スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女がひとり頬杖ついて

絵本・詩
04 /04 2008
女がひとり頬杖をついて
女がひとり頬杖をついて茨木 のり子

童話屋 2008-01
売り上げランキング : 16593

おすすめ平均 star
star有名な詩、あれやこれや。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


茨木さんの有名な詩をまとめた本。小さな本なので持ち歩くことができ、身近に詩を感じることができます。
自分の思ったとおりに一心に生きようと読むたびに思わせてくれる詩です。
自分勝手にではなく、人の思想にたよらないでいこうとする想いがいつも背筋をのばしてくれます。

今回は題名にもなっている「怒るときと許すとき」と「答」が印象にのこりました。
幸せの意味を考える時、悩んだり迷ったり、何かを傷つけたくなった時に読むと心が落ち着く詩です。
「答」の幸せについてこたえる祖母の眼差しと情景に胸うたれ、透く想いがしました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。