スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そのぬくもりはきえない

現代小説
02 /29 2008
そのぬくもりはきえない
そのぬくもりはきえない岩瀬 成子

偕成社 2007-11
売り上げランキング : 232614

おすすめ平均 star
star読みごたえありの児童書

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
表紙の絵に惹かれて読書。酒井さんの絵が大好きです。

「月夜の散歩」の絵本の作者です。絵の犬はハルという大人しい大きな犬。波という小学校4年生の女の子と私立中に進んだお兄ちゃん、お母さんと三人暮らしです。お父さんは離婚し、時々会う程度という生活の中で、不器用ながらも少しずつ成長してゆく様子がかわいらしいお話。
この話では私はお母さんの視点で読んでしまうので、大人しく言いなりになってしまう波ちゃんをもどかしくもかわいらしく感じました。こんな気持ちに昔なったことあるなぁと思いながら読みました。

犬のハルとの散歩を無償で引き受ける波、一緒に散歩させているような気持ちになりました。様々な事件が起き、友達とも家族ともごたごたするけど、彼女なりのまじめさがいい感じです。ハルとの散歩のようにじんわり心にしみました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

酒井駒子さんって、絵本だけじゃなく、こんな文学作品にも挿絵を描いたりしているんですね。
駒子さん、好きなので、是非、読んでみたいと思います。

どれもいいですよ

mimiさん、こんにちは♪
酒井さんは児童書の表紙をよく描かれていて、見かけるたびに読みたくなってしまいます。
味のあるというか奥行きのあるなんともいえない絵で大好きです。小説の犬のイメージにぴったりな表紙の絵です。機会がありましたら、読んでみてください。
書きこみありがとうございます(^^)

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。