考えない練習

まじめな本
10 /29 2011
考えない練習
考えない練習小池 龍之介

小学館 2010-02-09
売り上げランキング : 562


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


本屋さんでみかけて気になっていた本を読書。
頭の中でぐるぐる考えてしまう”脳内ひきこもり”をなくし、自分の勝手な思い込みから生ずる過ちをみなおそうという本。自分を俯瞰して考える、自分から少し離れて物事を考えてみる、これらのことはいくら言われても自分からやろうという気がないと(また心構え)がないとできません。
その難しさに気がついた時、少しずつこれができるようになりました。

文章全体で説かれている仏教の教えも、コラムもいい。呼吸についての語りは役立ちました。私は小さい時から緊張が解けないタイプでいつも呼吸が浅くなって、身体もがちがちでした。最近、身体や心が留まっているなと感じた時は深呼吸してみることにしています。ちょっと疲れたな、とか、何かいらいらしているな、とか思い当たればそれはもう解決していることになります。周りが不愉快なのではなく、自分が不愉快になっている、不愉快だと思い込んでいると分かれば、少し楽に生きてゆけると思います。そのことにやっと気がついた最近です。

洗い物をしていて皿に残り物があってイライラしたとき、素直に家族に「残り物が多くて一生懸命作った私は悲しい」といいましょう、とありますが、これはちょっと難しい(笑)
自分の中で解決できることと他者との関わりはその時々に応じて微妙に違うと思うので、特に思春期の娘をかかえている我が家の場合、難しいです(笑)。

あと謙遜しすぎるのもいけないことを学びました。相手に自我を傷つけないような文章を書くという観点に気付いた。感情を入れず、ありのままを書く文章の書き方を教わった。

怒りたい時は怒ってもいい、悲しい時は悲しいといっていい、自分勝手ではなく、身体と心のバランスを考え自分を解放してゆくことが、本当の自由、生きることの楽しさなのだと改めて感じさせてくれた一冊です。

自分が自分であることは、相手を傷つけないことに繋が考えを新たにしました。
スポンサーサイト

ガリバー旅行記

DVD
10 /28 2011
ガリバー旅行記 [Blu-ray]
ガリバー旅行記 [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2011-12-14
売り上げランキング : 5252


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


家族で笑える映画がみたくて鑑賞。物語を思い出しながら見ました。CGとガリバーのおばかなところが面白いです。NYではさえない自分がリリパットでは大男として役に立つ。今まで自分をだめだと思っていたガリバーがそれによって自信をとりもどす。簡単なストーリーですが楽しんで観れました。子供達のほうがガリバーの話を詳細に知っていたのに驚いた。いつ読んだのだろう(笑)

僕たちは美しく生きていけるのだろうか。

ほのぼの本
10 /28 2011
僕たちは美しく生きていけるのだろうか。
僕たちは美しく生きていけるのだろうか。茂木 健一郎

幻冬舎 2011-09-08
売り上げランキング : 61800


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


題名に惹かれて読書。茂木さんは息子が大好きで、なぜかというとプロフェッショナルが好きだから(笑)今月からまた放送が始まり楽しんで見ています。
この人の本は以前に数冊読んだことがあって、科学(というか脳科学)の本だったのですが、これは女性の雑誌に連載されたコラムをまとめたもの。
バラエティに出演している科学者、という立ち位置から私は”そういう人”だとばかり思っていました。そういう人というのは、メディアに出て脳科学を広めることを目的とした人なのかと思っていたのですが、このエッセイのまえがきの文章を見て、もっと脳の研究の中に入っている人なのだと、思い読みすすむことにしました。

社会の色んな出来事、男と女、過去と未来、様々な角度から脳を通じて人間の生きることの謎に感性の面から迫っている本だと思いました。
特に気になったのは「いい女はネットでアクティヴにならない」何回も読んでしまいました。男の側から考える性差のくだりが本の中にいくつかあって、興味がわいた。これからの性差の超え方が書いてあると思う。
テレビでみている人がこんなにも感情を揺らして、くりかえし美しく生きる姿を悩んでいた。

確かに美しく生きることはバランスなのだと思う、でもその距離感や形は様々でまたどれが正解ということもない。そんな人間関係の中で自分にあう生き方を生きてゆけばいいのだと思った読書でした。

東京開港70周年フェスティバル

にっき
10 /26 2011
日曜日夫と息子が船の科学館周辺で行われた、「東京開港70周年フェスティバル」に行ってきました。

D109.jpg
日本丸です。帆船は美しいですね。

D118.jpg
甲板では椰子の実で床をみがく体験レッスンが行われていました。
お兄さんの指導をうけて床を磨く息子。指導してくださりありがとうございます。
毎日磨くのだそうです。主婦として見習いたいです(^^;。


D132.jpg
消防艇「みやこどり」

D136.jpg
放水場面

D153.jpg
消防艇(小さいの)

続きを読む

バイバイ、ブラックバード

現代小説
10 /22 2011
バイバイ、ブラックバード
バイバイ、ブラックバード伊坂 幸太郎

双葉社 2010-06-30
売り上げランキング : 19040


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


以前本屋さんで平積みされていて、気になっていた本を図書館でみたので読書。バスでどこか遠くに連れて行かれることになった星野くん、繭美という巨漢の女性と結婚するということで、つきあっていた五人の女性と分かれるという短編集。
どうやら連れて行かれる先はひどいところで、星野という男は借金か何かでその手先である繭美にあたまがあがらない。そして情けない。繭美の豪快な話しっぷりや仕草がだんだん愛嬌がでてくる。読んでいて面白く、さくさく読みました。が、途中からなぜか読み進まなくなってしまった。最後は、あんまりよくなかった。良さが分からなかった。
五つの短編の型が同じなのはよかったけど展開がマンネリなかんじがしてしまった。あまり予想外というのではなかったのが読み進めなかった原因になったよう。よさが分からなかったようです。

p48「想像力の豊かな奴は生き残れねえよ、いまどき。やりきれないことが多すぎる世の中なんだから、何にもかんがえないほうがいいさ。ー」

気がつくと繭美的な考え言葉になってた(笑)辞書をもちあるくなんて、重そうです(笑)

今夜の花電車

鉄道
10 /16 2011
花電車が走り始めてから毎週末、我が家の男性陣は落ち着きません。
昼となればでかけ、夜となればでかけます。
こんなにマメに働く二人を電車以外でみたいものです(笑)

夕食後「○時△分に××にくるから、そこにいるからね」と言い残し出かけようとする夫。「……私に来いということなの?」と聞いたら「いや、来たかったらくればいいよ、うん」と思わせぶりな言い方をするじゃありませんか。
「……そんなにいいわけ?」と聞きなおすと「いや、それほどでもないけどね」とわくわくしながらカメラバックを持って行ってしまいました。……そういわれると気になるじゃありませんか(笑)
今月で走行も終わってしまうし今のうちに見てこようと、後をついてゆきました。


T924.jpg

夜の花電車。とても綺麗でした。
でも一台はちょとさみしかったかな。三台ぐらいあるといいな。
線路脇で大人子供まじって皆でわくわく楽しんで見送った夜の花電車です。

サンシャイン水族館

美術館・博物館
10 /16 2011
用事で池袋に行ったので、ついでにサンシャイン水族館へ行ってみました。

T918.jpg
夏前に年間パスポートを買っておいたのを利用。混雑してるんだろうなぁと思っていたので、ざっと観てざっとかえるつもりで入館しました。
11時過ぎに行ったら思っていたよりも混雑なく10分ぐらいで入ることができました。
館内も比較的空いていたように思います。
大きな水槽に飼育員さんが入りえさをあげてるところ。
魚で飼育員さんが見えません。

親戚の子などがくるたびにちょくちょく入っていたので、同じ場所が綺麗に改修されていた嬉しかった。何度も行っている水族館や動物園って生き物に愛着がわきます。アロワナやペリカン、鰯に久しぶりーとか思ってしまいました。新しい生き物も増え、会場内も音楽が流れていたりしてムーディーな雰囲気でした。恋人ができたら一緒に来たい(夫ではないのか)。

空いているといっても、まだまだ混んでいる水族館。ちょうどショーの時間だったようです。外はこんな感じで混んでいました。
T920.jpg

お店やカフェも新しくなり、また来ようと思った見学でした。
プラネタリウムのプログラムが変わってしまい、それがちょっと残念。スターリーテイルズをまたここで観たいです。パスポート持ってると割引になるので、またやってくれないかなぁ近いうちに…とかも思ってしまったりしました。

傷ついた街  「○と-」

美術館・博物館
10 /15 2011
昨日、スパイラルガーデンに行き棚田康司展「○と-」(らせんとえんてい)を観て来ました。お昼前に久しぶりに行ったスパイラル、ここのトップライトから当たる午前の光の美しさを観て思い出しました。彫刻が綺麗に輝いてみえました。
二体の作品、<ナギ>と<ナミ>は横向きになっている男の子と女の子です。<導電少女>は薄い下着をきた少女で<風の少年>は細い糸を手に持った涼やかな少年の彫刻でした。くすのきを使った、風合いのある堀に、眼や唇が光ってみえるのが印象的でした。細いのに芯が感じられる少女、少年の彫刻は観ていて飽きませんでした。


それから国立近代美術館に行って常設展と「傷ついた街」レオ・ルビンファイン展に行きました。2001年九月に起きたアメリカ同時多発テロを目の当たりにみた作者が世界の各国を回り、その国の街の傷を生活する人を被写体としてとらえることによって、映し出そうとするものです。人間のアップの(またはその一部分の)写真には、何気ない生活の中に潜む心の傷、国の人間の歴史を感じることができました。ただそこにその国のその町に住む人が写っているだけなのに、そこには深い悲しみと後悔憤り、怒りを感じるのは、また自分もその人間の一人だからなのだと、見ながら思ったりしました。

最近なかなか時間とゆとりがなくて、ゆっくり美術館を観てまわることができません。思いきって昨日はえいっ!と外へ飛び出してみました。美術にふれぼんやりしている時間が、とても大切だなぁと思った一日でした。

クマのあたりまえ

ティーンズ
10 /15 2011
クマのあたりまえ (teens’ best selections)
クマのあたりまえ (teens’ best selections)魚住直子 植田真

ポプラ社 2011-08-02
売り上げランキング : 56124


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


植田氏の挿絵の魚住さんの本。それだけでわくわくして読みました。いろいろな生き物が主人公の短編集。かわいらしい、それでいて切ない命のお話です。
「べっぴんさん」、「アメンボリース」(アメンボの話)、朝の花火(蛇の話)、他「ひかる地平線」のライオンの話も、「クマのあたりまえ」もみんなよかった。魚住さんの辛らつででもやさしい、生命の輝きと闇の世界を楽しみました。

クマのあたりまえの最後の場面、おしりがふたつならんで消えてゆくというくだりがかわいかった。ライオンの軟弱で貧弱ででも生きてる感じもよかった。べっぴんさんの気高い美しさが終わるとき、蛇の対極にあるやさしさもよかったです。
お魚の話もよかった。ちょっとした命の瞬間、心の通う一瞬を閉じ込めたお話しでした。
植田さんの描く色んな動物と、カーテンもよかったです。この表紙のクマの絵、これがお話しの全てなんですよ。読んでみたくなりませんか(笑)

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。

DVD
10 /13 2011
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
アニプレックス 2011-06-29
売り上げランキング : 305


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


深夜に再放送をしていたので、まとめて録画してみてみました。このアニメの題名がずっと気になっていて、どんな話なのか知らないまま見てみました。
この花の名前をしらない、というくだりは、村上春樹の小説にあって、最後の場面で、僕はこの花の名前さえ知らないんだ、と思いながら去ってゆく(うまい表現ができないけどそんなかんじ)小説があって、「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」だとばかり思っていたんだけど、この間調べてみたらそうじゃなくて…とうろ覚えのままわたわたしつつ見ました。
そんなのとは全然違う話なのは分かっていたのですが、どうしてもこの題名を見ながら見ると特殊な喪失感を感じてしまいます。でもストーリーとしてはそう感じたまま見て正解だったのかな(汗)

最初は奇抜な設定だなぁと思いながらも、毎日ちょっとづつ見て、中間はちょっと中だるみした印象でしたが最後はよかった。展開が途中で想像から外れたのも個人的には面白かった(超平和バスターズの人ひとりひとりにめんまがやってくるのかと思ってました)。ところでこの超平和バスターズの意味がよく分からなかったんだけど、超平和をバスターするのかな(汗)。
子供の頃の新鮮な感覚感情を思い出したアニメでした。
EDがよかった。

日本人の知らない日本語

まじめな本
10 /13 2011
日本人の知らない日本語
日本人の知らない日本語蛇蔵&海野凪子

メディアファクトリー 2009-02-18
売り上げランキング : 748


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


日本人の知らない日本語2
日本人の知らない日本語2蛇蔵 海野凪子

メディアファクトリー 2010-02-19
売り上げランキング : 1159


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


読んでみたかったのが図書館にあったので読書。
日本語の先生がさまざまな困難(?)にあいながらもほのぼの日本語を教えてく姿がまんがになっています。娘が面白がって読んでいました。私も面白かったです。意外な違いや、言葉を介してでも意思の疎通の難しさを実感しました。
内容は思わず笑ってしまうのや、頷いてしまう話しが多くて面白かった。
私はよく東京のことを何でも知ってると思われてしまうんですが、そんなことはありません(汗)新宿や渋谷などは日々変化しているので、お店なんかはもう全然知りません。美味しいお店のひとつやふたつ知ってると思ってる人が多くて、夜の店なんて夫が飲まないので全然しらないんです。というようなことと同じようなかんじで、日本通と思われてる作者の奮闘ぶりが面白かったです。語学も地理も積極性が大事だとそんなことも学びました。

空声

マンガ
10 /11 2011
空声 (電撃コミックス)
空声 (電撃コミックス)こがわ みさき

アスキー・メディアワークス 2011-09-27
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


本屋さんで一目ぼれして買った本。
やわらかい感じなのに、しっかりした絵だなぁと思いながら読んだ。久しぶりにかわいいコミック読みました(笑)”気になる”と”好き”の間の、ほのあまいかんじがいい。最後の話ふたつは感じが違っててそれもまたよかった。トランペットの女の子の話しがよかったかな、つっぱしってる自分に急にいやけがさすところとかの感情の表現がよかった。すっごく気持ちよくペットを吹けるのに、感情を表現するのがへたな女の子、かわいいです。
最近雑念に惑わされずに素直に鑑賞できるものが好きになってます。小難しいのよりも、すぱんと気持ちよく表現されているものがいい。複雑なものにしか繊細な物が潜めないわけではないのです。

ふがいない僕は空を見た

現代小説
10 /10 2011
ふがいない僕は空を見た
ふがいない僕は空を見た窪 美澄

新潮社 2010-07
売り上げランキング : 2674


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この本を読んで号泣したと友人に聞いて、号泣したくて読んでみました。第8回「女による女のためのR‐18文学賞」大賞を受賞していると、読み終わってから知って最後が分かった。面白かった。読み始めるとどんどん進むのは、読みやすいからなのかな。すっと世界に入れるというのはよい小説なのだと思う。

「ミクマリ」は性の小説でその描写が続き、はじめはどきどきしながら読んだ。R18文学大賞の作品とは知らなかったので、ここからどうやって号泣になるのかと(笑)焦ったりもしました。
「世界ヲ覆フ蜘蛛ノ糸」「2035年のオーガズム」「セイダカワカダチソウの空」「受粉・花粉」と読むに連れて主人公が変わり性から生へと主題が変化してゆく。
「世界ヲー」tp「2035年のー」が特に面白かった。登場人物の総体がよく現されているというか人間の持つ正の部分、負の部分が納得できる形ででていた。

大雨の場面、出産の場面がよかった。特に最後の「受粉ー」の出産とお産についての考えがいい。お産は人の数ほどあって、それこそ様々な個性物語が潜んでいる。私は最初のお産の時に、怖がってうまく産むことができなかったけど、もうそこから子供との人生が始まっているんだと思うと、進んで産む気になれた。情けないほど弱くて強くて純粋で汚い人間の、それでもよいところ、神様がいるなら神様が愛して下さっている部分がこの小説にはでているのかなと思ったりした。

p200 本当に伝えたいことは、いつだってほんの少しで、しかも、大声でなくても、言葉でなくても伝わるのだ、と気付いたのは、つい最近のことだ。

最後、卓己が手水舎の横に体育座りをしている全ての理由がこの一冊に入っている気がした。号泣はしなかったけど(汗)多分女性に分かる腑の落ち方だと思う。

狼は帰らず―アルピニスト・森田勝の生と死

まじめな本
10 /10 2011
狼は帰らず―アルピニスト・森田勝の生と死 (yama‐kei classics)
狼は帰らず―アルピニスト・森田勝の生と死 (yama‐kei classics)佐瀬 稔

山と溪谷社 2000-11-01
売り上げランキング : 463028


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


海街diary 4 (flowers コミックス)
海街diary 4 (flowers コミックス)吉田 秋生

小学館 2011-08-10
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

を読んで登山の話しが出てくるので、夫に「面白い登山の本はない?」と聞いたらこれを出してくれた。
夫は登山家の本をここ暫く読んでいて、面白そうに読むので全然ジャンルは違うんだけど聞いて読んでみました。

登山家の経験って平地に暮らしている者にとっては未知で、怖いけど知りたいもののひとつです。きっとその苦労や経験は絶対に理解できなんだけど、山があって登る人の話はとても魅力的です。

森田さんはうちのすぐ近くで生まれ、10歳の時に肺炎で母をなくし貧しい生活をして大きくなりました。そんな彼がひたすら山に登ることを望み、全てをなげうって登山にのめりこみます。純粋とも子供のままともとれるその行為に、周りのひとは怒ったり笑ったりしながらもやがて惹きつけられていく。そんな森田さんの魅力が伝わってきました。女には分からないなにかが山にはあるんだなぁと思った一冊です。

作者の森田氏に対する距離感もよかった。読んでいて、近すぎず離れすぎず人間観察している。それが敬意と愛情に裏打ちされているので安心感をもって読書できた。

あとがきに「ぼくはK2にくることができて、ほんとうにしあわせだ」と言う森田氏に、攻撃的で痛ましいほどの幸福感だ、と、述べているところがすごいとおもった。今の幸福感とは真逆な、すごく惹かれる感覚です。

足立花火大会

にっき
10 /08 2011
夕方足立の花火大会に行ってきました。
毎年夏の初め七月の下旬に行われる花火大会が、一度見送られたのですが、十月に行われることになり、息子と夫と三人で川原まで見に行きました。

十月ともなるとちょっと寒くてジャンパーと、簡単に作った弁当を持ってゴザをひいて待っていると、懐かしいアナウンサーの声と共に花火が打ちあがりました。

T905.jpg
打ちあがって空を見上げ、一年三ヶ月ぶりの花火をみると、やっぱりいいなぁとしみじみ思いました。
地震があったのはちょうど近隣の区長選・区議会選があった頃で、あちこちで選挙受付のアルバイトをしていた私は、アルバイトしている人と、すごかったね、大変だったね、と話していました。花火大会が中止になったのを聞いて、仕方ないなぁと思っていたのですが、やがて十月に行われると知り、ちょっと想像できなかったのですが、今夜花火をみてやっぱりいいなぁと思いました。

スマイルやハートのマークの花火がたくさん上がって、子供達は大喜びしていました。こんなふうに子供達の笑い声を聞いているだけでも、慰められている自分と、場所性を感じ改めて生きてることのすごさ素晴しさを感じました。
結婚して十五年以上たち、毎年見てきた花火が今年も行われたことがとても嬉しく、心強く感じました。
特に花火の華やかではじけるところが力をもらえる感じがしました。

T903.jpg

火薬の爆ぜる音を聞きながらもう一回夏がきそうな心持になった秋の始まりです。

ロビン・フッド

DVD
10 /06 2011
ロビン・フッド [DVD]
ロビン・フッド [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル 2011-11-23
売り上げランキング : 2385


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


前から観たかった映画を見ました。引き込まれる話の展開で、あと中世のイギリスらしさというのかな、ケルト十字や森の風景などがあってよかった。白馬の丘もちらっと見えて、あれは本物なのかな、現地で撮影したのかなと思ったりしながらみました。

ロビン・フッドが何故森で生活しなければならなくなったかが語られている物語、主人公のロビンの魅力がよく伝わってくる映画でした。ブランシェットのマリアンも魅力的でした。この監督のほかの作品もみてみたくなりました。

ケルトの白馬
ケルトの白馬ローズマリ サトクリフ Rosemary Sutcliff 灰島 かり

ほるぷ出版 2000-12
売り上げランキング : 32421


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


こうやってみると違うかな…ディレクターズカット版を見てみたい。

男の絆 明治の学生からボーイズ・ラブまで

まじめな本
10 /02 2011
男の絆 明治の学生からボーイズ・ラブまで (双書Zero)
男の絆 明治の学生からボーイズ・ラブまで (双書Zero)前川 直哉

筑摩書房 2011-05-27
売り上げランキング : 80114


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


新聞の書評で読んで面白そうだったので読んでみました。明治時代の学生から今の腐女子と呼ばれる女の子達の読むBLまで、男同士の関係を提示しそれがジェンダーの問題までいきつくところを書いている。
はじめ興味本位で読み始めたのだけれど、同性愛よりも社会と性の関係のほうが興味を持ちました。

社会には色んな差別があって、その中のひとつに性差があって、”男は会社で働き女は家庭を守ってろ”という価値観がごく最近できたことに驚いた。社会に出ると女は必ずこの無言の差別を受ける。作者が就職に悩む女の学生が「数年したら結婚してやめなくちゃならないし…」とつぶやいたのを聞いてショックを受けるが、これは女の人は普通に考えてること。ある程度の年齢になると『結婚もしないで長居しやがって』的な視線を浴びるのも普通のことであるのを、結構男の人は実感していないのだなと思ったりしました。
でも男の人も結構大変なのだなと、この本を読んで思った。腐女子の人たちの話を聞いていると、BLの世界は完全にファンタジーと割り切っている人が多い。でもそれは傍から見ると差別ではないのかと思ったりしてたので、男同士の関係の提示を男の側から語られ腑に落ちたりした。
この間TV見てて、年上の女の人が若い男の人に「イケメンね」と言っているのを見て、セクシャルハラスメントではないかと感じた。女の人は誉め言葉で言ったのだろうけど、角度を変えてみると違ったものにみえる。
そんなふうに様々な個性があり差別があり、それをどうとらえるか、なくしてゆくかをこの本はいっているのだとおもう。重要なのはコミニュケーション、人との関係、文字通り絆なんだなと思った一冊でした。

前半から読みやすく、分かりやすい文章で、時々作者の心情が入っていて楽しく読んだ。特に後半が面白かった。あとがきがこんなに面白いと思った本は珍しい。歴史の研究の面白さを教えてもらったように感じた一冊でした。
娘に「萌え死ぬ~~!」って言う?って聞いたら、うんって答えた……腐女子は順調に育っているようです(汗)


ミルク [DVD]
ミルク [DVD]
ポニーキャニオン 2009-10-21
売り上げランキング : 20918


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ヘアスプレー [DVD]
ヘアスプレー [DVD]
角川映画 2009-06-19
売り上げランキング : 2366


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


紹介されてる映画

都営交通100周年 花電車

鉄道
10 /01 2011
D026.jpg

都民の日の今日、荒川車庫で花電車が出庫するイベントがありました。
さっそく夫と息子が出動しました(笑)

D029.jpg
いつもより大勢の人でにぎわったそうです。
100周年ということでバースディケーキなんですね。

D992_20111001203136.jpg

D050.jpg

D056.jpg
夜も出動…息子が撮ったものなのでちょっとぼけてます。
でも綺麗な感じがでてます。

昔の花電車を知っている夫は物足りみたいですが、いつもと違う電車が走るだけでもいいとおもうなぁ、ずっと普通に走ってほしいけど、今月は日曜日毎に走るそうなので、見れたらいいなぁと思ってます。

ボトル・ドリーム

DVD
10 /01 2011
ボトル・ドリーム カリフォルニアワインの奇跡 [DVD]
ボトル・ドリーム カリフォルニアワインの奇跡 [DVD]
トランスフォーマー 2011-07-02
売り上げランキング : 3430


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


自分の誕生日に自分で買ったDVD(笑)前から気になっていた映画で、日本で(やっと)発売されレンタルに無かったので買ってみました。
実際にあった事件(物語)を映画にしたもの、パリで行われるワインの品評会にカリフォルニアワインが優勝した顛末を描いています。
”ワインにかける情熱はアメリカも同じ”ということなのでしょうけど、そこにはヨーロッパへの揶揄的感情や、英国紳士の批評家の風変わりでおかしな(気取ってるの)を嫌がるアメリカ人独特の気質がでている。アメリカで人気になったというのも分かる気がしました。がさつで大雑把と思われがちなアメリカ人の繊細な部分が出ている映画なのだろうなと思った。
車のことはよく分からないのだけど、色んな昔のアメリカ車がでてきて、これも面白かった。

映画なので脚色されているのだろうけど、全てがうまくゆくというストーリーではないところがよかった。ワイン農家のお父さんと息子との葛藤(いらいらすると二人がボクシングするところがいい)息子は反抗しててもお父さんが心配で、お父さんもまた息子がどこかかわいいのが伝わってくるのがいい。そして批評家のアランがいい。このどうも胡散臭そうな、でも芯の通ってる男を演じるのがうまいです(笑)。ワインを飲むとき、フライドチキン食べる時、ディップを口にするとき、悪態をつくとき、人によって表情を帰るときのアランの演技がいいです。
さえないけどワインに対する情熱は誰よりも強い、そんな人がたくさんでてくる映画。
最後のアランの微妙な笑みが最高でした。脳内アラン表情リストに加わった笑みでした。

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。