スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欲望する脳

まじめな本
10 /10 2008
欲望する脳 (集英社新書 418G)
欲望する脳 (集英社新書 418G)茂木 健一郎

おすすめ平均
stars脳科学からの考証はなく、結局そうなっちゃったか、という内容
stars答えが何も書いていない。
stars私は面白かった
stars欲望をいろいろな方向から見ると
stars現代科学の到達と論語のクロスオーバー

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


読書感想ブログなのに最近めっきり本の感想を書いていません。
読んでないわけではないんですが、資料本だったりするので、書いてませんでした。
これは先日本屋でふらっと立ち読みして面白そうだから買って読みました。
「青春と読書」に連載されていたコラムをまとめたものです。
最近茂木さんの本は読んでいなかったんですが、面白かったです。孔子の一文をテーマに置いて色んな角度から歳をとることや、社会の成り立ちを考えています。

色々興味深い本が紹介されていて
ツァラトゥストラ〈1〉 (中公クラシックス)
ツァラトゥストラ〈1〉 (中公クラシックス)Friedrich Wilhelm Nietzsche 手塚 富雄

中央公論新社 2002-04
売り上げランキング : 170750

おすすめ平均 star
star毒を食ってみて
star正攻法ではない論評(この本については語り尽くされているので)
star理解し難い書

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

を手にとってみてます。
難しいです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。