スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天地創造

音 楽
03 /28 2009
昨夜、上野で行われている「東京・春・音楽祭」の東京公会堂での公演 NHK交響楽団 ハイドン:オラトリオ<天地創造>を娘と聴いてきました。
娘が最近オペラに興味を持ち始めていて、実際に歌っているプロの人が見たい様子なので入場券プレゼントに応募して当りました。
公会堂の大ホールに行くのは初めてで、私も楽しみでした。娘は学校の催しで行ったことがあって、私のほうがわくわくしてしまいました。

kou169.jpg

kou71.jpg

前川國男氏の設計のホールはいつみても美しく綺麗です。

混沌から始まって天使ラファエル、ウリエル、ガブリエルの声で天地創造の6日間を歌います。その後アダムとイブの愛の歌まで二時間休みなしで聴きました。生の音ならではの迫力とパワーと美しさに時間を忘れて楽しみました。歌と音楽で世界を表現するってすごいです。
歳を重ねてきたせいか、曲に心を沿わせる楽しさが分かるようになってきました。時を越えて作曲されたハイドンを思い、今演奏している人たちの演奏を生きて聴けることの喜びを思い、指揮者や歌手の繊細な感情を感じる事の嬉しさを感じた夜でした。

帰り公園を通ったら小雨にも関わらず宴会をしているグループがちらほら…、まだ寒いけど上野では春ということになったのだなぁと思いながら帰りました。
saku175.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。