スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

河口龍夫展

美術館・博物館
11 /30 2009
東京国立近代美術館で行われている河口龍夫展に行ってきました。
以前水戸芸術館でやっていた展覧会に行ってとても面白かったので、他の作品も見たくていきました。
「ものと言葉」「時間」「生命」という三つのキーワードの章で構成された展覧会は過去の作品もあわせてみることができました。

「ものと言葉」では闇を入れた鉄の箱と、暗闇で入館者が実際に絵を書くという作品があり面白かった。突然まっくらな部屋に入れられて自由に書いていいといわれ戸惑いました。結果、私は風景を書きました。真っ暗な部屋というのは逆に自分の内面を思う空間で、私の場合場所や風景を思い浮かべてしまうようです。
時間は時のうつろい、流れを封じ込めるという美術でした。
生命は命の流れ、派生、そして死への眼差しを感じる展示でした。

水戸芸術館で観た展覧会は空間をフルに使った身体で感じる作品展示だったのですが、今回は見ることが多かったように思います。
それから展示の見方が分からず「ものと言葉」の暗闇の中で作品を見る展示室を見落としてしまいました。会場を出てから気付き、再入場はできないのですが、無理を言って観させてもらいました。快く許可してくださった館員の方の優しさが嬉しかったです。

封印された種や、浮遊する種、埋め込まれた種、水戸芸術館で観た作品のつらなりを感じましたが、ぐっと心に迫ってくる感じが足りず残念でした。作品も面白かったのですが、どうしてかなと思いつつ帰路につきました。
作品の黄色が好きです。鉛の種も面白かったです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。