スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

都電9002号初運転

鉄道
01 /31 2009
TS3B1953.jpg
むちゃ寒かったんですが、9002号が初めて走るというので、息子と行ってきました。9001号はなかなか乗る機会がなくて、そのうちと言っているうちにまだ一度も乗っていないので、同型の新しいこの都電に乗ってみようと思い行ってみました。
30分ぐらいまえに車庫に到着、こんな感じで出番を待っておりました。

20分前になると前にでてきて
TS3B1961.jpg
こんなかんじに、新車はいいですね(^^)かっこいいです。


9002号の入線
荒川車庫前駅に入ってくる時の様子。


9002号車窓の様子
新車の匂いがしました(^^)


9002号回送の様子

荒川車庫前から三ノ輪橋まで乗って回送を見送りました。

TS3B1965.jpg
運転席はこんなかんじ

視界を広げるためか運転席の脇下に小窓がついているのがかわいかったです。
TS3B1967.jpg

今度は一号に乗ってみたい(^^)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

情報源

月夜野さん、こんにちは。
鉄道関係の記事が出るのをお待ちしていました。
というのは、うちの夫が、時々駅のホームなどで見かける鉄道ファンの方たちは、いったいどこからその情報を仕入れてくるのだろう?と本気で知りたがっているからです。たいてい複数が撮影していらっしゃいますから、みなさんどこかで同じ情報を得たのではないかと推測しています。
今日の記事の場合、「9002号が初めて走る」というのは、何で知ったのですか?
以前、大船駅を通過する電車の撮影に出かけていらした時、そこがなぜ良いポイントなのか伺ったことはありましたが、その情報を仕入れた先までは聞きませんでした。
雑誌かホームページで見るのでしょうか?

私もよく知らないんです(^^;

二尋さん、こんにちは♪
先日はお世話になりました(^^)

こういった情報、私もよく分かりません。夫が色々言ってくるのを選り分けて行けそうなイベントに出かけています。魅力的なイベント(というのがどうなのかこれもよく分からないんですが)に私が行きそうにもないと、自分ででかけてしまいます。

彼の様子を見ていると、貨物は一年に一度発行される貨物時刻表を、臨時列車はその季節に応じた鉄道雑誌を見ているようですが、もっぱら今はネットのようです。掲示板などでされている情報交換を常にチェックしていますよ。

このレトロ列車二号は赤の一号と共に走り、これ以上は増えない予定なのだそうです。後は現代風の列車が新車となると聞いたので今回見てきました。

今回の情報は東京都交通局のHPに時刻も載っていました。
次回は今度の日曜日の撮影会でしょうか(^^)
撮影会の情報が載っているページです

http://www.kotsu.metro.tokyo.jp/newsevent/news/toden/2009/tdn_p_200901281_h.html

見て欲しい列車やイベントはHPに積極的に載っているようです。でもこういったのは好きでないとチェックしないですよね(笑)
夫に聞いたら「教授について熱心に調べるのと同じ気持ちだ」と言っておりました。なんとなく納得してます(^^)

書き込みありがとうございます♪

ありがとうございました!

唐突な質問に、丁寧にお答え下さってありがとうごうざいます。
なるほど、やはりネットですか。
夫も、ネットで何か情報が得られるのではないかと、10分位(根気なし)探して見たらしいのですが、もっと深いところにマニアの通う掲示板があるんですね。納得です。
確かに、教授についても、ちょっと検索したくらいでは出てこないサイトって、たくさんありますよね(^^;)

Re: ありがとうございました!

二尋さん、こんにちは♪
旦那様探したのですか(笑)偉いです。老舗のサイトをいくつか押えておいて、巡回しているようです。鉄道ファンの人は息が長いというか、細々とでも長く続けていらっしゃるようで、長く更新がなくても、活動を再開したりするようです。好きな電車の種類によっても別れている様子なので、細分化が顕著なのかもしれません。
私はもっぱらWEB出不精というか、どこに行ってるのか分からなくなる迷子癖があるので、時事ネタなどは夫から知ることが多いです。でも世界が違う為か、時々私の中では当たり前の(拍手などの)事を知らないので面白いです。
二尋さんの情報収集はすごいですね。いつも参考にさせていただいています。
コメントありがとうございます♪

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。