スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死を想う―われらも終には仏なり

まじめな本
09 /14 2010
死を想う―われらも終には仏なり (平凡社新書)
死を想う―われらも終には仏なり (平凡社新書)石牟礼 道子 伊藤 比呂美

平凡社 2007-05
売り上げランキング : 75594

おすすめ平均 star
star死に向かって楽しく生きる、という思想
starタイトルと中身は一致しない

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


先日水俣展で購入した本を読みました。死についての対談。
読んでいて、以前読んだキュブラーロスの本を思い出した。

ライフ・レッスン (角川文庫)
ライフ・レッスン (角川文庫)エリザベス・キューブラー・ロス デヴィッド・ケスラー

おすすめ平均
stars生きるために大事なこと
stars繰り返し読む本。
stars最初から最後まで、人生は学校である。死のまぎわにこそ人生の本質がある。
stars許しのレッスン
stars情報に翻弄されずに読みたい本

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


人生は廻る輪のように (角川文庫)
人生は廻る輪のように (角川文庫)エリザベス キューブラー・ロス Elisabeth K¨ubler‐Ross

おすすめ平均
stars左手にも
stars自叙伝。
stars三つ子に生まれたが故に個性発現を求めて止まず、世界的に著名な精神科医になった女性史
stars感動の連続!驚きの人生。
stars以下の本は、なぜロス博士がそのような体験をしたのかが分かります。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


死ぬのは怖いけど向こう岸に行くと考えると少し気が楽になります。
この「死を想う」に乗っている石牟さんの戦争の話が印象に残った。16,7歳で代用教員となった石牟さんの子供との記憶、チッソ工場の近くで空襲にあった思い出は経験した者にしか語れない重さで心に響きました。
それから年寄りの村での居場所というのもよかった。なにもしない、できなくなってもお年よりは見るということによって子供を育てることができるんだと改めて思いました。何処の子も隔てなく心をかけてやる、年をとってできることってたくさんあるなぁと思いました。
子供の声をうるさいと思うか元気でいいなと思うか、それで大きく社会は変る。今の環境の変化に哀しくなったりしました。


新装版 苦海浄土 (講談社文庫)
新装版 苦海浄土 (講談社文庫)石牟礼 道子 原田 正純

おすすめ平均
stars告発、そして告発を超えるもの
starsいのちのねだん
stars筆者が自らを曝け出して書いた優れて文学的な作品
stars高校生に読んで欲しい
stars苦悩の中の苦悩

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



苦海浄土〈第2部〉神々の村
苦海浄土〈第2部〉神々の村石牟礼 道子

藤原書店 2006-10
売り上げランキング : 117170

おすすめ平均 star
star重い主題の文学作品
star胎児性患者にもののあはれを感ずる心を教えてもらう

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


まだ読んでいないので読みたいと思っています。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。