サイエンスドーム八王子

美術館・博物館
01 /31 2011
昨日は久しぶりに家族で八王子にあるサイエンスドーム八王子へ行きました。

hakubutu4251.jpg

寒そうな空が広がるなか行ってきました。


hatiroku4244.jpg
駐車場にはこんなサプライズ(?)が。昔の丸の内線(流星号)があります。
ryuusei4247.jpg
夫と子供は大喜び。

tetudou4250.jpg
私はここで上映されているプラネタリウム番組「銀河鉄道の夜」が観たくてきました。
KAGAYA製作の映像で、とっても好きで今回三回目です。ここまで追いかけて観に来ました。

午前中から入館して夕方まで一日楽しんできました。館内は狭くコンパクトにまとまっています。図書室や宇宙や科学に関する展示がそれぞれ工夫がこらしてあり、飽きることなく楽しむことができました。
上映作品の恐竜や銀河鉄道の夜の作者である宮澤賢治の紹介など、細かな配慮がされた展示で、どれも宇宙や科学を好きになってもらいたい、親しみを持ってもらいたいという館員さんの気持ちの伝わってくるものでした。
ジャクサの最新の情報や映像、はやぶさの説明などもあり(前回の番組がはやぶさだったようです。その番組も見たかった)丸の内のジャクサアイが閉館されてちょっと寂しくなっていたので嬉しかったです。

恐竜の番組と銀河鉄道の夜の二回、プラネタリウムを観ました。今まで一日に二回プラネタリウムを観たことはなかったのですが、夜空の説明が違っていて面白かったです。番組のないようにあわせた、分りやすい説明でした。
銀河鉄道の夜はもう説明するまでもなくよかったです。以前観た感動を必死に家族に伝えてから、家族で一度観たかったので、一家で見れてよかった(笑)。この番組はDVDにもなっていますが、是非プラネタリウムで観ていただきたい作品です。宮澤賢治が好きで星が好きな人ならお勧めです。

一日楽しんだ後、日帰り温泉に向かいました。秋川渓谷「瀬音の湯」コテージと地元の農産物が買える売所がありました。
温泉の入り口に向かい歩いていたら、野菜の売れ行きを見に来た農家のおじさんに「滝は行った?」と気軽に聞かれてしまいました。「いえ、行ってないんです」というと近くにある払沢の滝が20Mぐらい凍っていて見物だとのこと。「今週ぐらいは凍ってるからまたおいで」と言われました。これだけ凍っているのは珍しいそうで、興奮して話してくれるおじさんにお礼を言いました。なんだか観ないとそんな気分です(笑)今度は是非滝も観てみたいと思いました。

gohann4254.jpg
施設内にあるレストランで食事。
お子様御膳と鉄火丼。900円と同じ値段なのに手間が随分違う感じです(笑)
俺はお子様じゃない!と怒る息子を横目に久しぶりにお子様気分でお子様御膳を楽しみました。
「からあげ、食べてあげてもいいよ」という息子の誘いを断りつつ平らげ家路につきました。
スポンサーサイト

不都合な真実

DVD
01 /29 2011
不都合な真実 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]不都合な真実 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
デイビス・グッゲンハイム

パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン 2007-07-06
売り上げランキング : 15877

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


前から見たかった映画、図書館にあったので見てみました。内容は以前本を読んで知っていたので、それをなぞる感じでみました。レビューにもありましたが、何よりゴアさんのプレゼンのすごさうまさに唸りました。喋りや資料の提示はもとより、話す時の間や観客の気持ちを上手に汲み取り測り喋っている。映画もリズムよく観ている側(受けて側)に分りやすいよう吸収しやすいように作られている。分りやすすぎて戸惑うほどです。疑問も湧く余地がないほどの流れに逆に疑問が湧いてしまうのは、この映画を今になって観ているからなのかもしれません。
幾ら説明しても理解してもらえない、消費大国であることから抜け出せないと呟くゴアさんと細かく地球環境を説明している氏の対比が印象に残りました。

新型都電

鉄道
01 /28 2011
荒川線に新型都電が来て随分たちます。
初めは珍しかったのですが、いろんな色をよく見るようになってあまりありがたみ(?)がなくなってしまいました。
そんな私ですが夫と息子は休みに暇ができると喜んで車庫まで遊びに行きます。
撮った画像をなんとなくUP。天気など気にしてないのであまり良い画像ではありませんが…。

todenn0006.jpg
todenn0007.jpg
todenn0009.jpg

車庫の奥のほうに留まっている昔の都電のこの画像だけ、撮影者(夫)の熱意が違うように感じられるのは気のせいでしょうか。
todenn0008.jpg

カラフルな新型車両。
ごれんじゃーみたいで街を守ってくれそうで楽しいです。
春になって柵越しに薔薇が咲く頃には電車とともに華やかになりそうです。

性犯罪被害にあうということ

まじめな本
01 /28 2011
性犯罪被害にあうということ性犯罪被害にあうということ
小林 美佳

朝日新聞出版 2008-04-22
売り上げランキング : 5380

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ツィッターでRT(リツィート)されて提示されたコメントの中にいいとあったので読書しました。娘がテーブルにあった本を見て「有名だよね」と言いました。私も知っていたけど読むのをためらっていた一冊です。知りたいという気持ちと怖い気持ち(それがいけないと思うのだけど)正面を向いてとりくまなくてはと思いながらも後回しにしていた本でした。

結論からいうと、読んでよかった。被害にあったときのことを感情に流されずに告白し、その後のようすをできるだけ正確に気持ちに正直に綴った本だと思う。ただ本人も書いていたように「どこかで冷静に観察している自分」としてだけ書かれてはいないのかが心配。
そして気になったのが異性という問題。加害者もその後警察に行った時も、助けてくれた人も、この異性(男性)と関わってゆく様子が気になった。人間は二種類しかいなくて、自分が女だとすると異性は男になるわけで、生まれたときに自分で決められない性について、最近よく考えていたので、この本の中に出てくる男性が気になりました。

これ書くと変な感じなのですが、男の人って女性が他の男の人に性的ないやがらせ(いたずら)を受けたときに、結構冷静というか何もしない人が多い。気が付かないのかなとも思っていたのですが、この本の中で作者がその場面にあったとき一緒にいた男性が無反応であったことを書いているのが印象に残った。こういった感覚は女性はだれもが持っているのだなぁと(変な感想ですが)思った。
これが前はすごくいやだったんですが、多分これが男と女の違いなのかなと思い始めています。
男の人の根本的な勘違いもある。そういった無形の暴力の中に生きているのだなと改めて思った本でした。男の人だって女の人から受ける無形の暴力があると思う。これはもっと言いにくいのかもしれない。

淡々と書かれているけど、友達との関係やいつまで仲違いする親との関係を読んでいてそのすごさに感動した。そしてこんな言い方は変ですが励まされました。そしてその奥深くにある怒りをやり場のない憤りを感じました。

本を読んでいたら以前読んだこの本を思い出した。
大きな熊が来る前に、おやすみ。大きな熊が来る前に、おやすみ。
島本 理生

新潮社 2007-03
売り上げランキング : 225623

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


時々心的な苦痛を感じると吐き気がとまらなくなったり、極端に食欲が落ちたりします。去年アルバイト先で吐き気が始まって、そんな苦痛を感じる自分を責めていたので、この本を読んで救われた気がしたのかもしれません。

怪獣の名はなぜガギグゲゴなのか

まじめな本
01 /28 2011
怪獣の名はなぜガギグゲゴなのか (新潮新書)怪獣の名はなぜガギグゲゴなのか (新潮新書)
黒川 伊保子

新潮社 2004-07
売り上げランキング : 22028

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この間朝のFM放送で作者がでて紹介されていたので気になって読んでみました。テーブルの上においておいたら夫にも「どうしでガギグケゴなの?」と聞かれてしまった。気になる題名ですね。
ラジオでは、言葉の音によって人が受ける(与える)身体的作用の研究をしている作者の熱い語りが印象に残っていて、音を発するための言葉という視点から言葉を考えたことがなかったので、興味がわきました。

P(ぱぴぷぺぽ)とK(かきくけこ)を発するときの口の中の違いが、発する人もその言葉を聞いた人も心境に僅かながら変化がもたらされるというのは、実感できるしとても面白いなと思いました。

言葉のもつ音に対する考え(哲学)がよく分かる本でした。作者のように音が全てではないと私は考えていますが、穏やかな話かたや文章は聞いていても読んでいてもいいものです。言葉の持つ意味や音程、音域まで考えて話すということを考えた一冊です。
ただ発送が観念的すぎて意味を受け取るのが難しい部分があった。自分の感覚を信じつつも相手の感情を感じ取って話してゆくのがいいのだろうなと思いました。

クレアモントホテル

現代小説
01 /24 2011
クレアモントホテル (集英社文庫)クレアモントホテル (集英社文庫)
エリザベス・テイラー 最所 篤子

集英社 2010-10-20
売り上げランキング : 48857

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


去年岩波ホールで予告をみていいなぁと思っていたので原作本を読書。
イギリスロンドンで安い(お年寄りばかり住む)ホテルに泊まるおばあさんパルフリー夫人が主人公。道で転んだのを助けてもらったのをきっかけに作家希望の青年ルドと知り合う。恋心をよせるが、もちろんルドはただのおばあさんだと思っている。けど…というお話。

ロマンスがあるのかなと思ったら、激しい恋というのではなく、日常の中のささやかな心の通じ合う瞬間を描いています。読んでいると見落としてしまうほどの穏やかでささやかな心の交流。クレアモントホテルの人たちも、おせっかいでうるさいけど、年老いた哀しみを抱いて生きてる。ホテルに暮らすことの軽やかさが寂しい年齢の人たちの中でパルフリー夫人は自分をもって、しかし時に感性を揺らしながらすごしてゆく。この微妙な心の揺れを描いているところが素晴らしかった。長く生きてきたものにしか分らない退屈さ、身体が自由にならない憂鬱と、過去を振り替えりながらも後悔していないところがいい。

作者の遺作となったという解説を読んで、作者の気持ちが優しく伝わってくる読後感でした。

100かいだてのいえのひみつ

美術館・博物館
01 /23 2011
昨日息子と「100かいだてのいえのひみつ」を観に吉祥寺美術館へ行ってきました。
先週に行こうと考えていたのですが、寒くて外に出られなかったので、今週いけたらなぁと思っていたら、出版社から息子の名前あてに招待状が届き、彼が大喜びし寒さも出られないほどではなくなったので出かけてみました。

100かいだてのいえ100かいだてのいえ
岩井 俊雄

偕成社 2008-05
売り上げランキング : 3062

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この絵本を買ったときに葉書がついていました。家の中を書いて送るようになっていたので息子が書いて送ったら、その後何回かお礼の葉書がきて、いっしょに読んで楽しんでいたので、再び招待状が届いて息子は大喜びでした。

pane226.jpg

会場内に息子が出した葉書が展示されていてちょっと(かなり)嬉しかったようです。ネットで見せたりもしてたのですが、展覧会に一緒に並んでいると自分が参加した実感がわくようで、にやにやしながら「俺のがあった」と喜んでいました。
会場内には絵本の製作過程やいわいさんのいえの遊び、子供の頃の創作ノートなどが展示してあります。

以前TVでお子さんと一緒におもちゃを作る場面を見たのですが、親が(大人が)じっくりと子供と何か(子供のためのおもちゃ)を作るという行為に感動しました。なかなかこれができそうでできない。時間がないというのは大人の言い訳でいつも一緒にいるのにしてあげられないなぁと思っています。
そのとき紹介されていたリベットでの遊び、100円ショップで似たのを求めてやってみたのですが、これも紙の素材や金具との関係がむつかしく、できそうでできませんでした。一から物を作るという難しさ、用意されたものを作ることの容易さを実感しました。
美術館にリベットが売られていたので買ってみました。さっそく家でやってみたいと思います。


いわいさんちのリベットくんいわいさんちのリベットくん
岩井 俊雄

紀伊國屋書店 2007-07
売り上げランキング : 308153

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



tenori227.jpg
色んな会場で見ながら触ることのできなかったテノリオンが展示されていたので、たくさん触って楽しみました。難しいけど楽しかった。

他に版画家の浜口陽三記念室があり作品と版画の作り方や原版などが観られて面白かった。浜口氏の版画はいつみても静かで美しくどんなふうに作ったのか気になっていたので版などが観られてよかったです。
萩原英雄記念室もありました。山と空の色合いが印象に残る版画でした。



yoro230.jpg
建物を出るとニョロニョロの看板が…ムーミンスタンドがありました。
myorro229.jpg
ミックスベリーというドリンク。380円
ニョロニョロのたねが入っています。

黒いおおきめのタピオカのような”たね”が入ってます。
息子とたね美味しいねといいながら食べました。
ニョロニョロのかざりがストローについてます。

お昼を食べて井の頭公園に移動
自然文化園で100かいだてのいえに関連した企画展があるというので足をのばしてみました。

kenna35.jpg

kan233.jpg
本園の資料館の入り口にたれまくがありました。

ちか100かいだてのいえ
ちか100かいだてのいえいわいとしお

偕成社 2009-11-11
売り上げランキング : 4333


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


100かいだてのいえ、ちか100かいだてのいえに出てくる動物や昆虫が紹介されています。ねずみやてんとうむし、蜂や蛇がいました。息子は楽しそうに絵本と見比べながら中をのぞいたりめくったりしていました。

絵本を作るときに参考にしたという園内を回りながら子供と創作の過程について話したり、鳥や動物に感動したりしました。
特に資料館で同時に開催されていた園長さんの部屋に展示されてたオオコノハズクがかわいかったです。初め剥製と思って気が付かなかったんだけど、本物が展示室の片隅でじっと会場内を見てるのです。昼間は大人しいといわれても何かを深く考えているように見えました。「かわいい~」「えっほんもの!」「動いてるよ」という私たち人間を達観した目で見渡しておりました。ちっちゃい茶色の木の葉に似た毛のふくろうで、時々瞬きしたりウインクしたりするのがかわいかった。

自由な発想と人を楽しませる展示は「100かいだてのいえのひみつ」と同じで楽しかったです。
遊園地で遊び、鹿の鳴き声を聞いたり、象を見たり猿を眺めたりして帰ってきました。
楽しい一日でした。

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1

映画
01 /20 2011
三回目観てきました。
実は公開日とその翌日立て続けに近所のシネコンで二回観て、新年明けてから先日今度は大きなスクリーンで観てきました。
目的はもちろん!アラン・リックマンです(笑)。今回登場は最初の方でしたが、素晴らしい存在感をかもしておられました。次で最後です。惜しみながら待ちたいと思います。

今回三回目を観てやっと全体を把握できるようになりました。初見ではどうしても原作のイメージが強く、その差が気になってしまったのですが、今回三回目にして映画「ハリー・ポッター」の視点が自分の中で定まりました。指輪物語など他のファンタジーと違ってこのシリーズは監督が変ったり物語のディテールが変化したりと戸惑うことが多かったのですが、原作とは又違った意味合いで楽しめる作品です。
特に今回では多くのつっこみというか物語を広げる箇所が出てきていて、DVDで繰り返し楽しめるつくりとなっています。DVD待ち遠しいです。そしてパート2も待ち遠しいです。

犬と猫と人間と

まじめな本
01 /18 2011
犬と猫と人間と犬と猫と人間と
飯田基晴

太郎次郎社エディタス 2010-09-29
売り上げランキング : 30118

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


DVDを観る前に読書しました。
映画が作られるまでのいきさつと、撮影の様子、途中中止しなくてはならなくなった出来事や、犬のしつけの様子、監督自身のいきさつなど、映像では盛り込めなかった事柄が語られています。
映画製作の依頼から始まるこの映画、監督が戸惑いながらも社会の現実を見据え自分なりの視点で問題を追っていく様子は文字で読んでもその大変さと苦労が伝わってきました。

前作のドキュメンタリーも観てみたくなった。そのまえにこの映画を観ます。
去年の暮れに出版されたので映画が公開された当時の様子や、その後も書かれていてよかった。

絶望はいつでもできるという監督のつぶやきに、望みを感じた。人という生き物の業、責任も考えた。ペットとして飼いはじめた動物のことをもっと広い範囲で見ていきたいと感じさせてくれた一冊です。

クリスマス物語

ファンタジー本
01 /12 2011
クリスマス物語クリスマス物語
マルコ・レイノ 佐竹 美保 末延 弘子

講談社 2010-11-02
売り上げランキング : 280365

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


クリスマスの物語。年末に図書館で借りてやっと読むことができました。良かった。フィンランド作家の書いたクリスマスのお話。24章からなっていて12月に入ったら一章づつ読むといいです。子供に夜読み聞かせるのにぴったりなお話。ニコラス少年の一生の話し。物語をたどりながら深々とした気持ちになってゆきます。
実は読みながら何度も泣いてしまいました。ニコラスの運命とそれに負けず宿命を全うする姿に胸が熱くなりました。
どんなときも真っ直ぐに真摯に生きようとする姿を通してフィンランドの人の性格気質を感じた一冊。

宗教色は薄く人としてどう生きるか生きていくべきかと、幸せを問うこの物語は日本の私たちになじみやすいと思いました。
ともすれば何かしてもらうことばかり考えてしまうこの頃ですが、人に与える喜び、つくした後にくる大きな贈り物を忘れてはいけないなと思いました。

この表紙のニコラスがいいです。読み進むうちにこの場面に何度も胸をうたれました。挿絵も素晴らしかった。

ヒックとドラゴン

DVD
01 /11 2011
ヒックとドラゴン ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]ヒックとドラゴン ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]

パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン 2010-12-17
売り上げランキング : 208

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


すごいいいと言われていて、映画館で観たかったのですが、観れなくてDVDで鑑賞。
よかった。レビュー読んだらもう感想書かなくてもいいかなと思うくらい絶賛されてますので、是非レビュー読んでみてください。

流れや全体のトーン、作りこみ方どれもよかったです。
私は特にラストが好きです。ひよわなヒックが自分を見つけ仲間を見つけ、自分の居場所を見つける話。元気が出る映画です。
繰り返し観ながらストーリーの他に個性的なドラゴンも楽しんでいます。

最近見たもの

にっき
01 /07 2011
書きにこよう書きにこようと思いつつ書けずにいます。
最近見たもの、面白かったものをメモ。

シャッター アイランド  [DVD]シャッター アイランド [DVD]

パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン 2010-09-10
売り上げランキング : 5003

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




10日まで行われている山口晃展にも行ってきました。

山口晃作品集山口晃作品集
山口 晃

東京大学出版会 2004-10
売り上げランキング : 26889

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


すゞしろ日記すゞしろ日記
山口 晃

羽鳥書店 2009-08
売り上げランキング : 10663

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


出口でかったこのエッセイとても面白かった。展覧会も楽しかったです。夫と息子と行ったのですが、この男性陣が特に楽しそうだった(笑)。

連休明けには時間がとれそうです。又来ます。

はやぶさ、そうまでして君は

科学
01 /05 2011
〜生みの親がはじめて明かすプロジェクト秘話はやぶさ、そうまでして君は〜生みの親がはじめて明かすプロジェクト秘話
川口 淳一郎

宝島社 2010-12-10
売り上げランキング : 267

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


去年の暮れ、ジャクサいiに行った時、丸善にたくさん並んでいた本。総指揮をした川口さんのはやぶさに対する重いが詰まった本、読んでみました。
イトカワや科学の本ははやぶさが飛んでいるとき何冊か読んだのですが、宇宙科学の本というか歴史というか、事実が並んでいる感じでそこにこめられた想いというのがうまく伝わってきませんでした。感情が先になって読むほうなので、私がうまく読めていなかったと思います。こういった理系の人の文章ってほんとはすっごくほっとなのに冷静に書いてあるというか冷静な人なんだからそうなんだろうけど、その冷静の先にあるものをつい知りたくなってしまうので、この本はまさしくはやぶさに対する全ての人のほっとな気持ちがこめられている本だと思いました。

このはやぶさが消えていく映像は何度観てもほろりとします。命を賭してまでカプセルを落としにくるはやぶさの祈りとも願いとも思える手がのびて消えてゆくように私は見えました。

プロジェクトに対する想い願い、そして希望を感じる一冊です。はやぶさという名前一つにも色んな想いがあることを改めて知りました。
高い目標をもつこと、リスクを選ぶこと、希望を持つことが人類にとって人の毎日の生活にとってどれだけ大切で必要なことであるかを学びました。

人間はここまで理性で考え、そして感性で物事を進められる生き物なんだなぁと感動しました。

おめでとうございます

にっき
01 /01 2011
akeome.jpg

新年あけましたね。おめでとうございます。
そうでない方はすみません。
良い一年になりますよう、心からお祈りいたします。

年末すっかりご無沙汰してしまいました。
今年はもう少し記事を書けたらと思ってます。
以前にように一ヶ月に20も30も記事を書くことも少なくなりました。
読んだ本を片っ端から載せていたのですが、今は残しておきたいものになってしまいました。
しかし今年はまた新しい目標を掲げがんばりたいとも思っています。
少しづつですが前に進めたらと願いつつ、今年を始めたいと思います。

今年も宜しくお願いいたします。

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き