三岸節子仏蘭西日記カーニュ編

まじめな本
07 /30 2016
img_0.jpg

2010年に三岸節子の展覧会に行き(5月に行ってます)読もうと買っておいた本をやっと読書。
実は新しい職場が、時間があるときは自分の好きな勉強をしていていいよ、と言ってくれるので、本を読めるのです。もちろん仕事が入れば作業をしなくてはなりませんが、ないときには静かにほおって置いてくれるのでとてもうれしい。同姓の人たちで、変な気を使わなくていいしのです。ずっと読みたかった本を持っていっては空いた時間に読んでいます。

「仏蘭西日記 カーニュ編」は、 昭和43(1968)年12月20日羽田を出発する日から、昭和46(1971)年12月31日までの3年間をまとめてあります。 節子のカーニュでの日々の生活の葛藤が赤裸々に綴られ、 「本物の風景画家」になりたいという決意と望郷の思い、節子の絵画に対する情熱が伝わってくる本。

63歳に息子とその家族とフランスに移り住み、画業に20年専念したときの日記。到着直後は体調を崩したり、体がだるいとか、言葉が通じないとか書きながらそれでも、描く事につき進んでいます。日記というのは自分のために書いているので、矛盾していることが記されているのが面白い。
日がたつにつれ、日本を懐かしく思ったり、これじゃだめだと描く事に集中したり、孫の太郎のやんちゃぶりに困ったり、孫に甘い自分を反省したり、普通のおばあちゃんだったんだなぁと思う反面、三越や画廊に絵を書いては送ったり、暮らしの手帳のコラムを送ったり、画家としての仕事の様子も伝わってきました。

面白いなぁと思うのは三人の子供と嫁や孫など家族に対する視線。実兄をとても嫌がっていたのに、最後のほうでは、似ている部分があることを自覚して、パリで会うのを楽しみにしている。気の強いどうしようもない性格だと自分を反省する反面、嫁との不仲にいらいらしたり、子供達の不平につきあい、旅行に出ると楽しいけど帰ってくるととても疲れるという。
生きている温かみを感じる生々しい日記でした。

途中三島由紀夫の割腹自殺についての考えが述べられているのだけど、まっさらな意見ではっとしました。日本から遠く離れているのもあるけど、自分の意見をはっきりと述べています。言われてみるとその通りだなと思わせる。まっすぐな意見。

絵に対しても自分に対しても社会に対してもまっすぐに物をみつめた人なのだなぁと思いました。
ピカソはあまり好きじゃなさそう、ガウディも好きじゃなさそうでした。
プラド美術館は絶賛していました。ギリシャなどヨーロッパを観てあるいたときの感想も面白かったです。
また三岸さんの絵が見たくなりました。
スポンサーサイト

エヴェレスト 神々の山嶺

現代小説
07 /22 2016
エヴェレスト 神々の山嶺 (角川文庫)
エヴェレスト 神々の山嶺 (角川文庫)夢枕 獏

KADOKAWA/角川書店 2015-10-24
売り上げランキング : 80041


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


4月1日に映画を観て原作が読んでみたくなり、図書館で予約していたのがやっときて読書。二ヶ月半くらい…あ、でも人気の本だったので早かったほうです。はい。
窓口で1000ページ超える文庫だったので「読み終わるかな・・・」って思わずつぶやいたら、図書館の人に「夢枕さんのはすっと読めますよ」って言われて、ほんとに~?って思ってたのですが、何とか二週間以内に読むことができました。
映画で不思議に思っていた部分や、モデルとなっている森田さんとは違っている物語の部分を感じていたので、そこらへんがどう集約されているのかなと、それを映画の内容思い出しながら読みました。
1000ページの小説をぎゅっと短縮したのですから、物語りも随分違っていました。あとがきが3回書かれていて、そのたび暴露していることが違うのが面白い。今だから話せると三回も書かれるというのはこの小説に対する思いいれが強かったのだなと改めて思いました。

小説は終盤のほうで、多分作者自身が泣きながら書かれたのだろうなと思うシーンがいくつもあり、物語を盛り上げていました。男のロマンなのかな。女性側からみるとこのどうしようもない焦燥感というのは持って生まれた人とそうでない人がいるのかな、とも、またその気持ちが強い人がいるのだなとも思いました。
何かを好きな人って対象物じゃなくてそれ自身に同化するなぁ。抽象的なことを言ってしまいました。そんな感想です。
夢枕さんの小説は始めてなのですが、読みやすくまた状況が浮かびやすくいいですね。他のも読んでみたくなりました。
山登りの時の細かい雪の動きや風の様子。頂上と地上の間にあって思うことの描写がよかったです。ほんとうはもっとすごいのだろうけど、一緒に山に登っている気持ちになりました。この熱い今の季節に読むのいいいかも

エベレストに関わる国や人、自然の変化やその考え方なども書かれていて参考になりました。ここらへんの文化の違いによる摩擦みたいなものは行ってみないと分からないだろうし、また年によっても変わりそう。

羽生さんは阿部さんのままのイメージでしたが、深町は岡田くんてのはかっこよすぎでしょう(笑)あとがきにもあるように、作者近いですね。そして羽生さんの苗字の由来も納得。色んな作者の思いがつまっている分内容が濃く、想いがダイレクトに伝わってくる小説でした。

DVDでたらまた見よう

ハリー・ポッターと炎のゴブレット

ハリー・ポッター
07 /16 2016
お久しぶりです。

夏に向けて原稿を書いております。アラン・リックマンの出演した映画を入手可能な作品全て年代順に観て感想を書いて一冊にまとめるっていうのをやってます。
40本の映画を観ている日々です。
で、同時に隙間時間に買っておいた携帯版も読みつつ、このDVDも鑑賞。懐かしいです

ハリー・ポッターと炎のゴブレット [DVD]
ハリー・ポッターと炎のゴブレット [DVD]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント 2014-07-16
売り上げランキング : 5192


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

今のDVDには番号がついてるんですね。自分でもタイトル順番忘れそうだったもんなぁ(笑)
会社の人に子供とみるのに迷ったって言われたもんなぁ

ハリー・ポッターと炎のゴブレット 携帯版
ハリー・ポッターと炎のゴブレット 携帯版J.K.ローリング 松岡 佑子

静山社 2006-09-21
売り上げランキング : 30974


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

アズガバンを再読したのは去年のUSJ行ってるときだったので、久しぶりです。
アズガバンは文庫で読みましたが高いのでこの携帯版を買って読んでみた。ぜんぜん携帯じゃない、室内でしか読めない厚さですよこれ…・。1000ページこの大きさはちょっと…

前回読んだのは2003年と2005年でした。11年も前です。懐かしいなぁ。今回は色んな意味ですっきりと読めました。やっとことの全体がわかってきた(遅い)ローリングさんが何を考えていたのかが、違った角度からとらえられるようになった。思春期のイライラとしたハリーやロンの雰囲気ばかり気になっていたけど、感情に流され理性を忘れるなという意味もあったのではないかと、やっとそのことに気付きました。
リータにしてもマスコミとの関係が以前は早すぎると感じていたのですが、情報に惑わされるなという意味であれば合点がゆきます。ちょっと性急すぎる気もするけれど。

こうやって原作を読んで改めて映画を観るとかなりはしょっていますね。そういった意味では原作の真の意図は原作でしか読み取ることができない。魔法省の人も少ないし(原作では狡猾な大人として何人もでてきている)

今回の読書で一番腑に落ちたのは、まじめな人ほどだましやすいというくだり。なんでも信じるから思い通りになったと、クラウチjrが述懐するのが印象に残った。
こうやって何度も読みかえすと違った面をピックアップできて面白い。

映画の中でのアランは…最高ですね(><)
原稿がんばります(涙)

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き