スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蟲師

マンガ
12 /19 2008
蟲師 (1) アフタヌーンKC (255)
蟲師 (1)  アフタヌーンKC (255)漆原 友紀

講談社 2000-11
売り上げランキング :

おすすめ平均 star
star見えていたような…
starこれは正に漫画詩ですね
star不思議な世界

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


BSで岩窟王が終わった後に始まったので見ています。そしてはまりました(笑)面白いです。とりあえず1.2巻買ったけど、年末の勢いに任せて(?)買ってしまいそうな自分がいます。
アニメで二話目の「瞼の光」が印象的でマンガも読んでみることにしました。映画も以前レンタルして観たのですが、アニメで話の面白さを感じました。
他に面白かった話しは「移動する沼」、毎回出てくる人物が個性があって生きてる感じがするのか好きです。他の話にもでてきたり、時間の流れを感じる話で好きです。
読みながら昔おばあちゃんが話してくれたこととか思い出した。そんな繋がってる感じを与えてくれるコミックです。
瞼の裏のあの映像は何なんでしょうね。よく見ますよね(ちょっと同意を求めてみる(笑))最近形にはならなくなったんですが、若い頃は映像がでてきてびっくりした事があります。あれは自分でみてたのかなぁ。器用じゃないので二つめの瞼が閉じられません(苦笑)。昔世田谷美術館で見たジェームズ・タレルの作品にこの瞼の裏の映像をみせるのがあって、感動した思い出があるんですけど、あれは科学的(または非科学的)にはどうなっているんでしょう。気になってます。

とかとか、色々考えてしまう漫画です。好きです(^^;
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

蟲師♪

わーい♪蟲師仲間が出来て嬉しいですー ヾ(^▽^)/
私はDSのゲームを買ってしまうほどハマリましたよ(笑)
この前の「瞼の光」は私も見ました♪
主人も一緒に見てたんだけど、
「なんであの人髪の毛白いの?」
と、そんなことにしか興味がいかなかったみたいです(^^;)
これはもうムリヤリにでもマンガ読ませるしか!!(`・ω・´)

原作は終わってしまったけど、まだまだギンコと一緒に旅をしている気持ちです(^^)

面白いですね

カヨさん、こんにちは♪
蟲師カヨさんがはまっていらっしゃるのもあって前から気になっていました。今回コミック買ってよかったなと思ってます。ありがとうございます(^^)。
ゲームもあるんですね。蟲を捕まえるのでしょうか。面白そうです。「瞼の光」は印象に残る話で好きになりました。この話で作者さんは受賞されたんですね。怖くないおばけものといいますか、日本らしい精霊ものだなぁと楽しく読んでいます。
祖母は人魂を見たことがあると話してくれたことを思い出しました。
書き込みありがとうございます♪

面白いですよね。

月夜野さん、こんにちは♪
以前、どこかのチャンネルでやっていたのを、たまたま観て主人がはまっています。(継続中)私が、映画の優先録画予約をしてしまうので、一話だけ抜けていて、BS-N〇Kでやっと全部揃うと喜んでいます。
映画は最後まで観ることが出来ませんでした。
タレルの瞼の裏側を見る作品って「パーマライト」とは、違うのかしら?人間がまだヒトに進化する以前、頭頂部には「松果体」という組織があって、視神経以外でも光を感知していたそうなのですが、この作品では、人類が進化の過程で退化させてしまった第3の視覚を刺激することで、ほんのわずかに残っている「松果体」の潜在能力を呼び覚ますという試みがなされていたそうです。
瞼の裏側を見る、というのは、この「松果体」にリンクしているとは、かんがえられないでしょうか?
タレルの言葉が載っているHPがあって下のアドレスです。
http://www.b-sou.com/palw-Turrell.htm
参考になればよいのですが…。
瞼の裏の映像…私は見れません。月夜野さん特有ではないでしょうか?感覚が鋭敏なのかも…。

楽しみに見ています

mimiさん、こんにちは♪
蟲師面白いですね。楽しく見ています。タレルの発言は注目しています。しかし実際に体験してみて受けた印象のほうが強く、同じように感じた人はいらっしゃらないかなと思っています。言葉ではなかなか表現できない物をみせてくれる芸術家だと思っています。東京には作品が常設されていないのですぐ観にいくことができなくて辛いです。
コメントありがとうございます♪

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。