー賞うんぬんというのもあるけど、全くのせられてしまってるけど(苦笑)アバター観てたら違いを知りたくなって観てきました。
イラクでのアメリカ軍の爆弾処理班を描いた作品のハートーと、アバターは同じ戦争を描いているのに色といいリアル感と言い全然違います。どっちがいいとか比べられるものではないので、ただその違いが立体的に現すアメリカという国を考えてしまいました。
ハートーもドキュメンタリーではないので、観ている間兵士の置かれた状況と心情を想像していた。今までの戦争映画と違っているところ、同じ事をいってるところなども考えた。
どうも二つの映画の感想を素直に言えなくなってきました。
この映画で一番に感じたことは憎まれることに慣れていない兵士達の柔らかい心です。人間は誰だって憎まれたくないし憎みたくないはずなのに、世の中には多くの恐怖と憎む相手と悲しみがあります。
そんな事を思いました。うまく感想がいえなかった。

15歳の夏

ほのぼの本
03 /16 2010
15歳の夏 (ハートランド物語 (1))
15歳の夏 (ハートランド物語 (1))Lauren Brooke

あすなろ書房 2006-09
売り上げランキング : 373609

おすすめ平均 star
star馬と代替療法

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


以前から気になっていた本を読書。子供向きの調教師の母を持つ女の子の話。
作者自身が馬好きで乗馬をするという経験を生かした馬と女の子の交流の物語。ありきたり、と思われがちですが虐待やさまざまな苦労をしてきた馬を元気に(もとの心に)もどす仕事をする母を尊敬する主人公エイミー。彼女の成長する姿が楽しい話です。
年老いてゆく主人をじっとジョインアップ(ポニー)がかわいい。色々な性格と様々な仕事をする馬のそれぞれの姿が分かる一冊です。馬大好きなので、馬の世話をするエイミーが羨ましい。こんな少女時代をすごしたかった(笑)。シリーズなので続きを読みたい。

アバター

映画
03 /14 2010
今頃なんですが、やっぱり気になって見てきました。モラージュ菖蒲のIMAXでみました。多くの受賞を期待されながら逃してしまった原因を…という気持ちと、映画館で楽しまないともったいないという意見を聞いて行きたいと前々から思っていました。ストーリーよりも映像が素晴らしいと言われていることに反論はありませんでした。
色々な面白さや驚きや感動を貰いました。
と、観客的に書けてしまうところが唯一敗因なのかなと思ったりしてます。
SFというのかな、ファンタジーというのかな。私は観ている途中で唐突に『それぞれのリアルに降りてゆかなくてはならない』という
きみの知らないところで世界は動く
きみの知らないところで世界は動く
ポプラ社 2003-08
売り上げランキング : 402213

おすすめ平均 star
starセカチューの原点!?
star世界の中心でよりは、
star原点

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


の言葉を思い出した。
監督にとってのリアルってなんだろうとふと脈絡もなく想いをはせてしまったのはどうしてかなと思ったりしつつ最後まで飽きさせない展開で面白かった。

馬好きなので馬みたいな生き物がかわいかった。それから翼竜が飛ぶところはやっぱよかった。初めて飛ぶところはいいですね。竜がふわっと身を反転させて落下してゆくところとかよかった。
速度や風景の描写、人の表情の変化がすごかった。この画像を超える映画ってどんなだろうと最後に思いました。

花のあと

現代小説
03 /14 2010
花のあと (文春文庫)
花のあと (文春文庫)
おすすめ平均
stars美しい自然描写と人物造型、そして「心」
starsラジオ朗読されました。
starsおもしょい おもしょい(おもしろい)
stars読み始めたら止まらない藤沢周平の世界

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


新聞で映画化されると知り、なんとなく興味を持って読書。短編集で、最後の一遍がこの花のあと。主人公の以登が祖母となり、外孫の幾之助に語られる口調で恋の顛末が描かれています。昔におこった事で、過去の話なのに以登の感情がリアルに感じられてくるのは、表現の美しさと技巧のせいでしょうか。激情の場面が穏やかに、なのに迫ってくる感じを受けました。この作家の物語はいつもこんな感動と印象を持ちます。
図書館で借りてゆく本の多い作家。おじさんおばさんがいつも楽しそうに返却にきてまた借りてゆきます。一緒に楽しませてもらった気持ちになった一冊でした。

熱風三月号

村上春樹
03 /13 2010
某本屋さんにゆくと必ずチェックするフリー雑誌
今回は村上春樹が特集でした。
村上氏の小説を読み解く指南本みたいなのは何冊か読んでいます。でも私的には心にこなかったんですが、この特集は面白いと思いました。三巻目が出る前に読むのは面白いと思った。
おすすめです。

読んでいる絵本

絵本・詩
03 /12 2010
入院中に読んだ本、入院後に買った本

コんガらガっち どっちにすすむ?の本 (創作絵本シリーズ)
コんガらガっち どっちにすすむ?の本 (創作絵本シリーズ)
おすすめ平均
stars親子で楽しめます。
stars道の先は未知なれど
starsいっしょにたのしい
starsめくるのが楽しい

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


あたまがコんガらガっち劇場
あたまがコんガらガっち劇場
おすすめ平均
starsへー、ほー

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


新幹線と車両基地 (乗り物ひみつルポ)
新幹線と車両基地 (乗り物ひみつルポ)
おすすめ平均
stars情報量が少なすぎます
stars入門書として

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


感想を書ける気持ちの余裕がなくて、かけるようになったらまた書きます。どうも体力的に疲れがでてしまっているようです。

春と修羅

にっき
03 /06 2010
春と修羅 (愛蔵版詩集シリーズ)
春と修羅 (愛蔵版詩集シリーズ)
おすすめ平均
stars賢治、その純粋さに惹かれる詩の数々
stars最高

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

先日読んだ、「モマの火星探検記」に出てきたので読書。宮沢賢治の詩集です。


ホルスト:惑星
ホルスト:惑星ホルスト プレヴィン(アンドレ)

EMIミュージック・ジャパン 2005-10-26
売り上げランキング : 163953

おすすめ平均 star
starオーソドックスだが味わいのある「惑星」
star「惑星」入門に最適

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

作中にでてくるジュピターという少年のイメージがこの曲のなかの木星なのだそうです。毛利さんの感性に驚き感動しつつ聞きました。

ミルク

DVD
03 /05 2010
ミルク [DVD]
ミルク [DVD]
おすすめ平均
stars希望
starsコラボネーションの魅力
stars同性愛の何がいけないのか。今をそう生きる人々を救っている、ハーヴィー・ミルクをはじめとした勇気ある人々
stars観やすかったです。
stars勇気付けられる一本

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


後輩が見たという話から映画を知りレンタルして鑑賞。78年に暗殺された同性愛者の政治家の人生を追った映画。マイノリティの人々を同時に救いながら40歳から政治家へと上り詰めていったミルクの生き方考え方が伝わってくる作品でした。
今でこそカミングアウトという言葉は知られていますが、この時代の圧力迫害というのはすごかったんだろうなと思いました。そんな中で彼は自分の生き方を肯定し、また仲間や他のマイノリティの人々を勇気付け生きていることを純粋に喜んでいるように感じました。
ホワイト氏のジレンマや嫉妬が印象的でした。ミルクが最初に言っていますが、同じ自分を偽る辛さを知っている人と彼を説明しています。言葉にはならない連帯を感じたのだと思います。でもそれはどこかで決定的に違っていて、ホワイト氏はそれが裏目の感情に出ていたのではないか、ミルク氏を恨めしいほどに羨ましく思っていることが感じられました。
ミルクを初めとするゲイの持つ雰囲気、団結の様子、恋愛などが新鮮に映った。分からない部分もあるし理解しようと思っても完全じゃないかもしれないけど、ミルク氏の生き方、独得の人への愛情は性別を超えて解るといいたい形でした。
どんな人にも愛情を持って接することを彼はどこで決心したんだろう。それは誰にも理解できない様々な葛藤と孤独があったんだろうなと思った映画でした。

モマの火星探検記

ファンタジー本
03 /03 2010
モマの火星探検記
モマの火星探検記
講談社 2009-10-09
売り上げランキング : 41682

おすすめ平均 star
star宇宙飛行士の毛利さんのファンタジーです

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


宇宙飛行士毛利さんが書いた子供向きのファンタジー、宇宙に行って来た人が書く宇宙探検の話しってどんなだろうと興味を持ち読みました。モマという宇宙に行って来た飛行士が子供の頃の自分(モマ)に向かい話し始めるところから物語が始まります。最初は展開がゆっくりですが、火星探査にゆくモマが出発するところから面白くなってきます。実際に宇宙に行って来た人の感性、感覚が伝わってきて、宇宙ってこんな感じがするのかなと思いながら読みました。

野口氏が宇宙に行ってから、強く宇宙に興味を持ち始めました。生まれ育った土地が同じだった飛行士でもあったことと、東京丸の内にあるジャクサのショールームによく遊びにゆくのがきっかけで、宇宙で日本人が何をみて何をしてきたのかがとても気になっていました。宇宙から見た地球の姿を知るのと同時にその視点にたった宇宙飛行士の感じた事を知りたいと思うようになりました。
この本はファンタジーという形をとりながら、真摯にちゃんと子供達に宇宙から見る地球の素晴らしさ美しさ貴重さを訴えていると思いました。

モマは毛利護さんの投影であることを意識しながら読むと面白かったです。まったくその通りではないのでしょうけど、宇宙に対する興味や関心の深さ、意思の強さなど他の物語には無い飛行士ならではの側面が分かる部分があります。
生き物が(人間が)生まれ生きてどこへ向かっているのか、素朴な質問に様々な視点から世界を捉え答えを導き出すモマの姿はそのまま毛利さんの考えなんだろうなと思いました。
作中には美しい自然の描写がたくさんでてきます。そして水の尊さ、土の素晴らしさなど生命の繋がりが理性を通りぬけて語られていてよかった。モマが宇宙船に持って行った音楽や本の題名や、連絡の取り方。無重力の感触、火星着陸の時の宇宙飛行士の様子などリアルに感じました。そしてその向うにある連綿と流れる命の感触を感じた気がしました。色んな事を感じ考えました。
そしてこんなことがいつかもしかしたらほんとに起きるかもしれないと思いました。

あとがきを読んでホルスト作曲「惑星」が聞きたくなりました。

早く家(うち)へ帰りたい

絵本・詩
03 /01 2010
早く家(うち)へ帰りたい
早く家(うち)へ帰りたい望月 通陽

偕成社 1995-12
売り上げランキング : 342750

おすすめ平均 star
star詩を読んだことの無い人に、是非読んでほしい。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


病院で息子の看病をしていたらこの詩集を思い出し、帰ってから読み直してみました。
この本、確か5年ぐらい前(それ以上かな)恵比寿ガーデンプレイスで行われた絵本カーニバルで紹介されてて思わず手に取り買ってしまったもの、病気の息子を想う父の気持ちを綴った切ない感情の溢れる詩集です。

腸の神経の大半がないという病気を持って生まれてきた息子の四歳になる直前になくなるまでの生活を綴った詩です。病院での出来事や、良くなって退院した家で感じた生活の素朴な喜びについて表現されています。子どもを持つ親として解ると言うのはおこがましいのですが、命を育てる感触、感情を読む度に新鮮に感じます。
この本が気になったのは心臓病でずっと入院していた弟の生活と重なる部分があって、買って手元においておいたのですが、こうやって人生の中で繰り返し開く詩集というのは、何度も同じ感情にめぐり合いながら成長してゆくことができるので嬉しいです。生きてゆくことの素晴らしさ、不思議、切なさを感じる一冊です。

向井千秋子ども記念科学館

美術館・博物館
03 /01 2010
ちょうどこの記事を書いている途中で息子が事故にあいました(汗)
一ヶ月遅れのお出かけ日記の更新です

1月24日(日曜日)
どこに行く予定もなかったのです、ふらりと以前から夫が気になっていたという科学館へでかけました。
群馬県館林市に向かう途中の車窓
aozora7.jpg
男体山が見えます。


cyagama4.jpg
ぶんぶく茶釜のある神社

mannho-ru5.jpg
マンホールも茶釜です(笑)


近くのうどん屋さんでお昼。
tamakama1.jpg

tanuki0.jpg

hakucyou9.jpg
もり陣というお店で、絹糸を練りこんだうどんが人気です。
美味しかったです♪

hikiya7.jpg
それから館林の歴史の森へゆき
旧上毛モスリン事務所を見学。昔のよき洋館の造りを楽しみました。
隣には田山花袋旧居がありましたが、修復中で見る事ができませんでした。

kagakukann8.jpg
それから向井千秋記念子ども科学館へゆきました。
プラネタリウムを見たり、天体望遠鏡で月を見たり、天文台で日中に輝くベガを見たりしました。天文台の望遠鏡には向井さんのサインが書かれていて感動しました。

kaikann3.jpg
帰り歴史の森を周ると県立つつじが岡第二公園内に素晴らしい木造の家を発見。
kaikann4.jpg
kaikann6.jpg
中に入ることはできなかったけど、久しぶりにいい木造平屋を見ました。

と、事故にあう前の一日でした(泣)
あのころはまだ…と思わないことはないけれど、事故をいい教訓として(たくさんの人に言われた)元気にまたお出かけしたいです。

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き