岩崎庭園と国立近代建築資料館

美術館・博物館
02 /21 2016
2016021305093088d.jpeg
20160213051001657.jpeg
上野のウエルカムパスポートで岩崎庭園にゆき、隣の国立近代建築資料館にも行ってきました。
近代建築資料館は初めてで、上野の奥に建築の資料がこんなにあることに驚きました。
岩崎邸とは違う建築の美しさがありその対比が面白かったです。
スポンサーサイト

逆鱗

舞台
02 /21 2016
201602070617390b9.jpeg

20160207061716b3d.jpeg
久しぶりのNODAMAPの舞台。先月1月30日の夜の回をみました。二日目だったので、まだほぐれていない感じがあったけど、よかったです。

市川市東山魁夷記念館

美術館・博物館
02 /21 2016
以前から行きたいとおもっていた記念館に行ってきました。
20160221094344d97.jpeg
京成中山駅から徒歩15分。中山ひなまつりイベントが地域で行われていて、人がぱらぱらと歩いていましたが、道がよく分からず何度も迷いながら歩きました。
しかし社寺があって通りをでるといきなりお堂があったりして楽しかった。
記念館は以前市川市に住んだことのある魁夷の思い出の品や顔料が展示してあり、人生を自分のペースでゆっくりとまわれるところがよかったです。ビデオでは緞帳の製作過程を知ることができ、またレストランでゆっくりできるのもよかった。土曜日の日中でありながら高級住宅地に囲まれ、静かでおちついた雰囲気であるのがよかったです。
作品展示の部屋が一つなのが寂しいですが、大きなほかの作品は東京の美術館で見ることにします。
今回の展示は「東山魁夷 心象の世界」として冬華、星の夜などがありました。
旅行先でのイメージを手放すそのときまで空想の風景を描いていた氏の繊細な心の動きがかんじられました。
空想について考えていたので、よいヒントとなりました。
緑から青の色数が58色にもおよん顔料で青の使い分けをしていた魁夷のその人柄のよく出ている展示でした。

旅に出てひとり無心に自然と向き合うとき、画伯はもっとも純粋な自分自身を取り戻せるといっています。自分自身をとりもどせる静謐な空間と時間をもっともたくてはなと思いました。

下町風俗記念館

美術館・博物館
02 /20 2016
1月10日に行ってきました。上野ウエルカムパスポートを買ったのでまずいままでに行った事のない場所にいってみようと思ったのです。
2016011213195995f.jpeg
2016011213193716d.jpeg
結構子供のころに見たものtがたくさんあって、なつかしくなった。ってことは歳とったんだなと思ったり。いい意味で地味にそのままの姿を残していてうれしくなる展示でした。
吐き出し窓やトイレの配置など、たぶんそのまま移設したからこそ残っているなつかしい姿があります。傷ひとつ、それが何かを思い出させてくれる装飾にまさる装飾でした。建築的にもあったなぁと思う細かい造作があって、こういったものを昔の大工さんって主入れをこめて丁寧に作ってくれたんだよなぁって、今はもうできないしない技だよなぁって思いながらみた。大工さんは自分に建てることを依頼してくれた感謝をこめてその家族にカスタマイズして棚や飾りを作ってくれたんですよ。以前そんな話を祖母に聞いたりした思い出をおもいだしました。昔の技はすたれなくてはならなかった理由も分かるけど、よかったものは認めてほしいなぁ。

イニシャルD -夢現

映画
02 /20 2016
201602070622075dd.jpeg
20160207062223274.jpeg

映画【イニシャルD夢現】
公開初日の夜に家族三人でみてきました。ハチロクのって(笑)最後と言われていて、次がないのが寂しかったです。
アニメ化映画化を何度もしている有名なストーリーなだけに、もうバトルシ-ンだけでいいよ!ってな気持ちで観ました(笑)
原作ではトランシーバーだった連絡方法も携帯にかわり、周りの車が電気になってもFCはハチロクはばりばり走るわけです。
いやぁ時代は変わったなぁと。いろは坂のバトルを映画館で娘とみたときは彼女まだ幼稚園前だったよ。今じゃ…息子が二人の間にはさまって見るようになりましたよ。
アニメは高橋兄弟がむきむきすぎて原作を忘れるというか、いつそんなトレーニングしてるんだ的な気持ちにならないではないけれど、いつきちゃんのサービスがすごすぎて何の映画をみてるのか分からなくなってきたりもしたけれど、製作側の熱い気持ちが伝わってくる映画でした。
FCが抜かれる場面などぜったいに見られないカメラワークでみられたりして。今回のCGはまた数段上をいっていて楽しかったです。早くDVDでみたいです。ありがとうございました(><)
豆腐やTシャツ買うかどうかで家族会議になったイニD大好き家族です。

フォスター+パートナーズ展:都市と建築のイノベーション

美術館・博物館
02 /20 2016
あっという間に二月も下旬になってしまいました。
いらしてくださっている方、ありがとうございます。何かを表現しないと生きて行けないのを充分自覚しているのに、何もできてない自分が歯がゆいです。そしてどんどん歳をとっているなぁと自覚しはじめております。覚えが悪かったり、ひとつのことに集中できなかたりという日々です。なんとか書きたい。ノートを枕の隣においてぐっすり寝る毎日とはさよならしたい・・・ほんとに

【フォスター+パートナーズ展:都市と建築のイノベーション】
森美術館での展覧会。ゲーリーをみたのでフォスターも・・・と行きました。
ガウディ、ゲーリーと同様建築家という視点から社会にどうアプローチしているかを考えながら観ました。土曜日の午前中にいったので、日差しが明るくまた、天気もよかったので展望も楽しめました。しかし入場料の1800円はどうも高かった(泣)展望台の値段なんですね。
んー建築についてはいろいろほんとにいろいろ考えました。クィーン・アリア国際空港がよかった。ディティールのこだわりと全体のボリュームとのセンスが見事に計画的に調和していて模型の完璧さにうなりました。最近建築の展覧会行ってなかったから楽しかった。同時に現代の建築美について考えたりもしました。
20160207061540683.jpeg
20160207061610871.jpeg
2016020706162778f.jpeg
20160207061653364.jpeg

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き