スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今と昔

にっき
08 /22 2008
ビーズグランプリ入賞作品展が日本橋高島屋で行われていて、お友達のひなきよさんが受賞され展示されていると聞き、観に行きました。
ビーズやとんぼ玉の作品展示って小さいのは何度か見たことがあるのですが、今回は始めてで楽しみにしていました。
たくさんのビーズ作品が展示してあり、今回はサーカスのテーマで動物やピエロの作品が多かったので、息子と一緒に楽しみました。屏風やカーディガンのように羽織ることのできる大きな作品もあり、ビーズ作品と言っても様々なんだなと思いました。オブジェに付けられているものや、とんぼ玉や天然席と組み合わされている作品もあり、作家さんの想像力とデザイン力のすごさに驚きました。
私は不器用なので、こう細かい作品をみるとひたすらすごいなぁと思うばかりで、何がどうとか全然分かりません(^^;。ビーズを立体に表現したり、とんぼ玉の中にあるパーツを作るところを想像しただけでも、尊敬してしまいます。細かい色のグラデーションや詳細なディテールに感動しっぱなしでした。

会場を出てエレベ-ターに乗ろうとしたら、エレベーターガールさんを見て突然息子がもじもじし始めました(^^;。すっかり一目惚れのようです。色んなエレベーターに乗りその度に熱い視線を送っていました。…既に目移りしています(汗)

日本橋を歩いていたら無料巡回バスがきました。先日観た江戸図屏風が描かれていたので、「ここがあの絵に描かれていた日本橋なんだよ」と説明したら、息子はぐるっと見回して「ここは日本橋じゃない!」と怒り出しました。「だって橋がないもん!!」と言うので「橋はあれだよ」と高速道路の下を指差したのですが、川が見えないので信じようとしません。仕方ないので、日本橋まで行ってみました。

nihonnbasi2.jpg

nihonnbasi1.jpg
…石造りなのが気に入らないようで、疑心暗鬼な顔をしていました。木の橋でちょんまげの人がいたのは何百年も昔の話しなんだよ、と言ったんだけど、あの屏風絵そのままの光景を見られると勘違いしてたようで…そんなの東京に残ってるわけないじゃん、あんた!と心の中で激しくつっこみを入れました(^^)

高速道路に書かれている地名としての日本橋と橋の日本橋の意味の違いを説明するのは、私にはできませんでした(><)。橋の名前が地名になってるんだってばっ、長い歴史でそうなったんだYO。
彼に歴史を語るのは早すぎたようです(笑)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。