猫のいる日々

現代小説
09 /30 2014
猫のいる日々: 〈新装版〉 (徳間文庫)
猫のいる日々: 〈新装版〉 (徳間文庫)大佛 次郎

徳間書店 2014-08-01
売り上げランキング : 153884


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この間夫に連れられて神保町の本屋に行ったときに買った本。最近本屋にいかなくなってしまいましたが、いいですね。本棚を眺めて自分にあった一冊を見つける楽しさを忘れていました。今はネットで本が買えるけど本屋さんの楽しさは大事だなぁと思った。そんな楽しさを思い出させてくれた本。

おさらぎ(大佛)さんの家には随時15匹以上の猫がいて、そのことを短いコラムで書いている。自他共に認める猫好きの苦労と楽しみ、おかしみがあふれていて楽しかった。歌舞伎座の舞台の上にふらりとやってきてしまう猫の話とか、飼っている猫のかくしゃくとした性格の話など、昭和三十年代とは思えない、いきいきわくわくした空気が伝わってきて、毎日ちょっとづつ楽しみながら読みました。
ひとつひとつ語るとただの猫のことにすぎないのに、大佛さんが語ると物語になってしまう。それは愛があるからなんだろうなぁと思った。パリの野良猫や外猫という通いの猫など、様々な猫をみつめながら、猫を捨てに自分の家にやってくる無責任な人たちに怒る姿勢を、現代にも通じるものとして受け止めました。

本屋で見てネットで買えばいいやぁという本屋を軽んじてしまっていた自分を反省。でも、わくわくする本屋も少なくなってしまったのも現実なので、寂しいなぁ。新しい楽しい発見をみつけに本屋に通った頃にまた戻りたいな。
スポンサーサイト

ヨコハマトリエンナーレ2014

美術館・博物館
09 /27 2014
横浜のトリエンナーレに行ってきました。9月15日なので、かなり日にちがたっているのですが、思い出し思い出し書きます。

s-IMG_2428.jpg
これは横浜港に留まっていた飛鳥Ⅱ、かっこよかったです。

s-IMG_2404.jpg
コンセプト「華氏451の芸術 世界の中心には忘却の海がある」を読んで面白そうだなと思いつつでかけました。第一回目のトリエンナーレのインパクトが強くて、どうしても比べてしまうのもいけない。
横浜美術館と、新港ピア、ヨコハマ創造都市センターに行きました。(黄金町は急用ができていけなかった)

横浜美術館では、猫のインタビューと
s-IMG_2407.jpg
これが面白かった。(↑鏡にうつった自分が写ってます)
s-IMG_2412.jpg
忘れられた時間に思いをはせる(でいいのかな)というのに、わくわくしてたんですが、私はそのコンセプトがどう作品とむすびついているのかが分からなかった。いや頭で分からなくてもなんとなく感じたかったんですが、がつんとくるものがなかったのが寂しかった。

s-IMG_2418.jpg
地下のこの作品…面白かった。ロッカーが何故あるのか考えてしまった。

横浜美術館で見たこの作品
s-IMG_2405.jpg

対をなすものが
s-IMG_2425.jpg
新港ピアにあった。船もあった。

s-IMG_2420.jpg
s-IMG_2423.jpg
賑やかで楽しい

ヨコハマ創造都市センターの展示が面白かった。また行きたい。ビデオもじっくり見たかった。
s-IMG_2433.jpg
この原油を使った作品、以前水戸芸術館で大きいの観て夫と面白かったねって何度も話してた作品だったので、再会できてうれしかった。
忘却の海とはなんだったのか分からなかったんですが、自分で対峙しなくちゃいけないんだなと大きな問題をもらって帰ってきたような気持でした。

坂の上の魔法使い

BL
09 /27 2014
坂の上の魔法使い (ミリオンコミックス 84 Hertz Series 72)
坂の上の魔法使い (ミリオンコミックス 84 Hertz Series 72)明治 カナ子

大洋図書 2009-12-26
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


無二の王―坂の上の魔法使い2 (ミリオンコミックス Hertz Series 114)
無二の王―坂の上の魔法使い2 (ミリオンコミックス  Hertz Series 114)明治 カナ子

大洋図書 2011-12-01
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


黄金の川岸―坂の上の魔法使い3 (H&C Comics ihr HertZシリーズ 132)
黄金の川岸―坂の上の魔法使い3 (H&C Comics  ihr HertZシリーズ 132)明治 カナ子

大洋図書 2013-03-01
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


以前から気になっていたコミックをやっと手に入れたので読書。よかった。久しぶりにはまってます。
どこがどうよかった、と書き出すのは簡単なのですが、この作品のよさは多分この絵とリズムと展開が絶妙に一致している点にあると思う。王と魔法使いの関係が実に詳細に考えられていて、それが読み返すほどに分かってくる。龍や魚との関係は作者の世界観がよく現れているし、魔法使いの世界というのがしっかりとあるので安心して展開についてゆける。魔術でできることとできないこと、まやかしと真実との境が明確に定義されているので、三巻で物語が終わると同時に頭の中で世界ができあった。エピソード一つとっても過不足無くまとまっているのでよく練られているなぁと感動しました。
これ多分若い時に読んだら分からなかった。相手を何が何でも手に入れたいと思うのをすぎた時に分かることが描かれているとおもう。
リーの産まれた時とか、城に連れてこられたときの話しとか考えちゃう考えちゃう(笑)娘にお母さんのむちゃくちゃツボだね、って言われた。だから読みたかったんだよっ!!

Starlet

現代小説
09 /21 2014
Starlet (すこし不思議文庫)
Starlet (すこし不思議文庫)白井 かなこ 月村 朝子

主婦の友社 2014-09-05
売り上げランキング : 113740


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


約束」の白井かなこさんの小説が発売されたので読みました。
高校2年生の賢介は父子家庭。お父さんとあまり仲がよくないのだけれど、自炊もする偉い学生だけどちょっとどこかクールに世の中をながめていて、クラスメートの陽一にバンドを誘われ、どうしようかなぁと思っているうちに夏休みがやってくる。思春期の多感な時期に様々に揺れ動きながら成長していく様子を描いています。母がいないことの悩みと父とのちがい、どこにでもあるしかし一つとして同じものはない成長の過程を丁寧に描いていると思いました。
「約束」でも思ったんですが、細やかな描写が好きです。約束では確か先生の首に下がっていたホイッスルが数字の9に見えるたという主人公の描写があって、なんだかそんな一文がいつまでも印象に残っています。今回のStarletでも、銀色のスプーンを噛んだ時のようなーというくだりが心に響いています。あともう少し後のほうでインパチェンスと花が出てくるのですが、これどんなお花か分かりますか(笑)園芸科に進んだ娘に最近教わった花なんですが、皆さんよく見かけている花なんですよ。こんな小さなでも物語を膨らませるディテールがたくさんある小説です。なので思春期でなくても(笑)どんな年代でも楽しめる小説となっています。
後半で私が特に好きなところは、主人公が自分の履いているシューズや身の回りのことを思い出す度にお父さんを思い出すところです。普段殆ど話さなかったお父さんが、実は見守ってくれていたと離れてみて徐々に実感してゆくところが好きです。それは穏やかにしかし確かに少年の心に届いたことでしょう。必死に真っ直ぐに生きようとする主人公のひたむきな気持が心地よい小説でした。

キル・ユア・ダーリン

DVD
09 /13 2014
キル・ユア・ダーリン [DVD]
キル・ユア・ダーリン [DVD]
TCエンタテインメント 2014-06-27
売り上げランキング : 15477


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ダニエル・ラドクリフの映画を観ました。同性愛の映画で雰囲気があやしいので、子供が来たらその度止めておりました。なので観終わるのが遅かったです(笑)。でも何度も同じ場面みたりした。あの時代の独特の雰囲気というのが伝わってきます。厳格な家庭と、社会との葛藤を現した青年役をこなしておりました。愛した人の魅力に振り回されながらも自我を確立してゆく姿は紙一重で成長してゆく素晴しさに満ちてます。実際に起きた事件をもとにしているというのにも驚きました。いろいろどきどきする映画でした(^^)

ローマ環状線、めぐりゆく人生たち

映画
09 /13 2014
夫に「君の好きそうな映画やってるよ」って新聞の記事を薦められて、気になっていた映画を先週観て来ました。
ローマの環状線沿いにくらす人々のドキュメンタリー。最近ドキュメンタリー観てなかったので、そしてローマって国をよく知らないままぼんやり鑑賞したけど、よかったです。近頃こういった攻める映画見てなかったので激しく反省(攻める映画とは娯楽目的ではなく作品のなかに入って血肉となるような経験を自らに刻むように見なければならなない作品のことである)
シーンの端々に環状線が映っているほかは何の説明もなく映っている人はごく普通に生活してる。紹介がないので想像するしかないんだけど、例えば救急車に乗って仕事をする男の人は家族と離れてくらしているらしいこと、その家族を愛していることが説明なく観ることで伝わってくるつくり。小さな部屋に娘と老人がいるのだけど、その二人はいるべくしているのだけど、会話の様子からお互いを好きでいることが分かる。そういった、全く違う生活人種なのになぜか”分かる”ものが見えてきて面白かった。そこには想像する必要はなく、ただ感じれば分かるものがある。そしてその”分かる”を積み重ねてみるとそこに自分の感じたローマが浮かび上がってくる。
生活に疲れが隠せないお金持ち(だった)貴族はどこみても、どうやってもどこか虚構がみえていて、路上生活者は明日も見えない毎日だけど、諦めの先にあるからっとした空気をもっている。植物学者はその説明がなくても、植物の賢者であることが分かる。こう歳をとってみると、人間を決めるのは肩書きや持っている資格じゃないってことが分かる。持っているいないも大事だけど、一番大事なのはその人のその人である根幹をなす魂のようなものであるんだなと、私はこの映画を観て感じました。植物学者の椰子に対するコメントが象徴的ですが、言葉にするよりもっと植物学者の佇まいが全てを語っているように感じた映画でした。
この映画は他にも墓地の場面があったりした。うなぎのおじさんは、うなぎ漁はだめになってしまう!と怒ってる隣でおばさんが黙ってつくろいものしてるところがおかしかった。きっと撮影してるから無口だったんだろうなぁ。人見知りなかんじでした。途中後ろで網を治しているおじさんが道具落としたり、犬が「なにしてんの?」とことことやってきたりして、そんな風景が映ってるのも素敵でした。娘とメロン食べながら「国産はいい」とか言っているのを観ると、ほんとに人って変わらないんだなぁっておもった。国や国境があるだけで、たぶんそんなに違わない。でも違うからこそ同じ部分もあるのかも。ドキュメンタリーとはいえ編集されているのだけけれど、それでも今のローマの先は見えないまま、でも絶望はしていない生きている感じが伝わった。それが”分かる”ということは、多分日本も同じなのだろうな。

レンタルで観た作品4つ

DVD
09 /13 2014
最近映像が恋しくなりまして、観たかった映画をぽつぽつ観てます。

キャプテンハーロック
キャプテンハーロック Blu-ray通常版
キャプテンハーロック Blu-ray通常版
ポニーキャニオン 2014-02-21
売り上げランキング : 6802


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


若い頃
わが青春のアルカディア [Blu-ray]
わが青春のアルカディア [Blu-ray]
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D) 2013-08-09
売り上げランキング : 10098


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

を観た者としては懐かしい作品でした。
CGになったとき???って思ったけど、違和感なかった。映画館で観ればよかったかなと、映像の大きさと迫力を見て思った。もうハーロックならいいんです。無駄に(?)過剰にかっこいいんだけど(笑)ハーロック素敵です。井上さんの声の印象が強かったのですが、CGのせいかそんなに違和感なかった。ちょっとぼそぼそ言いすぎかなってところもあったけど、ハーロックが動いてるだけで(そこですか、そこですよ)ミーメや他のキャラが愛に寄っているなぁと思った。愛は宇宙を救うのかぁ。愛情の表現が多くてストイックなイメージがあったんだけど、大人の映画なかんじがしましたよ。ストーリーは…わが青春のーがどんなだったか思い出せないんですが(汗)エメラルダス出てきてほしかったなぁ。CGでひたすらかっこよかった、というのが感想です。


クリミナルマインド
クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪 シーズン1 コンパクト BOX [DVD]
クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪 シーズン1 コンパクト BOX [DVD]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 2011-10-18
売り上げランキング : 4899


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


お友達に薦められ、ずっと観ようと思っていたんだけど、すぐ題名忘れてしまって(歳なんです)何度か思い出しつつ教えてもらいつつやっとパート1の1巻観ました。FBI捜査官のドラマ、シリーズが続いて人気だということは多分今のアメリカ人の心理をよく捕らえているドラマなんだと思う。面白い。凶悪犯罪なので怖いけど(泣)楽しかった。少しずつレンタルしてみてみることにします。大人のドラマですね。


ライフオブパイ
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 [DVD]
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2013-11-22
売り上げランキング : 3746


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


日比谷勤務してたときに、有楽町でやってて見たかったんだけど、確かレ・ミゼラブル観たんだった。それで覚えてる映画。パイって食べるパイじゃなくて円周率のパイなんですね。小数点以下の数字をたくさん覚えた頭のいい少年が、日本船にのり沈没してそのとき乗り合わせていたトラと漂流する物語。最初はオラウータンやしまうまやハイエナもいて、ノアの箱舟なんて言ってたけど、徐々に野生になってゆく。菜食主義だった少年が泣きながら魚を食べるシーンや、食べないでと弱ったシマウマを食べるハイエナにうったえる場面が印象にのこりました。こういったのは心理的なダメージが大きいと思う。しんどいと思う。自分との戦い。こんなにうったえるものがあると思わなかったので、驚きつつ観ました。綺麗な映画とばかり思ってたので、その反対の部分もちゃんと映像で表現してたところがよかった。いい物語でした。


アメイジング・スパイダーマン
アメイジング・スパイダーマン [DVD]
アメイジング・スパイダーマン [DVD]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2013-04-24
売り上げランキング : 1608


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


こっちのスパイダーマンも観たかったのでみてみた。おなじみのストーリーの変わった部分を楽しみながら探しつつみた。この作品はちょっとしたおかしみがあるところがよかった。コミカルというのかな。あとほろっとさせる設定もべタベタなんだけどこっちのほうが個人的に好きだなぁ。酷く憎みつつも愛するというスパイダーマンならではのロジックが改めて楽しめる映画でした。橋から落ちそうになった子供を怖がらせずに助けるシーンが好きだなぁ。

楽園としての芸術展

美術館・博物館
09 /13 2014
東京都美術館で行われている「楽園としての芸術」展へ行ってきました。アトリエ・エレマンプレザンとしょうぶ園で制作された絵画や立体、刺繍を主とした作品です。ダウン症などの障害がある人の手で作られた作品はにびのびと丁寧にためらうことなく、しかし慎重に作られたことの伝わる美しい作品でした。もっと自分を出していいんだ、もっとのびのびと心を伸ばして生きていいんだと作品に教えられたような気持になりました。ペットボトルや冷蔵庫にフェルトや布を貼った作品がよかった。日常にある当たり前のものを当たり前のもので包む、貼るだけなのに、そこには非日常と人の手によって作り出された美しさがありました。色のない毎日をすごしている、と思っているのはそのように過ごそうとしている自分自身なのだと感じました。

金曜日の夜、会社帰りに行きました。ナイトツアーや演奏会が開かれ夜の美術館もいいなぁと思いました。上野は他に博物館も西洋美術館もあるからめぐるもっと楽しくなりそう。秋の夜長の楽しみがひとつ増えました。

BCTION

美術館・博物館
09 /06 2014
<IMG_2170.jpg
麹町で9月1日から行われているビクションに行ってきました。
ツイッターでふらりと知って面白そうだったので、会社の帰りに寄ってみました。3日の水曜日の夜でした。

IMG_2171.jpg
入り口がわかりずらくて、最初通りすぎてた(笑)キンコーズの看板がそのままでていて、そこがビクションの入り口になってました。(看板にキンコーズの文字が透けています)解体が決定しているビルを一棟まるごと50人の芸術家が作品をつくり競演するというもの。
キンコーズの壁はもうこんなふうになってました。素敵。

殆ど知識なくふらりと行ったのですが、とても面白かった。何より各フロアの作品の密度がすごい。何も分からなくてもそのパワーの強さ才能の輝きを肌で感じました。時間をかけこの空間をどう変えようかそんな気迫と意気込みがストレートに伝わってくる。びりびりした感じを久しぶりに味わった。
IMG_2177.jpg
9階建て全てのフロアに作品があります。向かいのビルにはまだ仕事してる会社の人とか見えて、そのアンバランスな対比がまたなんともいえない空気をかもしてた。

私は事務所移転の仕事に携わっていて、こんなふうにがらんとしたオフィスビルの様子というのは現場でよくみています。誰もいなくなって、コンセントやタイルカーペットや敗戦のマットが無造作に敷かれた空間がこんなに表情を変えるということに驚きました。
社長室や秘書室、社員がコピーをとっただろうコーナーや雑居ビルとして人々が仕事で行き交っただろう頃のビルを想像しながら観ているとまた一層面白くなりました。

IMG_2190.jpg
上司(役員)クラスの人が利用しただろう奥の個室もこの展覧会ではこんなかんじに。

IMG_2237.jpg
ひとつひとつのフロアが全く違う部屋になっていて、基準階として同じように作られた部屋でも作家によってこれほど違ってくるのかと、驚きと楽しさがあった。あと行ってみて感じる匂いや筆のあとなどの造詣は五感で感じる面白さでした。
このフロアの奥にあった犬の絵はピカソのゲルニカの馬を思わせる角度でかっこよかった。製作PV動画を見ると二人で描いたようす。その工程がまたわくわくしました。
どのフロアも一人ではなく何人もの人の手によって描かれていて、私はその境界を探し観るのが楽しかった。そこには芸術家どうしの融合と融和があって、どこでどのように互いが折り合いをつけたのかが伝わってくる。またそれを全体で見るときの楽しさはこのビルがなくなるまでのものと考えると残念で美しいです。

IMG_2257.jpg
梁や柱・窓の構造を上手く利用した作品。壁やパーティションの素材感をそのまま生かした作品など床から天井まであますところなく楽しんで作られた作品9フロア分、とても贅沢で面白くてわくわくする展覧会でした。もう一回行きたいな。
エレベーターとトイレも面白かった。トラウマになりそうで楽しい(^^;

入居者のいないくなった廃ビルを利用して作られている作品なので足元や天井など気をつけて進まなければならないところが多多あります。小さなお子さんやハイヒールなどの歩きにくい靴では気をつけて観覧されることをお勧めします。歩きやすい靴や服装で行かれるといいと思います。
また入場は無料ですが、オフィシャルHPで事前にチケットQRコードをダウンロードしておくとスムーズに入れます。

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。