DVDメモ

DVD
08 /25 2013
今週DVDで見た作品メモ

紙兎ロペ [DVD]
紙兎ロペ [DVD]
東宝 2011-01-28
売り上げランキング : 653


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



紙兎ロペ 2(セカンドシーズン) [DVD]
紙兎ロペ 2(セカンドシーズン) [DVD]
東宝 2012-01-27
売り上げランキング : 857


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編] 始まりの物語【通常版】 [DVD]
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編] 始まりの物語【通常版】 [DVD]
アニプレックス 2013-07-24
売り上げランキング : 1623


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [後編] 永遠の物語【通常版】 [DVD]
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [後編] 永遠の物語【通常版】 [DVD]
アニプレックス 2013-07-24
売り上げランキング : 1543


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


娘に薦められてまどまぎ観てみた。
新鮮でした(^^)娘との会話に役立ち(?)ました


悪の教典 DVD スタンダード・エディション
悪の教典 DVD スタンダード・エディション
東宝 2013-05-24
売り上げランキング : 2763


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


貴志氏の原作ということで見ながら

青の炎 特別版 [DVD]
青の炎 特別版 [DVD]藤石修

アスミック 2003-09-26
売り上げランキング : 14216


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


を思い出しました。フード被るところとかモチーフが似てる?って思った。そういう話かぁって観ながら思うんだろうなとおもってたけど、そういう話かぁって思った(^^;気になってた映画だったので見れてよかった。
スポンサーサイト

日常など

DVD
08 /22 2013
夏休みも終盤にはいり、夏風邪をひく人や咳がとまらない人がでてきました。
みなさんも体調には気をつけておすごしください。

ばてばてなのは続いているのですが、ちょこちょこでかけたり遊んだりしてます。今年は旅行に行かなかったので小さなご褒美です。


銀座で行われているエヴァンゲリオン展に行ってきました。原画がよかったな。手書きの愛のこもった原稿を見るのは楽しかったです。

それから村上春樹のラジオテキスト7月号にでてくる映画をDVD鑑賞しました。
ロックアウト [DVD]
ロックアウト [DVD]
松竹 2013-04-05
売り上げランキング : 15082


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

…リュックベンソンの名前が冠しているのですが、どこが面白かったのかよくわからなかった(汗)お金もかかっててところどころ見ごたえもあるのに何かだれてしまったのはどうしてだろう。主人公のスノーはかっこよかった。…というところでラジオテキストを読みます(^^)

読みたい本

読み直したい本
08 /17 2013
どうも夏バテしてるようで、なかなか読書が進みません。今週はお盆で東京はかなりすごしやすかったです(観光地除く)普通に通勤していた者としてはこのままずっと続いてほしいと思う電車状況でした。いかに日中人が都市集中してるかってことだよなぁ(><)それでもバテバテで読書できませんでした、うう。
図書館で借りて読みきれなかった本をメモ、どっちもちゃんと読みたいのに夏バテがぁっ

植物はそこまで知っている ---感覚に満ちた世界に生きる植物たち
植物はそこまで知っている ---感覚に満ちた世界に生きる植物たちダニエル・チャモヴィッツ 矢野 真千子

河出書房新社 2013-04-17
売り上げランキング : 44441


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

新聞の書評で読んで読書。植物は絶対なんか知ってると思ってましたが、ほんとに知ってます。娘がこっちの方向に進みたがっているので、興味にそれも加わり読んでみることにしました。人間(哺乳類)のそれとは違う知覚をしてる植物の分かっていそうで分からない世界を紹介しています。人間は油断をするとすぐに上から目線になるけど、もっと賢くて必死に生きてるものが地球上にはたくさんあります。


「指導死」
「指導死」大貫 隆志 武田 さち子 住友 剛

高文研 2013-05-20
売り上げランキング : 160085


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

TVで知って読書。こんな事が珍しいことではないということに驚きました。体罰じゃなくても苛めじゃなくても人は人を死にいたらせることができてしまうって事にも驚きました。感受性は時に自分でさえも分からなくて、まして思春期の子供には特に捉えがたくて、だからこそ指導は必要なんだけど、危ないものであることを知りました。

映画二本

映画
08 /11 2013
先週と今週で映画二本を見ました。

モンスターズインク、ユニバーシティとローン・レンジャー

モンスターは短編も面白かったです。雨音から恋の物語が始まるお話。前回の紙飛行機も恋のお話しだったなぁと思いながらみました。モンスタ-は正直あまり期待していなかったんだけど、さすがピクサー面白かったです。話の展開がよくできてる。好きなことを自分らしく生きることを賛歌している作品だと思いました。

ローン・レンジャーは夫がすごく見たがっていて一緒に観てきました。これ西部劇だったんですね。知らなかった(^^;。夫が木橋と蒸気機関車がでてきたら西部劇にきまってるだろーって言ってた。そんな定石しらないよ。鉱物と鉄道と馬と酒と爆薬とカウボーイ、どれをとっても夫の好きなものばかりで(酒は違うか)すごく楽しそうにみてました。私は馬がよかった。あんなに元気でアグレッシヴな馬をみるのは始めてかも。もう一回みたいなぁ。もちろんジョニー・ディップもよかった。大雑把(荒削り)なストーリですが細部(蒸気機関車や客車など)がこだわってて楽しく映画見ました。馬がコメディやってるところも面白かったなぁ。シルバー欲しい(^^)

ひとりひとりのやさしさ

絵本・詩
08 /10 2013
ひとりひとりのやさしさ
ひとりひとりのやさしさジャクリーン ウッドソン E.B. ルイス

BL出版 2013-07
売り上げランキング : 121499


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


あるあさ、クローイのクラスにこうちょうせんせいがおんなのこをつれてはいってきた。「てんこうせいのマヤですよ」マヤのかっこうはみすぼらしい。おべんとうのなかみもへんだ。クローイたちは、そんなマヤをわらいあい…。マヤとの出会い、無視しつづけた日々。でもある日、クローイは大事なことに気づく…。実力派作家コンビが描く問題作。シャーロット・ゾロトウ賞受賞、コレッタ・スコット・キング賞オナーブック。

表紙の絵が美しくて手にとりました。転校生をいじめてしまった事を後悔するクローイの話。苛める側の細やかな気持が描かれています。初対面の時のちょっとした違和感を嫌悪感と勘違いしていた自分の心に気付くクローイ。でも仲良くしたいと思ったときに彼女はいなくなってしまいます。
着てる服とか食べてる物とかちょっとしたことで子供って差別したり得意な気持になったりする、大きくなってしまえばたいしたことない事でも子供の世界では大きなことで、深く心に残ってしまうもの。そんな気持を思い出した一冊です。

絵本の中の絵の表情が細やかでクローイやマヤ、教室の友達の気持が伝わってきました。ほんとは仲良くしたかったのに、お互いにすれちがったままで別れてしまった寂しさを主人公のクローイはきっと次の経験にいかすでしょう。辛い思い出だからこそ深く記憶に残る、そんなことも考えた物語でした。

映画『紙兎ロぺ』

DVD
08 /03 2013
映画『紙兎ロぺ』 つか、夏休みラスイチってマジっすか!? 通常版 [DVD]
映画『紙兎ロぺ』 つか、夏休みラスイチってマジっすか!? 通常版 [DVD]
東宝 2012-11-23
売り上げランキング : 736


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


子供が好きなのでレンタルして観てみた。面白かったです。なんとなーく傍で見ていたんだけど、間がそのままでなんとなーく話しが進むので楽しかった。で、びっくりしたんですが、背景が近所のものが多く、子供と「ここあそこだよ!」と言いながらみました。そんな意味でも楽しい映画でした。
何度も繰り返し見て(子供がはまったようす)いて背景や周りのキャラクターの微妙な味を楽しみました。へちまをとれすぎちゃった家とか、パンダの親子とかコンビニのポスターとかつっこみどころがいっぱいで、DVDは何度も見直して楽しむのにぴったりです。

あと出来事が近所っぽいところ(ロペのお父さんみたいな人いっぱいおる)も魅力の一つかな、そういったいみで我が家に合った映画でした。
あ、でもこんなにのどかじゃないです、うちの近所…。

服を作る - モードを超えて

未分類
08 /03 2013
服を作る - モードを超えて
服を作る - モードを超えて山本 耀司 宮智 泉 (聞き手)

中央公論新社 2013-05-24
売り上げランキング : 29002


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


先日本屋で見て本出てるんだぁと手にとって読書。インタビュー形式とコラムで書かれた山本耀司さんの自伝のような本。質問に答えるように自問自答しつつコラムがかかれてあり、中盤には100の質問に答えるようにして人生論が語られています。

都市とモードのビデオノート デジタルニューマスター版 [DVD]
都市とモードのビデオノート デジタルニューマスター版 [DVD]ヴィム・ヴェンダース

東北新社 2011-12-19
売り上げランキング : 29766


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この印象が強いのですが、この時期は神格化されていたのだなぁと改めて思いました。
ヴェンダースさんのこの映画はある意味良くも悪くも作用したんんだろうなぁ。この映画が大好きなのでその影響についても(個人的にも)考えた。

家族や時代背景も細かく描かれていて、耀司さんが自分を残そうとしている感じがしました。でも私の中ではこの映画と昔こどもの城で行われたポカリス○ット主催の6時間対談という企画の対話のイメージが強いなぁ。この規格当時の様々な注目を集めている人たちを一人一人読んで舞台の真ん中に座ってもらって来場者と対話するというものだったんですが(6時間それだけ)すごく面白かった。番組にもなったんだけどあれ、DVDになってないのかなぁ、今なら生放送とかになるんだろうなぁ。

この対談でも話題に上ったのだけど死という言葉が何回かでてきた。デザインを命にとりかえても作りたいもの、と語る耀司さん。坂口安吾の「それを表現しないと、死ぬしかない」という一文が印象に残りました。坂口安吾読んでみようと思いました。あと歳をお取になったなぁとも、ファンとして長生きしてほしいと思いました。

考えの整頓

ほのぼの本
08 /01 2013
考えの整頓
考えの整頓佐藤雅彦

暮しの手帖社 2011-11-01
売り上げランキング : 44470


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


近頃やっと本が読めるようになってきまして、帰りの電車の20分と(疲れていなければ)寝る前の時間を使って少しずつ読書です。暮らしの手帳に連載されたピラゴラスイッチなどで有名な佐藤さんのコラム。小さな事なのにどこか楽しく、思わずにっこりしてしまう話ばかりの本でした。

身の回りの些細なことをきっかけに自己に向き合うところが面白かった。それは疑問に対してとても正直で真っ直ぐなものがおおく、その姿勢に感動したほどです。昔の教え子が子供をつれて話しかけられたとき、その人の名前をどうしても思い出せなくて、それをずっと考える佐藤さん、やがてそれは自分の中の深い感情の根っこにいきあたる。決して気持のいい感情ではないのに、それを静かに深く考え、反省しより豊かに生きようとするその人生の向き合い方が素晴しいと思いました。そんなたいしたことないように見えますが、自分の中の負の感情、無くしてしまおうとしていた嫌な部分を掘り起こし丁寧に掌に乗せて考え、自分の過ちとふがいなさ、懐の浅さを認め、次に会った時はもっと、喜べるように受け止めるその考えの道筋に感動しました。これ、結構できそうでできないことです。自分は不完全であること、心から成長したいと思っていないとできないことです。歳をとればなおさらです。すごい人だなぁって思いました。
他にも朝の小さな気持のぶれに立ち止まり考える。そんな佐藤さんが周りの人を大切にしていないわけがなく、終わりの震災の時の話は、始終身重のスタッフを心配している様子にらしさを感じました。

耳って大事。シラク・ド・ウチョテさんに会いたい。それから船酔いしない方法は面白かった。この回に書かれてるデザインと美術の違いがはっとしました。デザインとは「よりよく生きる方法」であり、アートとは「なぜ生きるか」ということ自体から考えることなのだそう。面白い本でした。

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き