スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひろと チロの なつまつり

絵本・詩
07 /13 2009
ひろと チロの なつまつり (講談社の創作絵本)
ひろと チロの なつまつり (講談社の創作絵本)成田 雅子 (絵・作)

講談社 2009-06-20
売り上げランキング : 316768


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


息子が夏祭りが大好きなので読書。
絵がかわいいのと蒼の色合いが気に入りました。
夏祭りに行方不明になっていた犬のチロが戻ってくる話。
チロもひろも祭りが大好きで、大好きな気持ちで一晩すごします。
太鼓の音でわくわくする気持ちと、時のたつのが寂しい気持ちが一緒になるお話。
読み聞かせ終わったら、隣で聞いていた娘が「悲しいお話だね」と言いました。哀しいんだけど、ひろくんは泣きません。強いとか楽しさが勝ったとか考えてしまうけど、ただただチロとのお祭りが楽しかったんだと感じて読み終わりたくなる、切なくも力強いお話です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。