スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さきたま史跡の博物館

美術館・博物館
08 /20 2007
先週夫が平日休み(世間で言うところのお盆休み)になったので、じゃどっかに行こうか、でもどこがいいかなぁーと話しているうちにお昼になって、ぶらっと出て行ってみた”埼玉県立さきたま史跡の博物館”。
古墳群のある博物館です。関東では有名な場所のようで、夫と娘に「えー知らないの?!」と苛められてしまいました。そ、そんなの知らなくったってご飯は作れるよ!!(^^;
kof-1.jpg

こんな古墳がある公園の中にあります。

丸型や、堀が二重にめぐらされてるもの、様々な古墳があって展示模型を見ながら実物も見られるという、楽しい博物館でした。
将軍山古墳には石棺も展示され、古墳の様子がリアルに再現されています。
kof-2.jpg

稲荷山古墳に登って振り返ったところ。

kof-3.jpg

丸墓山古墳。この頂上に登るのは大変だったけど、辺り一帯の風景が一望でき、感動しました。昔の人はきっともっと感動したんだろうな。遠くに山脈も見え、征服したいという素朴で純粋な願望に今と変わらない人間の感情を思いました。

展示室には出土された土器や国宝の金の文字の入った鉄剣や鏡があります。
改めて言わなくとも見所が沢山ある博物館です。

帰り夫が「ここの名物はゼリーフライなんだよ」と呟くので、ゼリーを揚げるの?って聞いたら、そうじゃないと答えました。何のことかさっぱり分からなくて、夫がこの炎天下で頭がおかしくなったのかと(すごい暑い日にクーラーなしの車に乗って来たので、どっかおかしくなってると思ったんです)黙っていたら、ほんとに”ゼリーフライ”と品書きのあるお店を発見。買ってみたのがこれ
ze-1.jpg

「銭フライ(銭富来)」がゼリーフライと変化したものなのだそう。一枚80円。
おから、じゃがいも、ねぎなどをコロッケ状にし揚げたものと説明されていました。当時この地(行田市)にあった紡績工場で働く工員のおやつとして食べられていたそう。
ねぎの入ったコロッケみたいで美味しかったです(画像の丸いのはねぎです)。子供達はそれぞれ二枚づつ食べて楽しそうでした。息子は「俺、これ、好きだ!」と叫ぶほどでした(^^;好物決定です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。