酔先生のふで

舞台
06 /29 2013
先週お友達に誘われて、劇団すごろく六月公演の「酔先生のふで」を観にいってきました。亀田鵬斎(かめだほうさい)という江戸時代の書家、儒学者、文人を主人公にした演劇です。といっても堅いものではなく、声優で活躍されている俳優さんによる楽しい劇でした。

物語は江戸時代ですが、セリフの端々に今のお金に換算すると…とか、今の神田の辺りです、とか、注釈があって分かりやすく、また声優という仕事をされているだけあって声がよく聞き取りやすい。声から心に入ってくる演技というのを始めて体験しました。

鵬斎の一生を愛用した5本の筆で描くというお話し。それぞれの時代に大変なこと辛いことがあるなかで、酒を飲み書を嗜むという鵬斉の心の姿が伝わってくるのがよかったです。

全編を通してどこもどれも面白かったのですが、観終わってしみじみと振り返ると、生き方としての人間について感じいっている自分に気付きました。
鵬斉の家には偉い人がたくさん来ます。「どれも同じに見える」とからかいのセリフがありましたが、自分を偉いと思ってる人は中身がないか、自分の思い通りに人を動かそうとして偉そうにして(または偉い役職について)いる。だから中身がない人は長続きしないし、言うことを訊かないとわかると去ってゆく。
鵬斎はそんな中で自分を生きていこうとしてると感じました。貧しく窮しても、自虐的とさえ思える貧困に耐えても、自分を失いたくなかったんだろうなと、でもそれは世間では評価されにくい。彼を愛した人はそこを好きになったんだろうなぁって思いました。
良寛ののほほんとした佇まいも面白かった。落語家さんなんですね。
三番目の物語で、鵬斎は人助けの為に書を書き始めますが、傍にいた良寛は何も言わない。きっと鵬斎がここで人を助けても助けなくても、すべては水の流れの如く…と思っていたのでしょう。でもそこで、鵬斎は助けた。助けざるえなかった。それが鵬斎であり、今まで一貫して通してきた人格なのです。それを見て良寛は私のところにきなさいと言う。生きるということの醍醐味が現れていると感じました。

次回はテープとおひねり投げたいです(^^)
スポンサーサイト

ピカピカのぎろちょん

絵本・詩
06 /29 2013
ピカピカのぎろちょん (fukkan.com)
ピカピカのぎろちょん (fukkan.com)佐野 美津男 中村 宏

ブッキング 2005-10
売り上げランキング : 436793


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


先日お会いした方と一緒に入った本屋さんで「ちょっと変わっている児童書だよ」と教えていただいて読書。安保の時代に啓示的に書かれたお話しで、廃刊になっていたのを大人になっても覚えている読者が多く復刊になった絵本だそうです。

なんの先入観もなく読み始めました。主人公のアタイが弟を連れて町をあるく、鳩を数えたり(振り返ればそれは平和の象徴なのかも)学校の友達と話したりしながら、その背景がぼんやりと浮かび上がってきます。とちく場にお父さんが勤めている子、鶏の産む卵を毎朝すすって生きるおばあさんをもつ子、児童に向いた話とは思えないような、だからこそ読むのをやめられない設定内容です。
アタイの好奇心と行動力が素晴しく、そこに両親の影はありません。たくましく自分で考えどんどん行動してゆく、言うこと訊かないと弟だってぶっちゃう。大人が「いけません」ということを進んでやっていく姿にはらはらどきどきしながらいつの間にかついていってしまう。

特に印象に残ったのは、足の不自由な子が自分は上手く動けないからついてゆけない、というとアタイが「ちょっとくらい足が不自由だからってあんた甘ったれてんのね」と怒るところです。これは一見暴力的にみえますが、その裏に愛情を感じました。というか愛情がないといえない言葉です。今こんな言葉を愛から言える人はどれくらいいるのでしょう。こんなことをいうアタイは絶対何があってもこの子を見捨てはしないでしょう。今綺麗な言葉ばかりで、愛情や感情を感じない言葉ばかりなので、そう感じるのかもしれません。
ほんとうに美しい言葉は綺麗な言葉ばかりではないと気付いた一文でした。

内容は現代にあてはまるものが多く、はっとすることもたびたびでした。文章が細かなところまで描いているのでアタイと一緒に町を歩いている気持になります。
この挿絵の怖さと文章があっていて面白かった本です。

グレート・ギャツビー

映画
06 /22 2013
先週観て来ました。実は夫がまとめて映画館のチケットを買ってその期日が近づいてるということで、夫と鑑賞。前回のグレート・マスターもそんな経緯で観たのです。なので急に仲良しになったわけではありません(^^;。
期待していたので、期待どおりだったので私は満足!!ですが西部劇とか好きな夫は美しい画面よりももっとホットなのが観たかったみたい(^^)でもいいのです。

原作を何度かよみかけて最後まで読んだ記憶がないのですが、うーん村上氏のも読んだかなぁ、今になって記憶が曖昧です。他の訳本は積極的に読んでいるのですが、この本家にあったかなぁ。

ディガプリオがよかったです。最近暗い性格の設定が多かったなぁと思ってたので、私的にははまった役だなぁと思いましたよ。主人公がスパイダーマンの人でした。
アールデコの絶頂期で、随所にデザインがちりばめられていて豪華でよかった。東屋のような主人公の家の欄間とかティーセット(あれは屋敷から持ち込んだという設定なんだろうなぁ)もデコでした。前半の華やかな印象と変わってゆく後半のようすもよかった。
最後の(心が)荒涼とした場面の空気感や余韻もよかったです。2Dで観たのですが、3DはOPとEDが面白かったのかな。観てみたかったな。

読書の印象は女性がギャッツビーをいかに愛したか、というイメージだったのですが、この映画ではもっと広域的なもの社会性とかハイクラスの女性について考えるものだった。

グレート・ギャツビー (村上春樹翻訳ライブラリー)
グレート・ギャツビー (村上春樹翻訳ライブラリー)スコット フィッツジェラルド Francis Scott Fitzgerald

中央公論新社 2006-11
売り上げランキング : 101


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

わかりあえないことから コミュニケーション能力とは何か

まじめな本
06 /22 2013
わかりあえないことから コミュニケーション能力とは何か (講談社現代新書)
わかりあえないことから コミュニケーション能力とは何か (講談社現代新書)平田オリザ

講談社 2012-10-20
売り上げランキング : 1083


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


現在通っている職場は、今までの職場と全く違いコミニュケーションというものを内外で重視しているところで、自分のコミニュケーションの方法とかみあっていないことを自覚したので、現代のコミニュケーションってどんなんだろうと思い読書。図書館で予約したのは三ヶ月ぐらいまえだったので、当時ほど戸惑ってはいないのですが、まぁとにかく読んでみようと読んでみました。

今の職場は平均年齢が若く一回り以上若い人と仕事をしています。殆どが結婚していず、結婚していても子供がいない、という人たちを上司に持って話をしてみると様々な事がかみ合わず、またずれていることに当初から戸惑っていました。つまり言語が違うということです。おなじ日本語なのに意味合いが全く違っている、また一人で入所したのでこちらが相手にあわせなくてはならず、またそれを客観視して教えてくれる人も居ず混乱しました。今もそれは続いているのですが、改めてコミニュケーションとはなにかと自問しなくてはならない日々なのです。
今まで働いてきた職場とはまた少し違う仕事をしているというのもあるのですが、同じ国にいながら言葉で困るということがなかったので驚いています。で、最初に何をしたかというと、他の社員がどう周りとコミュケーションをとっているかということに注視しました。今までの方法は全く通じなかったので、ひたすら間違いながら模索して今に到ります。で、この本を読んで腑に落ちた部分がたくさんありました。

コミニュケーション能力が高い人が有能なのかというとそうではないのです。ただマナーとして皆が一定の能力を身に着けている(会社では身に着けさせられている)問題(仕事)はそれからなんだと改めて思いました。私は建築士として打ち合わせをして、クライアントの意見を反映させそれを図面化するという仕事に今まで終始してきたのですが、新たな発想で意見・提案をし、それを収斂させてゆくという能力が必要なんだと改めて目が覚める思いで気付きました。相手を見極めまたは見切り、またそれと同じ事を自分にも科す。すごく高度で難しいことで、ぜんぜんできてないんですけど、それらのことに気付いたので気に留めて生きていきたいと思いました。

この本はそのコミニュケーションを学ぶのに演劇はとてもいい教材だとも言っています。確かに人のことを思いやるにはその人(役)になりきる演劇は他者を思いやる心をもつきっかけになるなと思いました。前半には役者の面白いところや才能のある役者について書かれてて面白かった。
いい役者とは”無駄な動き”をさりげなくできる人と書かれています。無意識に無駄な動きをコントロールしている人がうまい役者と言われる、と聞くと好きな役者の好きな演技の部分って無駄な動きのところばかりなのに思いあたります。なんでそんなことするのかなぁ=素敵!と思う、ここなんですね。
そしてこの”無駄な動き”は舞台を重ねる毎に磨耗してゆくのですが、磨耗しない新鮮味を残した”無駄な動き”ができる人が「天才」と呼ばれると書いてあります。で、このあいだTVで野田氏に三谷氏が「この人は相手のセリフをちっとも聞かない」と冗談まじりに愚痴っていたのを思い出しました。天才なんだなぁ。すごいなぁ。

国語を二つの科目にわけたほうがいいという提案も頷けました。国を大事に思う心と母国語を大事に思う心は同じだと思うので、外国語を学ぶのも大切だけど、もっと言葉を子供の頃から大切にする姿勢を身に着けさせてあげたいと思いました。

007 スカイフォール

DVD
06 /22 2013
007/スカイフォール 2枚組ブルーレイ&DVD (初回生産限定) [Blu-ray]
007/スカイフォール 2枚組ブルーレイ&DVD (初回生産限定) [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2013-04-03
売り上げランキング : 228


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


レンタルして観た映画。なので通常版でしたが、楽しくみました。英国紳士…いいです(^^)
九龍城がでてくる。もう007という映画の魅力がいっぱいつまった今回。おやじになってへたってしまったボンドの現場主義なところがいいなぁ。Mの最後の言葉のつづきが自分の口からでるという楽しさもありました。あれはふっと口からでてしまった。それが私の”答え”なのだなぁと思ったり。
悪役の人はアナザーカントリーの人なんですね。すごいなぁあの存在感よかったです。尋問所での銃撃戦かっこよかったです。

この映画観た後ってかっこよく銃が打ててタフになったような気持がしてくる(^^)あくまでも気持だけなんですけど…

さよなら渓谷

映画
06 /15 2013
友人に誘われて有楽町で行われた試写会にいってきました。
「まほろ駅ー」の監督さんによる「悪人」の原作者の吉田氏の小説「さよなら渓谷」を映画化した作品。ねたばれになるので詳細はかけないのだけど、迫力のある映像で濃いお話でした。
最初ぬれ場(という言い方は古いか)が続きます。その様子から二人が愛し合ってることが伝わってくる。でも物語が進んでゆくうちに二人の関係が徐々に露になり…。というお話し。

愛憎という言葉で終わってしまうものではなく、複雑な大人の様々な感情が伝わってくる作品。若い時にたった一度犯した過ちに、社会と人間関係に翻弄されてゆく二人の姿は、それぞれ自分の人生にも置き換えることができて細かなところで腑に落ちたりしました。
誰も何も一言も言わないけど絶望という二文字が深いところで水のようにながれている。ああ、その絶望は知っているよ、と何度も見ながら思った。皆それぞれが一人分、いやそれ以上の他の人の寂しさまでも感じ取り寂しく孤独になっている、そんな映画でした。

都市の墓標

にっき
06 /15 2013
これは二度目の文学フリマに出したコピー本。当時仕事を始めたばかりで、しんどいことが多くいらいらしていたのを思い出します。朝のラッシュがどうにも嫌でストレスでそのことが書いてあります。今も苦手ですが、当時とは少し違った印象を持っています。何かの機会に書けたらいいなぁ。しみじみ書かないとだめな生き物だなっておもうこのごろ(汗)

攻撃的な文章なので不快になるかもしれません。それでもかまわないって方だけお読みください。

続きを読む

レイのこと

にっき
06 /15 2013
二年前になるんですが文学フリマに出展したコピー本を読み返す機会がありまして、なんだか懐かしくなって、もう今だからっていうのもないんですが、いいかなぁと思いここに更新してみます。
昔飼っていた猫のエッセイで、当時色々胸に去来するものがありまして一気に書いたものです。
最近こんなふうに文章書いていないので寂しいです。書きたいなぁといいながら月日が流れてゆきます。

続きを読む

西武電車フェスタ2013

鉄道
06 /09 2013
夫と息子は毎週のように色々でかけているのですが、なかなか画像をUPできなくなってきました。私にその余裕がないからだけでして(汗)米軍の基地にでかけたり、車庫にでかけたり、楽しそうです。
今日はちょっと余裕があるので息子が撮ってきた画像をUPします。
今まで出かけたなかで一番の人出だったと話しております。

DSCF7893.jpg

これはPQ車輪というもの(らしい)

DSCF7850.jpg
DSCF7909.jpg
DSCF7890.jpg
DSCF7906.jpg
DSCF7872.jpg
DSCF7868.jpg
DSCF7867.jpg
隣で夫と息子が色々説明してくれます…かまってくれるのも今のうちでしょうか。でも興味のないものを説明されてもかあちゃん頭に入らないよ・・・(ToT)

グランド・マスター

映画
06 /08 2013
予告から気になっていて2日の日曜日に見てきました。「HERO英雄」が大好きで、このアクションの映像が見たくて言ってきました。実在した人物の映画のせいなのか、時間軸が長く偉人伝みたいになっているところもありますが、アクションは面白かった。しかし心情を現す映像が長くてちょっと流れが留まってしまう感じがあった。
豪華な内装と軽やかなアクション、迫力の動きと美しさはそのままで、またHEROが見たくなりました(^^)

トニーレオンがかっこよかった。夫と見たんだけどトニーよかったねーと言ったら「確かに君のタイプだな」といってました。今回無理矢理夫を誘ったのだけど、彼が言うには時代の流れが切れと切れすぎるのが気になったと感想を述べておりました。戦争のあたりから妻や家族との関係が殆ど描かれていなかったので、日本が関係するのでカットされているのでは(テロップで家族の不幸がながれるあたり)と言っていました。最近日本がでてくる映画が多いなと思います。それも被害者側ではないシーンをよく見ている気がします。時代なのかなと感じたりもしました。

英雄 ~HERO~ Blu-ray
英雄 ~HERO~ Blu-ray
TCエンタテインメント 2013-05-24
売り上げランキング : 6624


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

DVD見直してたら娘が「綺麗な映像だねぇ」と映画名を知りたがりました。映画館で見たかったなぁ。

モネ・ゲーム

映画
06 /02 2013
もう先月のことになってしまうんですが、先週見てきました。夫にアランの出演する映画がロードショウされるよ、と聞いて前売りを買ったんですが、都内でも上映館が少なく、大きなスクリーンで観るとなると六本木しかなくて、せっかくだからと六本木で見てきました。

ヌードになるとか悪役(?)とかいう噂を耳にしつつ、あまりよく調べないまま見たんですがコーエン兄弟の脚本とあって面白かったです。疲れてた頭があっという間にリフレッシュされました。
でもなにより良かったのがアランの演技がアップで見れたこと。部下に対する表情から女性に向ける微笑、段々興味がわいてきて視線に熱が入ってくるかんじとか、見てて楽しかった。キャメロンをくどくのですが、部屋の前まできて断られてふいっと表情が冷めるところとか、慌ててキャメロンに「入って!」と言われ『なになになんなの?』と困惑するおやじのふとした純粋な表情とか…細かく言いすぎですか(笑)良かったです。

ストーリーは面白く笑ってばかりでしたが、見終わったあとに見方を変えて考えると深いものがあって、都会の(社会の)話しだなぁって思いました。
業界用語を連発しハイクラスな世界を演じているけれどその内情はそんなに大仰なものじゃない、という社会風刺はどの時代にもあふれているけど、この映画はリアルでした。もたもたするハリー(コリン)は明らかにセンスがないけれど、それも又違う側面ではそうではない。途中でキャメロンが格言(お母さんに教わった)を幾つかいうんだけど、それが違った意味で物語を印象付けてる。人と人との距離、係わり合いについて長く考えさせられた映画でした。
人に対する評価、見方はまたその評価する人の評価であることになるというのも感じました。

アランがすっごい嫌な人の役なんだけど、ファンのせいか憎めない(^^)目がねー優しい人なんですよー。冒頭なんて罵倒してばっかりなんですけどねー。またアランを嫌な人にするコリンの演技もいいなぁって思った。このコリン役とても難しそうでした。日本人のイメージが(笑)コンニチハTVのネーミングが酷すぎて笑えました。

ヘンな日本美術史

まじめな本
06 /01 2013
ヘンな日本美術史
ヘンな日本美術史山口 晃

祥伝社 2012-11-01
売り上げランキング : 9266


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



山口晃 大画面作品集
山口晃 大画面作品集山口晃

青幻舎 2012-12-03
売り上げランキング : 24238


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


とても面白かったんですが、書く時間がないので、めもめも(><)すみません。

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き