スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バーン・アフター・リーディング

DVD
10 /19 2009
バーン・アフター・リーディング [DVD]
バーン・アフター・リーディング [DVD]
Happinet(SB)(D) 2009-09-11
売り上げランキング : 1322

おすすめ平均 star
star予想通りの面白さ
starコーエン兄弟のブラックコメディ!!
star不思議なコミカルさ。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


前から観たかった映画をDVDで観ました。
忙しくて途切れ途切れにしかも朝の5時とかに観てしまいました(^^;
面白かったです。感想書きたいのですが、時間が(汗)
一番悪いのはCIAってことでいいのかな(笑)

追記:レビュー見て、よく分からなかったという感想を目にしたのでちょっと書いておきます。
この映画とっても面白かった。どこが?と聞かれるとブラピの他には無いおばかなキャラやジョージ・クルーニーのまぬけな感じがいいというのが第一印象なんだけど、観ていて他には無い感覚が心をよぎったのに気がついたのが面白かった。
ものすごく劇的というか作られた話っぽいのに、とてもリアルに感じてくる瞬間があって、それはどんな部分かと考えてみると醜悪なカットがとても現実っぽい。こんなことあるのかなと思いつつそこに立ち現れてくる一人一人の人間の在りようがとても身近に感じられた。すぐに怒っちゃうドリンカーやどこまで行っても脅すことのできない若者、整形が全てだという女性に、自分の事しか考えられない女医、生きている事に失礼なほど利己的に生きてる様子が生々しく感じました。こんな人を人は誰でも知っているし、それが全く自分に当てはまらないとはいえないところがひやっとして面白かった。
そして登場人物がそれぞれとても近くにいるのに、互いに関係しあってないのが印象に残りました。整形をしたい事務の女性はチャドがいなくなって混乱するけど、その後お金で忘れてしまう。皆密接に繋がっているのに、とても孤独という点が気になりました。コミットメントというのかな。そして最後のCIAの人たちの会話が痛烈でした。近未来じゃない未来世紀ブラジルみたいです。
What did we learn from this?の私なりの答えかな…(汗)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

月夜野さん・・・お願いがあります・・・。
私のブログで月夜野さんをご紹介してもいいですか?
よろしくお願いします・・・。

こんなブログでよろしければ(汗)

鈴蘭さん、こんにちは♪
最近更新もままならないこんなブログでよろしかったら、お願いいたします。毎日一つ一つを確認しながら生きているようなそんな生活で、思っていることの半分も三分の一も書けていないのですが、この思いが伝わったら嬉しいです。ありがとうございます。
そしてコメントありがとうございます♪

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。