スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さよならもいわずに

マンガ
03 /29 2011
さよならもいわずに (ビームコミックス)さよならもいわずに (ビームコミックス)
上野 顕太郎

エンターブレイン 2010-07-24
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ずっと気になってて、よく分からずに買った漫画。今月の初めに買って読んでいたのを書きます。漫画家の主人公の奥さんが急死して、その悲しみから立ち直る(立ち上がる)までを描いている。まさに苦しみに苦しみぬいて描かれている漫画。個人の悲しみはその人だけのものの部分もあるけど、共通の部分もあって、それに気がついたのは弟が亡くなったときでした。今回震災で亡くなられた人の数は毎日の多くなってゆくけど、一人一人ひとつひとつの深い悲しみは積み重なったからといって大きくなるわけではなく、時がたてば消えてゆくものではないことをこの一冊は伝えているようです。災害という大きな悲しみと、心を分かちあった人を亡くすという深い悲しみがより鮮明に感じられた一冊。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。