スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライラの冒険

映画
04 /06 2008
丁度一週間前に行ってきましたライラの冒険
原作未読のまま、スゥイニー・トッドを見たときに長い予告が流れていて、気になっていました。ダイモンと呼ばれる魂が形になった動物の動きと、その世界観に惹かれ、あと白熊さんがかわいかったので(笑)娘と一緒に楽しみました。

CGの美しさはもとより、俳優さんの演技が素晴らしかったです。ニコール・キッドマンの美しさと怪しい演技がよかったです。他にもライラの芯の強い女の子の演技がよかった。個人的には白熊のラグナーが戦いの前に鎧をつけてもらうところがかわいくてよかった。
白熊や魔女などそれぞれの地でそれぞれに生きる人たちの生活が伝わってくる場面作りがよかったです。
しかしどうしてもよく分からないものがダイモンでした。心ではなく魂が動物になってよりそうというのがうまく想像できませんでした。鳥や獣でありながら中身は人間なのかな、嗅覚や聴覚にもすぐれているのかな、とそこらへんが上手く想像できませんでした。
もし私がダイモンを持っていたら気が弱いので始終『大丈夫?』って言っていそうな気がする(^^;。小さな鳥になって服からでてこないかも(笑)。あ、ゲド戦記のオタクみたいかな。
次回作も楽しみです。その前に原作を読みたい。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

月夜野さん、こんにちは♪

ライラ、観に行ってきたっておっしゃってましたものね☆

ダイモンについては、シリーズの4巻か5巻目に、現代人(私達)とダイモンの関係が語られている記述があって物語の終盤、種明かしになっていると思う。

たくさん人が死んだりして邪悪な存在もあるし児童文学と一括りに出来ない作品でしたよ、原作は。

今ね、WOWOWでやっていた「007カジノ・ロワイヤル」にはまっていて何度も観ているんですけれど、ダニエル・グレイグとエヴァ・グリーンがとても良かったんですが、二人ともライラに、アスリエル卿と魔女の女王として出演しているので、そちらも楽しみです。

映画の公式HPでは、自分のダイモンがわかるようになっているそうですよ。ちなみに私は蝶でした。小物ですね・・・(汗)

ライラ役をやった子は、自分の父親を知らないシングル・マザーで育てられていて、ライラに重なる部分があったようですよ。

私も早く映画観たいですぅ~★

ダイモンきになります(^^)

mimiさん、こんにちは♪
ダイモンと白熊さんが気になって観に行ってしまいました(^^)
やはりこちらの現代人とダイモンとの関係が掘り下げられているのですね。ますます読みたくなりました。
部族(国・思想)間の諍いと、内なるものが外にでているという設定がとても気になりました。作者が女性ということとイギリスのお話というところも気になっています。
ライラの子はかわいくて、でも気の強いところが地でいってて(笑)とってもよかったです。母子家庭ということは苦労したのでしょうね。素敵な演技でしたよ。

私もダイモン占いしました(^^)カラスでした。肩に乗せてつれ歩きたいです♪

書き込みありがとうございます♪

映画の日

私も1日の映画の1000円の日に西新井で見てきました。

イギリスのファンタジーをちゃんとスクリーンで見るtのはハリーポッターの第1作以来。

やはりイギリスの子供たちがみんな知っているおとぎばなしとかが隠し味になっているのでしょうが、
そこは素晴らしいCGの迫力で、
どこの誰にもわかりやすく構成されているようです。

1人で劇場で食べたキャラメルポップコーンを映画以上に楽しんだ私です(笑)


その日は娘が映画をみてました(^^)

ナローボーターさん、こんにちは♪
一日の日私も行きましたよ。娘が「死神の精度」をみました。千円の日って知らなくて私も見たかったのですが、息子が一緒だったので断念しました。

イギリスのファンタジーでしたね。乗り物や建物に面影があって、楽しみました。
キャラメルポップコーンは私も大好きです。毎回食べすぎてしまいます。あのシネコンにはゴディバの飲み物もあるので、いつか挑戦したいと思っています(^^)
いつかご一緒できたらいいです。

書き込みありがとうございます♪

文藝春秋

そうそう、
たしかご主人はイギリスの鉄道好きなんじゃなかったでしたっけ?

今発売中の『文藝春秋』のグラビア、
私の写真で飾らせていただきましたので、
よろしければごらんくださいませ!

見ます~♪

ナローボーターさん、こんにちは♪
文藝春秋ですね。おめでとうございます。本屋さんに行って真っ先に見ます(^^)
私がイギリスが好きで、夫が鉄道が好きです。
彼はまだイギリスに行ったことがないので、知っているのですが好きといえないとこだわっています(笑)
蒸気機関車を始めに発明した人とか、歴史とか馬車鉄とか全部知っている夫は私からみると立派なイギリス鉄道好きにみえるのですが(^^;。夫婦で楽しく読ませていただきます。

書き込みありがとうございます♪

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。