見てしまう人びと

まじめな本
01 /31 2015
見てしまう人びと:幻覚の脳科学
見てしまう人びと:幻覚の脳科学オリヴァー・サックス 大田直子

早川書房 2014-10-24
売り上げランキング : 14803


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


新聞の書評で紹介されていた本を読書。人は意外と幻視や幻聴を見聞きしているという事柄が書かれているとあり、興味がわいて読んでみました。私も若い頃一時期不思議な物が夜寝る前に見えていて、ずっと気になっていたのでその謎も解きたかった。
作者は「レナードの朝」を書いた有名な教授で、自身の幻覚経験も語られています。これ読むとなんだか幻聴や幻覚を見るのはあたりまえな気持になってくる。でもその反面、普通の人が見えないものが見えるということが、社会的にも自我の構築の上にも恐怖になっているというのもよく分かった。脳の中の一部が過剰に働いている、または働いていないから起こる現象と分かっていても、自分はおかしくなってしまったのかと、思わずにはいられない。
そして人は物語を作る生き物なので、その現象に自分なりの解釈をつけてしまうから、尚更おかしくなってしまう。冷静に考え分析し人(オリバーさん)に話をした患者さんは皆すごいなぁと思いました。私だったら誰にも言わずに悩んでしまう。そしてそんな人が大多数だと思うので、やはり人は何かしら幻を見ているんだなぁと思ったりしました。

幻視、幻聴の様々な特徴や前兆が数多く紹介されていて、細かな分析がされているのもよかった。頭痛持ちやてんかんなどの発作の状況や、ドフトエフスキーやジャンヌ・ダルクが観た幻覚の分析など、知的好奇心が沸きました。

とても専門的なことを語りながらも、読みやすく想像しやすいのは、作者が自分の生い立ちを語りながらフレンドリーに話しかけるように書いているからなのかもしれない。そこには患者さんに対する尊敬や感謝があるのではないかと読み終わって思いました。
過去という記憶の考え方や、芸術性があるといわれるひとの脳の構造に思いをはせた一冊です。
スポンサーサイト

フォレスト・ガンプ

DVD
01 /18 2015
フォレスト・ガンプ [DVD]
フォレスト・ガンプ [DVD]
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン 2006-07-07
売り上げランキング : 1098


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


去年後楽園でシュリンプカクテルが美味しそうなお店を見つけ、海老が好きな夫と行ってみたいなぁとずっと思ってたんですが、先日豊洲で同じお店をみつけ入ってみました。入ってからフォレスト・ガンプの映画がコンセプトとしり、店内にも映画が流れていたんですが、観ていなかったので観てみました。1994年に公開され有名な映画です。なんで観てなかったのかなぁと思ったら、この時期の私は人生で一番ばたばたしていた頃でした。仕事が忙しく翌年に結婚した頃でした(^^;

映画はフォレストの視点で描かれます。彼に知的障害があると言われた母はそれでも学校に通わせる。最初の黄色のスクールバスに乗るシーンは、最後のシーンに繋がっていて印象深い。
物語はテンポよくとんとんと進みます。プレスリー、ベトナム戦争からケネディ暗殺、ウォータールーホテル事件、ジョン・レノン、時代時代のポイントをフォレストは縫うように生きてゆく。

私が気になったのは、フォレストとジェニーの関係。ジェニーは虐待を父から受けていたばかりに、決して手を出さないフォレストによりそうように少女期をすごす。またそれによってフォレストに心もよりそっている。ジェニーは父に似た暴力的な彼氏ばかりとつきあい、フォレストは少しでもジェニーに乱暴する男を必死にこらしめる。ジェニーは慌てながらも、フォレストを邪険にはしない。彼女も好きなんですね、でも彼女の中にはいくつものわだかまりや障害があって、愛していると言うフォレストに甘えてる。それば愛じゃないといいながらも、深く依存してる(と私は思うなぁ女として)

ダン中尉も個性的な人で、ジェニーが男女の呪縛があるとすると、ダン中尉は社会の呪縛がある。ベトナム戦争から帰って、社会の暗部をみながらも、フォレストとすごすうちに浄化されてゆく。

ババは黒人(社会)の呪縛がある。彼はずっとフォレストに海老の話をする。亡くなった後、フォレストはババ・ガンプ・シュリンプ会社を作り家族にその半分の配分を配当する。ここにもアメリカの暗い歴史の部分がでてくる。

アメリカの影の部分をフォレストはたんたんと、むしろ軽快に見えるほど軽やかに走りぬけてゆく。

後半の母の死を経験するあたりから、印象に残るセリフがでてくる。「生は死の一部」とか、「自分の運命は自分で決めるの、神様の贈り物を生かして」とか、運命は何かわからないといいながらも、人生の二つの側面の間を生きるフォレストの真っ直ぐな(母が亡くなる時、医師が「まっすぐに育ったな」というけれど、あれは比喩だよなぁ)生き方が、周りの健常といわれる人々の人生のなかで際立って美しく対照的にみえてくる。

彼女の墓に向かい、僕らには運命があるのかそれとも風に乗ってたださまよっているのかと問いながら、たぶんその両方だろうと答えているところが興味深かった。決まっているところと決まっていないところがある、と自ら堅く生きていながら語っている姿は説得力がありました。

彼が「きみの面倒をみるよ」と言うと、ああ、彼ならきちんとみてくれるんだろうなという安心感がある。見えない信頼のようなものが場面から伝わってくるようになる。ぼくばばかだから、と小さい頃から言い続けたフォレスト(それは最初の校長先生と母との会話を聞いたときから始まっているんだけど)の、この頃からの孤独の覚悟をしている強さ、を感じます。
色々思い悩むより、いまできることをきちんとこつこつやって生きてゆけば、人生はそんなに難しくないのかも、と改めて思わせてくれた映画です。まぁ世界は複雑なので、それだけじゃないんだけど、変にいろいろ考えるより、執拗に細かいことを考えすぎずに生きるのは、自分のため以外にもいいのかも、と思った映画でした。

ババ・ガンプ・シュリンプ
2015011809310621a.jpg

20150118093044bbe.jpg

20150118093015db6.jpg

アラバマ州のレストラン風でいいのかな。
映画のなかではあまり料理がでてこなかったんだけど、楽しかったのでもう1回行きたい。
バケツで海老食べるんだぁ(^^)

アデル、ブルーは熱い色

科学
01 /13 2015
アデル、ブルーは熱い色 [DVD]
アデル、ブルーは熱い色 [DVD]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン 2014-11-26
売り上げランキング : 1264


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


こう何か盛り上がるような映画が見たくて、でも普通の恋愛ではなぁ…と思ってふらりと見ました。でも結構ずっと気になってた映画。同性愛って男性の方をよく見てしまうので、女性のほうも見てみようと思って見ました。

アデルはちょっと変わった女の子。一目惚れした青い髪の女の子(大学生なので子という感じじゃないんだけど)が忘れられず、いい感じの男の子をふってしまう。
やがて自分の性を自覚し、自由な愛へと向かっていく。主人公のアデルはふっくらとした色っぽい女の子。反抗心もありタバコも吸ってるんだけど、家庭は保守的で、自分も学校の先生になろうとしている。

相手の女の子は芸術家で、奔放に生きている。だからこそ惹かれるし好きになる。

性がどうこうと言う前に、こんな感じあったなぁって思ってしまった。本人は自覚なく恋に振り回されて、どうしようもない感じが、辛いんだけど、幸せになるとどこまでも幸せになっちゃう。

やがて二人はわかれるけど、その感じもいいなぁ。…年寄りだなぁわし。

同性の恋愛ってみんなパワフルですね。愛にどんどん進んでく感じがします。

最後の孤独なアデルのその後を胸アツで思ってしまった映画でした。

フジタ、夢をみる手

美術館・博物館
01 /02 2015
ポーラ銀座ビルでレオナール・フジタの展示があったので入ってみることに。ポーラ銀座ビル5周年記念企画なのだそう。レオナール・フジタの作品がずらっと並んでいました。あの独特な白い肌の少女やキツネなどの獣、子供で表現された様々な職業の「小さな職人たち」シリーズまで、近くまでよって観る事ができ、楽しかった。(12月22日)汐留から東京まで歩いたけど、色んな美術を観ることができ楽しい一日でした。年末の銀座はわくわくすることが一杯でした(^^)

エスプリ ディオール - ディオールの世界

美術館・博物館
01 /02 2015
東京方面に行く途中で、ディオールの展示があったので覗いてみることにしました。
エルメスも上野でイベントをやっていたけど、そんなブームが今あるのかなぁ。

20150102193402059.jpg
黒の暗い室内でかっこよかったです。
地下階で香水を作っていたり、服以外にも様々な面を持っているディオールの世界を堪能しました。
201501021931273ed.jpg
こういうドレスあこがれます。

20150102193148f85.jpg
日本のイメージなんだそうです

2015010219321428a.jpg
観ているだけでわくわくしてきます

20150102193239fe5.jpg
名和晃平の作品も
2015010219330136e.jpg
洗練された形の仮縫いの場

201501021933213af.jpg
このコート欲しい…それだけなんですが、かっこいくて欲しかった…
完璧な世界観に圧倒された展示会でした

荒井良二だもん

美術館・博物館
01 /02 2015
汐留でデ・キリコ展を観て、そのまま話しながら銀座の方へと歩きました。12月22日の月曜日で、資生堂ギャラリーなどギャラリーの多くは休みだったのですが、開いていたギャラリーもあり、探すともなく開いているギャラリーに飛び込んで遊びました。
このキンザ・グラフィック・ギャラリーもその一つでした。で、このギャラリー私的には当たりだった。こういったふらっと飛び込むギャラリーに今の自分の心の状態にぴったりくるのがあるのが楽しい。時間と運が必要で、今回も歩くのが好きな友人といたからこのギャラリーの前を通ったんだと思うと、すっごく面白く楽しい。嬉しいサプライズでした。


20150102193107325.jpg
ギャラリー前で撮影したので部分しか撮れませんでした

ギンザ・グラフィック・ギャラリーで2014・12・3~12・25までほぼ三週間の展示でした。22日に行ったのですが、会期中に描き進められていたようで、まだ白いキャンバスもありました。壁に書かれた様々な作品は描きたてできたてのオーラがありました。一階と地下階の2フロアで、地下にはいしいしんじさんによって壁に書かれた作品もありました。
この壁に書かれた文章がプリントアウトされていて、家に帰って読み返した時、はたと思い出しました。

絵描きの植田さん
絵描きの植田さんいしい しんじ 植田 真

ポプラ社 2003-12
売り上げランキング : 362064


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


2010年5月に読みました。この時は植田さんの白い雪のイメージがあったけど、今回の「とじる門」はとても生々しい、震災(災害)をテーマにしていて、その救済に突き進む荒井さんの姿が鬼気迫るほど切実な姿に思えました。
以前高輪プリンスで行われた絵本の展覧会のアートワークに参加したことがあります。その時の、荒井さんの即興で絵を描く姿を見た時の事も思い出しました。この文章にでてくる画家の絵の描き方の表現を読むとまさにそのイメージが自然と浮かんできました。

屏風や紙の玉を筒に入れるちょっとした遊びの場もあって子供が遊んでいて楽しかった。
屏風などの作品には金色が多く使われていて、荒井さんの色彩って黄色が印象的だったんだけど、金色の作品もあるんだぁって思いながらみました。
あさになったのでまどをあけますよ
あさになったのでまどをあけますよ荒井 良二

偕成社 2011-12-02
売り上げランキング : 28745


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

絵本の原画なども多くあって、私が特に気に入ったのは「まってるもん」でした。
イノチダモン
イノチダモン荒井良二

フォイル 2014-07-29
売り上げランキング : 260894


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

青緑のかわいいちいさな子供のようなまってるもんは、なんでもいつでも門の上でもまってる。待つことってとても大切で、自分の中にも人の中にもあるその力を信じなくちゃいけないのに、今の生活はなかなか待つということができない世の中で、子育てでも人間関係でも必要なこの”待つ”をやってくれるまってるもんに強く惹かれました。(この絵本は命にまつわるお話しで内容は少し違います)

とても素敵な素晴しい展示でした。

デ・キリコ展

美術館・博物館
01 /02 2015
来年のことをいうと鬼が笑うといいますが、去年のことをいうとねずみに笑われてしまうのでしょうか(笑)
去年書ききれなかった美術展そのほかを書きます。

先月、汐留ミュージアムで行われた「デ・キリコ」展(2014・10・25~12・26)へ行ってきました。
券をもらっていけそうにないかなぁと思っていたのですが、時間ができたのでお友達と行ってみることができました。独特な個性のあるキリコですが、私はこの人の絵はあまり好きではなくて、というか理解ができなくてマグリットとかそちらのほうが好みだったのですが、今回本物を見ることができ、また会場には生前の番組などが流れていて、それを見たらイメージが変わりました。変わっている人というのはかわらないけど、キリコさんの心の奥にある深いものを感じることができ、人となりというかキリコさんの佇まいが好きになりました。
絵画はどれもやっぱり不思議で、ビスケットやパンや不思議なものが板にはりついているような絵なんですけど、その空間がダリやそのピカソとは違う独特な空気が流れていて、面白かった。
街角や壁の向こうの空虚な感じ、三角形に切りとられた空間のどこにもいかなさ、というような二次元でしか現せないような不思議な、でも記憶に残る色と空間を感じました。

自画像は初期のものはお母さんと一緒に描いているのもあり、母への強い思慕が感じられました。生き生きとした顔色の母親に比べどこかうつろな青白い表情だったのが印象的でした。馬を描いたのも多く、ドラクロアの影響でどっしりとした骨格であるのも面白かった。生命力の象徴のようなドラクロアの馬をこんなふうに純化している絵が面白かったです。
最後のほう「太陽の寺院」は太陽の輝く地面に黒い太陽が落ちていて、なんだか現代にも通じる皮肉めいたものを感じました。原子力発電所のことや、今問題になっている太陽光発電のこと、人間のエゴや虚栄が新鮮に描かれていると思いました。

あのちょっとした街角や、紅い壁の向こう、階段の裏側、低い塀の果て、その空間を思う時、キリコさんの孤独とどこへもいかない、いけない心の動きを思いました。

あけましておめでとうございます

にっき
01 /02 2015

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

今年も一年が始まりました。
このブログ初めて10年がたちます。
今年はもっとこまめに更新したい💦
そんな一年のはじめの抱負です。
201501021720578a9.jpg



昨日は明治神宮へ行ってきました。
雪の降る初詣でしたよ
20150102172310293.jpg



大人気のじばにゃんの山手線
20150102172331dac.jpg

寒いながらも皆さんと家族の健康を祈った1日でした

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。