スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

100かいだてのいえのひみつ

美術館・博物館
01 /23 2011
昨日息子と「100かいだてのいえのひみつ」を観に吉祥寺美術館へ行ってきました。
先週に行こうと考えていたのですが、寒くて外に出られなかったので、今週いけたらなぁと思っていたら、出版社から息子の名前あてに招待状が届き、彼が大喜びし寒さも出られないほどではなくなったので出かけてみました。

100かいだてのいえ100かいだてのいえ
岩井 俊雄

偕成社 2008-05
売り上げランキング : 3062

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この絵本を買ったときに葉書がついていました。家の中を書いて送るようになっていたので息子が書いて送ったら、その後何回かお礼の葉書がきて、いっしょに読んで楽しんでいたので、再び招待状が届いて息子は大喜びでした。

pane226.jpg

会場内に息子が出した葉書が展示されていてちょっと(かなり)嬉しかったようです。ネットで見せたりもしてたのですが、展覧会に一緒に並んでいると自分が参加した実感がわくようで、にやにやしながら「俺のがあった」と喜んでいました。
会場内には絵本の製作過程やいわいさんのいえの遊び、子供の頃の創作ノートなどが展示してあります。

以前TVでお子さんと一緒におもちゃを作る場面を見たのですが、親が(大人が)じっくりと子供と何か(子供のためのおもちゃ)を作るという行為に感動しました。なかなかこれができそうでできない。時間がないというのは大人の言い訳でいつも一緒にいるのにしてあげられないなぁと思っています。
そのとき紹介されていたリベットでの遊び、100円ショップで似たのを求めてやってみたのですが、これも紙の素材や金具との関係がむつかしく、できそうでできませんでした。一から物を作るという難しさ、用意されたものを作ることの容易さを実感しました。
美術館にリベットが売られていたので買ってみました。さっそく家でやってみたいと思います。


いわいさんちのリベットくんいわいさんちのリベットくん
岩井 俊雄

紀伊國屋書店 2007-07
売り上げランキング : 308153

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



tenori227.jpg
色んな会場で見ながら触ることのできなかったテノリオンが展示されていたので、たくさん触って楽しみました。難しいけど楽しかった。

他に版画家の浜口陽三記念室があり作品と版画の作り方や原版などが観られて面白かった。浜口氏の版画はいつみても静かで美しくどんなふうに作ったのか気になっていたので版などが観られてよかったです。
萩原英雄記念室もありました。山と空の色合いが印象に残る版画でした。



yoro230.jpg
建物を出るとニョロニョロの看板が…ムーミンスタンドがありました。
myorro229.jpg
ミックスベリーというドリンク。380円
ニョロニョロのたねが入っています。

黒いおおきめのタピオカのような”たね”が入ってます。
息子とたね美味しいねといいながら食べました。
ニョロニョロのかざりがストローについてます。

お昼を食べて井の頭公園に移動
自然文化園で100かいだてのいえに関連した企画展があるというので足をのばしてみました。

kenna35.jpg

kan233.jpg
本園の資料館の入り口にたれまくがありました。

ちか100かいだてのいえ
ちか100かいだてのいえいわいとしお

偕成社 2009-11-11
売り上げランキング : 4333


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


100かいだてのいえ、ちか100かいだてのいえに出てくる動物や昆虫が紹介されています。ねずみやてんとうむし、蜂や蛇がいました。息子は楽しそうに絵本と見比べながら中をのぞいたりめくったりしていました。

絵本を作るときに参考にしたという園内を回りながら子供と創作の過程について話したり、鳥や動物に感動したりしました。
特に資料館で同時に開催されていた園長さんの部屋に展示されてたオオコノハズクがかわいかったです。初め剥製と思って気が付かなかったんだけど、本物が展示室の片隅でじっと会場内を見てるのです。昼間は大人しいといわれても何かを深く考えているように見えました。「かわいい~」「えっほんもの!」「動いてるよ」という私たち人間を達観した目で見渡しておりました。ちっちゃい茶色の木の葉に似た毛のふくろうで、時々瞬きしたりウインクしたりするのがかわいかった。

自由な発想と人を楽しませる展示は「100かいだてのいえのひみつ」と同じで楽しかったです。
遊園地で遊び、鹿の鳴き声を聞いたり、象を見たり猿を眺めたりして帰ってきました。
楽しい一日でした。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。