スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忘れ川をこえた子どもたち

ファンタジー本
11 /02 2008
忘れ川をこえた子どもたち (1979年)
忘れ川をこえた子どもたち (1979年)大久保 貞子

富山房 1979-12
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


先日池袋リブロでこの本をみかけ、絵と装丁が気になって読書。文章を奥さんが版画(絵)を旦那さんが描いた物語。1974年に国際アンデルセン賞をうけた現代女流作家、マリア・グリーペの作品です。版画は夫のハラルド・グリーペのもの。暖かい版画と澄み渡った感性の文章が素敵でした。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。