スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この胸に深々と突き刺さる矢を抜け

現代小説
05 /25 2009
この胸に深々と突き刺さる矢を抜け〈上〉
この胸に深々と突き刺さる矢を抜け〈上〉白石 一文

おすすめ平均
stars批評のための批評はやめよう
stars四方八方無茶苦茶に放たれた矢、胸を射止めない矢。
stars透明な文体で書かれた思索の香気漂う情報小説
stars小説と論文のあいだ。モラルのない社会で人はどう生きるか。
stars小説の形を借りた社会論のようにも、人生への思索本とも取れる。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この胸に深々と突き刺さる矢を抜け〈下〉
この胸に深々と突き刺さる矢を抜け〈下〉白石 一文

おすすめ平均
stars作者の思考と物語がバランスよく調和した佳作
stars引用をちりばめた現代社会分析(客観)と主人公の生の選択(主観)との清冽な対位法
stars「思いの丈」を一気に披露した力作ではあるが…。
stars四方八方無茶苦茶に放たれた矢、胸を射止めない矢。(上巻で書いたものと同内容)
starsこれでもかと「本質」を問い詰める求道的な小説

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



題名が気になっていて、読書久しぶりの白石さんの本です。
読んでいる間息子がこの絵の目が怖いとい言って怖がっていました。
テーブルにおいておくと落ち着かないみたいで「お母さんこの本仕舞ってよ」と言っていました。そんな視線を受けながら読書。

上巻は様々な文章や今までの有名な人の言葉によって主人公が考えを巡らせている巻です。下巻は主人公の人生が変化しそれと同時に考えが変わってゆきます。
後半が面白かった。前半は感想にも書かれているように、客観と主観が入り混じっていて、どうとらえていいかよく分かりませんでした。


僕のなかの壊れていない部分 (光文社文庫)
僕のなかの壊れていない部分 (光文社文庫)白石 一文

おすすめ平均
starsなんて我侭な主人公。
stars生き方を模索する対談集?
stars主人公のセリフがくどすぎて疲れた
stars悲しいことだが
stars落ち込みます

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



この世の全部を敵に回して
この世の全部を敵に回して白石 一文

おすすめ平均
starsこの世への片思い
starsタイトルをなんとかしてくださいな
starsショックを受けました
stars著者の現時点での集大成にして大傑作。
starsストーリーテラーとしては素晴らしい方なのだが・・・

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この二作を読んで悩んでいた感じ方が分かってきたのが個人的によかった。「僕の中のー」では主人公にかなり憤りを感じていて、どうしてこんなに腹立たしいのかと自分でも驚くくらいだったのですが、だから逆に目が離せなかった作家です。「この世のー」でもなんとなく捉え方がつかめなかったのが、今回自分の中での感じ方に説明がついたというか、物語との距離の置き方がわかってきたのでほっとした。そうです、今まで私どうやって読んでいいのか分からなかったんです。


私という運命について (角川文庫)
私という運命について (角川文庫)白石 一文

角川グループパブリッシング 2008-09-25
売り上げランキング : 119507

おすすめ平均 star
star白石一文の最高作
star「選べなかった運命なんてないのよ」
star運命だったのかも。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


でも100円コーヒーというのが出てくる。経済や社会、宗教など様々な視点から今という時間を考える主人公の思考をなぞるのが面白かった。
しかし、平等や格差社会を考えつつも、
P116僕のように息子を失い、自分もガンに冒されるといった経験でもなければ、この程度の攻撃であっても開き直ることは案外難しいのだろう。
という場面などに現れる差別的な感情にどきっとした。
カウンセラーに指摘されながらも、客観と主観を混合しつつ考えた先の終り方は面白かった。けど、自分の中にすとんと入ってくるものは少なかった。
色々なものを形にしている文章だと思う。けどそのありようがあくまでも個人的感想なのですが、自分の心の中に残った(映った)ものの形は、やはり前作を読んだ時と同じ釈然としない形でした。どうしてなのかはこれからも考えてゆきたい。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。