月の街 山の街

ほのぼの本
06 /25 2011
月の街 山の街月の街 山の街
イ・チョルファン 草なぎ 剛

ワニブックス 2011-02-04
売り上げランキング : 9803

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


以前TVで観て予約していた本が来たので読書。人気があって順番がまわってくるのが遅くなりました。草薙氏が訳した韓国の小説。月の街山の街といわれる貧しい人の住む場所でじっさいにあった話しをまとめたもの。一話が数ページしかないので読みやすく、話しを渡って読んでいくようですいすい読める本。
最初の話を読んだ時は『一杯のかけそば』っぽい話しだなと思いました。
色々な苦労をしながら必死に生きてゆく人達、家族の話。短い話の中にほろりとさせる作品が多かったです。

お話しの最後に小さな格言(のようなもの)が書かれているのがよかった。誰の心にもひとつぐらいは、真昼にも輝く星の光がある、とか。愛には足が付いていないから抱きしめてやらなくてはならない、とか。世界で一番強くい一番幸せな人は、愛に溢れた人である、など。話しの最後にはっとさせられる一文があるところがよかったです。
この本の中で一番気に入った話しは「蛍の光」「父の涙」「雪だるまの赤ちゃん」そして「優先席」でした。
「優先席」は席に座った女の人が老人に席をゆずれない話し。その理由は…私が何度も身近に感じたことのある理由でした。

街中や人の多いところで生活していると、人を思いやる気持ちとゆとりがなくなってしまいます。ほんの僅かな時間でも少しの思いやりでもあれば違うのに、それができなくなってしまった今の社会が寂しくなってしまった読書でした。お金も大切だけど気持ちも大切だと思い出させてくれる一冊。
スポンサーサイト

アンストッパブル

DVD
06 /25 2011
アンストッパブル ブルーレイ&DVDセット〔初回生産限定〕 [Blu-ray]
アンストッパブル ブルーレイ&DVDセット〔初回生産限定〕 [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2011-04-27
売り上げランキング : 1077


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


アメリカの鉄道が大好きな夫と息子が楽しみにしていた映画をレンタルしました。
じっさいにあった、暴走した貨物列車を止める話し。テンポがよく最後まで鉄道がよく分からなくても楽しめる映画でした。
アメリカの4500トンという機関車が止まらないという恐怖。800メートルも貨車を積んで速度を落とさず走る怖さを夫に教わりながら楽しみました。
アメリカの鉄道会社事情と、操車場や工場に萌えていた夫を眺めながら普通に楽しんだ映画でした(笑)

秘密―トップ・シークレット

マンガ
06 /24 2011
秘密―トップ・シークレット (1) (Jets comics (234))
秘密―トップ・シークレット (1) (Jets comics (234))清水 玲子

白泉社 2001-12
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


秘密―トップ・シークレット (5) (JETS COMICS (4535))
秘密―トップ・シークレット (5) (JETS COMICS (4535))清水 玲子

白泉社 2008-07-29
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


一巻から五巻まで読みました。
昔二巻ぐらいまで図書館で借りて読んで、それからまた五巻まで借りて読んだ。9巻まで出ているそうで、全部欲しくなった(笑)
以前読んだときは展開の先が読めなくて、特に感想はなかったんだけど、五巻いいですね(遅いですか)女性の三好先生とのやりとりがとてもいいです。
薪氏のあの食い下がり方はたしかにきついです。そして青木氏の反応もいい。ぎらぎらした人間関係の展開がいいです。
娘も続きが読みたいと言っております。



乙嫁語り(3) (ビームコミックス)
乙嫁語り(3) (ビームコミックス)森 薫

エンターブレイン 2011-06-15
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


これも一緒に読書。娘が新刊を買ってきてくれました。イギリス人ヘンリー・スミスとタラスとの話しが主。なんとも切ない話しなのですが、この人の書く物語って男社会のなかの女の話しという印象がある。圧迫や差別という言葉をあまり感じさせずに、女性がたくましく必死に生きてゆく姿を描いているとおもう。そこに私はリアリティを感じているとおもう。

最近娘が色々薦めてくれる。成長したなぁ。

いわたくんちのおばあちゃん

まじめな本
06 /21 2011
いわたくんちのおばあちゃん
いわたくんちのおばあちゃん天野 夏美 はまの ゆか

主婦の友社 2006-08-01
売り上げランキング : 201707


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


小4の子が教科書で習っているお話し。音読の宿題を隣で聞いていると、毎回泣きそうになってしまいます。原爆にあい、一人になってしまったおばあちゃんの実話に基づいたお話し。
いわたくんのおばあちゃんはどうしても写真を撮らせてくれません。それはたった一つの家族写真を大切にしているから、なぜならそこに写っている写真で生きているのはおばあちゃんだけなのです。

若かったころのおばあちゃん。そして幸せに家族と共にくらしていたおばあちゃんの家の上にひとつ爆弾が落ちます。おばあちゃんの口から語られる原爆の風景。子供の口調で聞くとより悲しくなります。何の罪もなくひとりぼっちになったいわたくんのおばあちゃんの心情を思うとき、平和とはなにか、心の平安とはなにかを考えさせてくれます。
日曜日にNHKで沖縄のドキュメンタリーを見ました。戦争は絶対にだめだという体験者の言葉が何度もよみがえります。
原爆ドームという言葉を始めて知った息子。少しずつでも伝えてゆきたいと思いました。

読み終えた後に、どうしていわたくんのおばあちゃんは写真を撮られるのがいやなのだろう、どんな気持ちでいるのだろう、と皆で話しあいました。答えの数だけ真実があるように思えました。

コレクション展 1960-2000年代のファッション サンローランからガリアーノ、マックイーンまで

美術館・博物館
06 /21 2011
renga118.jpg
こんなレンガの道を通って駅にもどり

神戸ファッション美術館
コレクション展 1960-2000年代のファッション サンローランからガリアーノ、マックイーンまで
を観てきました。

fua136.jpg
神戸フアッション美術館の入っているビルはこんな面白い形をしていました。
円盤状のところはホールだったようです。ちょっと入ってみたかったです。


iriguti38.jpg

iriguti139.jpg
入り口はこんなかんじ

続きを読む

クク氏の結婚、キキ夫人の幸福

現代小説
06 /21 2011
クク氏の結婚、キキ夫人の幸福
クク氏の結婚、キキ夫人の幸福佐野 洋子

朝日新聞出版 2009-10-07
売り上げランキング : 92571


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


本に埋もれて暮らしたい (桜庭一樹読書日記)
本に埋もれて暮らしたい (桜庭一樹読書日記)桜庭 一樹

東京創元社 2011-01-27
売り上げランキング : 136595


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


で紹介されていたので読書。恋愛のどろどろが描かれているとあったのでどきどきしたのですが、大丈夫(?)でした。実生活で経験されたのかも…と思わせるような内容がまたどきどきしますが、ずっと後になって出版されたのでそんなどきどきも遠くに感じながら見られる感じでしょうか。
この小説が出た91年ごろ、当時の旦那さんである詩人の小さな講演会に行ったことがあります。新婚だった氏を何も知らなかった私はどきどきしてみていたわけで。そんな過去の自分を思い出したりしながら読みました。
生々しい嫉妬や恋愛、愛のありかたを改めて考えてしまった。

P59にキキ氏がセーターのボタンを外すあつかましさが、村上春樹の小説の少年のように思えてキキ夫人は当惑する、とある。この小説とはどれだろうと調べてみると、海辺のカフカは2002年に出版されているので、この小説を書いた1992年では読むことができません。長編は羊シリーズが終わった頃で、国境の西、太陽の東が1992年の10月なので、短編のことをいうのかなと思いました。短編で少年がでてくるもの…ということになるのかな。

作者独特の筆致で、それはイラストともに合わさって独特の雰囲気でよかったです。今は冥福をお祈りします。

はだか―谷川俊太郎詩集
はだか―谷川俊太郎詩集谷川 俊太郎 佐野 洋子

筑摩書房 1988-07
売り上げランキング : 186692


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この詩集が好きだった。

おいしいコーヒーの真実

DVD
06 /20 2011
おいしいコーヒーの真実 [DVD]
おいしいコーヒーの真実 [DVD]
アップリンク 2008-12-05
売り上げランキング : 9081


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


見たかったこっちもDVDで鑑賞。インスタントが苦手なのでコーヒー粉を買うのですが安いものを探すと驚くほど安い物があって、同じ粉なのにどうしてだろうと思っていました。悪い粉ってことなんだろうけど、コーヒーで悪い粉ってどういうことなんだろうという素朴な疑問があって、ファーストフードのコーヒーの値段、コーヒーショップの値段、どこが違うんだろうとか、コーヒーショップの売り方にも疑問がわいていて、そこらへんの答えはこれにあるのだろうなと思いながら見ました。
この映画が公開された頃から聞かれるようになったフェアトレード。こういうことなのかと腑に落ちました。理屈では分かっていたけど、コーヒー農家の側から見る国や世界のありように、改めて驚きました。
仕方ないことなんてないと思っていながら何もできない、しない生活。このコーヒー農家の人たちの暮らしはどこか今の私達に似ていて怖くなった。
知らない側と知る側、雇われる側と雇う側それぞれの利害とエゴと社会のありかたについて考えた映画でした。

神戸・大阪旅行 その2

にっき
06 /19 2011
それから、うろこの家に行きました。

urko15.jpg
中庭の豚はお金に恵まれるという意味らしく、鼻を撫ぜてお賽銭を置いてきました。

uroko079.jpg
この館、丘の上のほうにあり、細い道を登ってゆかないと着きません。
こんなところに建っていたのか疑問に思っていると、移築された住居で以前は海際に建っていたそうです。
ここに建っているとたしかに見晴らしはいいのですが、細くて急な坂の上よりも海を見るために建っていたということに納得しました。
この塔は後から追加で建てられた隣の塔。

uroko82.jpg
入り口にはステンドグラスが

続きを読む

いのちの食べかた

DVD
06 /17 2011
いのちの食べかた [DVD]
いのちの食べかた [DVD]
紀伊國屋書店 2008-11-29
売り上げランキング : 2392


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


以前から見たかったドキュメンタリーを見ました。普段食べている様々な食材のできる場所をひたすら撮影している映画。説明もなく登場している人の声もほとんどない静かな映画。動物も出てくるけど鳴き声はあまりなくて、機械音やベルトコンベアーの音が耳に残る。
たんたんと進む製造工程に、始め恐々見ていたのですがだんだんなれてしまう。そのなかで色んな疑問が出てくる。この人は何をしてるのかな?なんでヘッドフォンしてるのかな?植物や生き物をどのようにしようとしてるのかな、など、説明がないので疑問はそのまま頭の中に残り、色々想像しておいて、見終わってからパンフレットを読んだ。それからもう一度気になるシーンを観てみました。
この映画の場面をどう思うかで、感想が全く変わってしまうと思う。
どれも食というキーワードでくくられた場面は、ものすごく身近なのに遠くにみえる。岩塩を採る作業員と養鶏場で働く人と、夜中にキャベツ畑で収穫する人は皆同じ目的で働いているのに、どこか違う。食の多様性と進化を感じると同時に摂取することの生々しい生き物としての営みが全く変わっていないことを痛いほど理解した。
オートメーション化すればするほど、際立つ人間の生に生き物としての嫌悪感を抱いた。
こうまでして生きてることを忘れがちな(忘れていたい)生き物、傲慢だなと何度も思った。


いのちの食べかた (よりみちパン!セ)いのちの食べかた (よりみちパン!セ)
森 達也

理論社 2004-11-19
売り上げランキング : 10243

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

以前読んだこの本もパンフレットに紹介されていた。

本に埋もれて暮らしたい

ほのぼの本
06 /17 2011
本に埋もれて暮らしたい (桜庭一樹読書日記)本に埋もれて暮らしたい (桜庭一樹読書日記)
桜庭 一樹

東京創元社 2011-01-27
売り上げランキング : 66223

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


お友達に紹介してもらって旅行に持っていって読んだ本。
作家の読書日記、これでもかというくらいたくさんの本を読み感想を書きながら進む日常がつづられています。2009年7月から2010年7月までの日記とトワイライトの対談が収録されています。
読んでみたいなぁと思うのから、ディープだなぁと思うのまで、読んでいない本に思いをはせるのがたのしかった。本人も広く小説界を把握したいと言うとおり、多岐に渡る本の選択にうなりました。編集者との対話が主だったかな、小説家の毎日ってこうなのかなぁと思ったりしながら読みました。

読んでみたいなと思う本が何冊かあったので、機会があれば読んでみたい。
最後の対談でトワイライトの魅力に目覚めました(笑)トワイライトも見て読んでみたい~。

以前、
道徳という名の少年
道徳という名の少年桜庭 一樹

角川書店(角川グループパブリッシング) 2010-05-11
売り上げランキング : 107170


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


すごい題名だなぁと思って読んだことがあるけど、話の構成とか進みとか物語を知り尽くしてる印象があったので、作者が多読であることに納得した。

神戸・大阪旅行 その1

にっき
06 /14 2011
先週末、ふらっと一人旅をしてきました。
夜行バスで一泊四日(笑)
神戸大阪の旅です。


ekimae989.jpg
週末の関西はあいにくの雨でした。
喫茶店で朝ごはんを食べてる間に雨があがったので出発です。

ando28.jpg
それでもなんとか山のほうへ向かい歩いてゆくと安藤忠雄の作品が

eikoku02.jpg
まずは公開異人館の英国館(旧フセデック邸)へ行きました

続きを読む

忘れないよリトル・ジョッシュ

ティーンズ
06 /02 2011
忘れないよリトル・ジョッシュ (文研じゅべにーる)忘れないよリトル・ジョッシュ (文研じゅべにーる)
マイケル モーパーゴ 牧野 鈴子

文研出版 2010-12
売り上げランキング : 335727

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


課題図書の一冊。表紙と題名が印象的だったので読書。
2001年のイギリス、農場に住むベッキーはクリスマスに貰った日記帳に新年から日記をつけ始める。お父さんやお母さん、そして大切な家畜や犬、馬とごく平穏にくらしているが、ある日、口蹄疫が発生する。

実際にイギリスで流行った口蹄疫の様子を、少女の視点から追いかけている物語、フィクションだが作者が同じような体験をしていて、それを元に書かれたことが巻末に記されている。

かわいい馬のルビー、ウェールズ種の羊、まじめに仕事をするお父さん、がんこなお母さん。徐々に広がるウィルス。動物に愛情を持って接しているベッキーの一家にも、暗雲がたちこめます。やがて来る処分の通達に家族は悲しみにくれます。
家族同然にかわいがっていた家畜を失う悲しみは、全て理解てきないと思うけど、その辛さを想像することはできます。今まさにその被害にあっている人達がいる中で、この本が多くの人に読まれることを望みます。
どうして殺さなくてはならないの、というベッキーの言葉。お父さんの、私が悪い事をしたのでしょうか、という思い。仕方が無いでは片付けられない想いに寄り添う一冊。

愛するということ

まじめな本
06 /01 2011
愛するということ愛するということ
Erich Fromm エーリッヒ・フロム 鈴木 晶

紀伊國屋書店 1991-03-25
売り上げランキング : 931

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


原書は「愛の技術」難しくなく分かりやすく”愛”を身に着ける術を教えてくれます。
結婚して子供産んで(とりあえずは)健康に育ってくれて、自分の意見が言える年齢にまでなってくると、女として母として人間として、はたと思う時があります。ところで愛ってなんだろうと、恋愛とか親子とか親戚とか愛の種類はいっぱいあるのに、愛のイメージってあまり膨らんでいない。自分のいま置かれている立場はたぶん愛に一番近いのに、深く意識して考えたことがなかったので、考えていました。この本を読んで面白かった。
誰かからもらうもの、よりかかるものとして愛を考えているとちっとも先に進みません(笑)自分が自分で立つ決心と努力をしてから望むものであることを改めて感じました。

社会の中での愛、個人の愛、生き物としての愛、様々な愛についてフロムは解説し、多様な愛の個性の広がりについて説明しています。愛を身に着けるには一人になることと集中力、たゆまない努力と信念が必要なのは分かっているけど、どれも漠然としていてどうしていいのか分からないままでしたが、この本を読んでとっかかりのひとつが分かりました。
母性愛についての記述も面白かった。幼児期よりひとり立ちするときの母性愛の形が愛の終盤でもっとも難しいとある。これからこの難しい愛を修練しなくてはと思ったこのこのごろです。
隣人を愛せの意味の解釈がこの間読んだ「神的批評」とだぶっていて、読みながらリンクした。
愛を持つのは難しい現代社会でも、会社に勤めながら、生活しながら愛を持つことは可能だというフロムの最後の言葉に文字通り希望を感じつつ読み終えました。

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き