下流志向──学ばない子どもたち、働かない若者たち

まじめな本
10 /25 2012
下流志向──学ばない子どもたち、働かない若者たち
下流志向──学ばない子どもたち、働かない若者たち内田 樹

講談社 2007-01-31
売り上げランキング : 108946


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


娘が現代文のテストで何度も出てきて気になってしかたないといっている本を読んでみました。
2007年に出版された2005年の講演をもとにした本で、読みやすく面白くどんどん読めました。
現代の子供は学びたがらない、学習することに価値を感じなくなっているというもので、そういえば娘も最近よく価値があるかないかということを口にしているなぁと思いながら読みました。
読んだ感想を娘に話それでまたもりあがったりして、家族での会話のねたにもなりました。

バブルあたりから子供を消費にまきこんできてるなと感じていたので、消費を先に覚えてしまった子供の未来というか弊害を実感しています。クリスマスや誕生日に欲しい物がないというのは幸せなことでもあり不幸なことでもあります。しかし子供をみていると、確かにお金がなくてもいきていけてしまう、という様子が分かります。
昔は欲しい物がたくさんあった、今の子供達もないわけではないのだけど、労働をしてまで買わなくても諦めることができる、むしろ自分から進んでなんくせつけてお金を使わないような場面もあって、私達の世代では考えられないようなことがおきています。

そうそう、私もつい「疲れた~」を朝から晩まで連呼してしまうのですが、これもやめなくては(^^;。でも疲れた~っていわないとどっと体が重くなってしまうんですもの。

続きを読む

スポンサーサイト

手から、手へ

絵本・詩
10 /23 2012
手から、手へ
手から、手へ池井 昌樹 植田 正治

集英社 2012-10-05
売り上げランキング : 2568


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


一目見て予感がして読書。正解でした(^^)谷川さんの詩の朗読を聞いてこの写真を思い浮かべ本にしたと企画構成の作者が語っている後書きは美しく素晴しいです。そしてもちろん、写真と詩も。私もきっと血にぬれたバトンをにぎって生きています。

今週のわたくし

にっき
10 /20 2012
先週の日記、書きながら”後でおもろい文章に思えるんだろうな”と考えてたけど、その通り、状況が(また)変わってます。移動は来月になりました。そして今週は殆ど残業でした。”5時半には帰れます”と派遣にも勤め先にも言われ確認して入ったんですが、”そんなの甘いんだよ!”レベルでした(^^;。その通りだな。それが現実です。けっして甘くみてたわけではないですよ、とほほ。
そしてちょっとづつ誰が何をしてるのかわかってきました。意地悪じゃないんだろうけど、教えてもらえないというのは辛いです。聞いたんですが、自分のスタンツからしか話をしないので、何がなにやら解らなかった。そして話の中に何が加味されてるのか分からなかったのですが、ちょっとわかってきました。そんなかんじです。
現代の人は人が何に困ってるか想像できないしないのではないのかと思いあたりました。お金にならないことは考えない企業人というのはこんなところに弊害が(いや弊害をもらっているのは私だけなので正確には何の害もないしそれが当たり前、っつーか派遣できたんだからそれくらい解れ!というところでしょう(^^;)でも最初にできることとできないことはちゃんと言ったのだけどな…聞いてもらえなかったんだろうな)
今週はこんな感じでした。
不安はつきないんですけど、息できるうちは続けられるかなといったかんじです。
(強いストレスに晒されると呼吸が浅くなって酸欠を起こすのです)
どんなレベルなんだろう私(^^;

つづく

ディズニー そうじの神様が教えてくれたこと

ほのぼの本
10 /20 2012
ディズニー そうじの神様が教えてくれたこと
ディズニー そうじの神様が教えてくれたこと鎌田 洋

ソフトバンククリエイティブ 2011-10-20
売り上げランキング : 1265


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


題名にひかれ読書。夜の清掃部隊ナイトカストーディアルの仕事を物語り形式で紹介している本。最初にそうじの神様と呼ばれたアメリカのディズニーから来たチャック・ボヤージンという人のエピソードからはじまります。
「子供が床にポップコーンを落としても躊躇無く食べられるくらい床を綺麗にしてほしいんだ」という考えを実践でどう貫きとおしたかが、まだ若い夜間のスーパーバイザー(責任者)金田さんの視点から主に語られています。

それは魔法の始まりで、ディズニーの思想が細部にまでゆきわたっていることを感じることができます。
読んでいるとディズニーランドに行きたくなる(^^)開園当時を知っている世代としては、電子レンジを購入してくれ、親御さんの理解を求めるために入園チケットをくれる気遣いといい昔じゃ考えられない発想を体験することができます。
文章は読みやすく文字も大きいのでちょっとした空き時間に読むことができ、またディズニーと同じように楽しいほっとした気持にさせてくれます。

花火大会

にっき
10 /14 2012

[広告 ] VPS


昨夜、近所の花火大会に行ってきました。もう18回目になるのかな。去年から震災の影響でこの時期に移ったのですが、寒いながらもやっぱり観ると元気でます。明日からがんばろうって思う。一番初めに観たときお腹の中にいた娘はもう一緒についてきてくれませんが、息子はついてきてくれました。あと何回一緒に観られるかなと思うのも何度目だろう(^^;。
ばたばた過ごしながらも一緒にいられることを嬉しく思った夜でした。
今年はスカイツリーからも見れるんだなぁ、どんなふうに見えたのかな。

うみやまてつどう さいしゅうでんしゃのふしぎなおきゃくさん

絵本・詩
10 /13 2012
うみやまてつどう さいしゅうでんしゃのふしぎなおきゃくさん
うみやまてつどう さいしゅうでんしゃのふしぎなおきゃくさん間瀬 なおかた

ひさかたチャイルド 2012-08-01
売り上げランキング : 680283


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


でんしゃでいこうでんしゃでかえろう (チャイルドブックアップル傑作選)
でんしゃでいこうでんしゃでかえろう (チャイルドブックアップル傑作選)間瀬 なおかた

チャイルド本社 2009-04
売り上げランキング : 848254


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

の新刊。楽しく子供と読みました。
うみべえき、からたくさんのちょっとふくよかなお客さんを乗せ深夜にぽんぽこやまえきに電車は向かいます。駅員さん運転手さんたちはいくら乗ってもまんぱいにならない電車を不思議に思い、お客さんたちの後について山の中にいくと…。

かわいらしい楽しい話です。でんしゃでいこうと同じつくりになっていて、息子は楽しそうに読んでいました。電車の要素よりも乗客や村の人たちのようすが多いので、電車好きにはたまらない!とはならないのですが、あたたかく嬉しい気持になる一冊。秋の夜長に子供に読み聞かせてみてはいかかでしょう(^^)

瞬く間に一週間が過ぎました

にっき
10 /13 2012
新しい職場で三週間がたちました。
未だにまだよくわかってないというか、環境が全く変わってしまったのでわたわたしています。

夫に弱気でいたらだめだといわれてるけど、初めての場所にたった一人で一日いてそんなに強気になれないです。私の場合は無理に強気にでると不自然になって変に失敗するから、状況が理解できるまで無理はしないようにしてるんですが、うーーん、社会というのは実に分かりにくい。派遣会社の言っていたことと、雇った会社の言っていたことと現実が違っていることにどう動いていいのかまだ分からないです(^^;。

現場との相違は覚悟してたので驚かないんですけど、誰に気を使って誰の考えを保留していいのかもうちょっとで分かるかな、というところです。同じ派遣会社から出向してる人が一人いるんですが、入る時は「PCで分からない事があったらその人に聞けばいいよ」と言われてたんですが、ほぼその人が実際の部分を動かしてる(らしい)…のかな。その人に頼らずに自分で仕事をやらないといけないんだけど、一体誰がどう動いているのか社員の人の動向がよく分からない。同じ部署なのに隣の人はまったく違うらしいとか…カタカナの会社は分かりにくいです(><)。いやまったくびっくりです。来週はさっそく移動です。…どうなってしまうのか、いやいや予定範囲内だよ。

自分の人生が劇的に変化してて驚く日々です。
つづく…(^^;

朴 (百年文庫)

児童書
10 /08 2012
先月末より新しい職場で働き始めまして、ばたばたとすごしております。皆に「どう?やってきけそう?」と聞かれるので頼りない感じなのでしょうか(^^;。切られないようがんばるしかないかなというところかな。うーーーん、自分の能力は自分で決められないからなぁ。お役に立てるといい。私の場合、どうも場の空気にとけこむとか、呼吸を読むとかいうことが不得意なので、先方にはそこらへん諦めてもらえるといい…かなり弱気です。うまくいくように祈っててください、なむなむ。

朴 (百年文庫)
朴 (百年文庫)木山 捷平 中村 地平 新美 南吉

ポプラ社 2011-09
売り上げランキング : 655337


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



木山捷平『耳かき抄』と新美南吉『嘘』を読みたくて読書。木山氏の小説は面白いというか、ふらっとした生き方に戦後の混乱が映っている気がして、不思議な浮遊感だった。新美氏の嘘は今まで読んだ新美作品と違ってて面白かった、嘘をつく新入生を主人公久助が語る話。その視点と感情のゆらぎがゆっくりとおきていて少年と同じような気持で読んだ。最後の感情の落ち方がよかった。

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。