スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本を読む兄、読まぬ兄

ほのぼの本
08 /05 2007
本を読む兄、読まぬ兄 [吉野朔実劇場]本を読む兄、読まぬ兄 [吉野朔実劇場]
吉野 朔実

本の雑誌社 2007-06-12
売り上げランキング : 1961

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


前回柴田氏との対談が面白かったのでこれも読んでみました。本にまつわるエッセイで数ページのマンガなので読みやすく楽しい一冊です。
紹介されていた本で読みたいなあと思ったものもあったので、今度読んでみたい。P・オースター読みたいです。ゾーヴァーの絵本もでてきて嬉しかった。
人に見せる本棚についての話が面白かった(笑)自分が人に見せたいと思う持ってる本と見せたくないと思う本は…確かにありますね。あと読んで外れだなと思う本とかも本棚の奥のほうに行ってしまいます。
豆本や本をつくることにこだわった本など、本好きには楽しめる本でした。
しかし本を読むのもそうですが、感想を語るのも難しい、好きな本ほど読み方も薦め方も悩んでしまう。静かに読書をしても頭の中は大騒ぎです。

国際こども図書館

絵本探偵で何度行っても休館だった「国際こども図書館」
既存の建物を安藤氏が改修した美しい建物です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。