スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もうすぐぬけそうぐらぐらのは

絵本・詩
01 /31 2009
もうすぐぬけそうぐらぐらのは
もうすぐぬけそうぐらぐらのは山脇 恭

フレーベル館 1999-05
売り上げランキング : 661109


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


はがぬけたらどうするの?―せかいのこどもたちのはなし
はがぬけたらどうするの?―せかいのこどもたちのはなしブライアン カラス Selby B. Beeler G.Brian Karas

フレーベル館 1999-05
売り上げランキング : 199255

おすすめ平均 star
star歯から世界をのぞいてみよう
starなるほどなあ。と感心させられる本。
star取っておく派?投げちゃう派?

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


昨夜、息子の歯がいよいよ抜けそうになったので、手伝おうとしたら烈火のごとく怒りだしました。大騒ぎになり手がつけられなくなったので(死にそうな勢いでした)放っておいたら、借りていた本を自分で読んで研究しはじめました(笑)。
「もうすぐぬけそうぐらぐらのは」は歯が抜けそうな女の子の学校での話。血が出てきて驚いたり保健室に行ったりしているところを息子は彼なり熱心に読んでおりました。

今朝抜けたので、隣のおばあちゃんに見せに行ったら庭に埋められたと怒りながら帰ってきました(笑)。大切な自分の分身だったようです。「はがぬけたらどうするの?」を読み聞かせたのですが、彼の憤りはあまり治まらなかったようです(笑)。
日本は屋根に投げたり縁の下に埋めたりしますが、世界では枕の下に置いて妖精に持って行ってもらったり、犬に食べさせたりするようです。どちらにしても次に生えてくる歯は丈夫になりますように、とう願いがこもっています。

息子の歯も丈夫に生えますように(^^)。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。