スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自然体のつくり方

まじめな本
06 /02 2008
自然体のつくり方 (角川文庫 さ 42-2)
自然体のつくり方 (角川文庫 さ 42-2)齋藤 孝

角川書店 2007-11
売り上げランキング : 32815

おすすめ平均 star
star中心感覚と距離感覚
star人の心と身体は一つ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


リンクしてくださっているブログで紹介されていたので、気になって読書。自然体とは内に向かいつつも外に開いている心と身体の状態を意味し、レスポンスする身体にどうもってゆくか、自分の身体を作ってゆくかが書かれています。といっても難しいものや流派を問うものではなく、日常、常に使われる身体と心を自覚を持って意識し、掛け算を習うように状況に柔軟に反応できる作りにしようという呼びjかけが書かれています。
身体のほぐし方や、心が堅くなっているとき(ストレスがたまっているとき)の呼吸法を具体的に書いています。難しいものではなく、読んですぐできる種類のものばかりですので、姿勢をただし実行しながら読み進みました。

以前鬱々とした気持ちに陥った時、ウォーキングを続けてみました。身体を動かしたって気持ちも状況も変わらないと思っていたのですが、とりあえず何かしら動いてみようと、好きな歩くことを実行しました。だるい時や気が進まないときもあったけど、二週間一ヶ月と続けてゆくうちに、心が上向いてくるのを感じました。周りの状況は決して良くはなかったのですが、とりあえず一日生きられた、明日もがんばれるかな、という気持ちになってきた思い出があります。

このとき身体と心は思ったよりも一体なんだなと感じた印象があったので、ここに書かれていることはどれも頷けました。肩が痛いと言っている夫に肩甲骨マッサージをしてみたりして、実際動いたり動かしたりしながら読みました。
最近身体が思うように動かない、だるい日が続くと思っている人にお勧めの本です。
ストレッチするだけでも、意外と身体はリラックスするし、心は晴れてきます。

最後の方に野田秀樹のNHK番組で行ったワークショップの話がでてきます。この番組を見ていたので、そして本を読みながら思い出していたので、嬉しかったです。こういった心を伴った身体の動作に俳優さんは慣れているのだなぁと思いました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。