スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイレージ、マイライフ

DVD
10 /14 2010
マイレージ、マイライフ [DVD]
マイレージ、マイライフ [DVD]
おすすめ平均
starsG・クルーニーはカウンティ病院に寄ったのか?
starsよすぎ
starsちょっとほろ苦い、でも面白い映画。
stars再出発
stars潜在ひきこもりとわりと非現実的な生き方に関する映画

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ジョージ・クルーニーが好きで見たかった映画をDVD鑑賞。途切れ途切れだったけど楽しく見れた。クルーニーかっこいい(笑)会社に雇われ解雇を通達する仕事をするクルーニーが、自分の人生はこのままでいいのかと、はたと思うストーリー。
素敵な女性が現れ恋愛の感情を抱くのだけど…。
現実はそう甘くはないというか、クールに生きていた人が情にほだされると極端になってしまうというか、そんな感じをうけました。仕事でも生活でもそれが怖くて感情を切って生きてきたんじゃなかったの?と思うくらい、愛に憧れるクルーニーが切ないと思ってしまうのは私が女だからでしょうか。
最後がよかった。あのどこにもたどり着けない真空の感情が伝わってきた。でも深刻な感じはなくむしろ新たな出発になってる。途中クルーニーが解雇されるのではとひやひやしたりしました。そうしたらもっと悲惨なストーリーになってしまったかなと思ったりした。

からっぽのリュックに何か入れたくなったというセリフを聞いて、谷川俊太郎の「はこ」という詩を思い出した。はこはからっぽで全然よかったのに、ある日何か入れたいといってきかなくなったという詩。矢野顕子さんが歌にしてて好きな詩と曲だったので、なんだか繋がって嬉しかった。

映像が美しくかっこいいので繰り返しみて楽しかった。色んな場所に一緒に飛んでる感じがいい、そしてEDの歌もいい。曲が場面の中でいいタイミングで流れてくるのもよかった。本当の自分でいいんだと素直に思った歌でした。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。