あん

現代小説
09 /30 2013
あん (一般書)
あん (一般書)ドリアン助川

ポプラ社 2013-02-07
売り上げランキング : 6949


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


少し前に老子の解説本を読んで、ドリアンさんの代表作として書いてあったので気になって読書。あん、という単純で素朴な題名にも惹かれました。
どら焼き屋をやっている主人公がおばあさんをアルバイトで雇うところから話しが始まります。

とんとんと話しが進み、楽しんでいるうちに物語りは意外な方向に展開してゆきます。ハンセン病という病をあまり知らない知ろうとしていなかったので、その言葉が出てきたときには驚きました。ちょうど先週末に新聞でその病気についての記事があって、まさしく記事で書かれているような出来事がおばあさんの徳さんから語られて、現実と物語の世界がリンクしたような気持になりました。

土曜日の夕刊に載っていたハンセン病患者の語り部の人のコメントに胸がいっぱいになりました。”怨念を怨念で返してはいけない”この一文はほんとうに辛い思いをしたひとの言葉だと思いました。同じような言葉を以前、今は亡き水俣病患者の言葉にもありました。なんだか最近しんどい事ばかりで気持が上向かなかったのだけど、このコメントの一文で、はっとしました。私はこういった辛い人が搾り出すように語る言葉が好きです。好きというのは語弊があるかな、心のある部分を確実に押してくる言葉というのがあります。その言葉によって救われるというか、おこがましいのだけど励まされます。

この「あん」にも後半の言葉は照れてしまうくらい正直な言葉が並んでいます。生きることの大切さを分かりやすく手にとるように親身になって語っていると感じました。
そしてどら焼きがとっても食べたくなる。生きる向きを変えてくれるのが小説であり心に響く物語だなと久しぶりに改めて感じることのできた小説でした。
スポンサーサイト

スター・トレック2 カーンの逆襲

SF
09 /30 2013
スター・トレック2 カーンの逆襲 [DVD]
スター・トレック2 カーンの逆襲 [DVD]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン 2007-10-26
売り上げランキング : 36097


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


早速見てみました。昔の映画なので、、、、と思ってたけど結構面白かった。そして新作とリンクする部分があって面白かった。シリーズを貫くテーマや有名な人の一文を引用するところなど共通点をみつけて楽しみました。初心者の一番わくわくする時期を楽しんでいます。はまりかけてます(^^;

スター・トレック イントゥ・ダークネス

SF
09 /28 2013
スター・トレック イントゥ・ダークネス (角川文庫)
スター・トレック イントゥ・ダークネス (角川文庫)アラン・ディーン・フォスター 尾之上 浩司

角川書店 2013-08-09
売り上げランキング : 10208


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



楽しく読み終わりました。先に映画をみていたので、情景が浮かびやすく初心者の私としては分かりやすかった。本来なら読んでから観にいくほうがいいんだろうなぁって思うくらい場面の心理描写がよくて面白かった。

本を読もうと思ったのは、映画で会話してるセリフがいいなぁと思ったのがひとつあります
最初、主任機関士のスコットが中身のわからない魚雷を船内に積み込むと決まった時に、艦長のカークに反対をせまる場面。このスコットが好きでして(笑)宇宙船の機関士としてのプロだけが持っている自信と誇りがある。映画の最初から誰よりも宇宙船のことを考えていて(それは一種の病気のようですらある)魚雷を積み込むことによって起きるトラブルを予言(この場合スコットは確定)している。この艦長との会話とくだりが映画をみててとても好きなりました。小説ではより詳しく専門的な言葉で艦長を説得しています。こういったところに私は面白さを感じました。

それから宇宙戦艦アカデミー(でよかったかな)の事をスポックとカークが語っている場面で民主主義がどうこうというセリフが映画にはあったのですが、小説にはなかった。

あとスポックが恋人と喧嘩して仲直りするときの会話も、映画と小説では違っていました。これは映画のほうが分かりやすく情感があってよかった。過去について語る場面で短い場面ながらも印象に残っています。

あと気になったのはブラッドベリという戦艦があるところ。これはやはりリスペクトということなのでしょうか。よく分かってないので個人的メモです。小説ではアーサー・C・クラークの『充分に発達した科学技術は、魔法と区別がつかない』とか、色々ちりばめられてて楽しかった。

それからカーンの自分の生い立ちを告白するくだりがいい。文章で涙を流しながら語った。とあると場面を想像してどきどきしました。

もいっかい映画観にいきたくなりました。


後書き読んで

スター・トレック 2―宇宙大作戦 カーンの逆襲 (ハヤカワ文庫 SF 542)
スター・トレック 2―宇宙大作戦 カーンの逆襲 (ハヤカワ文庫 SF 542)ヴォンダ・マッキンタイア 斉藤 伯好

早川書房 1984-01
売り上げランキング : 648413


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


闇の奥 (光文社古典新訳文庫)
闇の奥 (光文社古典新訳文庫)ジョゼフ コンラッド Joseph Conrad

光文社 2009-09-08
売り上げランキング : 23516


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


地獄の黙示録 特別完全版 [DVD]
地獄の黙示録 特別完全版 [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル 2013-06-26
売り上げランキング : 1430


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ここらへんを読みたい。

カーンの哀しみと人と人との変わらない関係性を思った一冊でした。

ねこ天国

にっき
09 /17 2013
Instagramの画像を記事に挿入することができる事にやっと気がついたので、やってみた。
今まで撮った猫たち。全てじゃないけどもうたくさんってくらいいますね(^^;失礼しました。



バカボンのパパと読む「老子」

まじめな本
09 /16 2013
バカボンのパパと読む「老子」 角川SSC新書 (角川SSC新書)
バカボンのパパと読む「老子」  角川SSC新書 (角川SSC新書)ドリアン助川

角川マガジンズ(角川グループパブリッシング) 2011-11-10
売り上げランキング : 379


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


100分で名著という番組で知り読書。老子の言葉を分かりやすく、バカボンのパパならこう訳すだろうという視点で原文、口語訳、バカボンのパパ訳と続く本。教えは短いもので、一つ一つ短い時間で読めるのだけど、どれもどきっとして読む時間は短いけど考える時間の長い本。
どこをめくっても深い考えがあってどこからでも読め楽しめる。
美しいと思った瞬間醜くなるとか、何もしないことの意味が綴られています。で、老子なので一見ばかみたいに思えたり見えたりするんですが、それがバカボンのパパに言われると『そうかも…』と思えてくる。そして本来老子はそんな意味を込めてこの原文を書いたのだろうなと思えてくる。本質はまじめに語られると嘘っぽくなるというのを体感できる一冊。
どの文も読みながら自分の言葉に変換しようとするとうまくいかない、まだまだなんだなーと自分を測ったりした。

スター・トレック イントゥ・ダークネス

映画
09 /16 2013
もう随分前なんですが、公開初日に見てきました。成田までお迎えにいった身としてはカンバーバッチさんの新作は見なくては…と楽しみにしていました。ばたばたと忙しかったのもあるのですが、見終わって原作(というか文章で)読んでみたくなり本読みたいなぁと思いつつまたのびのびになって、昨日やっと文庫本買ったので、映画の感想のほうを先に書きます。

スター・トレック イントゥ・ダークネス (角川文庫)
スター・トレック イントゥ・ダークネス (角川文庫)アラン・ディーン・フォスター 尾之上 浩司

角川書店 2013-08-09
売り上げランキング : 3001


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


本でみたくなるほど、セリフがきになりました。日にちたってしまったんで詳細にはいえないんだけど、歴史を感じさせる言葉や社会的なセリフが時々入ってて気になった。少し前に教育TVでカンバーバッチさんがインタビューを受けていたときもシェークスピアの話がでてきたように、ストーリーに強固な基盤があってそれが長く愛されてるところの一つなんだなぁと(スタートレック始めてなのです)思った。
映画は一人一人の個性が立っていて(初心者なんですってば)分かりやすかった。耳のとんがったスポックのキャラが苦手意識があったんですが、演じてる人がとても自然で好感を持った。多分二番目に好きになった(^^)この人のスポックいいとおもう。情があるところもいいけど冷静なんがけど冷徹じゃないところが佇まいにでているところがいいなぁ。傍にいてほしい感じがある。あと出航のとき降りちゃったメカニックの人が好きだなぁ。ああいった脇役のキャラがどれも良くて見てて楽しく気持よかった。プロ意識のある人の行動や会話がよく出てると思う。で、見てて思ったんですが、宇宙人と地球人が混在している世界にあって皆とってもホットなところが驚いた。そうかこれがスタートレックなのかぁと思ったらとても好きになりました。始めてみたので、宇宙に通底するコミニュケーションが感情にあるところに面白さを感じました。カンバーバッチ演じるジョンも冷酷ながら家族に対する暖かい感情を持ち合わせていて、それが原動力となって動く。家族を失いたくない、自分が生きている限り必要とする愛する者の存在の大切さ重要性をひしひしと感じて切なかったです。
物語がよくできすぎて展開が速かったので、本を読んでもう一度じっくり楽しみたい。はい、読書します(^^)

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル

DVD
09 /16 2013
ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル ブルーレイ+DVDセット(デジタル・コピー付) [Blu-ray]
ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル ブルーレイ+DVDセット(デジタル・コピー付) [Blu-ray]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン 2012-04-27
売り上げランキング : 1976


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


レンタルでみてみました。久しぶりにトムクルーズかっこいいなって思った。少し前に夫がトップガンを見てて懐かしかったので、時の流れも楽しんだかんじです。この間みたスタートレックもそうですが、ちょっとした合間にみえる人間くささがいいなぁ。私もそれが分かる歳になったのかなぁ(^^;。好きなシーンはラストかな、奥さんと見詰め合うところ。ラブシーンよりもこのシーンがいいと思うのも歳をとったからかなぁ。

僕が電通を辞める日に絶対伝えたかった79の仕事の話

ビジネス書
09 /14 2013
僕が電通を辞める日に絶対伝えたかった79の仕事の話
僕が電通を辞める日に絶対伝えたかった79の仕事の話本田 亮

大和書房 2013-04-20
売り上げランキング : 3943


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



朝FMを聞いているんですが、毎朝色んな人を紹介するコーナーがあって、そこでこの本田さんが出演し面白そうな本だなぁと思って読書してみました。電通で活躍した著者が会社を辞める時に社員むけに行った講演の内容を書いた一冊。79の項目に分かれていて一つの項目が2ページ(最後の79番目が3ページ)で見出しは短く重要な一文は太線で書かれ線がひいてあるという分かりやすさで、ちょっとした時間に読むことができます。私も電車の中や寝る前の5分でこの本を開き読み終えることができました。

内容はいたってシンプルで簡単で、でもなかなか言葉にできないことや、分かっていても難しいことへの第一歩の踏み出し方が書いてある。仕事に必要なものはやがて人生にも必要なものとなり、生きていくうえで大切なものが含まれていると感じさせてくれる一冊。本田さんは満員電車でメモをとりながらこの本を書いたのかなと思ったりした。現役時代の失敗談や経験談はとても面白かった。後半はちょっと説教くさくなってたかな。悪口をどんな場面でも言わないという考えは素晴しいと思った。ストレスを溜めず人と接してゆける人なんだなぁと思いました。
何事も面白く考え工夫次第でいかようにも人生は楽しくなるということを改めて実践の面から気付かせてくれた一冊でした。


追記:項目のいくつかが印象に残った。弱者に優しい強者は好きだという項目があり、それは私も信頼できる人を測る上で大切な事の一つだと思っていたので共感できた。自分を強者と自覚して立場の弱い人に強く(辛く)当たる人は信頼できない。世の中にはそんな人が多く、自分でもそうなってしまいそうになるのを感じる。ただ弱者の方はそこらへんとても辛らつに人を見ていて、それはその人への評価に繋がっていることに気付いたので気をつけようと思った。本当の優しさはここに現れると思います。

「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」感想その1

村上春樹
09 /07 2013
色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年
色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年村上 春樹

文藝春秋 2013-04-12
売り上げランキング : 335


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


出版から随分たってしまいました。発売日当日に早起きし会社に行く途中で購入、即読みしました。それでももったいなくて5日くらいかけたかな(笑)うぉぉぉぉぉーな気持で感想どうやって書こうかぐるんぐるんしてすごしておりました。ちょうどその頃からはじまった村上春樹のラジオ講座を聞き、折に触れこの新作の話しがでてきていて、テキストにも対談がでていて、ぐるんぐるんしっぱなしでした。

しかし会社で昼休みに読んでいたら同僚に興味をしめされ本を貸してくれといわれました。一度きっぱりと断ったのですが、しつこく本を貸してほしいといわれて貸してしまいました。なので長い間手元にこの本がなく、感想を書くことができないままきてしまいました。今でも彼女に本を返してもらっていません。

好きで買った本を好きだと分かっていながら強引に借りなかなか返さないという人が時々いますが、あれはいったいどういった気持からくるのでしょう。私には理解ができません。その人は悪い人ではないし、特に目立った欠点があるわけではないのですが、(むしろその逆で皆に愛されているように見える)他のものならまだしも、本好きで時に村上春樹を好きであることを知っていながら、5月から借りたままというのがどうも分からない。それほど深く考えることでもなく、買いなおせばいいのですが、どうももやもやしてしまいます。こういったことは時々おきます。その人たちのことを考えると不思議な気持になります。「これ面白いから読んでみて」と渡されない限り、本好きの人から本は借りないほうがいいと思います。図書館にゆけば借りることのできる本を買って手元において読みたいと思って持っているものなんです。例え読んでいなくてもそこに本があるだけでも幸せという気持を知っている人には分かると思いますが、分からない人も知っていてほしい。本はそれが好きな人にとって血肉のように愛しいものなのです。

…感想書く前から長い前置きです。…そして時間がきれてしまいました(^^;、二度目の読書が終わり、さぁ書くぞーと、決心した前章というかんじでしょうか(汗)これをその1として、つづきかきます。

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き