スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怒らないこと

まじめな本
01 /14 2010
怒らないこと―役立つ初期仏教法話〈1〉 (サンガ新書)
怒らないこと―役立つ初期仏教法話〈1〉 (サンガ新書)
おすすめ平均
stars怒る人は頭の悪い人だ、肉の塊だ
starsわかりやすくて、びっくりします!
stars怒りは火遊びのようなもの
stars怒りを観察し、発生しないようにする
stars怒ったところで何も解決はしない

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


以前読んだ本の中で紹介されていたこの題名が気になっていたので読書。誰も好き好んで怒っているわけではないのに、それが原因で人間関係やさまざまなことがスムーズにいかなくなるのはどうしてなのかなってずっと思ってて、特に子供ができてからは心底思うようになったので、何故怒るのか怒らなくてはならなくなるのかをこの本を読んで考えました。

仏教の教えから怒りが何か、どうすればよいのかを教えてくれる一冊。「お母さんだってあなたを怒りたくはないのよ」と言いながら怒っている私は典型的な”怒りたくて怒ってる人”であることを知りました(笑)。
怒りが一番安易に陥りやすい悪の感情で、それをどうすれば解決できるかというヒントが書かれてあります。
以前非常に腹が立つことがありまして、どうしても許せないことがつれあいの親族に起こりました。このとき私は強い怒りに囚われ、強く深い怒りで自分の身体と心を壊してしまいました。怒りというのは自分も他人も破壊する威力があって、そこからは誰も幸せになることができないと身を持って知ったので、この怒りとはどこからきて、どこへゆくのか興味がありました。
殺されても犯人に怒りをむけることができないまでには、自分を高めることはできそうにありませんが、怒りの感情を意識して、自身をコントロールするまでに鍛錬したいと思いました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。