呼び覚まされる 霊性の震災学

まじめな本
06 /27 2016
呼び覚まされる 霊性の震災学
呼び覚まされる 霊性の震災学金菱 清(ゼミナール)

新曜社 2016-01-31
売り上げランキング : 5136


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


東北学院大学のゼミ8人がそれぞれ一章づつ作成した震災の記録

新聞の紹介では第一章のタクシードライバーのインタビューについてのレポートが紹介されていて、それを読んで違った視点で描かれているなと感じ読んでみたくなりました。
震災の本はいくつかよんだけど、あとがきにもあった

3.11 慟哭の記録―71人が体感した大津波・原発・巨大地震
3.11 慟哭の記録―71人が体感した大津波・原発・巨大地震金菱 清

新曜社 2012-02-23
売り上げランキング : 370079


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


千年災禍の海辺学―なぜそれでも人は海で暮らすのか
千年災禍の海辺学―なぜそれでも人は海で暮らすのか金菱 清

生活書院 2013-04
売り上げランキング : 702666


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


も読んでみたい。
震災の本は

遺体: 震災、津波の果てに (新潮文庫)
遺体: 震災、津波の果てに (新潮文庫)石井 光太

新潮社 2014-02-28
売り上げランキング : 115054


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



プロメテウスの罠―明かされなかった福島原発事故の真実
プロメテウスの罠―明かされなかった福島原発事故の真実朝日新聞特別報道部

学研パブリッシング 2012-03
売り上げランキング : 180371


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1) (モーニング KC)
いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1) (モーニング KC)竜田 一人

講談社 2014-04-23
売り上げランキング : 10129


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


くらいしか読んでいないかな

感想はとても長くなったので追記に


続きを読む

スポンサーサイト

忘れられた巨人

ファンタジー本
06 /14 2016
忘れられた巨人
忘れられた巨人カズオ イシグロ Kazuo Ishiguro

早川書房 2015-05-01
売り上げランキング : 67344


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


やっと読みました。
白熱教室見たの去年の夏でした・・・。すっごく気になっててでも読む時間と気持ちがなかなか整わなくて。
読んでよかった。

これすごいです。いやもう、今さらなの分かってるけど、この奥行きすごいわ。なんだろ、村上春樹は読み終わった後に真空がくるけど、この小説はごろっと岩がころがってるかんじ。確かに目の前に何かころがってる。でもそれは問題提起とかそういうたぐいのじゃないの。白熱教室で氏がいっていた『そういうことだよね?』っていう概念というか気持ちの塊。
それがさ(すっかりため口)こう読んでいる側の内側に入って記憶を引っ張り出されてる感じ。ステーィブンキングが、内側を引っつかんで引きずり出されてるとすると、この小説は読んでいる間にその手触りを自覚ささておいて、よいしょって最後に引っ張ってくる、意識せざるえないところまで意識上にもちだしてくる感じなんですよ。

わたし全然社会派的に読んでないし、読めないからそれが社会的にどうこつとか、今の現代に…なんていえないんだけど、これは皆知ってて皆言葉にできないでいたのを、認識させて見せられてると思った。これ、なんでいま必要なのか分かる。そしてそれはたぶん今じゃなくてもそうなの、でも今なのって感じなんです。(つまり普遍的なものをいってるってことですね)
これ複線とかいうレベルじゃなく複雑だけど、すごく簡単なこと言ってる。

サクソン人とブリテン人のイメージは、わたしにとってはサトクリフで
ケルトの白馬
ケルトの白馬ローズマリ サトクリフ Rosemary Sutcliff 灰島 かり

ほるぷ出版 2000-12
売り上げランキング : 150866


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


とかなのですが、老騎士と若い騎士の対決とか、老人夫婦のやりとりとか、ひとつひとつがとても印象的な言葉のやりとりをします。
それに伴うイメージが情景ではなく心情ではなく感覚的に細やかなのです。これ読んでいて思い出したのですが以前読んだ「わたしを離さないで」でも同じことを思った。わたし「わたしをー」実はよくわかってなくて、でも目が離せなくてサラサラよんだ覚えがあるのですが、この小説も読んでいる間、本から目を離すときになってしょうがなかった。それは物語の筋ではなく、その心の動き方の描写でした。対話している相手がどんな表情になったのか、何を思ったのかが詳細に描かれていて、その心の動きがものすごくわたしにはリアルに感じられていました。ああ、それだけに思っている人(老人だったり、老騎士だったり騎士だったり少年だったり、いま思うと皆男性ですね)が別な何かを考えていることが分かる、表層的な感情を細かく描写しているから深いところの意図というのが気になってました。感覚的に隙のない物語です。

最後はこれ歳とらないと分からないよ。あれは難しいってもう…
ああ語りたりない

浜名湖ガーデンパーク

にっき
06 /14 2016
午後はカヨさんに浜名湖ガーデンパークに連れて行ってもらいました。
いつもガーデンパークのモネの庭の画像をUPされていて一度行ってみたかったので、お願いしたら快く了解してくださって・・・とってもうれしかったです(><)
IMG_8320.jpg
公園の一番奥にあるモネの庭改め花美の庭

IMG_8349.jpg
IMG_8347.jpg
IMG_8339.jpg
IMG_8333.jpg
IMG_8331.jpg
IMG_8328.jpg
IMG_8327.jpg


IMG_8324.jpg
バラの盛りはすぎていたようですが、たくさんの花や植物が植えられていて全然盛りでしたよ

IMG_8323.jpg

公園はとても広くまたどこも充分に手入れがされていて、とても無料とは思えない広さと美しさでした
IMG_8316.jpg
IMG_8314.jpg
IMG_8318.jpg
IMG_8313.jpg
IMG_8315.jpg
IMG_8314.jpg
IMG_8309.jpg
花博の跡地にできたので、博覧会のときのまま残されている庭もありました。世界各国の庭が再現されていたけどヨーロッパが多かったかな。イギリスはいくつもありました。

とにかく驚いたのは花の種類が多いこと、一つの品種でもたくさんの色の花が咲いていたり、各国の庭にはその国の代表的な植物が(花の咲かない植栽まで)ちゃんと植えてあって、それも状態がどれもよくて感動しました。
これ維持がすごく大変だと思います。
一区画に植えられている植物の数がこんなに多い植栽は初めてみました。

娘と最近よく庭や植栽を観て歩いていますが、ここはすごかった。ただ植えているのではない細やかさを感じました。ここ季節毎に訪れたいなぁ。温室もないのにここまで植物をみせているってすごいですよ。これだけの植物をバックヤードで養生するにはどれくらい場所が必要なんだろうとか、考えてしまった(笑)。

IMG_8341.jpg
花美の庭で食べたローズソフト。バラジャムがかかっています。
バラを見ながらバラのソフトクリーム・・・素敵でした(^^)

もう行ってから二週間ぐらいたってるんですが、あの庭や公園は今ごろどうなっているんだろうなぁとか、時々思い出しては懐かしくなっています。心の庭になってしまっているんでしょうね。

写真展「Mirano Collection(ミラノ コレクション)」

にっき
06 /12 2016
先月お友達のカヨさんが個展をひらいたので行って来ました。
豊田町駅近く『cafe処 すず木』磐田市
初の個展としり行ってみたいと5月はじめから思っていたのでぎりぎりの28日にいけてよかったです。

IMG_8305.jpg
IMG_8306.jpg

なんというか行きたい気持ちだけでえいやっと行ったのでカヨさんも困っていたと思います(^^;すみません。
子供二人がダブル反抗期でここしばらく東京から離れていなかったので、ちよっと遠出がしたかったのもあります。新幹線で行くのが一番なんですが、片道4時間東海道線に揺られていきました。自分でもあほだなぁと思います(^^;

写真は写真仲間のミラノさんが被写体なのでミラノコレクション、ネーミングがいいですね。
わたしはすっかり旦那様かと思っていたので、若い男の人に驚きましたがとても自然な感じでよかったです。
距離感もいいかんじで、(いい意味で)独特な素敵な空気感のある写真でした。

写真展が行われていた すず木も面白い素敵なお店で、野良猫の虚勢費用のカンパをつのる貯金箱があったり、地元の催しやいろいろなフライヤーがあって楽しかった。
絵本もどれもチョイスが面白く

ゆく河の流れは絶えずして (声にだすことばえほん)
ゆく河の流れは絶えずして (声にだすことばえほん)鴨 長明 齋藤 孝

ほるぷ出版 2007-09
売り上げランキング : 167136


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


とか手にとって読みたくなる絵本が多かったです。
他に子供向きの将棋「どうぶつしょうぎ」があったり
いろんなアンテナを広げているカフェでした

IMG_8304.jpg

おひるはここでオムレツをいただきました。
安くて美味しくて食べ応えがありました。
途中近所に住んでいると思われるおじいさんおばあさんとその孫らしきお客さんがいらして、お昼ごはんを食べて帰ってゆきましたが、特に饒舌に話すでもない三人が時々何かを話しつつも穏やかにすごしていたのも印象的でした。地元に愛されているカフェなんだなぁって思いました。
IMG_8303.jpg
IMG_8302.jpg
コーヒーもいただきすっかり長居してしまいました。ありがとうございます。

東海道線の中では本を読んでいる人や、部活帰りの学生さんが音楽聞いたり宿題やってたりして眺めているのが面白かったです。都会では一時間も同じ電車にのることがないので、車内がぷち社交場になっている電車の光景というのはとても楽しかった。毎日乗っている皆さんにとってはそんなに愉快なものではないのでしょうが、ゆったりと流れる時間があるというのはうらやましかったです。

カヨさんありがとうございます(^^)

上野ウエルカムパスポート

美術館・博物館
06 /12 2016
一月から上野ウエルカムパスポートで上野公園周辺を楽しんでおりました。
1/10 下町風俗資料館
2/11 旧岩崎庭園
3/12 東京都美術館
4/8  国立博物館
5/7  東京藝術大学大学美術館
    国立西洋美術館
5/21 上野動物園
5/22 国立科学博物館

2000円で常設をこれだけ見られたのはお得でした(期間は1月から5月末日まで)

下の子供が幼稚園の頃はフルタイムで仕事をしていなかったので時間をみつけてよく上野公園周辺は散歩していたのですが、久しぶりに周ってずいぶん変わったなぁとかんじました。各館の常設も変わった部分が多かったです。

かはく
IMG_8266.jpg
上野学園の生徒さんのアンサンブルのリハーサルに遭遇しました
IMG_8267.jpg
IMG_8268.jpg

IMG_8271.jpg
植物の化石が結構すきです

IMG_8278.jpg
ゆきひょう

IMG_8280.jpg
科学館では震源を当てるゲームに人気があつまっていました。
地震に関心が高い子が多かった


これは上野動物園
IMG_8243.jpg
子供の遠足以来です

IMG_8249.jpg

IMG_8251.jpg
動物園は朝一がいいよとよく聞くのだけど、動物たちが活発に動いていて面白かったです。
鳥館の鳥がよく鳴いていました。いつも夕方とかに行ってるからなぁ
天気がよかったので、みんな楽しそうにご飯食べたり遊んでたりしてた

なかなか行かないけどふらっと行ってみるのいいなぁって思った。
来園している人間の観察もおもしろいです(^^)

ウエルカムパスポート堪能しました
でもあまり私以外に持ってるのみなかったけど、外国の人とか使ってくれたのかな・・・

IMG_8276.jpg
スタンプいただいて秘宝もいただきました(^^)

造幣東京博物館

美術館・博物館
06 /12 2016
最近の日記を・・・
先月5月20日東池袋をあるいたついでに、造幣博物館に行ってきました

IMG_8226.jpg
都電の駅にいき途中にあっていつも気になっていたので
予約なしでふらっとみてきました。
中学校での見学があったようで、説明を受けてあるく学生グループの声を聞きながら観覧
それほど広くないんですが、面白かったです
IMG_8225.jpg
とうらぶやってるので小判がきになる…(笑)
材の純度や複製防止がどのようになされているかをしることができます。

行くときは予約をしてゆくと工場内も見られるようです。
予約なしで行っても充分楽しめます。館員さんの割り切った対応がいい人はお勧めかも

あんみつ 銀座 若松

甘味
06 /12 2016
久しぶりに甘味のご紹介
銀座にある餡蜜の元祖といわれている若松のあんみつを食べました。

IMG_8204.jpg
IMG_8203.jpg
あんみつ1250円

有名な銀座三越近く四丁目の銀座コア一階にあります。
今までこんなふうにあんみつ視点でめぐったことがないので新鮮でした。
平日夜のあんみつやさんは静かでまったりすごせます。穴場です

去年の旅行-7(工場見学編)

にっき
06 /11 2016
最終日にトヨタの工場へ工場見学へいきました。
ハチロクで乗りこんだつもりだったんですが…今見ると興奮しまくってます(笑)
順序がばらばらですみません
コメント書いていきます
IMG_0455 - コピー
ハチロクも展示されていました

IMG_0457.jpg
ここはレストラン棟
1Fエントランスはすごくおしゃれでした。オフィス空間に気を使ってるかんじ
東京でもおかしくないおしゃれさでした。
地下のレストランのランチもよかった。
今思い出してもまた行きたいくらいです。

IMG_0456 - コピー
本社と駐車場 この日はあいにくの雨でした

IMG_0448.jpg
IMG_0447.jpg
IMG_0446.jpg


IMG_0465.jpg
たしか技術棟かなにかだったと思う…バスの中から見た記憶が…

工場内は撮影禁止なので画像がないのですが、広島へ行ったときに見たマツダの工場とまったく違うシステムで、またそれを誇りにしているのが伝わってきた。アンドン工法という工法で、些細なことでもアンドン(紐になっているバー)をすぐ引いてラインを止めてしまう。でも常に全てが効率的に円滑に進んでいるので、延滞している印象がありませんでした。ドア一つ、ねじ一つ閉めるのに一番よい方法効率的な方法を考えに考えているという歴史を持つプロだけが持つ自信を感じました。
ここの工場で働いている人たちは素晴らしいなと思いました。

ゆっくり帰るみちすがら
IMG_0513.jpg
この当時は浜松SAが新しくてやたら感動してとってました
IMG_0514.jpg
夜だったのでライトも綺麗です
IMG_0510.jpg
IMG_0507.jpg
IMG_0516.jpg
トイレの中も綺麗で、なんだかすごかった思い出が(笑)
IMG_0515.jpg
IMG_0521.jpg
IMG_0525.jpg
IMG_0529.jpg

毎度ハチロクを酷使したたびでしたが、楽しかったと今は思います(笑)
半田はまた行きたい。行きたい行きたい言ってるとほんとにいけるからなんどでも行きたいって言います(^^)いくぞ~

ミケランジェロ・プロジェクト

DVD
06 /06 2016
ミケランジェロ・プロジェクト [DVD]
ミケランジェロ・プロジェクト [DVD]
松竹 2016-04-06
売り上げランキング : 7283


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


気になっていたので、見れてよかったです。実際にあった話で、終戦間際にナチスから美術品を守った話。
意見戦争もののようにみえますが、激しい戦闘やドラマチックな命のやりとりはほとんどありません。各世界の専門家であるおじさんが集まりせっせと最前線に出向いては消失しかけている美術品を集めている。それは当時価値のないものやかっこわるい姿にみえたのでしょうが、今この現代ではそれが重要だととてもわかる。
ここに出てくる人たちはたんたんと美術品をおいかける。そして命を第一に!といわれてでかけてゆくけどもちろん危険にさらされる。よく建築現場にある標語と同じ言葉で、じゃ仕事しなければいいじゃん、なんていう話があるけど、命を第一に考えたら美術品を集めにいくことはしなくていいんだし、でもそれをやっているというその行動に、このプロジェクトに大きな意味と行動の尊さがある。
わたしは美術館にゆくし展覧会も楽しくみるけど、じゃその美術品のために最前線に行くかといわれると、行かないと思うし、自分の家族が行くといったら止めると思う。でもそのはんめん、とても大切なことだとも思う。
ここに集まったプロジェクトの人たちはたぶん想像もできないくらい絵画や彫刻を愛していたんだと思う。それはどうしてかっていうと、絵画や彫刻とともに生きてきた美術品なくて生きていけない人たちなのだとおもう。それはただただ尊いものなのだと観ていて思いました。
行く先々で同行する兵士をつけてもらえなくても、文句ひとついわず笑って集いひたすら集める。彼らの価値は今だから分かるのだと想いました。そして、彼らが美術品に対する御託を並べないのもいい。ただ静かに一番弱い立場から弱いものを助け戦争はよくないと行動でしめした人たちなんだなと思いました。クルーニーがいかった。

去年の旅行-6(食物編)

にっき
06 /05 2016
IMG_0428.jpg

主に名古屋で食べた食事編を
エビフライが大好きな家族…なので海老でどてです

IMG_0427.jpg
駅の地下でこんな案内表示をみながらいきました。
確か夫が行きたくてチェックしてた

IMG_0431.jpg
IMG_0432.jpg
IMG_0433.jpg
串揚げも頼みました

IMG_0430.jpg
すごく楽しかったんだと思われ…

IMG_0445.jpg
これは宿泊した翌日また同じように名古屋駅地下のモーニング、ゆで卵とパン食べ放題

トヨタの本社のレストランで食べたランチ
IMG_0458.jpg
名古屋なのでみそで(わたし)

IMG_0460_201605141648356d6.jpg
どて煮ふうコロッケをつけてもらった(息子)

IMG_0461.jpg
これは夫(えびなので)


これはコメダ
半田で高速に乗る前のお茶のひととき
IMG_0504.jpg
IMG_0505.jpg
IMG_0502.jpg
コメダはテーブルがにぎやかになります

IMG_0524.jpg
SAで食べたごはん
IMG_0522.jpg
夜遅かったのでこんなかんじだった

総じてこてこてな食事でしたね
…名古屋のこの垢抜けない感じが独特でたずねていて楽しかった思い出があります

続きを読む

去年の旅行-5(新美南吉記念館-2)

にっき
06 /05 2016
翌日やっと行きました
IMG_0492.jpg
この日は雨でちがった半田の風景を見ることができました。

IMG_0473.jpg
IMG_0470.jpg
IMG_0486.jpg
中はこんなかんじ

IMG_0479.jpg
土地の草花も詳しく紹介していました

IMG_0474.jpg
IMG_0477.jpg

IMG_0475.jpg
お話を紹介している模型

IMG_0476.jpg
これは牛をつないだーかな

IMG_0485.jpg
あちこちにきつねがいます。これはてぶくろを買いにのこぎつねですね

IMG_0482.jpg
館の天井や中庭にも

IMG_0481.jpg

IMG_0488.jpg
トイレブースにも
IMG_0487.jpg
いっしょに入れます…ってか、ごん・・・

IMG_0469.jpg

IMG_0468.jpg
雨上がりの日差しが印象的でした

IMG_0494.jpg
駐車場にあった時計、閉館まぎわまでいたんですね(^^;。
また行きたいです。生い立ちの本読んで、決して綺麗な気持ちだけではなかった南吉(それは宮沢賢治と似ていますね)だけど、ここで見た自然や動物、与えてもらった郷土の豊かさを吸収し物語に置き換えたのはすばらしいと思った。それは新美南吉という人間を通していつまでも印象にのこる物語になった証なのではないかと思います。自然がいいというのは語弊かもしれないけど、人の波のなかで生きるよりは今のわたしにあっていて必要なことなのだと思う。

おまけのメロンパン屋さん
IMG_0496.jpg
近くにパン屋さんがあって、二日ともここに行きました。てか、他にお店がないので、休憩にぴったりでした。

去年の旅行-4(新美南吉記念館-1)

にっき
06 /05 2016
IMG_0467_2016051416485344e.jpg
この日自転車で新美南吉記念館に行ったのですが、あいにく休館日でした(画像は翌日に行ったもの雨が降っています)
まぁ、月曜日だったので当たり前っていえば当たり前なんですが、ばたばたしててここらへんよくわかってなかった(^^;
きっと休みだろうなぁとおもいつつでかけて案の定といったところです。今思えば生家はよく開いていたと思います。正月休み明けの月曜日だったのに…

とても来たかったので思い余って周りをうろうろしました。
IMG_0490.jpg
裏手が小さな山になっていて、散策できるようになっていました。南吉の山だったかな、ゆかりの名前がついていたと思う。
道はけものみちのようになっていてごんが歩いたような感じになってました。
あたりに人気がなく、鳥がすぐそばにいたり(向こうが十分な距離をとっていて、こっちから近づかないかぎり向こうも飛んでいったりしない)時々鳥の鳴き声がしたりと、とにかく鳥が多かったです。ゆっくりと夕暮れてきて、幼少の頃の南吉はこんな風景の中で帰路についたのかななんて思いました。

IMG_0491.jpg
ごんの石碑も建ってる。途中綱もない道があったりして、日中でも結構暗くてスリリングでした。

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き