銀座ミニマル

甘味
04 /25 2017
P1010378.jpg
ずっと行きたかったチョコレート屋さんに行ってきました

P1010413.jpg
ここのチョコレートは他のチョコレートとは違います
つぶつぶがはっきりしてます。それが口の中で溶けるかんじがたまりません。
好きなタイプのチョコでした。また行きます。
スポンサーサイト

GINZASIX

建築
04 /25 2017
P1010370.jpg
P1010371.jpg
開店した翌日に行ってみました
P1010372.jpg
この圧倒感。谷口吉生さんらしい、でもアプローチがなくてちょっと圧倒されすぎたかな(汗

P1010375.jpg
この吹き抜けにもたくさんの人がいました。
撮影もたくさん(笑

会社帰りにちらっとよってみましたよ
また行こう~

シュッシュポポン 再び

鉄道
04 /25 2017
P1010319.jpg
御徒町にあるシュッシュポポンに再び行ってきました。

今度は息子と…入学式の帰りに行ってきましたよ。
彼も高校生…母親と一緒に出かけることも少なくなってきました。

P1010317.jpg
P1010303.jpg
P1010301.jpg

夫と行った時は製作中だったジオラマが完成していました
飲みものは
北斗星とおけいはん

P1010309.jpg
P1010307.jpg
ジオラマと一緒に・・・

P1010304.jpg
P1010316.jpg
P1010313.jpg
息子は恥ずかしそうにしながらもうれしそうでした。
平日の日中…他は小さなお友達ばかりだったもんね(笑)
すっごい嬉しそうな男の子が興奮してお話してたのが印象的でした
他人とは思えなかったんだろうな…

高校生になっても鉄道愛好会に入り、夏にはジオラマ持って有明に行く大きなお友達になりました
よかったよかった(?)

うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち

まじめな本
04 /16 2017
うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち
うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち田中 圭一

KADOKAWA 2017-01-19
売り上げランキング : 81


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


以前から気になって買っておいた本を読書。
作者の鬱抜け体験の後、色んな人の鬱を抜けた体験を連載したものをまとめた一冊。
こう東京で毎日デスクワークの仕事してるとどうしても鬱というか波がくるわけで、そこらへんこう歳とってくると原因なり根拠なりがぼんやりみえてくるんだけど辛いのは何もかわらず、どうにかしたいと思っている人は多いのではないでしょうか。
参考になるというかならなくても、ああ他にも辛い人がいるのだと思うと少し辛くなくなりますよね。なんだかそんな気持ちを思い出した一冊でした。
体験談に出てくる人はちょっと偏ってたかな…もっと色んな人の鬱体験知りたいとおもいました。でもそうやって思うのもいいのかも。しんどいときは何も考えられないんだもんなぁ。体験談を読んでいて思ったのは、ラッキーな思いをした人や成功した人に鬱経験者が多いんだなってこと。大きな成功を体験してしまうとその後もたいへなんだなと思いました。有名な人や成功した人はそれぞれに辛い思いをしているのかも・・・と考えるようになりました。

騎士団長殺し

村上春樹
04 /16 2017
騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編
騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編村上 春樹

新潮社 2017-02-24
売り上げランキング : 119


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編
騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編村上 春樹

新潮社 2017-02-24
売り上げランキング : 97


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


発売日にそろえて、約一ヶ月かけて読書。
感想などもちらほら読んだりしながら、自分はどんな感想を書こうかと考えて早数週間。
いや実際、自分のメモにはたくさん書いたんですよ感想。でも書き出すとどれもそれだけじゃないのではないかと、そう思うと確定ができなくなってしまいました。
ひっかかっているポイントはいくつかあるのですが
・震災が起きる前であること
・子供の存在
・以前のノボルではない免色という存在
・過去から未来を書いた1Q84とは違う時空のねじれかた
・主人公の絵画(仕事にたいする取り組み方とその表現方法)
などなど、これは一体何をいっているのか?と考えると同時に今までの過去の作品の匂い(?!!)がぷんぷんしていて気になってしかたなかった。でもそれらのどれとも違う結末にまた唸ったりしています
主人公の僕が変わってしまったことを最初はうれしくも残念におもっていたのですが、うーん、多分そういうことじゃないんだろうなと思っています。
確かにうけとったものがあるのですが、言葉にするとそれが端から崩れてしまうのではないかというそんなそれこそ小説にしかできない方法で作者が何かを超個人的になげかけてきたのではないかとそんな予感がしています。
この予感が気になるので、多分もう一回読む、で、余計分からなくなる(笑)
本重いので早く文庫本にしてくれないかなぁ(笑

探検! 東京国立博物館

美術館・博物館
04 /16 2017
藤森照信×山口 晃 探検! 東京国立博物館
藤森照信×山口 晃  探検!  東京国立博物館藤森 照信 山口 晃

淡交社 2015-11-16
売り上げランキング : 314885


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


先日博物館でこの本をみて興味がわき読書。建築探訪の藤森さんと日本画家の山口さんがここへ来て二人の掛け合いが面白くないわけないと思い読んでみました。面白かったです。
最近の紹介本はまじめ一辺倒ではなく、いろんな感想、切り口があっていいですね。表慶館のできるまでや本館の当時の人気など時代時代の建物の人気(風評?)について知ることができ楽しかった。
山口さんの目のつけどころや、館長さんの人となりなど、雰囲気の伝わってくる本でした。何度も遊びに行っているので、より近親感がわきました。
東洋館はたしかにあんまり行かないので次行くときはいってみたいです。でも本館とかじっくりみてるとあっという間に時間がすぎてしまうんだよなぁ。

山口さんの俯瞰で書かれた絵が素晴らしいです。今はCGやパソコンですぐ見取り図を描いてしまうけど、手書きの面白さも残してほしいと思うこのごろ。茶室の中にもはいってみたいです…(^^)
で、やっぱり本館のエントランスは暗いですね(汗

ルーサイトギャラリー

美術館・博物館
04 /10 2017
両国江戸NORENを出て、浅草橋のほうまで足をのばしてみることに
P1010175.jpg
P1010173.jpg
両国橋の風景
いいですね~


P1010176.jpg
柳橋の近くにギャラリーカフェがあると知り行ってみることに

P1010180.jpg
P1010181.jpg

佃煮屋さんの風景もいかにもここらへんらしくていいですね

川沿いにルーサイトギャラリーがありました

P1010183.jpg
P1010184.jpg
P1010186.jpg
お茶屋さん?って最初思ったけどちょっと違うかんじ…
家は古いけど丁寧につくられ使われているのが伝わってきます

P1010191.jpg

入ったら二階に通されました
P1010192.jpg

物見台は絶景!!!

P1010193.jpg
P1010194.jpg
P1010189.jpg
P1010197.jpg
P1010198.jpg
P1010199.jpg
P1010200.jpg
P1010196.jpg
P1010208.jpg
すごい!すごい!!ってばしばし撮ってしまいました



続きを読む

両国 江戸NOREN

にっき
04 /10 2017
P1010165.jpg

すみだ北斎美術館を出て、江戸東京博物館を通り、以前両国駅だった駅舎を改装してつくられた両国江戸NORENへ向かいました。

P1010167.jpg

P1010168.jpg
中には土俵とかあって面白かったです。
開館してから一度来てみたかったのでうれしかったなぁ

もんじゃ焼きやさんや、甘味やさん、江戸のおみやげや、利き酒のコーナーもあってお店を観て回るだけでも楽しかった

P1010171.jpg
門前茶屋 で 遅めのランチ 深川めし 1100円
青海苔の香りがよかったです
日本酒も飲めるお店で…夜来たかった(笑)
いや昼間は甘味屋さんであんみつも…一日いられそうです
P1010172.jpg
夫はアナゴ飯を食べていました

Seize the Uncertain Day -ふたしかなその日

美術館・博物館
04 /09 2017
P1010070.jpg

東京都藝術大学大学美術館陳列館で行われている展覧会にいってきました。
大学院国際藝術創造研究科アートプロデュース専攻の学生さんがキュレーターを勤めた展示会なのだそうです。なんだか楽しそうだったので行ってみました。
有名な作品から想像力を駆使してみる作品など、展示の雰囲気を楽しみました。階段室にある展示も面白かったです。

P1010075.jpg
帰りに喫茶室で抹茶ゼリーあんみつ風を食べました。
階下には食堂があり、夢膨らむ(?)学生さんがたくさん…
P1010077.jpg
いいわぁ、青春だわぁとおばさん的な妄想して帰りましたよ

P1010071.jpg
この日はまだ桜はこんな感じでした(3月29日)
P1010082.jpg

ミュシャ展

美術館・博物館
04 /09 2017
三月の最後の週の月曜日に行ってきました。3月27日ですね。
あいにくの冷たい雨で空もどんより曇っていたのですが、人気展のミュシャのこと、少し空いているかなあと10時過ぎに入館。入場券を買っていったのですぐに入ることができました。よかった(><)
P1000902.jpg

P1000901.jpg

ミュシャ展、実は混雑がすごいだろうと、あまり行く気がなかったのですが、「スラヴ叙事詩をみなくちゃだめですよ!!」ってお友達に言われて、そ、そうかそうよねって見に行きました。何年か前、東京都美術館で行われたミュシャ展に実は足を運んでその列の長さに圧倒され帰ってきた思い出があったので、なかなか決心がつかなかったのです。でも行ってよかったです。
ガイドを借りて中に入ると大きな絵が壁面いっぱいにありました。

IMG_1205.jpg
IMG_1204.jpg
IMG_1221.jpg
IMG_1226.jpg
IMG_1225.jpg
携帯カメラで撮影したので画質悪いです

追記:これから行かれる方はよろしければ双眼鏡を持っていくといいですよ。館内にちらほらいらしたのですが、大きな絵画なので細部を見るのに役にたちます。もちろんなくても全体を見渡すことができ、十分楽しむことができます。
大きな絵のため混雑していても比較的不自由なく見られる展覧会です。ただ身動きがとれなくなってしまうと限定された角度で長い間みなくてはならなくなるかも・・・。もちろんそれも一つの出会いなのですが、心配な方は双眼鏡をお持ちになってください。

続きを読む

森鴎外記念館

美術館・博物館
04 /09 2017
IMG_1126.jpg
朝倉彫塑館の前を通って帰ろうとして
はたと行きたいお店を思い出し足をのばしました

IMG_1129.jpg
「あめんどろ」
サツマイモの専門店で、お団子やソフトクリーム売ってます
お団子食べて
帰ろうと想ったら、そうだ、この近くにあるんだったと
森鴎外記念館に行ってみることに

IMG_1130.jpg
途中有名な飴細工やさんを発見
ここにあったんだあ
人がいっぱいで買い物は断念したんだけど、また行きたい素敵な飴細工たくさんありました

IMG_1134.jpg
森鴎外記念館
IMG_1136.jpg
館の人が皆親切で、ボランティアさんの解説を聞きました

一時間以上のお話だったけど、私はよく知らなかったのでとっても面白くてためになりました
IMG_1137.jpg
カメラ忘れたのでいろいろ投げやりな画像です・・・森鴎外邸平面図

IMG_1148.jpg
帰りに喫茶室で休憩。
ここは入場券がなくても入れてくつろげるところでした。

閉館間際までいて楽しかったです

谷根千

美術館・博物館
04 /09 2017
先月谷中千駄ヶ谷あたりをなんとなく歩いた記録をUP
えっと3月中旬ごろだったかな
健忘録

上野桜木あたり
IMG_1122.jpg
IMG_1123.jpg
なんかイベントやってた

IMG_1124.jpg
IMG_1125.jpg
IMG_1121.jpg

HAGI CAFE
IMG_1128.jpg

この辺りは時々歩くのですが、以前にくらべ結構変わっていて
いつも同じところばかり歩いていて気がつかなかったお店とか路地にたくさんあって
これから何度も行きたいと思いました
おしゃれなお店が多くてしり込みしてしまうお店も多いのですがなんとかがんばって入りたい…

博物館でお花見を 2017 その1

美術館・博物館
04 /02 2017
三月最後の週、国立博物館で公開されている獅子王という刀を観にいってきましたよ

P1010066.jpg

去年の今頃もj博物館でお花見をという企画があり、夜娘と来たのでした。あの時はじっくり見ることができなかったので、じっくり見るためにきましたよ~~~。

開館9:30前に列に並び二階の第五展示室にある獅子王へ真っ先にむかいました。
P1000937.jpg
するといらっしゃいましたね(^^)
実は去年から刀剣乱舞というゲームをやっておりまして、一度このゲームに出てくる刀剣を観てみたかったのです。
宗近もこのは博物館にいらっしゃるらしい・・・いつかお目にかかりたいです。

続きを読む

ボラーチョ

にっき
04 /02 2017
IMG_1049.jpg

孤独のグルメで紹介されているレストラン、近くをよく通るのでいつか行こうと想っているのですが、通るのはいつも日中(汗。いつかマッシュルームガーリックを食べるのが夢です…夢の記録(笑

銀座建築探訪

建築
04 /02 2017
銀座建築探訪
銀座建築探訪藤森 照信 増田 彰久

白揚社 2012-05
売り上げランキング : 67606


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


今まで建築というカテゴリを作ってこなかったんですが、どうしてたんだろう…10年以上もブログやってて、ぬけぬけなことに気付くこのごろです。

銀座で出版されている地域商店誌「銀座百点」に連載されていた藤森氏の銀座建築探訪を先日読み終えました。日比谷で働くようになり、定時で帰れる職場のため、週末など自由のきく夜にはひと駅歩いて帰っているので、古い建物の薀蓄を知るのはとても楽しかったです。今はもうなくなっているビルもあって、(今まさになくなろうとしているソニービルもしかり)時代の流れを感じつつ読みました。始めに銀座の都市計画のルーツから知り、その土地に通いながら歴史を知るのはとても楽しかった。マリオンや数寄屋橋交差点の交番、建築の勉強をした若いころに新しいとされていた建物も今では歴史ある語るべき建築となってしまいました。
バブルがはじけたといわれる今でも建築の最先端をゆく街の少し前の歴史を知るのに丁度いい一冊でした。
写真もたくさんあり、文章は長すぎない、そんなところもよかったです。時間がたってからもくり返し読みたい本です。

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き