母よ嘆くなかれ

まじめな本
07 /28 2013
母よ嘆くなかれ 〈新装版〉
母よ嘆くなかれ 〈新装版〉パール・バック 伊藤 隆二

法政大学出版局 2013-06-24
売り上げランキング : 299710


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


図書館の新刊コーナーにあったので読書。障害を持った娘の親としての苦悩、自分を赦すところから始まる生き方について書いています。ノーベル文学賞受賞者で平和運動をなさったパールさんの、自分の子供に対する愛情とそれは他の親となんら変わりないこと、そして親として成長しなくてはならない大変さをとても素直に書いています。何度か子供をひどく叱ってしまったことや、順調に生きてきた自分の人生への憧れ恨み傲慢さを率直に真っ直ぐ見て自分の生きる立ち位置を確認している。
娘の障害は決して良くはならないと、覚悟した時の心境、事実を受け入れた時の開放感、それでもまた悩みは訪れるのですが、必死に繰り返し悩みながら生きていることを書いています。
中国で出産し日本に一時旅行に来て、アメリカに渡ったパールさんと娘さんの人生は道は険しく、困難の連続でしたが、一生懸命に道を求め探し、何度も自問しながら成長してゆく課程を息を呑んで読みました。

以前東中野で観た映画「普通に生きる」を思い出しました。

パールさんは施設に預けることを決心し、良いと思われる施設に入れますが、娘さんが環境に馴染めず困っている姿を見て、家に連れて帰ろうと思う。しかし園長から、気持は分かるが娘さんもお母さんも成長しなくてはならない、と言われる。「お嬢さんをありとあらゆるものから守ることはできないのです」映画にも同じような場面がありました。介護を受ける側の覚悟や成長を促していかないと子供も成長できない、また親も手放す決心をし成長しなければならない。ここらへんの流れは特に愛情が深いだけに難しいのだろうなと思いました。心臓病の弟と母は特殊な関係だったのだなと今になって思います。

スポンサーサイト

七月花形歌舞伎

にっき
07 /22 2013
昨日東銀座にある歌舞伎座に歌舞伎を観に行ってきました。
夜の部の通し狂言「東海道四谷怪談」を見てきました。
以前から観たいと思っていた演目で、見ごたえがあり面白さが山盛りで(笑)あっという間の四時間でした。

お岩さんの美しさ怖さ、旦那である伊右衛門のどうしようもなさ、現代の出来事のように怒ったり恐れたりしました。舞台が浅草のあたりと近いせいもあるのかもしれません。下町のなんともいえない情の話にどきどきはらはらしました。

大詰めの舞台は江戸東京博物館で何度も模型で動きを見ていたので、本物を見ることができて感動しました。すごかったです。新しい歌舞伎座の華やかさと、美しい役者の動きや着物。生で観る演技の迫力どれをとっても良かったです。早着替えや大道具の面白さも堪能できました。
特にお岩を演じた菊之介さんの身支度を整えるお岩の場面が怖くてすごかったです。幽霊となって舞台の上を飛び回る姿も軽やかで美しかったです。
「歌舞伎の初心者にお勧めよー」と言われていたこの演目をやっと観ることができ、次は何を見ようかな(^^)と思ったりしています。

竜の子ラッキーと音楽師

絵本・詩
07 /22 2013
竜の子ラッキーと音楽師 (大型絵本)
竜の子ラッキーと音楽師 (大型絵本)ローズマリ・サトクリフ エマ・チチェスター=クラーク

岩波書店 1994-11-07
売り上げランキング : 649919


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


サトクリフの絵本ということで雑誌に紹介されていて、珍しいなと思い読書。とても素敵はお話しです。竜の子ラッキーと音楽師の旅のおはなし。竜の子のころころとしたかわいさが溢れてるお話しです。


あととても懐かしい絵本が復刊したのでご紹介
こぐまのたろ (こぐまのたろの絵本)
こぐまのたろ (こぐまのたろの絵本)きたむら えり

福音館書店 1973-03-25
売り上げランキング : 427262


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


知る人ぞ知る絵本(^^)
木苺つみにいきたかったなぁ、あの頃

風立ちぬ

映画
07 /20 2013
先日の木曜日18日に「風立ちぬ」の試写会に行ってきました。今回夫が当選し「一緒に観にいく」というので夫婦で試写会行ってきました。零戦が好きで堀越さんも好きな夫と、若い頃旧軽井沢にたびたび行った思い出のある私で観にいきました。

感想はというと監督が作った監督の映画だなぁと思いました。監督が好きなように作ったんだなぁという印象が強かったです。菜穂子と出会う軽井沢の場面では追分灯篭が立っています。そのものではないのだけど軽井沢を思わせる場面があちこちにあって懐かしくなりました。後半二人が住む離れは堀辰雄の軽井沢にある別荘の離れ、書斎に似ているかんじがしました。もっと小さくて廊下もないのですが、本棚のかんじとか似てるなぁって思いました。

風立ちぬ・美しい村 (新潮文庫)
風立ちぬ・美しい村 (新潮文庫)堀 辰雄

新潮社 1951-01-29
売り上げランキング : 74


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


というより

菜穂子・楡の家 (新潮文庫)
菜穂子・楡の家 (新潮文庫)堀 辰雄

新潮社 1948-12-17
売り上げランキング : 5791


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


というかんじかなぁ。

この映画乗り物がたくさんでてきます。飛行機、蒸気機関車、機関車、船、車、バス、もう乗り物のオンパレードでして、夫はそっち視点でみていたよう。観終わった後夫婦でそれぞれ感想を言い合って楽しみました。

あんまり泣かなかったんだけど、最後の「君の零だよ」と言われ堀越が空を見ると零戦が群れをなして飛び立ってゆくシーンに涙がでました。日本の航空機設計の生い立ちを昔から夫に聞いていたので、その道をたたれた人生と国の今を思って泣けました。日本の映画だなぁと思った映画でした。

成田空港にお迎え

にっき
07 /20 2013
もう一週間近くたってしまったのですが、7月15日(祝)に成田空港までベネディクト・カンバーバッチさんをお迎えに行ってきました。外国人俳優を空港までお出迎えというのは始めてで、楽しんでまいりました。
大阪からきたお友達と7時間ぐらい待ったかなぁ。朝9時半ごろ第一ターミナルに着き、ゲートにいらしたのは3時半すぎ(45分くらいだったかな)で、お姿見れたのは3分40秒という短さだったんですが、満足しました。

カンバーバッチさんはドラマ「シャーロック」でシャーロックを演じている人で、長身でクール、知的なお姿をしています(と私には見えます)色の白いまさしく英国人そのものでした。やさしい佇まいで始終恐縮しながら歩いていかれてかわいらしかったです。

ファンの人は皆明るく優しい人で、結構待ってるのしんどかったんですが、混乱もなく(場所移動の時はちょっとびびったけど、皆仲良く移動しました)楽しくお迎えできました。いい人だったなぁ~。映画見に行こうとおもいます(^^)

グレート・ギャツビー

村上春樹
07 /20 2013
グレート・ギャツビー (村上春樹翻訳ライブラリー)
グレート・ギャツビー (村上春樹翻訳ライブラリー)スコット フィッツジェラルド Francis Scott Fitzgerald

中央公論新社 2006-11
売り上げランキング : 101


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


前回映画の感想書いたときに読んだかなぁとかすっとぽけてたんですが、読んでました読んでました。
春樹訳のこの本を2007年に読んでおりました。もう歳だなぁ読んだの忘れるなんて(泣)
図書館で借りようとして順番が待てなくて買ってから、家のどこかにあることに気がついた。
というか読み進みながら読んだことを思い出しました。私は読書を絵的にとらえているところがあって、文章の字面とそこからイメージされる情景で覚えるので、その場面にさしかかるまで忘れているのです(汗)。

もう五年前のことです。あの頃の感想を読むとさらっと書いています。さらっと読んだんだなぁきっと、今回読んでみて、映画を観た後ということもありより深くシーンを想像することができました。そして原作(そして訳)の差や違いも感じとることができました。これほど長い時間をかけても分からないことや新たな発見があったということに今は驚いています。

2006年11月に買って、2007年の1月に読み終わっています。まだまだ分からないところがあるから又読み直したいと書いています。読みきれてないなと当時も思ったのでしょう。
今回はなんというのかな、全体でとらえることができました。後書きで春樹氏が書いている情景の深さについてふれることができた。デイジーの佇まいと僕の人間性、ブキャナン氏のどうしようもなさが映画を観た後だからこそ自分の中にキャラクターとして立ったように思います。これ言葉にしにくいのですが人間の醜い部分嫌なところが描かれていると今回の読書で感じました。そしてそれと同時に愛すべき箇所でもあることに気付かされる。デイジーの不安定さが原作者の夫婦間でも起きていたという後書きを改めて読むと、フィッツジェラルドはギャッビーでありトム・ブキャナンなのだなと思ったりしました。

今村上春樹の英語訳ラジオを聴いてるのですが、訳し方に注視して読むとまた違った面白さがあって、また独特なクセも感じてきて面白かった。

エンジェルフライト

まじめな本
07 /10 2013
エンジェルフライト 国際霊柩送還士
エンジェルフライト 国際霊柩送還士佐々 涼子

集英社 2012-11-26
売り上げランキング : 3441


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


海外で亡くなる日本人が多くなり、飛行機に乗って遺族が身元確認に行かれたり、ご遺体がもどってきたりというニュースを見るたび、その水面下で働く人のことを想ってきました。どんな仕事なのかどのようにして事は運ばれてゆくのか、素朴に疑問に思い読書。 国際霊柩送還士というのは登録商標になっているそうです。エンジェルフライトというのは会社名で様々な事情で国を離れなくなった日本の人を家族の元にまるで生きているような姿でもどしてあげるというお仕事。

まったくお恥ずかしい話なんですが、入国手続きを亡くなった人の代わりにして運んできておしまいって単純に想っていました。無知の知です。そんな生易しいものではなく、国も違えば亡くなり方も違う、国際事情や政治事情様々な物事に対応しながら世界にたった一つしかない身体を待ち望んでいる家族の友人の親戚の元に還してあげる。そんな仕事なのです。まずご遺体が空を飛んでくることの変化というのに驚きました。私達は海外旅行という言葉にあまりに楽観的に幸せな印象を持ちすぎています。国籍のある地から離れ、面識のない土地で死ぬことの怖さをこの本で何度も思いしらされました。でも私達は生きているし旅行だってしたい、するだろう、その時最大限にできるのは保険に入っていることだそうです。これから旅行に行く人には言っておこうと思いました。

話は徐々に死ぬことと生きていることの不思議に迫ってゆきます。会社の従業員一人一人の生い立ちや、なぜこの仕事を選んだのかという人生を細かく追うことによって、一人一人が誠意と誇りをもってこの仕事をしていることが分かります。私も以前慶弔料理の仕出弁当屋で働いていて、葬儀社の人を何人か知っています。一種独特な世界で、だからこそ知られていない部分や物事がたくさんあって驚きました。この本はその世界をなるべく誠実に正確に描こうとしていると思いました。

その仕事柄どうしても死について語らなくてはならず、必然として生きることも語らなくてはならなくなる。筆者の過去や人生の岐路についても語られ、少々堅苦しくなってはいますが、まじめに仕事のことを考えると避けては通れない部分だなぁと思いました。

最後のほうで文章にすることに迷う筆者ですが、本で何度も語られているように、一人一人ひとつひとつの家族にそれぞれの哀しみ方があり、愛の形がある。それは誰にも完全に知る事のできない世界であると痛感します。だからこそ人はひとりなのだと、その誰にも譲れない哀しみを持つことがもてることが一人として生きていることの本当の証なのかもしれません。

印象に残った言葉はいくつもありますが、特にいいなぁと思ったのは

P232 人は生きてきたように死ぬ

です。それから

 ”悔しい思いをしなければ、仕事はできるようにならない、と彼女は断言するのである。”(P131)

いつまでも満足できず悔しいと思い続けてる身としては励まされる一言でした。

死も含めて長いスパンで生きることを考えた時、読み返したい一冊です。

ハリー・ポッター展

美術館・博物館
07 /10 2013
六本木で行われているハリー・ポッター展に行ってきました。先月の23日に行ってきたのですが、おそまきながら感想をここにUPします。
別のサイトで書いたレポートを殆どそのままUPしています。

ちょっと(かなり)はじけてますが(^^;それでもいいよって人はお読みください。
二回に分かれているのをひとつにまとめてあります。

続きを読む

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き