スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死なないための智恵

まじめな本
08 /17 2009
死なないための智恵
死なないための智恵
イーストプレス 2009-03
売り上げランキング : 35984

おすすめ平均 star
star死なない智恵ありました★

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


随分前に書評を読んで気になっていたのを読書。
東京に住んでいると色々な危険にさらされていることを実感する時があります。数年前に回転ドアの圧死事件に偶然居合わせました。事故が起きて救急車が来たところに遭遇して、何が起きているのか分からず、知った時にはショックをうけました。それから二年近くショックは続きました。
秋葉原の事件も他人事ではありません。いざというとき、子どもを連れていたらどのように行動をとればいいのかとずっと考えていました。
この本はそんな都会や人ごみのなかで起きる事件にどう対処すればいいのかを具体的に教えてくれる本です。監察医の著者が見てきた検死体の様子から、事故や事件にあったときの人の行動や体の状態、処置の仕方、重症軽症の見分け方の危険性などを説明しています。

事故や事件は実際起きるのはいやだけど、起きた時どう行動すればいいのか、そのように行動できるか分からないけど、意識しておくことは必要だなと思いました。
水と甘いお菓子、携帯電話を携帯しておくといいそうです。子どもといるとやっていることなんですが、一人で出歩く時も心がけたいなと思いました。

それから溺れた時の人の行動、パニックの様子も参考になった。ショック状態というのがいかに恐ろしいかというのも分かりました。
外でも家でも他人も自分も危険がいっぱいだけど、過度に怖がらずでも油断せずに生きていかなくちゃなぁと思いました。
都会に住む人は一読することをお勧めします。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。