スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミツバチのキス

マンガ
04 /08 2010
ミツバチのキス 1 (アクションコミックス)
ミツバチのキス 1 (アクションコミックス)
双葉社 2009-01-28
売り上げランキング :

おすすめ平均 star
star[「見える」ってとても「残酷」]
star雰囲気は良い、というかそれがすべて
star柔らかな絵柄の裏に

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ミツバチのキス 2 (アクションコミックス)
ミツバチのキス 2 (アクションコミックス)
双葉社 2009-06-27
売り上げランキング :

おすすめ平均 star
star人を描くということ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


図書館でアルバイトしてました。そこで図書館員さんとマンガの話しになりまして、色々マンガを貸し借りして面白さを語りあいました。そんな経路で読んだマンガ。
慧という女の子が何でも”見えて”しまうために起きる様々な出来事。記憶や体験、身体の中に蓄積された時間(未来)も見えてしまうために、周りの人とうまく関係がもてない慧。自分の存在の意味や不安、生きてることの本当の理由を求めながら、その力を利用する人から逃げる一巻。この巻は重く、主人公の繊細さが目だっていましたが、二巻はもっと慧が生き生きしてきます。
繊細な彼女を鈍感なでもちゃんと解ってくれる人がいて、違うけど好きでいられる人間の不思議な関係が出てる。だめな物も人も関係もないんだと思わせてくれる作品。このコミックに内在している時間の感覚が好きでした。
続き読みたいな。おおらかだけど大元で解ってくれる人はきっと似たような経験や思いをした人なんだと思う。そんなどこかで感じた感情がそれぞれ人の中にあって小さく振動しあって良い関係、時間が長くもてたらいいな、と願ってしまうマンガでした。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。