レ・ミゼラブル

舞台
05 /09 2013
帝劇で行われているレ・ミゼラブルを観てきました。
お友達がチケットが当たり、誘われました。「後ろの方の席なんだけど…」と彼女は申し訳なさそうにしていましたが、一月に映画を観てとっても観たかったので嬉しくてしかたありませんでした。

と、いいつつよく分かっていなかったんですが、前日に娘に「演出が変わったらしいよ」と聞かされますますどんななのか期待してました。
二階席の7列目でしたが、充分楽しめました。こういったのは生で観るといいですね(^^)
演出はというと映画をそのまま舞台にしたような感じで映画とは違う面白さがありよかったです。映画ではセットは美しいのですが、カットがあるのでどうしても一人一人に距離感があり、舞台のような一体感がなかったのですが、舞台では一つの場所で様々なことが起こるのでそれがよかった。
しかし、映画でも思ったのですが、すべてが歌で繋がっているので感情がそこですべて表されすぎて、どんどん歌によって物語が進行しすぎてしまう感じがあった。もっと舞台の持つ間も感じたかったです。

前半は物語がどんどん進み、後半は演出がすごかった。映画をそのまま再現しているようなかんじがしました。原作はユゴーですが、作は映画とおなじ人なので、ミュージカルをもとにした映画のミュージカルなんだなと思いました。映画を観た後だったのでより脳内で臨場感がありました。

エポニエールや少年があっという間になくなってしまうように感じられてしまって、涙する間がなかった(汗)でも効果音やコーラス部分の臨場感は素晴しく、戦場となる場面では爆発音や弾が風を切る音が直ぐ傍でしたように感じられました。

映画でも思ったんだけどファンテーヌが受けた迫害は私にとってリアルに感じられる。女で産まれこの年齢になって社会に対する憤りをファンテーヌに感じます。男性の側には男性の言い分はあるとおもいますが、女であることで耐えなくてはならないことを表現していると思う。なので最初のファンテーヌが亡くなるまでは身につまされてしまいます。

2008年に原作   を読み、2009年に前回のミュージカルを観ています。この頃はそんなふうにはおもっていなかったんだろうなぁ。月日は早い。

スポンサーサイト

空想の建築展

美術館・博物館
05 /05 2013
町田市立国際版画美術館で行われている「空想の建築―ピラネージから野又穫へ―
」展に行ってきました。
ポスターに乗っている野又穣氏の絵画と他の幻想的な建築の絵に惹かれて行きました。

エジプトの古代遺跡の復元想像図や、先者自身が想像した様々な建築的絵画やオブジェがありました。コイズミアヤの箱に入ったアートは先週観た「佐脇健一展 未来の記憶」の作品を思い出しました。またエジプトの宮殿のパースを観て巨大な大きな箱の絵にチェルノブイリの石棺を思い出しあっとなったりしました。

巨大な建築は自己顕示欲や肥大した権力を思い出させ、バベルの塔や巨大な図書館となって表されているのが印象に残りました。またピラネージの牢獄のシリーズは以前、国立西洋美術館で観た作品だったのでまた出会えたのが楽しかった。この人の作品は観ていると不思議にひきこまれます。空間が微妙に歪んでいるのだけど一見してはそれが分からない。そして力強い筆致はパワーを感じます。西洋美術館では葉書が売られていなかったので、買って帰りました。

野又穣さんの絵は2006年に新宿パークタワーで作品展が行われたときに見に行きました。好きな絵で、朝日新聞の連載でカットが載っている野をいつも楽しみにしています。

今回大型の絵画がたくさんあってよかった。不思議な温かみと空気感があり、いつも近くから遠くから眺めてしまいます。無味乾燥なのに風や空の暖かさが感じられます。野又さんにかかると木や水や建物の躯体さえも軽やかに思えるから不思議です。特に絵によって背景に広がる空の蒼が違うのが大型の絵が並べられていることによって分かりよかった。その建築空間に自分の身をおくことによって身体が浄化されてゆく感じが好きです。
また同時開催のドローイング展では新聞に掲載されたカットの原画があってあわせて観ることができてよかったです。震災後書くことから遠ざかっていた作者の静かな心の叫びが聞こえてきそうでした。

観たDVD

DVD
05 /03 2013
この連休前半で観たDVDをメモ

パプリカ [DVD]
パプリカ [DVD]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2007-05-23
売り上げランキング : 12729


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

筒井さんが原作。つっこみどころもあって観て楽しめた。分かりやすかった。


SUPER 8/スーパーエイト [DVD]
SUPER 8/スーパーエイト [DVD]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン 2012-06-08
売り上げランキング : 9287


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

期待しすぎたかな。SFよく知らないのですが、リスペクトしてるのは伝わった。ちょっとありえなさがすごくて、そっちに驚いた。フィルム名なんですね。始めて知りました。


とある飛空士への追憶 [DVD]
とある飛空士への追憶 [DVD]
バンダイビジュアル 2012-02-24
売り上げランキング : 40828


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

べたべたな感じが逆に新鮮でした。いいなぁ~こういうの若い時に見たかった。若い頃に戻っていっしょにときめいてみた。娘が隣で笑ってた(ひどい)


サイレン BEGINNING [DVD]
サイレン BEGINNING [DVD]
TCエンタテインメント 2011-10-17
売り上げランキング : 138336


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


どれもさらっと観た。それぞれに面白かったです。最後のサイレンは娘が観たいというので恐々一緒に観た。ゲームの映画だそうで、彼女の薀蓄を聞きながらあーでもないこーでもないと話ました。

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。