スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おいしいハンバーガーのこわい話

まじめな本
10 /19 2007
おいしいハンバーガーのこわい話
おいしいハンバーガーのこわい話エリック シュローサー 宇丹 貴代実

おすすめ平均
starsイラストも可愛くて読みやすい!
stars「ファストフード断ち」のきっかけに
starsマクドナルドのカラクリ
stars私にはとても面白かった
stars学ぶことのヒント、示唆に富む良き副読本

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

新聞や書店で見かけ、気になって図書館に予約したのがいつだったか忘れてしまうくらい昔で、ようやく順番が回ってきたので読書。
テーブルの上においておいたら、早速娘と夫が興味をしめしました。装丁も題名もカラフルで思わず読んでみたくなるつくりになっているところがすごいなぁと思いつつ、読んでみました。


ハンバーガーは主にマクドナルドのことを言っています。他にケンタッキーやウェンディーズなど日本でも馴染みのあるファーストフード店がどのようにできて、そこで作られる食べ物がどのようにできているのかを分かりやすく短い章にまとめて書いてあります。
フランチャイズ展開を始めにしたマクドナルドの軌跡や、アメリカという国の発展に伴い拡大してゆく事業の流れをおおまかに知りました。

以前から素朴に色んな疑問がありました。どうしてディズニーランドにマクドナルドが入ってないのかなぁとか、どこから食材は来ているのかなぁとか、そのほか椅子や看板が皆似ているのは、きっとどこかで作られているからなのだけど、それは外国なんだろうなぁとか思ってました。ハッピーセットのおまけはどのように作っているのかなぁとか、CMでもマックのCMが流れる番組に一定の特徴があってTV見ながら不思議に思ってました。
そんな疑問に思っていたことの一部が分かったように思います。これら全ての問いが書かれているわけではないのですが、少なくともアメリカという国のなかでのファーストフードのイメージができたように思います。私はアメリカに行ったことがないのですが、夫が学生時代に行った時の話などを聞きながら、ハンバーガーと国と経済を考えました。

最近自分も含めてつくづく思うのですが、日本人は考える事をやめてしまったように感じるときが多々あります。娯楽でさえも与えられて満足している人種になってしまったように思うのです。楽しいことは人からなんと言われようと自分で探し楽しむべきだと考えているので、こういった他人まかせにしている習慣を早く正さなくてはならないなぁと感じました。偉そうなこと言ってるけど、自分もその一人なので、もっともっと考えなくてはなと思いました。
考えないというのが一番怖いように思います。そこには想像も心もなくなってしまう危険があるからです。

ティーン向きに書かれたという本書。ファーストフードを食べる事をやめなさいと言うことはできないし、私もしません。でもこれを読んでこのような出来事があるということを知っておく必要は大いにあると感じました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

おはようです♪

過去記事にコメントで失礼させていただきます。

この本、私も読みました!!そして、とっても面白かったです。
読みやすかったし、分かりやすかったし、軽くストーリーも入っていて、良かったですよね~。
ティーン向きなのも納得しました。

実は私は、これを読んでからは一切、マックのハンバーガーは食べれなくなりました(笑)今年の初め頃かな?読んだの。
他のお店は、私のところは田舎なので種類は少ないのですが、やっぱり、100%そのお店で手作りでもない限り、食べれないかも。

この本を読んで、私は泣きました(笑)
動物が虐待されてるところを読んで、泣きました。
狂牛病の原因が、そんなことだったなんて・・・。ショックでした。

ファーストフード、便利で私たち日本人にも当たり前の存在ですね。
確かに、考えることを今の私たちは忘れてしまっているのかもしれませんね。
この先、私たちの子供たちの時代は・・・どうなっているんだろう?
でも、こういった本が出されること自体、何か良い方向に向かっているのでは?なんて期待もします。
製造年月日の偽造とか、多いですね!そんなニュースが。
もうきっと、影で悪いことが出来なくなる世の中なんですね。
こうして、世の中が一掃され、綺麗になっていくことを願ってます。

でもでも、ハンバーガーは実際、美味しくて手軽。。。
誘惑は強力です(笑)

長々と失礼しました~~。


そうですね

Kりーさん、こんにちは♪
この本ほんとに怖いですよね(^^;
私も読みながら食べ気がうせました。しかし同時にファーストフード店で働いているお母さんがいるので、労働環境などが今ではちょっと変わっていることにも気付きました。
それでも今ニュースで取り上げられている様々な偽装事件には無関心という名の悪意を感じずにはいられません。何を信じて食べていいのかわかりません。
難しい問題ですが、考えることをやめずに考え続けていこうと思っています。ひき肉が怖くなりましたよ(^^;
書き込みありがとうございます♪

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。