スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絵描きの植田さん

絵本・詩
05 /17 2010
絵描きの植田さん
絵描きの植田さん植田 真

おすすめ平均
starsもっともっと長く読みたかった物語
stars手放したくない本
stars「私たち、こんあにすばらしい世界に住んでいるのよ!」
stars植田さん!!
stars雪景色

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



借りて読んだコミック
空の色ににている (ぶーけコミックス)
空の色ににている (ぶーけコミックス)
おすすめ平均
stars背伸びして、少々、気取って、
starsもう一度この手に・・・
stars
stars是非復刊を

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

のラストに主人公が好きになった女の子が雪山で遭難しかける場面がありました。
それを読んでいて、ふとこの植田さんの小説を思い出し、再読。すごく好きで時々思い出しているのですが、記録を見ると2004-01-14 と2004-11-18 に読んでいる。そしてこの本ほしいなぁで終わっているので、その後に買ったもよう。

今回雪の白さと少女の柔らかい繊細な心が同じような感じがして思い出したみたいです。
物語りも、設定も多分言ってることも違うのだけど、なぜか同じ匂い(空気)を感じました。
どこがこうとはまだ言葉にできないけど、覚えておくために、記録。

描く事、思う事の一途さを感じる二冊
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。